現金化相談所

現金化相談所

ジョイフル

ジョイフル

振込みスピードと還元率の満足度が高いことで業界ではかなり有名な店舗です。創業も長いことから業界に熟知しているスタッフが対応してくれるので、現金化が初めての方も安心。もちろん年中無休でネットバンキングにも対応しています。

【事業者名】ジョイフル
【電話番号】0120-910-087
【営業時間】9時~20時
【還元率】 90%~98.5%

最新の口コミ  2017年5月25日11:09 AM

今年の初めから何回かお世話になってます!仕事が不定期なので、仕事がない日が続くとどうしても生活費に困ってしまって・・。やっぱり消費者金融を利用してしまうと信用情報に傷がついてしまいそうで恐いので、普通のショッピング扱いになる現金化が僕には一番合ってるかな。
ジョイフルは感じも良いし手続きも早いから信頼できるよ!
金額大きいと少しサービスしてくれるのが嬉しい!


キャッシュチェンジ

キャッシュチェンジ

創業10年以上の実績を誇る老舗店舗。換金率はもちろん、現金をお届けするまでのスピードもトップクラスの超有名店舗です。不明な点や不安な点は、電話やメールで質問すれば専門スタッフが分かりやすく説明してくれます。

最新の口コミ  2017年5月25日7:37 PM

ホントに審査なくて現金を振り込んでもらえるなんてあるんですね!ショッピング枠を現金化できるなんて聞いたことありませんでした。会社の同僚が使ってるっていうのをたまたま聞いて半信半疑ではありましたが驚きました。今まで生活費が足りない時は消費者金融を使ってましたが、これからは現金化にしようかと思ってます!そこで相談なんですが今回と同じ金額を使った場合少しサービスしてもらえたりしますか??確か次回もサービスしてもらえると聞いたと思いますが・・・どうでしょうか?

プレスト

プレスト

親切・丁寧な応対で有名なプレスト。現金化が初めての方へのサポート体制も整ってるので不明な点は利用する前に気軽に聞くことができるのも魅力の一つです。ネットバンクにも対応しているので土日祝日でも現金の調達が可能。

最新の口コミ  2017年5月25日7:37 PM

だいぶ前から友達に現金化のことは聞いてたけど、こんなに便利だとは思いませんでした!だけど、初めて使う私なんかは業者さん選びに苦労しました!今回はこちらのサイトでいろいろな情報を得て決めさせてもらいました。しばらくは週に1回ペースで利用するつもりなんで、少しでもオトクに利用できるところが良くて・・・プレストさんはホームページに情報はないけど今キャンペーン中みたいで普段より率が良くなってるって言ってましたよ。キャンペーンはしばらくやってるって言ってたので、金額の問合せだけでもしてみてはどうでしょうか??


現金化相談所ってどんなサイト?

クレジットカード現金化業者を徹底比較!

クレジットカード現金化をご検討されてる方へ評判の高い優良サイトのみをピックアップし、ランキング形式でご紹介しております。

日本の情勢は総量規制やグレーゾーン金利、銀行の貸し渋り、貸しはがし等、一般消費者に回ってくるお金の量が減り生活が窮屈になりつつある中、 余裕ある生活や充実した人生を送る事が難しくなってきています。

当サイトでご紹介している現金化サービスは、消費者金融で融資を受ける時の面倒な審査もなく、簡単な本人確認だけで申込み当日に現金が調達できることもあり、 利用者が増加しています。

しかし、需要増加により現金化業者も増加し現在全国に数百社を数える程に現金化業界が成長してる為、どの業者が良いか?どの業者が悪いか?判断のつかい方が多いようです

是非、当サイトは活用して、安心・安全な優良業者を見つけるだけでなく、現金化の仕組みやメリット・デメリット等を理解されてからのご利用をオススメいたします。

人気上昇中のオススメ現金化店舗

気になるサイトをクリックするとクルクル回ります。

  • スターバンク
  • プレスト
  • ジョイフル
  • キャッシュチェンジ
  • ユニライフ
  • クレ現

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を有効活用して、現金を得るという手法です。詳しくはこちらのページを参考にしてください。

これさえ読めば大丈夫!クレジットカード、ショッピング枠現金化攻略マニュアル完全版

現金化の手法

現金化の手法としては、個人と業者を利用する方法があります。
 まず、個人で行う方法としては、換金性の高い商品を購入して、換金ショップで換金することが挙げられます。
 また、業者を利用する方法としては、二種類に分かれています。古くからあるのものとしては、買取方式があります。また、最近では、キャッシュバック方式というものもあります。
それぞれの特徴についてはこちらに詳しく載せておきます。

クレジットカード現金化、2つの仕組みと安全な利用方法

優良業者の見分け方

みなさんが気になるところである優良業者の見極め方ですが、主に3つのポイントだけ押さえて置いてください。
詳細はこちらですが、業者を選ぶ上での必須知識なので必ず見るようにしましょう。

優良業者の選び方

優良業者の選び方

 

悪徳業者の見分け方

悪質業者の現状とその見分け方

評判の悪いクレジットカード現金化業者5選!

現金化の違法性・危険性

クレジットカードの現金化となると違法性や危険性があるのではないかと不安な気持ちでいっぱいな方もいると思います。
確かに、これまで現金化業者が摘発されて、逮捕された例はあります。しかし、利用者であるみなさんが、警察に逮捕された例というのは未だかつでありません。ここでは違法性と危険性について詳しく述べていくので、興味がある人はここのページを参考にしてみてください。

 

現金化の違法性はあるのか?

【日本クレジット協会】クレジットカード現金化の違法性の有無

クレジットカード現金化って違法なの?疑問にお答えします!

 

現金化に関連する法律って?

クレジットカード現金化に関する法律ってどんなものがあるの?

現金化の裏技とリスク回避方法

実は安全と言われている現金化にもいくつかの裏技とリスクがあるのはご存知ですか? 現金化をより生かしていく裏技と、現金化でどうしても発生してしまうリスクをうまく避けていく方法について学んでおきましょう。
方法論については少し長くなってしまうので、ここのページで詳しく深めていきましょう。

リスク回避・利用停止にならないためのクレジットカード現金化攻略マニュアル!

クレジットカード現金化の正しいリスク把握の仕方とその回避方法

クレジットカード現金化のリスクと回避法

クレジットカード現金化はこれほどまでに使える

カードはあるけど、今すぐ現金が必要というときには、現金化でその場をしのぐことができます。現金化について詳しくない人もいるかと思いますので、その魅力について紹介していきましょう。

時間がないときでも安心

 すぐに現金が欲しいというときに限って、給料日がまだ先であったり、消費者金融の営業時間外であったりします。また、消費者金融や銀行などで融資を申し込む際には、審査が完了するまでに時間がかなりかかってしまい、時間がない人にとっては、待っている時間でさえも惜しいと感じてしまうことでしょう。  そんなときでも、現金化業者なら申し込み後に即日で、現金をあなたの口座に振り込むことが可能です。また、現金化業者の中には、土日も営業をしているところもあり、そちらの業者でもすぐに現金化に対応してくれます。

利用条件はクレジットカードを所持していること

 金融機関での融資の第一条件としては、一定の収入を持っていること、つまり、定職についていることです。そのため、主婦・フリーター、派遣社員などの不安定な収入の方々は、審査を受けるまでから門前払いを受けてしまうのです。仮に、申し込みをすることができたとしても、厳しい審査を突破しなければなりません。そうして、ようやく融資に辿り着いたと思ったところで、希望した金額の現金を得ることができるかどうかは、その時の状況次第となります。  そういった不確定要素を踏まえると、金融機関での利用はあまりお勧めすることはできません。  一方で、クレジットカード現金化業者の場合なら、本人確認以外の特別な審査はいりませんし、現金化の条件としてはクレジットカードのショッピング枠に十分な空きがあることだけです。

返済も自分のペースで無理なく行える

 融資やカードローンで一番苦労することが、返済計画です。お金を使うのはとても簡単ですが、それを返済するのは何倍もの労力と時間がかかります。しかし、多くの融資では、返済方法は多くても2通りしかありません。例えば、カードの昨日の一つとして、キャッシングがありますが、返済方法は一括またはリボ払いとなります。一括での返済は、少額の借金ならともかく多額のお金を借りていた場合は、まず利用は不可能です。また、リボ払いは、多額のお金を長い期間をかけて、少しずつ返していくので、無理なく返済することができるかのように思えます。  しかし、その分、リボ払いでは一定額の手数料が発生するので、長期間支払いを続けていると手数料の額だけで、かなりの金額になります。そのため、リボ払いをするときは、かなり損をするということを念頭に置くようにしてください。  一方で、現金化の場合だと、カードのショッピング枠での返済方法が基本となるので、一括・分割・リボ払いから選べかつ途中での支払い方法の変更も可能です。

節約術でお金に余裕を持とう

 節約をすることで、お金に余裕を持つことができるのは知っているけれども、なかなか長続きしないのが本音です。今回は、無理なく続けられる節約方法についていくつか紹介するので、ぜひ試してみてください。

クレジットカードのススメ

 水道やガス料金などの公共料金を口座引き落としやコンビニ決済で支払っている人が多いと思いますが、その支払い方法は実はあまり得策ではありません。私は、クレジットカードで公共料金を支払うことを勧めます。 クレジットカードで公共料金を支払う事は、実に簡単でお得な方法です。 近年、電気・水道・ガス・電話など、公共料金は全てクレジットカード払いに対応しています。簡単な申込書を送るだけで、クレジットカード払いへ変更できます。これらの公共料金を毎月3万円ずつ利用した場合、年間で36万円かかることになります。その36万円をクレジットカードで支払えば、その分のポイントが加算されます。1%の還元率でも3,600円分のポイントが付きます。コンビニ払込の場合と同じ金額を払っているのにポイントを貰えるので、とてもお得です。また、クレジットカードを利用することで、クレジットヒストリーの実績にもなります。

家計簿アプリで楽々、家計管理

 無駄な買い物をしていないかを確認するために、家計簿を欠かさず書いている人が中にはいるかと思いますが、買い物のたびに毎回ノートに書き込むのはとても面倒です。また、ノートでの管理だと食費や光熱費などの分類別に出費を分けるのに一苦労します。そこで、今回は簡単にお金の入出金を管理できるアプリを紹介しまうので、ぜひ利用してみてください。 moneyforwardはとても便利なスマホアプリです。 クレジットカードや銀行の情報を入力するだけで、収支の流れを記録してくれます。登録したクレジットカードの利用は自動的に家計簿に反映され、銀行残高の増減も一目で分かります。毎月の入出金が管理され、分類されるため、どこに多く使ったか、抑えられたかがすぐに分かります。moneyforwardでは、勿論、現金の管理も可能です。しかし、現金の場合は利用額を手入力しなくてはならず、少し手間がかかり不便を感じる事も考えられます。そのため、moneyforwardを利用する多くの方は、クレジット払いのできる所ではクレジットカードを積極的に利用しています。クレジットカードを使う事で家計管理が簡単になり、ポイントも多く得られ、有意義なマネーライフを送ることができます。

節約術を組み合わせて、効果絶大

 節約術というのは一つ一つは地味で、わずかなお金の節約にしかなりませんが、それらをいくつか組み合わせると、意外と大きなお金になります。ここでは、日常生活のちょっとした無駄を省く節約術というのを見ていきましょう。 節約の基本は無理をしないことです。無理矢理節約をして効果が上がったとしても、それは一時的なことに過ぎず、継続できません。節約は長い目で見て続けるすることが必要なのです。そこでまず、手間をかけずにできる節約として節電をご紹介します。普通の電球をLED電球に変えるだけで年間5,000円、古い家電を新しいものに買い替えることで年間平均5,000円、節電タップや人感センサーを付け無駄を省くことで年間1,000円、冷蔵庫カーテンを付ける事で年間1,500円、ソーラー充電器の活用など、全て行えば年間10,000円ほどは節約が可能です。また、電気のアンペア数を下げる、エアコンのフィルター掃除をこまめにするなども節電・節約に繋がります。 ガス代を節約するには、追い炊きを辞めましょう。家庭用の風呂の水200ℓを1℃上げるだけでも3円も掛かります。毎日追い炊きをするのとしないのとでは月々1,000円ほど違います。ガス代も電気代同様、契約の基本料金を見直すことが可能です。使用量に合わせて見直してみるのも良いでしょう。 水道代を節約するには、お風呂の水をトイレに利用する、シャワーはこまめに止めるなどが効果的です。1分間シャワーを出しっぱなしにしていると、約4.5円の無駄になります。キッチンの水の出しっぱなしも同様です。そのため、節水シャワーヘッドを利用したり、洗い桶を使用すると無駄が減ります。 このように、手軽に無理なく実践できる節約から試してみましょう。

長続きしない・失敗しやすい節約の特徴とは!?

 いくらお金を浮かすことができるからといって、生活水準を下げたり、無理やり節約をしても、長く続けることはできません。それどころか我慢していた時の反動で、お金の使い方が荒くなってしまう可能性があります。また、間違った節約術をしてしまったがために、余計に出費が重なってしまうということも考えられます。  ここでは、節約初心者がやってしまいがちな行動というをまとめておきました。

必要な固定費を限りなくゼロにする

光熱費や食費を限りなくゼロに近づけようとするのは失敗の元です。例えば、エアコンの利用を制限する方法です。エアコンを我慢することで風邪を引いたり、熱中症になったりするリスクが上がります。また、電気を付けず、ロウソクで生活をし、目が悪くなる、火事を起こしそうになるといったことも考えられます。ガス代や水道代を減らそうとして、お風呂を我慢したり、水風呂に入ったりするのも体調不良の元です。食費を浮かそうとして食事を我慢し、健康を損ねてしまう可能性もあります。このように、生活水準を極端に下げようとすると、無理が出てしまい、更なる出費を促してしまうことになり兼ねません。

食材の買いだめ

食材の買い溜めをすることも、実は節約にはなりません。「安い食材をたくさん買う」ことが節約に繋がるイメージがありますが、使う分だけを買う方が断然お得なのです。買い溜めをすると少なからず無駄になる食材が発生します。例えば、急な出張や接待が入ったり、体調不良になった場合、予定通りに食材を使えなくなります。そういった場合、食材を多く持つ事が無駄になる食材を生むことになるのです。一袋20円のもやしでも、使えなければ20円の無駄になってしまうのです。

趣味にお金を使わないようにした

趣味に使うお金をゼロにした。という経験がある方も多いでしょう。趣味にかけるお金を無くせば支出は確実に減ります。しかし、ストレスは増える一方です。例えば、休日にお酒を飲むことを楽しみにしていた人が禁酒をした事で不眠になり、うつの症状が出てしまった。趣味の漫画を買わないようにしていたら、仕事の効率も下がってしまった。など、ストレスにより思わぬ悪影響が出てしまうこともあります。いきなりゼロにするのではなく、数や回数を減らすという程度に留める方が得策です。

使うかもしれない買い物

使うかもしれないという意図で購入したものは、ほとんどの場合、無くても困らないものです。曖昧で衝動的な買い物は、後で後悔する事も多いものです。使うかどうか分からないものでも保管するスペースは必要になります。部屋も狭くなり、片づけに労力を使う事になります。このように、余計な出費以外にもデメリットがあるのです。購入前に良く考える、必要額以上を持ち歩かない、趣味などでストレスを上手に発散させるといった工夫で衝動買いを防ぐようにしましょう。

正しい節約のために心がけるべきこと

 節約というのは、長く続けてこそ効果を発揮します。そのため、生活の中で無理なく取り入れることが大切となります。 節約をするときに心掛けることは、まず、無理がないか?辛い節約ではないか?という事です。節約は無理をするとリバウンドが起き、思いも寄らない弊害を生む可能性があります。何より、簡単に楽しく取り組める節約を実行する事が重要なのです。 また、何のために節約をするのか?を考え、目標に掲げるのも効果的です。例えば「〇万円貯めて家族旅行に行きたい」「〇〇を買う」など出来るだけ現実的で具体的な目標を設定しましょう。「〇月までに」と期間を決めてみるのも効果的です。 買い物の際に良く考えて購入する事も大切です。本当に使う物なのか、無駄は無いかを考え吟味して購入する癖を付けましょう。

クレジットカードのお得なポイント教えます

 公共料金の支払いにクレジットカードの利用がおすすめであるということは既にお伝えしましたが、実はまだまだカードを利用することによって、様々なメリットがあります。

クレジットヒストリーが上がる

クレジットカードは使えばその分だけクレジット利用歴=クレジットヒストリーが増えます。公共料金をクレジットカード払いにすると、毎月クレジットヒストリーが付きます。公共料金は滞納すると生活に支障が出るため、滞納する人は少ないものです。そのため、自ずと良いクレジットヒストリーになります。クレジットヒストリーが良くなると、カードの利用限度額が上がったり、ローンが通りやすくなったり、ローン金利が下がるというメリットがあります。 公共料金や食費など、生活に欠かせないものほどクレジットカード払いにする事がお得に繋がります。

ショッピング保険が適応可能

クレジットカードで買い物をした場合、その商品には保険が適用されます。例えば、ブランドバッグを購入したが盗難に遭った。高価な食器を購入したが落として割ってしまった。という場合でも、状況によりますが、ほぼ全額が戻るケースが多くあります。こういった保険は、現金払いでは一切保障されない部分を保障してくれるため、使う頻度は少ないですが、とても重要です。 また、クレジットカードでは海外旅行の際も、自動で保険が付くサービスを行っています。海外では自身を取り巻く環境が大きく変わります。そのため、体調不良に陥る海外旅行者も少なくはありません。海外では日本の健康保険は一切通用しないので、治療を受けるだけで何十万円という請求を受けます。万が一救急車などを使い、入院をすると、数日で数百万の請求になってもおかしくありません。そんな時にクレジットカードの付帯保険が大活躍するのです。旅行に出かける際は、クレジットカードの保険内容のチェックを忘れないようにしましょう。

盗難時に現金での損失が減る

財布を盗まれた、置き引きに遭った、財布を落とした。という様な時に、まず損失を受けるのが現金です。現金主義で現金を多く持ち歩く人は、常に現金損失の危険を抱えているのと同じ状態です。しかし、クレジットカードは無くなった際に利用停止の連絡を入れれば、被害は最小限に抑えられます。近頃は、クレジットカード会社の方で活動範囲にない不審なカード利用や高額なカード利用があると、本人確認の連絡を入れる事があります。このように、不正使用を未然に防ぐ対策も強化されているため、クレジットカードを日常的に利用する事は非常に安心・安全なのです。

クレジットカードには種類がある

 一言にクレジットカードといっても、その種類は様々あります。種類毎に、審査基準というのが異なったり、利用時に受けられるサービスというのが異なってきますので、簡単に確認しておきましょう。 クレジットカードには銀行系、信販系、流通系、交通系というようにカードの系統が分かれています。それぞれに特徴や利用特典があるため、自分にとって使いやすいカードを選ぶようにすると良いでしょう。 銀行系カードは銀行や金融機関が発行するものです。キャッシュカードとクレジットカードが一体化しており、一枚で両方利用できるのが大きな特徴です。流通系カードのように還元率が良いなどというメリットはありませんが、銀行ATM手数料の優遇や保険の充実などが特徴です。銀行系クレジットカードはセキュリティ機能も高く、メインカードとして利用する人が多いようです。 信販系カードは現在は銀行などと統合が進み、ほとんど残っていません。信販系の名前は残っていますが、実態は銀行系カードと変わらないようです。 流通系カードはデパートやコンビニ、ショッピングモールなどが発行しているカードです。ポイント2倍デー、5%オフセールなど、還元率が良くなったり、お得に買い物ができたりします。そのため、よく利用する商業施設のカードを作ると便利です。 交通系カードは鉄道会社や航空会社が発行するカードです。SuicaやPASMOなど交通系の電子マネーとクレジットカードが一体化されており、オートチャージが利用できます。また、交通系電子マネーは相互作用があるため、電車はどの区間でも一枚のクレジットカードで乗り降りが可能です。また、定期券や航空券の購入でポイントが貯まったりと非常にお得です。航空会社のカードであれば、マイルを効率的に貯める事も可能です。

クレジットカードの返済には気をつけよう

 クレジットカードはキャッシュレスで買い物などを済ますことができるので、とても便利です。一方で、カード利用の初心者が忘れがちなのが、利用額の返済です。カードの利用にはクレジットヒストリーというの付いて回り、返済の遅延などのマイナスな行動をしていると、自身の信用度が知らずのうちに下がってしまうことがあるので気をつけなければなりません。  信用度が低くなると、住宅ローン時の審査に受かり辛くなったり、安い金利でローンを組むことができなくなります。加えて、クレジットカードの審査にも悪影響が出ます。  また、返済の延滞を繰り返していると、残額の一括返済・カード利用の停止・会員の強制大会など様々な不利益を被ることがあります。  返済を確実にこなすことはもちろんですが、使いすぎないように気をつけることが、正しいクレジットカードの利用方法であると思います。

どうしようもないときは現金化で凌ぐべし

 “今月、予想外の出費で現金を使いすぎてしまった“や”結婚式などのご祝儀で今すぎに現金が欲しい“というような緊急事態が、時たま起こることがあります。そのような時は、冒頭に簡単に説明したクレジットカードの現金化を利用しましょう。 ここからはそもそも現金化とは何であるかや、現金化の方法などの大枠について理解していきましょう。

クレジットカード現金化の基本とは

 まずは、現金化とは何かについて学んでいきましょう。クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠を活用した現金化取得方法です。手軽かつ素早く現金を得られることから、主婦やフリーター、学生など多くの人がよく利用しています。  現金化の方法としては、個人で行うものと業者に申し込むものの2通りがあります。個人での現金化としては、換金率の高い商品を購入して、買取をしてもらうことで、現金を得ることができます。この方法での現金化の強みとしては、還元率を限りなく100%に近づけることができることです。しかし、弱みとしては、商品によって還元率が異なるため、現金化が安定しないということとカード会社にバレるリスクが高いということです。また、業者で行うものは、前述した買取方式とキャッシュバック方式の2通りがあります。現在の主流としては、商品を購入した特典として現金がつくキャッシュバック方式です。この方法での現金化だと、商品を購入し、売却する手間が省けるので、スムーズに現金化を行うことができます。加えて、現金化業者での現金化では、ほぼカード会社にバレることがないので、リスク回避にも役立ちます。

カード現金化までの流れと必要なもの

 現金化業者に現金化を申し込む際に必要なものはそれほど多くはありません。 現金化時に必要なもの ・自分名義のクレジットカード(カード番号のみ) ・振込先口座 ・本人を確認できる書類(保険証、運転免許証、パスポートなどの公的な書類) *カードのセキュリティ番号や暗証番号などは必要ではないので聞かれても小苗内容に注意しましょう。  また、現金化までの簡単な流れを説明すると 1:現金化業者に申し込む 2:必要な書類の写真やコピーを業者に送る(簡単な審査) 3:契約 4:指定銀行に振り込み という手順となります。これらの現金化の流れを時間にすると、最短で30分ほどなので、お金がすぐに欲しい時にはとても嬉しいサービスではないでしょうか。

現金化とローンの違いとは

 現金を得る方法として、よく知られているのはローンや融資ですが、クレジットカード現金化とは一体どのように違うのでしょうか?

総量規制の対象外

 法律面での違いとしては、ローンや融資は総量規制の対象となりますが、現金化はその例外となることです。  総量規制とは、銀行や消費者金融から借り入れをする際に、適応される最大借入額のことを指します。この規制の下では、年収の3分の1までしか、金融機関は融資を行うことができません。そのため、必然的にフリーターや派遣社員などの収入をあるものの、毎月の収入が安定していない職業の人たちにとって、不利な借り入れ条件となるのです。また、この時の最大借入額は、複数社から融資を受けていたとしても同じで、全ての会社合わせて年収の3分の1までしか借りることができません。  一方で、クレジットカードの現金化の場合は、それらの規制には当てはまりませんので、ショッピング枠に余裕がある限りは、現金にすることが可能です。

返済時の手数料が異なる

 銀行で融資を受けることができた場合は、金利というのは低く抑えられますが、銀行は個人での借り入れの申し込みに対して、消極的です。そのため、消費者金融からの融資が、一般的な借り入れ方法となります。消費者金融でお金を借りた場合、返済方法というのは一括かリボ払いとなります。一括でお金を返すことができるのであれば、手数料はそれほどかかりませんが、リボ払いであった場合は、期間が長くなればなるほど、どんどん損をしていく仕組みとなります。  例えば、30万円の融資を受けて、月々5000円ずつ返していくとすると、5年(60ヶ月)かかります。それに対して、毎月375円(大手消費者金融の年利18%)の手数料がかかると、2.25万円もの手数料を払わなければならないです。毎月の額が低いため、返済をしている間は、気がつきませんが、実際にはかなりの額の金額を支払っているのです。  しかし、クレジットカード現金化の場合の返済では、一括・分割・リボ払いで自由に組み合わせができます。分割の場合も、3回までなら手数料が無料となるので、初めは分割にして、返済が厳しいなと思った段階で、リボ払いに切り替えることで少しでも発生する手数料を低く抑えられます。

イメージ

 消費者金融でお金を借りていると聞くと、お金に困っていてどうしようもないという悪いイメージがつきまといます。そのため、借り入れをする時には、周りにバレないようにしなければ、あっという間に噂になってしまいかねません。お金の問題というのは、トラブルの種となりやすいですから、融資の申し込みの際にも少し地元から離れた店舗に向かうなどの気遣いが必要となります。  そのような手間は、現金化では必要はありません。現金化ではカードを利用し、まるでショッピングをするかのように現金を手に入れることができます。そのため、周りからは、お金を借りているのではなく、買い物のためにカードを利用していると見られます。  金融機関からの融資もカード現金化も本質的には現金を借りていることには変わりありませんが、周りからのイメージが大きく違ってくるので、日常生活をする上では大切なものとなってくるのではないでしょうか。  

良い現金化と悪い現金化

 現金化の基本部分で、いくつかの現金化方法について述べましたが、全ての方法が推奨できるわけではありません。ここでは、それぞれの現金化方法についてより詳しい解説を加えていこうと思います、

ハイリスク・ハイリターンな個人での現金化

  クレジットカードでの現金化は個人でも可能です。現金化業者に頼らず個人で行う事で、手にできる金額が多いというメリットがあります。業者に頼むと、手数料などの経費がかかるため、平均で80%程度の還元率になってしまいますが、個人で行えば、90%以上の還元率で取引ができるというメリットがあります。ところが、個人で行う現金化は還元率こそ高いのですが、リスクも大きいのがデメリットです。個人で現金化を行う場合は、クレジットカードで換金できる商品を購入し、転売するという方法が主流です。しかし、カード会社では、換金性の高い商品を購入する利用者を現金化目的の利用として調査します。何度も繰り返していたり、大量購入が見られた場合は、カード利用が停止、または強制解約されるなどのリスクを伴います。また、忘れてはならないのが物価の変動です。転売や換金は、必ずしもその金額で取引できるという保証はありません。90%以上の還元率を狙い購入した商品が、80%以下の金額でしか取引できない可能性も十分に考えられます。個人での現金化はハイリスクハイリターンなのです。

オススメできない業者での買取方式

 業者経由での現金化の方法として、以前は買取方式が流行っていましたが、現在では一部の業者でしか行っていません。 買取方式とは、まず、現金化業者の指定する商品を利用者が購入し、それを現金化業者が買取るという方法です。この方法は個人で行う現金化と同様の方法であると考えられます。購入した商品を売るだけなので、一見、安全なのではないかと思われますが、実はこの買取方式は法律的にも非常に危険な方法です。クレジットカードを利用して購入した商品は、利用料金を全て払い終えるまでカード会社に所有権があります。所有権が自分にないものを勝手に転売することは、法律上「横領罪」にあたります。 クレジットカードは、その特性から、所有権の無い物を利用者が使用する事は可能としていますので、未だかつて横領罪で罪に問われた利用者は殆ど居ません。しかし、今後、どうなるかは分かりませんので、注意すべきでしょう。 また、買取方式を行う現金化業者が逮捕された事例は幾つかあります。逮捕された業者の実態を見てみると、非常にずさんなもので、異常に低い還元率で取引を行っていました。 手数料として徴収していた金額は、法定利息の10倍もの金額になっていたため、出資法違反で逮捕されたのです。このように、闇金まがいの行為で逮捕される業者も存在しますので利用の際には業者選びをしっかり行うことが大切なのです。

業者で頼むならキャッシュバック方式

 買取方式での現金化方法が、横領行為に当たる可能性があることから、この方法での現金化はしない方が得策でしょう。  一方で、最近の流行はキャッシュバック方式となりました。この方法では、景品表示法という法律が関連してくるのですが、こちらは違法となるようなことはない文言が書かれているので、確認しましょう。 景品表示法の中には、「物品や金品を特典として、顧客の勧誘をしてはいけませんよ」という内容が記されています。キャッシュバックは、後から現金が戻ってくるため、この景品表示法の景品類にあたると思われがちですが、実は違います。 景品表示法上、景品類とされる物品や金品とは、「内閣総理大臣が指定するもの」と決められており、一度払った金額の一部を返金するキャッシュバックはそれに当たりません。 家電量販店のポイントバックなどもキャッシュバック同様、景品類に当たりません。そのため、安心して利用する事ができます。

現金化可能額を増やすテクニック

 一枚のクレジットカードから現金化できる額というのは、かなり少額で、そのカードが初期設定の枠であった場合は、20万程度が限度額の相場だと思います。そんため、利用する目的によっては足りない可能性があります。そんな時には、利用可能な金額の範囲を増やすことができるちょっとした裏技というのがあるので、紹介しましょう。

手軽にできる一時増枠

クレジットカードの利用枠を一時的に増枠できる裏技をご存知でしょうか?出費が多い月だけ増枠が可能になるサービスです。クレジットカード会社へ電話やネットで一時増枠の申し込みをし、審査を受けることになります。 審査内容は、通常の増枠よりも甘めである場合が多いのですが、今までに滞納、支払い遅延等が見られる場合には、否決となる可能性もありますので注意が必要です。 また、カードを作りたての場合も一時増枠はできない場合が多いので気を付けましょう。

ちょっと厳しい審査が必要な増枠

一時増枠ではなく、ずっと利用枠が増やせる増枠という方法もあります。これもカード会社へ電話やネットで申し込みをします。一時増枠に比べると厳しい審査があり、誰しもが通過できる訳ではありません。やはり、一定の利用歴、延滞の有無、勤務先や住まい、家族構成などの属性を調査されます。審査の結果、増枠が可能になっても、希望額に満たない事もあります。増枠は厳しいものですが、真面目に返済をしていれば、不可能な事ではありません。 増枠審査の結果、審査落ちをしてしまったという場合もあるでしょう。その場合は、一旦諦め、他の方法を探すことが得策です。短いスパンで何回も申し込みをすると、非常に悪印象です。

簡単に取得可能なカードを選んで複数枚所持

クレジットカードの中には、比較的取得しやすいものがあります。中でも、消費者金融系のクレジットカードは審査も通りやすいのが特徴です。そのような、発行のしやすいクレジットカードを複数枚所持し、合計利用可能額の総額を増やす方法もあります。但し、複数枚に渡る利用は、返済も複数社となり複数回の返済が必要になりますので、注意が必要です。返済のタイミングをずらすことにメリットを感じる人には最適な方法でしょう。

優良現金化業者の見極め方

 現金化業者を利用する時に一番気にしなければならないのが、どの業者を選ぶかです。現金化業界というのはかなり閉鎖された環境にあり、業者の情報というのが手に入りにくいです。そのため、申し込んだ業者が実は闇金と繋がっている悪徳業者であったということも十分に考えられます。  優良か悪徳かの判断は、その場ではなかなか難しいところですが、参考までに優良店に多いつの特徴というのを紹介したいと思います。

ホームページの特徴

優良店はホームページの作りがしっかりしているという特徴があります。綺麗で見やすいデザイン、会社概要や代表者氏名、住所、電話番号が明記されているという点でも優良店かどうかを判断できます。悪徳業者は実在しない住所を載せている可能性も高いものです。また、固定電話の番号が載っていない場合も注意が必要です。 ホームページは簡単に作れるように思われますが、手の込んだしっかりとしたものを作るには、それなりの時間もコストもかかります。悪徳業者がそこまで手の込んだことをするとは思えません。会社の情報について、一人でも多くのお客様に見て貰いたいという気持ちがあるホームページかどうかで、優良店かそうでないか分かるのです。

情報の正確性

ホームページに載っている情報が正確であるかどうかも重要な判断のポイントです。 前述のように、架空の住所をホームページに載せている場合もありますし、住所が書かれていても建物名や階数が明記されていない場合もあります。また、悪徳業者は顧客集めのために、90%など異様に高い還元率を記していることがあります。還元率の平均相場はおよそ70~80%程度です。あまりに高い場合は、疑った方が良いかも知れません。

スタッフの対応

現金化業者のスタッフ対応で優良店かどうかが分かります。聞いたことに真摯に答えてくれる、はぐらかすような言い回しをしない、言葉遣いが綺麗など、スタッフの教育が行き届いているお店は優良店です。優良店は、顧客の相談に乗ったり、不安を解消し気持ちよく利用してもらうことが重要と考えます。一方、悪徳業者は、何かを隠すような言い回し、一方的な話の仕方、聞いたことに答えてくれないなど不審な点が多く見受けられます。

悪徳業者の可能性が高い手口について

 どの業界にも、悪徳・劣悪な業者というのは存在するものです。現金化業界もその例外ではありません。現在では、カード現金化のニーズの高まりから、多くの現金化業者が入り混じった状態が続いていますので、どうしても悪徳な業者というのに出会ってしまう可能性というのが高くなってきます。ここではよくある悪徳業者の手口について少し見ていきましょう。

必要以上に情報を聞いてくる

 カード現金化に必要な情報というのは、カード表面に記載されているクレジット番号・本人を確認可能な公的書類・振込先の口座番号のみとなります。そのため、カードの暗証番号やセキュリティコードというのは全く必要がないので、聞かれても絶対に答えないようにしましょう。もし、それらの個人情報が知られてしまうと、勝手にカードを不正利用されてしまう可能性が大きくあります。

キャンセル料を請求してくる

 悪徳業者の中には、申し込み前と後で、異なる還元率を言ってくることがあり、キャンセルをしようとすると、キャンセル手数料を支払うように強要してくることがあります。キャンセル料というのは契約完了後に発生するものですので、申し込みの段階では全く支払う必要や義務などは生じません。もし、このような事態になって、自身ではどうしようもなくなったら、警察や消費者生活センターなどの公的機関に相談するようにしましょう。

他の業者を紹介してくる

 現金化業者の中には、現金化事業を行わずに他の業者を紹介する「紹介屋」という詐欺業者がいます。このような業者は、現金化できると見せかけて、別の業者を巧みに紹介し、その紹介手数料を要求してきます。また、紹介された業者は闇金またはそれに近い業者であることが多いため、一度はまってしまうとなかなか抜け出すことができなくなってしまいます。

知っておきたいお金に関する法律と知識

 現金化をする上で、前提条件となるのがお金に関連する法律の知識です。なぜなら、現金化の方法の中には、違法まがいのものなどがあるため、実行する前にそれらが法律の範囲内で行われているかを知っておくのはとても大切なこととなります。

貸金業法

会社が営利目的でお金の貸付をするためには、この貸金業法という法律を守らなくてはなりません。貸付には個人向け、法人向けがあり、総量規制は個人向けの貸付にのみ適用されます。総量規制とは、「年収の3分の1を超える貸付をしてはいけない」という法律です。これは、全ての個人向け貸付の総額を指しているため、個人信用情報機関に登録されている他社の利用状況で借入総額を計算します。例えば、年収300万円の人が、A社から40万円、B社から30万円借りていた場合、C社に申し込んでも上限は30万円となります。総量規制には、例外の貸付もあり、住宅ローン、クレジットカードでのショッピングなどは除外されます。

景品表示法

景品表示法とは、正確には「不当景品類及び不当表示防止法」といい、不当な景品類や広告などの過大表示により、一般の消費者に不利益が及ばないよう、制限や禁止を定める法律です。中でも、景品類は①顧客の誘引手段②事業者が供給する商品やサービスに付随して提供される③物品・金銭など経済利益と定められており、商品を購入した際に付いてくる金券、クイズなどの懸賞もそれにあたります。あまりに過大な景品類となると争いが起こりかねないため、この法律では景品類の限度額も定められています。キャッシュバックという方法は、景品類には当たらないと公正取引委員会でも判断されています。しかし、キャッシュバックで割戻しをした金銭の使い道を制限したり、他の景品類と併せて提供する場合は、景品表示法の景品類に該当します。

横領罪の可能性

クレジットカード現金化の方法の1つに買取方式があります。クレジットカードを利用して購入した商品を転売し換金する方法です。この方法を好んで利用する人も居るようですが、実はこの方法は極めて危険なものなのです。 クレジットカードを利用して購入した商品は、その利用料金をカード会社へ払い終わるまで、所有権がカード会社にあります。払い終えて初めて、利用者に所有権が移るのです。クレジットカードの特性上、購入した時から利用者に使用権は認められています。しかし、あくまでも所有権はカード会社です。この他者に所有権がある状態の物を勝手に売ってしまう行為が「横領罪」となります。もしも、買取方式での現金化がカード会社にばれ、訴えられた場合、横領罪になるでしょう。横領罪は、返すつもりがあっても成立してしまうのです。

お金の利用法に失敗した人たち

 借金をしすぎて良いことはなく、借金をするほど、自分の首がしまっていきます。ここでは、そうした人たちの体験談を紹介していこうと思います。

体験談その1

会社員Aさん(40代・男性)の場合 「妻に内緒でしていたキャッシングがばれてしまいました。」 私は、独身の頃からパチンコと競馬が大好きでした。妻と結婚し、子どもが産まれ一時期は減りましたが、子どもに手が掛からなくなった頃からまた、休日はパチンコ店に入り浸る日が多くなりました。小遣い制のため、その月の分を一日で使ってしまう事もありました。そんな時、スマホで見かけたキャッシングに手を出してしまったのです。最初は少しの金額でしたので、「すぐに返せる」と考えていました。実際に、パチンコで儲けがあった時には多めに返済をしました。しかし、その手軽さと便利さに後押しされ、気が付けば100万円近い借金額になっていたのです。それでもまだ、私は「簡単に返せる」と勘違いしていました。そんな時、妻と以前から計画していた住宅建築の話が持ち上がりました。銀行ローンを申し込んだところ、やはり審査が通らないのです。ばれるのも時間の問題だと考え、妻に全てを打ち明けました。当然、妻は怒り、住宅建築の話は中断しました。頭金の一部を使い、全額返済しましたが、妻の怒りは未だ消えないようです。

体験談その2

派遣社員Yさん(20代・女性)の場合 「買い物依存症の私が彼にふられた理由」 私は派遣社員として働いています。専門学生時代は声優を目指していましたが、やはり夢を叶えられず、手に職もなかったため、卒業後は派遣社員で事務やテレアポの仕事をしていました。同期の子が声優として活躍するのを見ると、悔しさや惨めさを感じ、徐々にストレスで買い物をしてしまう事が多くなりました。初めは、洋服を1.2着買う程度で満足していましたが、徐々にエスカレートしていくのが自分でも分かりました。派遣社員の給料ではとても支払いできない額を利用してしまった月は、こっそりカードキャッシングに頼りました。それでも、自分を着飾る事でしか自信を持てない私は、買い物を止められませんでした。その頃、会社の上司とお付き合いする事になりました。しかし、一流大学を出て大手の会社に正社員として勤務している彼は、自分とは釣り合わないと考えてしまい、気づかぬうちに更にストレスを抱え、買い物に依存していきました。1つ何十万というブランドバッグを買ってもそれだけでは満足できず、それに合う靴、洋服一式を揃えてしまうのです。だからといって、日々それらを身に付ける訳では無く、狭い部屋には一度も開封しない商品もゴロゴロしていました。勿論、借金もどんどん増え、200万円もの借金を抱える事になりました。ある日、体調を崩した私の自宅に、サプライズで彼が訪問しました。追い返す訳にもいかず、招き入れましたが、買い物をした商品は消せません。全てを話しましたが、ふられてしまいました。今は病院で買い物依存症の治療をしつつ、地道に借金返済をする日々です。

体験談その3

大学院生Rさん(20代・男性)の場合 「両親にキャッシングがばれて勘当寸前の事態に」 私は、両親にキャッシング利用がばれ、大変な目に遭いました。大学に入った時、初めに仲良くなったのが、いわゆる金持ちのグループでした。私の両親は、田舎で定食屋をしているのですが、「飲食店経営者の息子」と良いように勘違いされ、誤解を解けぬまま付き合いを続けました。やはり、遊び方も派手で、夜遊びは当たり前、夏休みにはクルージング、冬にはスノボと何とか参加し、合わせるのに必死でした。留年や浪人はできないため、遊びの合間を縫っては勉強し、バイトも人に会い辛い製造などの日雇いをこっそり続けていました。しかし、やはり金銭的に無理が出てきたため、学生でも手軽に借りられるという触れ込みのキャッシングに頼りました。学生でも数十万は借りることが出来ました。必死に返済を続けており、何とか卒業を目の前にしたある日、下宿先に帰ると両親の姿が。 母は泣き腫らした目をしており、父は怒りを抑えきれない様子でした。ポストの中の明細を見たのです。父には勘当だと言われましたが、母は後日私に纏まったお金と手紙を寄越しました。そのお金で何とか返済し、実家に帰り恩返しをするため、今は必死で勉強をする日々です。

現金化は計画的に使おう

 現金化というのは、カードを使って簡単にできるため、まるで魔法のように感じられますが、現金化を行なった後には、しっかりと返済をしなければならないということをしっかりと頭の中に入れておかなければなりません。  返済というのは、生活を一定期間制限しなければ、達成することができません。それはある程度、贅沢を我慢するということです。  借金を抱えすぎてしまって、常に返済地獄に追われてしまうくらいならば、借金をする前に、そのお金は本当に必要なものであるかをしっかりと熟慮してから借りるようにしましょう。  また、多重債務となってしまうと、遅かれ早かれ自己破産をするという結末になってしまいます。自己破産してしまうと、その後の人生はかなり制限されたものとなり、元の生活に戻るために長い年月がかかります。  そのようなことにならないためにも、節約やお金の管理をしっかりとして、いざという時の貯金を残すようにしましょう。

クレジットカード現金化に関する注意

消費者庁 国民生活センター 日本クレジット教会