現金化相談所

ヤフオク流でクレジットカード現金化


クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を得るという手法は昔からありましたが、最近のカードの普及とネットによって、現金化利用者が急増しています。ネットを使った現金化には、メルカリが話題になりましたが、実はヤフオクでも現金化というのは可能なのです。今回は、オークションサイトを利用した現金化について紹介していこうと思います。

メルカリでの現金化とは

今年、ネットでかなり騒ぎになったニュースとして、メルカリでの現金出品があります。メルカリはネットフリーマーケットの仲介サイトとして有名で、利用者が安心して、取引できる環境を用意しています。また、利用者の身分証明とスムーズな取引のために、クレジットカードを登録しなければ利用できない仕組みとなっています。今回の現金化は、このクレジットカードでしか決済することができないという仕組みを利用されたことで発生しました。
具体例としては、5万円の現金を6万円の価格で出品していたり、チャージ済みのsuicaを出品していたりなどがあります。このような出品は前例がなかったため、即座にメルカリ運営側が現金の取引を禁止しました。

メルカリとヤフオクの違い

メルカリとヤフオクは、ネットでの取引をする点で似たようなビジネスタイプを取っているので、どちらも変わらないように見えます。
しかし、メルカリはフリーマーケット形式で値段が固定なのに対して、ヤフオクはオークション形式で値段が変動するという全く異なる特徴を持っています。
また、出品の手数料によって、手数料が大きく異なってきます。その1つの基準が、40,000円以上の取引をするのであれば、ヤフオクの方が手数料が安く、少額の取引ならばメルカリの方がお得です。

ヤフオクで現金化するときの失敗例

ヤフオクで現金化をすることは可能ですが、方法を紹介する前に、いくつか失敗談を見ていきましょう。

ヤフオクでは過去に自演取引で、現金化をしようとしてバレてしまった人がいます。このときは、メルカリのように現金を出品するというあからさまな方法ではありませんでしたが、複数のIDを使い、一人で出品役と落札役を演じることで取引を完結させていました。加えて、決済方法をクレジットカードにしていたため、落札後、即座に登録していた落札役側の銀行にお金が振り込まれました。もちろん、同じ人間が取引を終了させているので、商品の発送などは一切行っていませんでした。
ヤフオク運営側では、このような自演取引に初めは気づきませんでしたが、同じような手口で現金化をする人が増えたと、自演したID同士での取引があまりにも多かったことから、現金化をしているということが発覚しました。
現在では、ヤフオク参加に必要なIDの発行の審査がかなり厳しくなっており、自演で取引が難しくなっています。

ヤフオクで簡単な現金化とは

自演で行う現金化は、複数のID・パソコン2台・別名義のクレジットカードなど準備が大変な割には、リターンが少なく、リスクがかなり高いです。
しかし、わざわざこのようなことをしなくても、簡単にヤフオクでできる現金化があるのです。
その方法は、商品を購入せずに、出品だけしておき落札したら、商品を購入して発送することです。
簡単な流れとしては、
① 家電量販店やブランドショップに行き、売れている商品の値段を調べる
② 調べた商品よりやや低い額で、ヤフオクに出品する
③ 出店した商品を、ネットで調べておき、もっと安い商品をカードに入れておく。
④ 落札後、すぐにネットサイトに保存していた商品を購入し、落札者に郵送する。
⑤ 一週間以内にヤフーから現金が振り込まれてくる。
といった感じになります。

出品するからといって商品を購入して、誰からも落札がなければ、大損してしまいますし、流行というのはすぐに変わってきてしまうので、リスク分散をすることができます。

ヤフオク現金化での還元率とは

現金化利用者にとって最も気になる還元率ですが、落札価格から手数料を引いた分となります。ここで注意して欲しいのが、落札価格によって手数料が異なるという点です。ヤフオクの場合、手数料は8.64%なので、購入した値段で出品したとしても、最大還元率が91.36%となります。加えて、ヤフオクで出品するためには、プレミアム会員に申し込む必要があり、月額料金として498円支払わなければなりません。
もし、1万円の商品を購入額で出品したとすると、手数料と月額料金で1,362円かかり、手元には8,638円が残ります。
一方で、メルカリの場合は、手数料が10%で月額料金はかかりません。メルカリとヤフオクの手数料を比べてみたとき、少額の取引であれば、メルカリを利用する方が手数料だけでみれば、お得であると言えるでしょう。

まとめ

ヤフオクで現金化は可能ですが、自演での現金化は難易度が高く、リスクも高いのであまりオススメすることはできません。しかし、商品を出品して、落札できた時だけ、購入するという方法をとれば、リスクを少なくして、現金化をすることができます。また、少額での取引ではメルカリ、高額の取引ではヤフオクを利用することで、手数料がお得になるので、商品によって使い分けるkとが重要となります。