現金化相談所

現金化業者の選び方と悪徳手口まとめ


クレジットカードで現金化する時に最も重要なのがどの現金化業者を選択するかということです。どの業者を選ぶ方によって、還元率やサービスは異なってきますし、中には悪徳な業者もいるので、運が悪ければ犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。今回は、現金化業者の見定めポイントというのを紹介していきましょう。

個人と業者での現金化

現金化には個人と業者の2通りの方法があります。
まず、個人で行う現金化から見ていきましょう。個人の場合は、付加価値の高い商品を購入して、換金するというのが一般的です。そのため、現金化は商品を選ぶ段階から始まります。高い換金率で取引されている商品はいくつかあり、ブランド品・金券・新幹線回数券・amazonギフト券・ゲームソフトなどが、人気が高いです。しかし、商品によっては価値が変動しやすく、買取価格が安定しない商品もあるので、念入りに調べておく必要があります。ちなみに、ブランド品やゲーム機は、シーズンや流行によって大きく変動しやすいので、現金化が非常に難しい商品です。加えて、現金化でよく利用されている商品というのは、クレジットカード会社にすでに知られているので、カードの現金化がバレてしまう可能性が非常に高いです。
次に、現金化業者を通して行う現金化について説明して行きましょう。現金化業者ではキャシュバック方式というのが現在の主流となっています。個人での現金化では商品の価値の高さが、そのまま買取金額に直結していたため、還元率が安定しないというのが弱点でした。以前の現金化業者も同じように商品買取方式を採用していたために、現在よりも低い還元率でしか取引することができずに、顧客満足度というのがあまり高くはありませんでした。しかし、キャッシュバック方式を採用することで、還元率の不安定さという問題を解消することができました。キャッシュバック方式では、商品を購入した際に、商品特典として、現金をつけることで現金化を成立させています。また、現金化が発覚してしまうリスクは、個人での現金化と比べると非常に低くなります。
リスクを一番に考えるのであれば、多少還元率が下がったとしても、現金化業者を選択するのが無難ではないでしょうか。

優良現金化業者の特徴

リスクが低いという特徴を持つ現金化業者ではありますが、どの業者も同じというわけではありません。現金化をする上で、リスクの低さは重要な要素の一つではありますが、還元率の高さというのもある程度は欲しいです。そこで、ここでは、現金化業界で優良と呼ばれている業者のポイントを3つ紹介していこうと思います。

ポイント1:公式webページ
現金化業者の情報を調べるとなると、インターネット以外には方法はありません。つまり、現金化を利用しようと考えている人は、公式ホームページの情報を元に業者を選んでいるのです。そのため、現金化業者がどれだけ事業に力を入れているかの優良度合いを見るには、ホームページの作りや見易さなどから判断することができます。現金化というのは情報を集めにくいので、初心者にとっては、難易度が高いことが予想されます。それゆえに、ホームページは初心者が取引しやすいようにきちんと情報が整理されている必要性があるのです。優良な現金化業者のホームページというのは、現金化初心者のことを考えてサイト作りをしているので、現金化業者を絞り込む時には公式ページをしっかりチェックするようにしましょう。

ポイント2:ホームページの内容
現金化で一番気になるのが還元率だと思いますが、この還元率にも要注意が必要です。現金化というのは一定のコストがかかるため、どの業者に現金化を申し込んでも手数料というのが発生します。そのため、あまりにも高すぎる還元率というのは、実現は不可能です。もし、98%などの高還元率で取引可能だという現金化業者がいる場合は、確実に悪徳な業者であるので気をつけましょう。
また、ホームページ記載の住所も業者が優良がどうかを見極めるポイントでもあります。最近は、ネットでのお手軽現金化も増えてきたこともあり、店舗に来店するという機会が減ってきました。そのため、現金化業者の中には、嘘の住所を記載するということがあり、万が一騙されてしまった時に、対処するすべがありませんでした。そのため、ホームページを確認した際は、しっかりと住所がグーグルマップで正しい位置を指しているかを見ておくと良いでしょう。

ポイント3:スタッフの対応
ある程度、ホームページなどの情報から現金化業者を絞り込んだ後は、実際に電話をしてスタッフの対応を見ましょう。ここで、スタッフの接客態度があまり良くない場合は、今後の取引でも支障が出る可能性が高いので、申し込みをするのは控えた方が無難だと思います。

最新の悪徳手口と対策

最後に、悪徳な現金化業者がどのようにして利用者を騙しているのかについて見ていきましょう
まず、悪徳業者は還元率が始めと最後では全く異なる額を提示していきます。「申し込み時は、95%だったけれども、手数料を引いたら85%となってしまう」ということなどはザラにあります。また、途中でキャンセルをしようとすると、そのキャンセルにかかる手数料を請求してくるので、利用者はやむなく契約を結んでしまうということがしばしば起こってしまいます。
しかし、契約前のキャンセル料というのは通常はかかりません。そのため、利用者はいつでも申し込みを無料で解除することが可能であるということを覚えておきましょう。
また、業者の中には「紹介屋」と呼ばれる他の現金化業者を紹介した手数料で荒稼ぎする者がいます。このタイプの業者の手口は、「このカードはうちでは現金化できないから他の業者を紹介する」といった風に、自然を装って闇金まがいの現金化業者を紹介してきます。もし、他の業者を紹介されそうになったら、別の現金化業者をあたるようにしましょう。
他にも悪質な手口というのは、数多くありますので、随時確認するようにしましょう。

まとめ

現金化というのはリスクという側面で考えた場合、現金化業者を選択するのがおすすめです。しかし、現金化業者の中にも悪質な者がいるので、業者の選び方は慎重に行うようにしましょう。また、もしそのような悪質な業者に捕まりそうになった場合は、法律などを使って冷静に対処するようにしましょう。