現金化相談所

クレジットカード現金化前に見ておくべき3つのポイント 〜返済編〜


1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

クレジットカードの現金化というのは手続きも複雑でなく、 ネットから簡単に申し込めます。しかし、その便利さゆえに使いすぎてしまうことがよくあります。現金化した後はそれで終わりではありません。利用した分はしっかり、返済していかなければならないということは意識しておく必要があります。
今回は、返済をするときの方法と返済できなかった時に起こるリスクについて紹介していこうと思います。

現金化後の返済の流れについて

現金を必要にしている人は現金を手に入れる方法に興味がいきがちです。また、ネット上でも業者の選び方や申し込みの方法など、現金化するまでについての記事がほとんどです。ここでは、現金化した後どうやって返済していくのかの流れについて解説していきます。

返済の手順とは

ビジネスマン

まず、利用額の返済はクレジットカード会社に対して行います。そのため、返済が遅れたら脅される又は多額の利子を請求されてしまうのではと思っている方は安心してください。そもそも、現金化業者から現金を借りている訳ではないので、業者に対して追加の利息や手数料を支払う必要は一切ありません。
現金化業者はヤミ金ではないので、利用した後のやり取りはクレジットカード会社が中心になることを覚えておいてください。

返済の種類とは

次に返済するときのどのような方法があるのか見ていきましょう。
カードの返済方法は一括払い・分割払い・リボ払いの大きく分けて3つあります。それぞれの特徴についてより深めていきましょう。
まず、一括払いはその名の通り、利用額を一回で支払う方法です。メリットとしては金利がかからないことですが、支払う額が大きい分、支払い月の負担は大きくなります。利用金額が多い人がこの方法をとると、現金化に再び頼ることとなるので、あまりおすすめはしません。また、ボーナス一括払いという方法もあるので、近い将来で大きな収入が見込める場合は、この方法を選んでも良いと思います。
次に、分割払いは利用した額を指定した回数に分けて、支払う方法です。回数は2回から24回までの範囲で選べ、金利は支払い回数に応じて変化します。
金利を払いたくない人は3回などなるべく少ない回数を選択すると良いでしょう。
最後にリボ払いは毎月、指定した金額を払う方法です。分割払いにちかいですが、支払い額をもっと低くすることができるのが特徴です。分割払いよりも負担が少なく、支払いはしやすくなります。一方で手数料が結構高いため、返済するまでに時間がかかってしまう恐れがあります。

実際にそれぞれの方法で返済すると

d6b95e41b4c99feb6fb432d9b571da6c_m

主な返済方法について説明した後で、今度は実際に3つの方法で返済したときのイメージを掴んでいきましょう。
場面としてはあなたが9月10日に10万円を現金化したということを前提に返済プランについて見ていきましょう。利用したカードは三井住友VISA カードであるとしましょう。

パターン1:一括の場合
初回返済額 10万円
初回返済日 10月10日
返済期間  1ヶ月
手数料   無料
支払い合計 10万円

バターン2:分割3回払い
初回返済日 10月10日
毎月返済額 3万4003円
毎月返済日 毎月10日
返済期間  3ヶ月
最終返済日 12月10日
手数料   2010円
支払い合計 10万2010円

パターン3:分割10回払い
初回返済日 10月10日
毎月返済額 1万670円
毎月返済日 毎月10日
返済期間  10ヶ月
最終返済日 翌年7月10日
手数料   6700円
支払い合計 10万6700円

パターン4:分割24回払い
初回返済日 10月10日
毎月返済額 4837円
毎月返済日 毎月10日
返済期間  2年間
最終返済日 翌々年9月10日
手数料   1万6080
支払い合計  11万6080円

パターン5:リボ払い(10回分割にした場合)
初回返済日 10月10日
毎月返済額 1万
毎月返済日 毎月10日
返済期間  11ヶ月
最終返済日 翌々年1月
手数料   7491円
支払い合計 10万7491円

同じカードであっても、支払い期間が長ければ長いほど、支払う手数料が増えます。また、同じ期間であっても、分割払いとリボ払いだとリボ払いの方が若干、手数料が高いことがわかります。

オススメの返済方法とは

これまで見てきた通り、クレジットカードの返済方法は様々あります。しかし、現金化の返済をするなら分割払いをおすすめします。
そのメリットとしては3つあるので一つずつ紹介していきましょう。

第1に2回までの支払いなら手数料が無料となります。一括だと返済金額によってはかなり家計に影響を受けることでしょう。一方で2回に分割できるなら、多少は余裕を持って返済をすることができ、かつ、余分な手数料を支払う必要がありません。
第2に返済期間が決まっているので返済計画が立てやすいことです。リボだと、毎月の返済額を簡単に変更することができるので、返済期間が伸びる傾向があります。しかし、分割払いなら指定した回数分を支払えば良いだけなので、計画性を持って返済をすることができます。
第3にリボにいつでも変更できることです。はじめからリボを選んでしまうと繰越返済はできても、分割払いに変更することはできません。しかし、分割払いで返済をしていたけど、やっぱり返済額を少なくしたいと思った場合は、リボに変更することができるのです。加えて、途中まで分割で返済しているので、リボ払いにしたとしても、返済額が少なくなっていることからスムーズに返済することが可能となっています。

支払いに遅れてしまった時は

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

“なんとか返済を続けてしまったけど、今月の家計が苦しくて返済を遅れてしまった”ということが起こるかもしれないので、そういった状況になった時にどのようなことが起こるのかを理解しておきましょう。

クレジットカードの利用停止

クレジットカード会社への支払いが遅れてしまうとまず起こるのがカードの利用停止です。カード会社によって、停止になるまでの期間は異なりますが、厳しいところだと、即日で停止になります。例えば、厳しいところで有名なのが楽天カードです。支払い延滞で即日カード停止になりますし、支払いを済ませたとしてもその後、しばらくはカードを利用することができません。

その場の一括返済以外にも隠されたリスクが

延滞してすぐに支払えば、まだカードの利用停止で済みますが、延滞し続けてしまうと残高の一括返済を求められることもあります。一括返済を通知されるまでの期間ですが、最初の延滞から3ヶ月ほどが目安となっております。この段階までいってしまうと、クレジットカードに登録されている電話番号(実家や勤め先)にまで連絡がいってしまう可能性も十分あります。
加えて、日本信用情報機構という機関にブラックリスト登録されてしまいます。一度ブラックリストに入ってしまうと、ローンを組む際に不利になったり、クレジットカードを発行するのが難しくなってしまいます。また、ブラックリスト登録は、10年間は残ってしまい、その場限りのものではないことを理解しておく必要があります。

実際にあったカード停止に関する話

5c3c77f3e16cd7aecd56419a80be6016_s

これまでクレジットカード利用停止へのリスクを述べてきましたが、実際に体験していないのであんまり実感が湧かない方もいると思います。そこで、実体験を一つ紹介するので、カード停止になったらどうなるのかについてより具体的にイメージをしてみてください。

大学生のA君の体験談

A君は都内の大学に通っている大学生です。性格は比較的、真面目で将来のために必死に勉強をしています。そのため、バイトはあまりせず、親からの仕送りと長期休業のバイトで生計を立てていました。
大学2年の夏に、資格取得のために予備校に通うことになりました。授業料は40万円と一括で支払えるものではなかったので、クレジットカードの12回分割払いで支払うことにしました。A君としては、長期休業中にバイトして稼いで、授業期間中も週一でバイトすればなんとかなるだろうと軽く考えていました。
月々3万円弱の支払いをA君はなんとか支払っていました。しかし、ある冬の日に、インフルエンザにかかってしまい、2週間ほどバイトができなくなってしまいました。それに加えて、治療費もかかり、その月のカードの支払いができなくなってしまいました。
元々、生活費も切り詰めていたので結局支払いをしばらくすることができずにいました。そんなある日、親から突然連絡が来て、とても怒っている様子でした。話の内容を聞いて見ると、カード会社から延滞分をすぐに支払うようにという督促状でした。この時の延滞分は親が支払ってくれたみたいですが、こうなるのなら早めに相談してほしいと叱られてしまいました。
今回の経験から、クレジットカードは便利だけど、現金を使っている感覚が全く持てないのでとても怖いなとA君は感じました。

現金化は必要最小限に留めよう

クレジットカードの現金化は即日で現金が手に入るので、緊急時にはとても便利です。しかし、便利すぎるが故に、使いすぎてしまうとその後の支払いがとても大変になってしまいます。A君の体験談にあったように、余裕がない返済計画や皮算用的な計画では、万が一何か起こった時に、計画が即座に崩れてしまいます。そのため、現金化する時は、本当に今現金が必要なのかどうか、もう一度自分自身で熟慮しておくことが重要となります。また、現金化する場合でも、必要以上に大きな額での申し込みはするべきではありません。返済で困るのは自分自身ですが、同時に周りの家族や親戚にも大きな迷惑をかけてしまうことを覚えておきましょう。

計画的な自分に生まれ変わろう〜計画的に行うための豆知識〜

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

どうしても、現金がすぐに必要という時には現金化も最終手段としてはありだと思います。しかし、現金化に頼る生活は長続きしないので、日々の生活の中でお金を上手に使えるようになる術を身につけていくことが重要です。
ここではお金の使い方がうまい人はどんなことをしているのかについていくつか紹介していこうと思います。

手書きでの家計簿管理は古い

コンビニやスーパーでのちょっとした買い物が重なると、気づかないうちに現金がなくなっていることがあります。大きな買い物になると現金について意識するのに、その額が小さくなった途端にあんまり気にしなくなるという人がホドンドだと思います。しかし、お金の使い方が上手い人というのはそういった無駄な出費をできるだけ抑えるために家計簿を使っています。
昔は家計簿といえばノートで記入するのが一般的でしたが、レシートの内容を記入したり、毎月の合計出費額を計算しなければならないため、とても面倒でした。
今回は、お金の管理に役立つオススメの家計簿アプリを紹介するのでぜひ、参考にして見てください。

アプリ名:マネーフォワード
利用料:基本無料(一部プレミアム版は有料)
特徴:・金融機関の口座と連携している
・お金の流れをグラフ化
・支払い項目を自動分類
・レシートを自動で読み取り

コメント:筆者も、ノートで家計簿管理したり、excelで試して見たりしましたが、何ヶ月も続かずに終わってしまいました。しかし、今では家計簿アプリを利用することで、今までの面倒な作業がなくなったことで、とてもスムーズに家計管理をすることができるようになりました。特に便利な点は金融機関の口座と連携しているところです。毎月の光熱費の引き落としやショッピングでカードを利用すると、自動で家計簿に記入してくれるので後でどれくらい利用したかを確認するのがとても楽です。
他にも、月々項目別利用額をグラフで見れたり、節約目標を設定できたりするので、家計簿としてこれ以上に使いやすいものはないと思います。

コツコツ貯めて現金を手に入れよう

58f5f56a041f0e7b69a054dec3880be3_s

家計簿でしっかり節約することでもお金に余裕が生まれますが、日々のちょっとした時間でお金を稼ぐことも可能です。その方法はアンケートサイトです。これは毎日、アンケートに答えることによってポイントがもらえ、一定数までたまるとギフト券や現金と交換することができます。
一つオススメのアンケートサイトがあるので紹介しておきましょう。

サイト名:ECナビ
利用料:無料
特徴:・アンケートに答えることで換金可能なポイントがもらえる
・体験型モニターでポイントを貯めながら、お得に楽しむことができる
・クレジットカードの発行で一気にポイントを獲得できる。
コメント:ECナビというのは国内最大級のポイントサイトで、日々たくさんのアンケードに答えることができるので、比較的早く現金を還元することができます。例としては、アンケートだけだと月に2000-3000円ほど稼ぐことができ、年間3万円ほどになります。また、もっと素早く稼ぎたいという人はクレジットカードの発行をお勧めします。このサイト経由でカードの発行が完了すると一気に5000円相当分のポイントがもらえます。アンケートとうまく組み合わせれば、年間5-6万円ほどもらえるのではないでしょうか。

いざという時の即金バイト

アンケートサイトでちまちま稼ぐのは性に合わない方やもっと短期でがっつり稼ぎたいという方には短期の派遣アルバイトがお勧めです。
派遣といっても種類は様々で、中には登録したのに全く仕事がなかったり、希望の仕事と異なったりします。
実際に筆者も、いくつか派遣会社に登録したことがありますが登録したけど無駄足になってしまったことや希望に合わない仕事をしつこく勧めてくる会社に出会ってしまったという苦い経験があります。
みなさんにはそのような体験をして欲しくないので、登録して無駄にならない派遣会社を紹介したいと思います。

派遣会社:ランスタッド株式会社
給与支払い:週払い・月払い
特徴:・毎週金曜日締で翌週の金曜日に給料が振り込まれる。
・派遣会社としては最大手で、仕事の量は豊富にある。
・専用のアプリを使うことで、近場のお仕事情報が簡単検索できる。

コメント:この派遣会社に登録しておけば、まず他の会社に登録する必要がなくなるほど、仕事の量が豊富にあります。また、全国各地で仕事があるので、居住地の近くで無理なく、お仕事を探すことができます。また、専用のアプリを利用すると、スマフォから給与明細を確認したり、お仕事情報をチェックしたりできるのでとても便利になりました。

まとめ

・現金化は返済を見据えた上で利用計画を立てるべきです。
・返済の遅れはその場だけのものではなく、後々の信用リスクに関わってくるので、軽く見てはいけません。
・万が一、支払いを滞納し続けていると、カード会社から一括返済やカード解約などの措置を求められることがあります。
・お金を上手に使うには、日々の出費をしっかりチェックしておくことが重要です。

以上の点を踏まえて、クレジットカードの現金化を行うときは慎重に行うようにしましょう。