現金化相談所

口コミに関する情報を徹底調査!!〜現金化の口コミを全てまとめてみた〜


急な出費でどうしても現金が必要なとき、よくクレジットカードのショッピング枠現金化が便利であると紹介されます。しかしながら、確かに現金化は便利である一方で、多くの方が悪質な業者に騙され、その詐欺の被害を報告しています。これらの情報が錯綜している現状で、初めて現金化を利用する大勢の方は本当に現金化をするべきなのかどうか躊躇していると思います。そこで、本記事では現金化を検討している方を対象に、現金化とはどのようなものなのか、クチコミや比較サイトから優良業者の目星をつけるにはどうすればいいのか、悪質な業者の被害にあったらどうすればいいのか、といった現金化に関する情報を総合的に紹介します。

目次

現金化について理解しよう

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

口コミについてお話しする前に、まずは現金化の意味について理解していきましょう。
現金化とはクレジットカードのショッピング枠を主に利用した、手持ちの現金を一時的に増やすテクニックの一つです。

メリット

クレジットカードにショッピング枠だけではなくキャッシング枠も付いています。しかしながら、カードによってキャッシング枠の返済は一括払いのみです。また、キャッシング枠はショッピング枠と比較して、枠が小さいにも関わらず1週間以上の日数を要する厳しい審査を必要とします。
これらのことから、キャッシング枠は、金利も低くならないのに面倒な手続きで時間のかかる代物であることが分かります。一方で、ショッピング枠の現金化ならばこれらのデメリットもなく、月々の返済額も自分の都合で設定できるため、非常に柔軟性があります。

デメリット

しかしながら、利便性が非常に優れて簡単に利用できることからショッピング枠の現金化で得た現金の使用に慣れると、現金を使ったという実感が薄れしまいます。クレジットカードの利用全般にいえますが、現金化で得た資金は最終的に返済しなければならず、利息もかなり高いです。現金化は一時的な支払いの対処に留めて利用すべきです。最悪の場合、自分の支払い能力以上に現金化を行い、自己破産に至ります。

したがって、現金化をする際はしっかり返済プランを立て、浪費をしないように心がけましょう。

口コミで何がわかるの?

banner_backgrounds_questions

私たちは何かを選択する上で、情報を集め、比較することで、より自分に適した商品やサービスを選んでいます。その情報の中には、周りの友人の実体験やネットでの口コミなども含まれており、それらは私たちの決定に大きな影響をもたらしています。
実際に、いくつかの調査では口コミによる購買行動の変化について述べられたものがあるので紹介してきましょう。
一つは、第一生命保険相互会社が2010年に調査した「消費に関する情報伝達(クチコミ)調査」の結果について見ていきましょう。
この調査では、情報源が多すぎる現代において消費者がどの情報を選択し、判断しているのかについて書かれています。信頼性の高いものとしては、新聞記事や口コミなどがあり、特に口コミに関しては70%の人が、情報交換の手段として利用しているそうです。一方で、信頼できないものとしては、ネットで個人が発信している情報が挙げられます。口コミを情報交換手段として頻繁に利用されている理由は、“役立つ情報は誰かと共有したい”という人が多数でした。そのことから、個人の決定に口コミが大きく影響していることがわかります。

また、もう一つの例として、NTTレゾナント株式会社が2012年に発行した「購買行動における口コミの影響」に関する調査も見ていきましょう。
この調査で、商品やサービスを買うとき消費者はどれくらいクチコミに影響されるかについて書かれています。それによると、商品・サービス選定時にクチコミの影響を受ける人は8割、クチコミが購入の決め手になる人は4割にも上ります。クチコミに関して、好評するよりも悪評の、文章がしっかりしたクチコミのほうが強い影響力を持ち、これらのクチコミを信頼する人は8割になったそうです。このことからも、個人の決定に口コミが大きく影響していることがわかります。

口コミをどう活用するのか?

benefits-of-effective-questions-800x448-300x168

口コミが人々の意思決定に影響を及ぼし、かつ信頼性が高いということが証明されたところで、実際にどのように口コミを利用していけば良いのでしょうか? 口コミは全てが正しい情報というわけではなく、ほぼ主観的な感想や意見から成り立っています。そのため、口コミの中から自分の好みや考えにあったものを選んでいくことが必要となります。
それでは利用者が口コミをどのように活用しているかを見ていきながら、ポイントをつかんでいきましょう。

ネットの口コミを参考にしない人

ネットのクチコミは虚偽の情報が溢れかえって信用しないと考えている人の多くは、多少損することになっても返品を前提に商品を購入して使い勝手が悪かったら返品する、実店舗で実物の商品を見てから買うというような手法を取ります。例えば、家電製品などを購入するときは近くの実店舗で実物を見てからamazonなどで購入するといった手法です。この方法だと、実店舗に行く手間、返品で若干のコストが必要となりますが、クチコミに騙されずに自分の意志で買いたいものが購入できるメリットがあります。

自分の感性に近い人の口コミを信頼する人

また、性別やおおよその年齢が記載されているクチコミを利用して、自分と境遇や感性の似たクチコミをピックアップして商品などの購入を判断する方もいます。特に、女性が化粧品を買うときに、このような買い方をするひとが多いように感じます。性別や年齢など自分に近い人のクチコミならば、商品やサービスに対して自分もそのようなコメントをする可能性が高くなります。ただし、なりすましのクチコミが混ざっているので、このような手法を取るとき何を基準に信用するかが重要になります。

比較サイトやブログは、参考程度にとどめる人

いくら比較サイトやブログなどが信用できないからといって、当てもなく探そうとすると非常に時間があります。そこで、商品・サービスを十数件程度に絞り込むツールとして、比較サイト・ブログを参考に利用する方もいます。そのよな方法を取る方は、絞り込んだ後は独自に分析して購入する商品・サービスを最終的に決定します。ある意味で、一番有効的に比較サイトやブログを活用しているかもしれません。

口コミって本当に信用できるの?

question-mark

“知人の口コミなら信頼性はあるけど、ネットでの口コミは顔が見えない分、信頼しにくい“ と思っている人はかなりいると思います。信頼性という観点から言えば、家族や知り合いなどの普段接している人の方が高いのは確かです。しかし、身近な人の口コミというのはしばしば、情報が誇張される傾向にあります。その理由としては、家族や知人は「役に立つ情報を共有したい」という思いを元に話しているので、相手がその情報を使うように、自身の経験を大きく見せようとしているからです。例えば、あなたが飲食店で夕飯を食べ、”そのお店のご飯の味は普通だったけど、接客態度がとても良かったからまた行きたい“と思ったとしましょう。その飲食店の話を他人にする際には、その時の様子であなたが特に印象に残った部分を中心に話が進むことでしょう。人間というのは、情報をコミュニケーションのきっかけとして利用する側面もあることから、このような情報の誇張が行われるのです。
一方で、ネットでの口コミは、信頼性は保証できませんが、情報の誇張はある程度抑えられた状態で投稿されています。ネットでは、情報発信のし易さから、情報共有を目的とした投稿があるものの、企業などの利害関係者の息がかかった情報も一緒に含まれています。利用者は、最近のそのような風潮をすでに感じ取っているため、ネットの情報はあんまり信用できないという流れになっています。
しかし、ネットの中には、しっかりとした情報が眠っていることは確実なので、私たちが気をつけることは、一つの情報源からではなく、様々な方面からの情報収集をすることが正しい判断をする上で重要なキーとなってきます。日頃から情報を見極める習慣をつけることで、情報に振り回されることはなくなってくるのではないでしょうか?

現金化と口コミ

471f593d4a549d95b76d8229730ab8cc_s

クレジットカードの現金化の情報というのは、手に入れるのが難しく、また情報が入ったとしても、信頼性が低いものばかりだと思います。もちろん、ネットで現金化に関するキーワードを入力すれば、現金化業者のサイトは沢山出てきます。しかし、業者のサイトというのは企業と同じで、メリットや魅力的な部分の情報のみが載っていることが多く、実際の体験や弱みというのが見えづらくなってきています。
そのため、業者の情報をより客観的に見る基準として、口コミ・比較サイトというのが存在します。このサイトはあらゆる現金化業者の体験談や換金にオススメな商品など色々な情報が載っているので、有効活用できればスムーズかつ安全に現金化をすることができます。

口コミサイトの罠

5shops-genkinka

口コミサイトは情報の宝庫ですが、質に関しては玉石混合です。そのため、口コミがあるからと安心せずに、しっかり情報を見極めていきましょう。
ここでは、口コミサイトを見る上で前提となる知識について解説していきます。

アフリエイトサイトには要注意

口コミサイトの中にはアフィリエイトと呼ばれる広告費で稼いでいるサイトがあります。比較サイトの中でそのようなサイトに出会ってしまった場合は要注意です。

アフィリエイト広告は成果報酬型広告を意味しています。アフィリエイト広告とは具体的に、広告をクリックして移動したサイトでユーザーが商品・サービスを購入・資料請求・会員登録などをした場合のみ広告費が発生する広告システムです。

現在、インターネットのWebサイト上の広告はアフィリエイトであることが大半です。広告に掲載されている業者は広告費を支払い、掲載させてもらっています。

ここで重要なのは、比較サイト・クチコミサイト運営の収入源はこの広告費であるという点と、運営は広告を掲載している業者と利害関係にある点です。運営はより多くの広告収入を得たいと考え、業者はより多くの人に商品・サービスを購入してほしいという思惑があります。そのため、業者が作成した虚偽のクチコミや比較を、広告費を貰う代わりに運営がそれを黙認しているケースが多々あります。また、このような行為を許さない運営も勿論いますが、クチコミや比較の数が多いためあまり運営は取り締まることができていません。そのため、虚偽情報のみの比較サイト・クチコミサイトが数多く誕生してしまいました。現在、このような状況に改善の兆しは見られません。比較サイトやクチコミサイトの情報をそのまま信じる行為は非常に危険です。参考程度に留めて、別の切り口からも情報を集めるように心がけましょう。

業者のやらせ

比較サイトの中には、業者が自ら作っている口コミもあります。今や現金化業界というのは、業者であふれているため、競争が加熱しています。そのため、業者としては、顧客を増やしたい一心で利用を薦めるようなコメントを投稿することがあります。
一見、利用者の投稿と業者の自演コメントの区別がつかないのではないかと心配になる人もいるかと思いますが、自演のコメントは見極めというのが簡単なので、ポイントを紹介していきたいと思います。

自演コメントの特徴の一つとして、コメントが短いというものがあります。1回のクチコミなどで得られるアフィリエイト収入は非常に少ないです。そのため、雇った自作自演のコメントを書いてアフィリエイトで稼ごうと考える業者に雇われた人達は、数をこなさなければ儲かりません。そうなると、必然的にコメントが短くなります。

次に、良いコメントしか掲載されていない特徴があります。業者はアフィリエイトを利用して評判をよく見せようと考え、雇った人たちに良い評判のコメントを書くように指示するからです。また、アフィリエイト収入を得ている人達にとって書いたコメントの内容が実態と異なっていたとしても、自分が儲かれば何の問題もありません。そのため、自演コメントの内容は好評のものばかりになります。

上記の2つと性質が異なりますが、yahoo知恵袋は特に自演コメントが多いです。yahoo知恵袋だけでなく有名どころのQ&Aサイトにこのような傾向がみられます。実際に、やらせ業者がランキングなどを操作し、めちゃくちゃな内容のコメントが上位になっていることが報告されています。Q&Aサイト運営者側も対処しきれず、放置している状況です。yahoo知恵袋のコメントに信頼性はありません。参考にもしない方がいいでしょう。

利用価値のあるサイトはこれだ

ビジネスマン

口コミサイトは信頼性が低いと言ってはきましたが、それでも良い口コミサイトというのは存在します。サイトに投稿されている優良口コミの特徴をみていきましょう。

コメントに具体性がある

1つ目はコメントに具体性があることです。例えば、ある商品に対するコメントだったら、どんなところが良かったかをきちんと書いてあるコメントです。アフィリエイトで稼いでいる人たちのコメントは総じて低品質なものが多く、簡単に見分けることができます。しかしながら、ライターを雇って、それなりの内容でコメントを自演する業者も多いので油断しないでください。

良いコメントだけではない

2つ目は悪評のコメントが混じっていることです。ネット通販サイトなどに悪評の自演コメントを書いてしまうと、出品者か運営はそのコメントを書いた人物に営業妨害で訴えることができます。そのため、アフィリエイトで稼いでいる人は自演で悪評を書くことはしません。また、悪評は体験者が不満の解消を目的に書かれることが多く、悪評のコメントは比較的信用ができます。当たり前のことですが、どんなに優れた商品・サービスであっても全ての消費者に満足させることはできません。少なからず商品・サービスに不満を持つ人は必ず存在します。数十件程度のコメントがあって、好評価のものしかなかったら自演の可能性が高いので注意しましょう。

口コミの数が多い

3つ目はクチコミの数が多いとこです。さすがに業者も自演コメントを数百も用意できません。小さい業者になると数個の自演コメントが限度です。クチコミの数が多いと、それだけ自演コメントの割合が比較的少なくなります。上記に挙げた特徴から自演コメントを除けば、信頼できるコメントが見つかると思います。

口コミから見るオススメのカードとは?

credit4

現金化をするにあたって、クレジットカードというのは必須アイテムとなっています。そこでここでは、口コミを元にオススメ度の高いクレジットカードを紹介していこうと思います。

アコムACマスターカード

ブランド:MasterCard
年会費:無料
最短発行日:即日
キャンペーン:特になし
還元率:なし
特徴:3秒でカード発行審査可能
コメント:クレジットカードの機能をできるだけ省いたカードがアコムACマスターカードです。申込日はから最短で即日発行することができるので、今すぐカードを利用したいという人にオススメな一枚です。また、審査基準が緩炒め、初めてカード発行する人や審査落ちを経験した人も安心して作ることができます。
口コミ;以前、求職活動中でお金がない時期にキャッシングを使いすぎて滞納してしまったため、クレジットカードが利用できずにいました。そのときから数年たち、年収も安定してきたので、そろそろクレジットカードを作り直そうと思い、普段使っていた銀行系のカードを申し込みましたが、審査に落ちてしまいました。そのため、グレードを落として、アコムマスターカードの審査に申し込んだところなんとか審査に通ることができました。現在は、これまでの信用度を上げるために、カード利用をしつつも、しっかりと支払いを行なっています。

イオンカード

ブランド:VISA、MasterCard、JCB
年会費:無料
最短発行日:1週間
キャンペーン:カード入会と利用で最大6000円相当のときめきポイントがもらえる(2017年1月31日まで)。
還元率:0.5%
特徴:イオン店舗での買い物の割引サービス
コメント:イオングループでのサービスに特化したカードです。審査基準は緩いですが、発行までの期間が1カ月かかったという報告も一部あります。発行したいひとはなるべく早く申し込みましょう。
口コミ:自宅の近くにイオンがあり、買い物は常にイオンになるのでイオンカードをもてて嬉しいです。審査甘いのかな?お客様感謝ワンデーパスポートや誕生月のバースデーパスポートが超魅力です。5のつく日はこれからもイオンで買い物しようと決めました。

参考
http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon_L.html?re_adpcnt=1ll_1OwF&gclid=Cj0KEQiAv4jDBRCC1IvzqqDnkYYBEiQA89utoieDrcW8PvmLiKJMlYsp1SrENFs2tQ2cOFGIOlHYRC0aAtcQ8P8HAQ&device=c

ライフカード

ブランド:VISA、MasterCard、JCB
年会費:無料
最短発行日:3日
キャンペーン:カード入会と利用で最大6000円相当のときめきポイントがもらえる(2017年1月31日まで)。
還元率:0.5%
特徴:誕生日月ポイント5倍、ポイント有効期限5年
コメント:バランスのとれた初心者向けの無難なカードです。ポイントの還元率は低いですが、誕生日月に付与されるポイントは5倍になるので使い方次第で高還元率になる。また、他のカードと比較してポイントの有効期限が5年と突出して長く、ポイントを無駄なく使用しやすい。
口コミ:他の人も口コミされていますが、誕生日月の5倍はポイント還元率が最低でも2.5%になるのでメインではなく、サブとして持っておいても得できるクレジットカードである事は間違いありません。メインで使えるかどうかは初年度のポイント還元率の低さを我慢して使えるかどうかにかかっています。150万円以上カードを使えばポイント還元率が1%までアップするのでメインカードとして十分に使えます。ただそんなにカードを使わないという人は誕生日用のサブカードとしての用途でも十分。繰越し手続すれば最大5年まで繰り越せるのでその間に十分ギフト券への交換ポイントは溜まります。ちなみに15,000ポイント貯めれば10万円分のギフト券に交換でき、その時のポイント還元率は3.3%までアップします。まぁちょっとハードルは高いですが。

参考
http://www.lifecard.co.jp/

消費者金融がオススメできないのは口コミで実証済み

9fe4ae90f6fc1e9a98e1f7bcb01f5444_m

キャッシングやカードローンというのは、お金に困った時に借りることができる手段の一つではあります。しかし、そうした消費者金融でお金を借りることはあまり得策とは言えません。なぜそのように言えるのか、その理由について紹介していきましょう。

金利が高い

第一に消費者金融は金利が高いことが挙げられます。銀行系カードローンは最高15%程ですが、消費者金融は最高18%です。銀行と比較して3%の差が生じています。1年間に10万円借りたとすると、単純に計算すると利息の差は3600円になります。10万円という一年で返済できる額だから少ないように感じますが、10万円でこれだけ差が出ると借入金が増えてと返済期間が長くなると、無視できないくらいの差になります。

返済に時間がかかる

第二に消費者金融の場合、毎月の返済額を低くすることができるので、返済期限が長くなりがちです。毎月の返済が少なければ目先の生活は楽かもしれませんが、返済期間が長期化して利息で返済総額が大幅に増えてしまいます。場合によっては自己破産に陥るときもしばしばあるので、返済は計画的ににしましょう。

イメージ

第三に消費者金融からの借り入れは、周りからの印象が悪いことが多々あります。昔の消費者金融は厳しい取り立てやグレーゾーン金利などの違法行為を行っていたせいか、現在でも消費者金融に悪いイメージを持っているひとは数多くいます。2010年以降の貸金業法改正で違法な取り立てなどは公的機関の厳しく取り締まりの結果、このような業者は減り、少額の借り入れなら安心して借りることができるようになりました。しかしながら、昔の悪いイメージが強いため、消費者金融を利用しようとすると家族や親せきが止めに来たという方が今でも少なからずいると思います。実際に消費者金融から安易に借りるのはあまり賢い選択とは言えません。借りる際、もう一回使用用途と返済計画が妥当かどうか考えましょう。

審査に通りにくくなる

最後に、消費者金融で借り入れがあると、住宅ローンの審査に通りづらくなります。住宅ローンは借り入れの総額が大きいため、消費者金融での借入記録があると審査担当者に返済能力を疑われ、審査が通らなかったケースが多々報告されています。銀行によって審査基準が違い、例外のケースももちろんあるので一概に言い切れませんが、住宅ローンの申込時までに完済しておいた方が無難でしょう。

口コミで見る都市別の現金化

12-chureito-pagoda-and-mount-fuji-japan

口コミが多いというのはよくも悪くも、人が注目していることを表しています。それと同じように、口コミが多い場所での現金化はしやすいことが言えます。それでは、地域別の現金化の特徴について紹介していきましょう。

注目度が高い地域はどこだ?

まずは、ネットでどの地域でも現金化が盛んに行われているのかについて調べてみましょう。
いくつかの口コミサイトを調べてみた結果、

東京:新宿・池袋・上野・恵比寿・町田・八重洲
神奈川:横浜
埼玉:大宮
千葉:千葉
大阪:大阪・梅田
愛知県:名古屋
北海道:札幌・函館
沖縄:沖縄

これらが現金化する上で、利用されている地域のようです。これだけの地域で現金化が可能であれば、お金に困っても安心ですね。
しかし、地域だけの紹介に止まってしまっては、どの地域で現金化していいのか迷ってしまいますよね。特に東京に住んでいる人にとっては、どの場所も比較的近いので、なおさらです。

大阪・梅田

大阪・梅田といえば、関西でも非常に栄えた都市の一つです。

梅田は大阪北区に属するJR大阪駅の北側に位置する街です。地元住民達は梅田周辺を「キタ」と呼ばれ、百貨店やレストラン、歓楽街もあります。また、西日本の経済の中心地である大阪という立地の影響で、梅田に銀行や消費者金融などの金融機関の店舗が数多く存在し、遊ぶには不自由のない町といえるでしょう。

当然そのような環境であれば、財布の紐が緩くなり、商品やサービスの支払いで現金が必要になってきます。

そのような需要に応えるためか、梅田には店舗営業しているクレジットカード現金化業者が多々あり、現金化が非常に行いやすい環境になっています。

上野

上野は大都会東京における下町の観光地として、浅草などといった他の有名な観光地と近さと公共交通のアクセスの良さも相まって、外国人や修学旅行客が多い地域です。

また、上野は江戸時代から下町として古くから存在し、昔から金融の需要が多い地域でした。その影響から営業開始の歴史の長い現金化業者の店舗が、いかにも怪しい店構えで普通に営業しています。

営業の歴史が長くて儲け方を熟知し、法改正などをかいくぐって生き残った悪質な業者が多々存在します。

上野で現金化にそれほど困ることはないでしょうが、換金率の以上に低く設定されていたなどトラブルが報告されています。そのようなトラブルに見舞われないよう、利用する際には注意しましょう。自信がなかったら、インターネットでも現金化は容易にできます。

名古屋

名古屋は大阪と東京の中間に位置し、栄え始めたのが比較的最近の都会です。そのため、大阪や東京と異なり需要はあるのですが店舗営業をしている業者はそれらの都市と比較的して少なく、ひっそりと営業しています。特に名古屋駅・名古屋ドーム周辺に、金券ショップとして現金化業者が多く点在しています。名古屋の現金化業者の特徴として、ポイントなど独自のサービスを行っているという点です。現金化率は低いですが、サービスを付加してお得感を出そうと色々と工夫しているところが多いです。人によっては単純に現金化するよりもお得かもしれません。

横浜

横浜は鎖国体制が解かれてから急速に栄えた港町の都市のひとつです。首都東京に近い影響もあってか、上野と同様に現金化業者の店舗は多く、悪質な業者も多いです。しかしながら、悪質な業者が増えた結果、それらの業者と区別してもらうために住所を公表する業者が出始めたようです。多くの現金化業者がネット決済を推し進めたり、セキュリティコード提出を求めてきて、現金化できないだけではなくカード詐欺に遭ったケースもいくつか報告されています。より、安全にしたい人にとっては現金化しやすくなったかもしれません。

町田

町田は多摩川の南に位置する都市で、高度経済成長期にベッドタウンとして栄え始めました。東京都に属しますが、市が神奈川県側に突出している影響で神奈川県の一部の認識が多々あります。上記に挙げた都市の中で現金化業者の出店が遅かったためか、店舗の数は少なく、新しい店舗の店が多いです。そのため、現金化業者のオフィスは清潔感あふれる入りやすい雰囲気になっています。現金化を初めてする人にとって、緊張せずにすむという点でおすすめかもしれません。

口コミを利用して個人での現金化を成功させよう

487a60e9f26782f6a026043e120bba7b_s

現金化と言っても、業者を利用する方法が全てはなく、個人でも十分可能です。また、換金率の高さだけで言えば、一人で現金化を行なった方が良いと言えるでしょう。 そこで、個人で現金化した人の口コミなどをもとに、換金性の高い商品・実例を挙げていこうと思います。

換金性の高い商品を口コミでチェック

まずはどの商品を換金すれば、より多くの現金を得られるのかについて分析していきましょう。

新幹線の回数券・ギフト券などの金券は換金率80~90%が相場です。特にAmazonnギフト券などの需要の高い金券ならば、業者によっては換金率が95%以上で、数十分で換金してくれることもあります。しかしながら、これらの金券の換金はクレジットカード会社に監視されており、現金化が発覚して利用を停止させられる危険性があります。
また、ブランド品やゲーム、家電製品などの商品は換金率が平均80%で、それ以下の換金率になることも珍しくありません。また、商品を買ってくれなければ換金もできないので、個人でやるには時間がかかります。しかしながら、売り切れなどの外部要因で換金率が100%を超えるときがあり、必ずしも金券を用いた換金より劣っていなせん。しかしながら、同じ商品を購入しすぎると現金化行為をしている疑いをもたれ、クレジットカード会社に監視されます。その後、オークション出品が発覚したら利用停止になる恐れがあります。

実際に換金した人の例

それでは実際に換金した人の例について、少し紹介していくので、自身が行った時に迷いなく行えるように、イメージしていきましょう。

実例その1
体験者:社会人一年目の会社員男性Aさん
目的:結婚式のご祝儀
換金額:3万円
換金商品:新幹線回数券
経験談:Aさんは社会人として、仕事を始めてから8ヶ月ほど経ったある日のことでした。友達の一人が、結婚をすることになり、結婚式に参加することになりました。Aさんは大学の学費を奨学金で支払っていたため、毎月の給料のほどんどは、その返還に使っていました。そのため、手元にはほとんど現金が残りませんでした。そんな時の友達の結婚式でしたが、一生に一度のことなので、お祝いをしなくてはとAさんは思っていました。ご祝儀の平均は3万円と聞き、今月手元に残っている現金から出してしまうとちょっと家計が厳しくなってしまうので、困ってしまいました。ネットで、お金を借りるためにカードローンなどについて調べましたが、あまりの金利の高さに驚いてしまいました。そんな時に、たまたまクレジットカード現金化について知りました。普段はあまりカードで買い物をしないので、たまには大丈夫だろうと思って、新幹線回数券を買って、すぐに金券ショップに換金しにいきました。4万円の回数券を95%で買い取ってもらい、38,000円を受け取ることができました。このお金で、Aさんがご祝儀を包むことができ、無事結婚式を終えることができました。
その後の返済は、分割支払いを選択していたため、無理なく返済をすることをでき、現在ではいつも通りに生活しています。今後は少しでも貯金をしておきたいと思います。

私が現金化するならば

私が現金化を利用するならば、月々のローンの返済が滞りそうなときに最終手段としてしか使わないでしょう。現金化以上に危惧しなければならないのは信用情報を傷つけ、クレジットカードやローンから返済を迫られる状況に陥ることです。そうなったら、自己破産をするしかなくなり、クレジットカードも発行できず不便な生活を強いられます。できるかぎり、現金化しない方法をできるかぎり模索してから、換金率80%程度の信頼できる業者を通して、amazonギフト券を換金して現金化しようと思います。返済はボーナス一括ばらいで、ボーナスはないものとして生活し、完済します。

口コミから優良業者を選ぼう

7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s

“個人だとバレるリスクもあるし、カード会社の監視も怖いので現金化はやめようかな”と思っているそこのあなたは、ぜひ現金化業者というのを利用してみてください。業者の中には悪徳なものもいますが、しっかりとした基準をもとに選べば問題はありません。

現金化業者の選び方とその基準とは

現金化業者を選ぶ上では3つのポイントに絞って選ぶことが良いとされています。

優良業者ほどホームページの代表者名、住所がオフィス名も含めて記載されているなどサイトがきちんと作り込まれています。一方で、悪質な業者ほど何回も別業者になりすまし、名前を頻繁に変えるので、サイトのデザインが適当な場合が多いです。最低限、会社概要などは記載されているかどうかを確認しましょう。

頻繁にサイトや名前を変える悪質業者ならばクチコミはそれほど多くありません。もちろん、自演のクチコミが混じっている可能性がありますが、現金化業者の規模で数百のクチコミを自演するのは困難です。具体性に何が良かった、悪かったなど幅広い内容で書かれたクチコミが多い業者ほど、優良業者の可能性が高いです。逆に、いい評判のクチコミしかなく短いコメントのものしかない業者には注意しましょう。

また、サイトに記載されている番号に電話してみるのもいいかもしれません。悪質な業者ほど電話対応が高圧的、適当な場合が多いです。逆に、優良業者ほど顧客として長くお付き合いしてほしいため、現金化までにかかる時間や手続きを分かるまで丁寧にしてくれたなど、電話対応が非常に良い傾向があります。

オススメの現金化業者とは?

“ 口コミも信頼半分で、一体どこの業者がいいのかわからない”と悩まれている方も多いことでしょう。そこで、今回は、あらゆる口コミサイトを分析し、なるべく客観性を意識したデータを元に、現金化業者を選んできました。

店名:キャッシュチェンジ
営業時間:9:00~20:00
入金日: 最短5~20分で、基本的に申し込み即日で、遅くても翌営業日
還元率:80%
特徴:サイト上の情報だけならば現金化業者の中でも高還元率でポイントサービスもあるが、カードの種類や時期で還元率70%に変わるときもある。ただし、電話対応でそのときの還元率を教えてくれるので比較的にまだ良心的な業者です。
口コミ:ホームページに掲載されていたパーセントで換金はできなかったです。また、利用後に闇金らしいところからメールや電話が大量にくるようになりました

店名:プレスト
営業時間:9:00~20:00
入金日: 最短で5分、基本に申し込み即日、遅くても翌営業日
還元率:80%
特徴:電話対応には一定の評価はあるものの、還元率は手数料などで差し引かれて最終的に還元率が約70%になることもあります。顧客に対しては、安定して早く振り込む対応をしてくれるそうです。
口コミ:友人の結婚式があったのでプレストさんで資金調達しました。対応も良かったし、率も上げてくれたからまた何困った時はお願したいと思います。

店名:ユニライフ
営業時間:10:00~19:00
入金日: 最短で5分、基本に申し込み即日、遅くても翌営業日
還元率:80%
特徴:女性限定プランというものがあり、女性だと少しだけ還元率が高くなるサービスがある。
口コミ:女性だと換金率あげてくれるんですね?ありがとうございました!

実例紹介で安心

体験者:専業主婦Bさん
目的:子供の芸能事務所のレッスン料の支払い

体験談:Bさんには中学生の娘が1人います。親の欲目が半分位あるかもしれませんが、Bさんの娘は結構可愛い顔立ちをし、どこまで本気なのかはわかりませんが、芸能界に入ってタレントになりたいと言っています。娘がそれを望んでいる以上、Bさんは親としてはできるだけ応援してやりたいと考え、ある芸能事務所のレッスンを受けさせました。しかしながら、Bさんの夫は反対していたのにも関わらず、内緒で受けさせたのでレッスン料の捻出にBさんは困りました。貯金に手を付けると、振込履歴からレッスン料を支払っていることが発覚する恐れがあります。そこで、Bさんはショッピング枠現金化の方法を取りました。クレジットカード会社からお金を借りて払うことになりますが、夫はクレジットカードの明細を深く見るなんてことはしないので、とりあえず夫にバレずにBさんの娘はレッスンに通わせ続けているようです。Bさんとしては、本当に娘が芸能人になれるかどうかは全然わかりませんが、娘がとても楽しそうにレッスンを受けに通っているので、今のところはこれでよかったと思っているそうです。

口コミで業者選びを失敗してしまいました

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

口コミを信じすぎるのは良くないと、前述しましたが、あまりピンと来ていない人もいると思うので、実際に被害にあったらどんなことが起きるのかや悪徳口コミの共通点、対処法について解説していこうと思います。

毎回同じような投稿内容

アフィリエイトを利用した自演コメントは、アフィリエイトで稼ぐ人にとって内容はどうでもいいので、以前に書かれたコメントと同じ内容やテンプレートを使って書く人が非常に多いです。そのため、数単語だけ変えれば同じ内容になるものは自演コメントの可能性が非常に高いです。

常に高評価

また、異常なくらいに高評価のクチコミで埋め尽くされている業者も避けたほうがいいでしょう。複数の業者を使った経験がある、初めて体験したジャンルの商品・サービスを使った人が、最高評価をつけることは多くありません。数十件以上もあって最高評価のクチコミしかない業者は避けたほうがいいでしょう。

大まかな口コミ

「よかった」や「対応が早かった」などの安直なクチコミが多いのも特徴の一つです。何が良かった悪かったかは実際に体験した人にしか分かりません。自演コメントは適当に書いているだけなので、必然的にそのような内容のコメントになってしまいます。長文コメントで他のコメントと違う切り口で評価しているクチコミは比較的、あてにできます。

騙されたらどうなるの?

例えば、キャンセルしようとすると契約違約金などの手数料がかかるといって脅しきたという被害がありました。このような被害に遭った方の多くは、怖くなってキャンセルできなかったそうです。しかしながら、このような場合、すぐにキャンセルの電話をすれば、契約違約金が発生することはありえません。悪質業者が無理やり契約させるための脅し文句で、契約違約金の話を出しているだけです。法的処置や警察に相談すると伝えて、脅されても明確に拒否の姿勢を示してください。悪徳業者にとって、警察や司法の介入などの面倒ごとは避けたいはずです。そのような態度を取り続ければ、悪質業者も脅しを続けてくることはありません。
次に、入金予定日に振り込まれなかった被害がありました。このようなことをする悪質業者の多くは、サイト上に会社の所在地や代表者の記載が無く、架空の所在地になっています。現金も受け取れないどころか、クレジットカード会社に返済もしなければならず、大損害です。このようなトラブルが起きる原因は、カード現金化を申し込む前に業者のサイトの確認をしていないことです。確認するだけでもこのような被害を避けることができます。

騙されないための処方箋

悪質業者の手口パターンをいくつか知っておきましょう。)
代表的な悪質業者の手口として、個人情報の抜き取り、振り込め詐欺、紹介屋詐欺があります。個人情報の抜き取りは、ここ最近だとネット上での申し込みに多いです。ネット上の申込フォームに入力した内容をそのまま詐欺集団などに売る詐欺です。後日、架空請求などのメールが来るようになります。
振り込め詐欺は現金化業者の場合だと一度申し込み者にお金を振り込み、電話やメールで何かと理由をつけて振り込ませる詐欺です。振り込んでしまうとお金は戻ってはきません。
紹介屋詐欺は適当な理由をつけて他の業者を紹介し、紹介手数料を請求する詐欺です。紹介された業者の中には闇金融も含まれていることがあり、法外に料金を請求にきます。

悪質な業者に出会ってしまったら、法律で知識を駆使して対処しましょう。そもそも、クレジットカードのショッピングとキャッシング機能は法律の管轄から違います。ショッピングは割賦販売法で規制され、商品の支払いの分割払いやリボルビング払いしかできません。一方で、キャッシングは賃金業法と出資法で規制され、消費者金融などの比較的に金利の高い金融商品はこの法律の下で貸付されます。そのため、ショッピング枠を利用した商品売買を装い、貸付をしていれば明確な賃金業法になります。実際に、これで摘発された事例があります。被害に遭った方は弁護士に相談したり、この法律を引き合いに出して交渉すると良いかもしれません。
また、現金化には少なからず商品の買い取りが行われます。現金化に関係なく、他人から中古品を買い取る行為は公安委員会から古物商の許可が必要です。古物商の許可を取り、ホームページに記載されていればどうしようもありません。しかしながら、悪質な業者はこのようなことをきちんとしていない場合が多いので、公的機関を通じて取り締まりをさせることができます。許可があるようで、実際にはないということも多いのでしっかり確認しましょう。

気持ちの問題になりますが、相手のいいなりになってはいけません。もし、相手の言うがままに従うと、口頭で契約が成立したとみなされる場合があります。悪いのは悪質業者なのは明白なので、強気の姿勢で対処しましょう。

口コミで知る個人情報の悪用とその対策例

e8bee463e527dcc1334eff38beb3f7e9_s

悪質な現金化業者での被害として、換金率が異なるなどの騙された例に目がいきがちですが、被害はそれには止まらない範囲で発生することもあります。
それは個人情報が悪用され、知らず知らずのうちに事件に巻き込まれてしまうことです。
ここでは、どう悪用されてしまうのかと対策例というのを口コミを元に見ていきましょう。

個人情報の悪用例

個人情報の流出はありませんと明記されている業者を利用して、クレジットカード会社から身に覚えのない額の請求をされた例があります。近年、企業の顧客情報が盗まれるなどセキュリティの向上が叫ばれる中で、個人情報を守るのは企業としては当たり前です。サイト上で大々的に記載している業者は怪しみましょう。

普通のクレジットカード現金化のホームページを装った、個人情報を流出目的だけのサイトを使った手口があります。入力された情報がそのまま詐欺集団に送られ、現金化は連絡が取れなかったなど理由で利用を断られます。この手口に遭うと時間を無駄にするだけでなく、金融関係の勧誘電話やダイレクトメール、架空請求が贈られるようになります。最悪、電話番号などを変えなければならなくなります。

悪用されないための対策とは

悪用されない対策をまとめると、しっかりサイトの記載内容や作り込みを確認する、登録するメールアドレスは捨てアカで登録すると迷惑メールが来るようになる業者は利用しない。クチコミの中でも悪評で具体的にどんなところが悪かったがしっかりある業者を利用することです。高換金率などといったうたい文句に騙されず、信頼できる業者を見つけて利用しましょう。

まとめ

スマホを使う女性

・キャッシングよりもショッピング枠現金化の方が便利
・現金化で得た現金は最終的に返済しなければならず、返済の計画性を要する
・現金化のクチコミのほとんどは信用できない。
・短く具体性のないクチコミは避け、多くの幅広い意見のクチコミが寄せられる業者は比較的に信頼できるものが多い。
・悪質な業者が非常に多く、現金化を利用するときは注意が必要である。
・悪質な業者に関わってしまったら、法的措置などで強気の姿勢で冷静に対処する。