現金化相談所

【日本クレジット協会】クレジットカード現金化の違法性の有無


悩んでいる女性
日本クレジット協会では、行政機関や関係機関と連携し、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」排除に向けて取り組んでいます。業者を選ぶ際の判断基準を磨くためにも、協会の見解を理解しましょう。

クレジットカード会社ではクレジットカード現金化が禁止されています。今回は日本クレジット協会の現金化について見解とその利用方法についてお話しします。

クレジットカードショッピング枠の現金化について

クレジットカードの機能としては二つあり、商品やサービス購入の「ショッピング枠」とお金を借り入れする「キャッシング枠」があります。
クレジットカードショッピング枠の現金化とは前者のショッピング枠の利用可能枠を換金する意図で利用することです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化の具体例

お金が必要なAさんの場合: 現金が必要なAさんはCD-ROMをクレジットカードを利用して30万円で購入しました。それを買い取り業者などに売り20万円を現金として受け取りました。

このように商品をクレジットカードで購入し売却すれば、その代金の一部を現金として受け取ることが出来ます。
クレジットカードで購入した商品を売ってはいけないという法律はもちろんありません。

しかし、クレジットカード会社は換金目的でのクレジットカードの利用は禁止しており、違反者にはカードの強制退会や利用料金の一括請求を要求されます。

日本クレジット協会の動き

日本クレジット協会では、行政機関や関係機関と連携し、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」排除に向けて取り組んでおり、基本的な姿勢としては否定的な見解をとっています。

利用する際の注意点

クレジットカードのショッピング枠を現金化しても、最終的にはクレジットカード会社にショッピング利用分の代金を支払わなければならないため、利用額を把握しておくことが必要となります。

まとめ

クレジットカードの現金化は日本クレジット協会及びカード会社では禁止されてはいるが、クレジットカードで購入した商品を売ってはいけないという法律はないのでクレジットカードの現金化は可能である。

以上の点を踏まえてクレジットカードの現金化は慎重に利用しましょう。