現金化相談所

これでもう騙されない金券ショップ悪徳業者の手口まとめ


金券ショップの使い勝手さ

 使わない商品券がある人や、プレゼント用に安く商品券を手に入れたいという人にとって、金券ショップというのは非常に便利です。家に眠っている紙切れ同然の金券を引き取ってくれるばかりか、お金ももらえるなんで一石二鳥ですね。また、金券ショップというのは、定価から割り引いた状態で商品券を販売しているため、デパートなどの発行元で購入するよりも、お得に購入することができます。
 お得と言ったものの、どれくらい利用者にとってお得なのかイメージがしにくいと思うので、具体例をいくつか挙げていきましょう。

金券ショップ「アクセスチケット」の例を挙げます。下の表に、額面金額が1000円の商品券1枚当たりの買取金額、通販の購入金額を示します。

アクセス
チケット.com
買い取り金額
購入金額
JCBギフト
975円
992円
VISAギフト
940円
992円
UCギフト
975円
992円

商品券を正規の方法で購入すると額面の金額分を支払います。それと比較して8%引きで安く購入できて、額面の90%以上で売却できます。5万円分購入すると、正規の方法と比較して4000円安く購入でき、45000円以上で買い取ってもらえます。金券が高額であればあるほど僅かな差が顕著に現れます。ギフトカードを大量に購入・売却したいと考えている人は金券ショップを利用するとお得です。

現金化と金券ショップ

 クレジットカードの現金化を個人で行おうとしたら、換金性の高い商品を購入して、それらを金券・換金ショップで売却する必要があります。そのため、個人の現金化ではどの金券ショップを選ぶかがとても重要なこととなってくるのです。 

換金性の高い商品の特徴

 まずは、どのような商品の換金性が高いか見ていきましょう。

 現金化に、ブランドバッグやゲーム機、ゲームソフトなど様々な商品が利用されてきました。その中でも特に、商品券やギフトカードなどの金券は、安定して高い換金率で現金化できる商品として昔から現金化に利用されてきました。金券は90%以上の換金率が一般的ですが、金券以外は80%でも高いくらいです。以下の表に主な金券の換金率のレートを示します。このように、高換金率という観点から、金券を利用した現金化がおすすめです。

商品名
レート
マックカード
97.0%
ジェフグルメ
90.0%
セブン&アイ共通商品券
97.0%
イオン商品券
97.0%
ダイエー商品券
95.0%
ユニー商品券
97.0%
ドン・キホーテギフト
95.0%
コジマ商品券
94.0%
ヨドバシカメラ商品券
97.5%
ビックカメラ商品券
97.0%
JCBギフト
97.0%
VJAギフト
97.0%
VISAギフト
93.0%
図書券
93.0%
Amazonギフト券
95.0%
新幹線回数券
90.0%

金券での現金化のメリット

 次に現金化のメリットについて見ていきましょう。

 クレジットカードのショッピング枠を利用した借金は、法律上の分類から消費者金融・銀行などからの融資といった借入として扱われず、規制が緩いです。そのため、借金をしたからといって信用情報にそのことは記載されず、借入による自分の信用情報を傷つけてしまう恐れがありません。加えて、クレジットカードさえ持っていれば誰でもできるので、無審査で行えるという点でお手軽にお金を借りられます。将来的に、住宅ローンを考えている人には、現金化による借金の方が良いです。
 次に、安定した需要、加盟店が価値を保証しているため、金券は紙幣・貨幣のように扱われ、高換金率による現金化がすぐに行えます。例えば、ゲーム機などの商品をクレジットカードで購入してヤフーオークションなどで売ろうとすると、現金化に数週間程度要した上で換金率が60%だったなんてこともあります。金券だと、金券ショップによる買い取りも行え、オークションに出品してもすぐに落札されるため、急に現金が入用になっても、迅速にお金を用意できます。

使いすぎに要注意

金券を利用した現金化は確かに便利ですが、利用のしすぎには注意が必要となります。

 現金化はクレジットカードの利用規約に反した行為で、クレジットカード会社はカード会員の利用履歴から現金化をしている疑いのある会員を探索・監視しています。昔から行われているため、金券のクレジット決済はカード会社から特に警戒されています。そのため、高額の商品券を頻繁に購入して月々の支払いを延滞すると、不正利用を疑われて一時的にカード利用停止措置が執られます。カード利用停止は1週間程度で解除されることもありますが、利用履歴から現金化が明らかに行われているとカード会社から判断されると強制退会されます。強制退会されると、クレジットカード残高の一括返済を要求され、信用情報が傷ついて他のカード会社も連鎖的にクレジットカードが利用できなくなる可能性があります。金券を利用した現金化は高換金率で安定しているが故に、カード会社に発覚する恐れが高いです。金券を利用した現金化は潜在的なリスクの高い方法です。そのことを理解した上で利用しましょう。

悪徳金券ショップの存在

  金券ショップは優良なお店が多いため、なかなか見かけることが少ないですが、一部悪徳な業者も存在しています。また、中には、悪徳金券ショップは現金化業者とグルになっているパターンもあります。
 

金券ショップが悪徳だったパターン

 悪徳な金券ショップの大半は換金率を相場よりも大分低く設定して、買い取りを試みます。そのため、換金率は悪徳な金券ショップかどうかを見極める重要なポイントの1つです。例えば、新幹線回数券の換金率の相場は90%ですが、悪質な業者だと換金率60%以下で買い取ってきます。また、このような業者は利用者の様子で換金率が変化します。急ぎで現金を欲しがり焦りの素振りがある人は、低い換金率を提示して、相手の足元を見てわざと相手に不利な金額で買い取ろうとします。このような業者は数多く存在するので、買取の際は換金率の相場を調べてから金券ショップを利用しましょう。

現金化業者とグルだったパターン

 金券ショップの中には、クレジットカードのショッピング枠現金化業者と組む悪質業者もいます。このような業者は、現金化を兼業にした金券ショップ、裏で現金化業者と繋がっているなど様々な業態があり、見分けがつきません。しかしながら、このような悪質業者の大半は利用時に新幹線回数券の購入を求め、70~60%以下の還元率で買い取ります。前述した通り、この買取金額は明らかに相場よりも低いです。最近では金券の換金率は80~90%以上が多くなっています。このように、金券ショップとグルになって不当に利益を得ようと画策する悪質業者もいるので、評判や換金率を確認するようにしてください。

悪徳業者はどう判断できる?

 誰もが悪徳業者には、ひっかかりたくないものです。悪徳業者というのは、表面上、優良業者のように見えてしまうので、実際に取引が始まるまで判断するのが非常に難しいです。
 しかし、優良業者の特徴を知っていれば、取引の途中で悪徳業者と見抜くことは可能ですので、その見定めポイントというのを紹介していきましょう。

 優良業者の特徴は大きく4つあります。最初に紹介する特徴は換金率です。換金率は一番重要です。少しでも換金率が高いところを選ぶべきですが、大抵の業者のホームページには95%~98%と非常に高い換金率が記載されています。このような換金率での現金化は難しい条件を満たさないと利用できません。条件関係なく利用できる現金化は、一般的に換金率80%程度です。高換金率を餌に買い取り手数料として、実質的な換金率を低くする悪質業者もいます。この換金率を基準に、優良業者を探してみましょう。
 次に現金の振り込みの速さがあります。クレジットカード現金化を利用したことがない方は、手続きが面倒臭いイメージを持っているかもしれません。しかしながら、現金化はクレジット決済でショッピングをする行為の一部を利用して行われます。手続きは取引中にもめ事が起きないように、形式的に存在するだけにすぎません。そのため、優良店ほど手続き・振込を早くしようと、企業努力をしています。実際に、申し込みから振り込みまでの所要時間が15分という業者は、今では珍しくありません。このような迅速な振り込みを希望すると、換金率が低下するのが一般的です。しかしながら、優良店の中には換金率を下げずに対応してくれるところもあり、大いに参考になるでしょう。
 また、優良店のホームページは記載内容に漏れ無く、作りがしっかりして、見やすく、過度な煽り文句が少ないのが特徴です。長期にわたる運営で、ホームページが作り込まれている証拠です。また、利用者のニーズに合わせて、スマホ版のページも作っている優良業者もあります。特に確認してほしいのが、会社概要です。優良業者は代表者氏名、所在地、電話番号は必ず記載しています。悪質業者ほど記載事項をホームページに載せていないことが多いです。利用する際は必ず確認しましょう。
 最後に優良店の電話対応はどこも親切丁寧な傾向があり、換金率・手数料といったどんな質問にも必ず対応してくれます。また、オペレーターは女性である傾向があります。悪質業者の一部は女性オペレーターを雇わずに運営社員が対応して、電話対応が雑になっていることがあります。

以上のような特徴を参考に優良店を探しましょう。