現金化相談所

クレジットカード現金化によくある問題点とは?


近年、クレジットカードの現金化をする人が増えています。手軽で素早く現金を手に出来ると評判の現金化ですが、はたして本当に安全な方法なのでしょうか?利用する事でリスクやデメリットはないのでしょうか?そう不安に思う方も多いと思います。ここでは、現金化業者の違法性や問題点、現金化を行う上でのリスクやデメリット、利用の際に利用者側が気を付けるべきことを中心に説明していきます。

現金化って利用しない方が良い?

即日で現金が手に入って、審査もいらないなら現金化を利用しようかなと考えている人はちょっと待ってください。確かに、スピード性と手間のなさだけで言えば、現金化に勝るものはありませんが、全くのノーリスクという訳ではありません。もし、あなたがお金に困っているけれども、銀行や消費者金融の融資を待つだけの時間やキャッシング枠に余裕があるのであれば、そちらから利用することをお勧めします。なぜなら、現金を手にするまでに少し時間があることで、本当にその現金は必要であるかどうかを考える余裕が生まれるからです。
しかし、本当にお金が必要でしょうがないという人もいるかと思いますので、そうした人向けに、現金化にどのような問題点やリスクが含まれているかについて解説していきましょう。

現金化業者側の問題点とは

そもそも、クレジットカードの現金化とはどのような仕組みなのでしょうか?まずは「クレジットカードのショッピング枠を現金に換える」というのがどのような方法で行われているかを見ていきましょう。
現金化は、利用者がクレジットカードでショッピングしたものを業者が買い取るなどの方法で行われます。例えば、Aさんが10万円で購入した家具を業者が8万円で買い取るといった形です。Aさんは使わなかった、使ってみたけど気に入らなかった家具を売っただけなので、この状態では違法性は問われません。
この時、問題となるのは貸金業法と出資法です。過去に逮捕された業者を見てみると、100円ほどの安価な商品を50万円で購入させて、業者が40万円で買い取るという方法で現金化をしていました。この業者は貸金業者の登録がないのに営利目的でお金を渡していたことで貸金業法に違反しました。また、現金化の際に10万円の手数料を取ることで、法定金利20%を超える利息を貰っていると判断され出資法違反にもなっています。このように、業者の中にはヤミ金とも思えるような手口を行うところもあります。
しかし、全ての業者がヤミ金まがいの悪徳業者という訳ではありません。中には優良店も存在します。そういった優良店が行う方法がキャッシュバック方式です。キャッシュバック方式は「業者が販売する商品の値引き」という事で現金が手元に戻るという方法です。例えば、業者の管理する10万円の商品を“80%のキャッシュバック付き”で販売し、8万円を利用者へ返却するというものがこれにあたります。キャッシュバック方式で商品を販売することは特に違法ではないため、安全性も高いと言えます。
悪徳業者に関わってしまうと、前述した貸金業法や出資法違反の他にも、カードの悪用や個人情報の悪用などの犯罪に遭う可能性も高まります。悪徳業者は違法な事業を行うところが多いのです。

利用者側が気をつけるべきこと

現金化業者は良し悪しによって、違反かどうかが分かれるということがわかりましたが、利用者側にはどのような問題があるのでしょうか?

現金化って違法?

現金化は様々な点でグレーゾーンと言われています。それは、完全に違法と言えないものの、危険が伴う可能性が高いためです。
例えば、利用者が海外でブランドバッグ10万円をクレジットカードで購入しましたが、いざ帰国して利用してみると、どうにも使い辛く、今後も利用予定がないため、リサイクルショップへ中古品として売りました。その際、8万円で売れ現金を手にいれました。という事であれば、特に違法として問題視はされません。古物商を営む業者へ売ったことや、転売目的で購入した訳ではないことも大きなポイントになります。
では、現金化を行う場合、具体的にどのような危険が伴い、何に注意をすべきなのでしょうか?

利用しすぎで多重債務者となる可能性あり

現金化を利用し過ぎると、多重債務者となる可能性があります。現金化にはクレジットカードのショッピング枠を利用するため、当然、利用した分は後日カード会社への支払いが必要となります。現金化の利用件数や金額が増えれば増える程、債務は多くなり生活は苦しくなります。また、債務が増えた挙句、返済困難に陥ってしまった場合、現金化を利用していると、債務整理や破産の免責が下りず苦労する可能性も高くなるため要注意です。更に、現金化はクレジットカード会社にばれたり疑われたりする事も有り、その際にカード利用停止、一括返済など重い罰則もあります。

悪徳業者で犯罪に巻き込まれるかも

現金化業者には悪徳業者も存在します。悪徳業者の被害の多くは、お金が振込まれない、振込まれても聞いていた額より少ないといったものです。これらの被害は目に見えて分かるため悪徳業者であると判断しやすいのですが、実際にはもっと巧妙な手口で犯罪を行う業者も居ます。現金化の申し込みで得た個人情報を他の業者へ売り、利益を得たり、クレジットカードを悪用する、個人情報をもとに振込め詐欺を行うといった会社もあるようです。また、現金化の振込をする前に、手数料を振込むように言う業者があり、口車にのり振込んでしまうと、そのまま連絡が取れなくなります。
このように、悪徳業者は様々な悪事を行います。犯罪に巻き込まれない為には、利用者も注意を払わなくてはなりません。
不審な点があった場合はすぐに断る。事前に会社情報を調べておくなど出来ることは自身を守るために積極的に行いましょう。

現金化は結局借金である

現金化は簡単に現金を手にできることから、湯水のように利用してしまう人がいますが、現金化は借金に変わりはありません。借金をして現金を使うのは簡単ですが、それを返済するのは数倍の労力を必要とします。借金をするたびに、多重債務や自己破産に一歩ずつ近づいているのです。そのため、最後には結局返済しなければならないということを念頭に置いた上で、利用するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は簡単に現金を手にできるため人気がありますが、まだグレーゾーンの方法です。現金化業者が貸金業法違反や出資法違反で逮捕されている過去もあり、様々な悪徳業者が存在するのも事実です。また、現金化を行うと、多重債務の債務整理や破産がスムーズにできなくなります。もし、現金化を考えるのであれば、そういった現金化のデメリットもしっかり把握し、業者選択も入念な調査の上申し込みをすべきと言えます。無茶な利用をしないよう注意しましょう。