現金化相談所

法人カードの作成から現金化までを徹底解説!


財布を持つ男性

急な出費が発生した!だけど給料日はまだまだ・・・という時に役に立つクレジットカードの現金化。今ではすっかりおなじみの手法になりましたが、法人でもそれが行えるのはご存知でしょうか?

商品の製造コストがかさんだり、機会が急に故障したり・・・
資金繰りに困るのはむしろ法人の方が多いし、より一層深刻なはず。銀行は貸し渋り・貸し剥がしを平気でしてきますし、もはや困った時に頼れる存在ではありません。

そんな時は法人用クレジットカードを作って、現金化してみましょう!
法人用カードは、個人用クレジットカードにはないたくさんのメリットがあるんです!今回は法人用クレジットカードの作り方と、その現金化の方法について、そしておすすめのクレジットカードを一気に公開します!

法人用クレジットカードとは

法人カードとは会社や個人事業主向けに発行されているクレジットカードのことです。買い物や食事の際、経費で落とせるものをカード払いすることで、経理上の管理が楽になります。
さらに、法人用カードは複数枚の発行が可能!経営者だけではなく社員に持たせることもできるので、経費の立て替えなどが減ります。例えば接待費、出張先での諸費用、消耗品の購入などの時に使えば、従業員の負担はかなり少なくなりますよね。
個人のクレジットカードは、実は経費を支払うことができません。
しかし、法人カードは支払ったものをすべて経費とすることができます。個人事業主も法人カードを持っていると非常に便利なのですが、経営面の審査が非常に厳しいというデメリットも。

種類は2つ!

法人カードには大きく分けて2つの種類があります。

ビジネスカード

ビジネスカードは、社員数が少人数で、カードの利用者も多くない場合に作られることが多い法人カードです。 カードの発行枚数にも制限がある場合が一般的で、中小企業や個人事業主が発行するのに適したカードといえます。
年会費がかかることもありますので、会社の経費によって適切な種類のカードを選ぶことが大切です。

コーポレートカード

コーポレートカードは、大人数の企業で発行が可能となる法人カードです。
どこからを大人数と見るかは、そのカード、発行元によって違います。
コーポレートカードは振込手数料の削減や、社員の出張費清算などの目的で多く使われます。また、限度額などは、部署単位での設定になっているのも特徴で、十分大きくなった企業にピッタリの法人カードです。

ビジネスをサポートしてくれるサービスも!

一部の法人カードは、利用者のビジネスを手助けする便利なサービスを提供してくれることがあります。例えば、アメックスのビジネスゴールドは「四半期管理レポート」というサービスを無償で提供しています。
これは、3ヶ月ごとのご利用記録をカード会員別・ご利用内容の業種別に集計してユーザーにレポートします。これは経費報告書との照合・確認、無駄な経費のチェック、さらに経費管理の効率化に役立つデータとしても利用できます。

空港のラウンジが使える!

できるビジネスマンのステータスである空港のラウンジも、提携の法人カードを持っていると入ることができるようになります。飛行機の出発前に優雅な時間を過ごせるというのはそれだけでもカードを作る価値があるのではないでしょうか?

まとめ① 法人用カードのメリットは?

・ 利用限度額が大きい!
・ 複数枚発行ができる!
・ 買い物が経費で落とせる!
・ ビジネスのサポート用ツールを提供する会社も
・ 空港のラウンジが使えるようになる!

法人用クレジットカードの作り方

それでは、法人カードについてご理解していただいたところで、法人カードの作り方を解説します。

法人カード作成に必要な書類

法人名義のクレジットカードを作る際に必要な書類は、個人の手続きと大きく異なります。
まず、最初に用意しておく書類はこちらです。

① 入会申込書
② 本人確認書類
③ 発行日より6ヶ月以内の登記簿謄本または抄本
④ 法人代表者の本人確認資料

③が普通のクレジットカード作成と違いますね。「登記簿謄本」とは「履歴事項全部証明書」といった名称の書類を指します。取得できる場所は日本全国の法務局です。登記簿謄本は自分が登記した法務局以外でも取得可能です。

また、本人確認資料は「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」によって定められています。以下の書類が該当します。この中から一つを用意しておきましょう。

1. 運転免許証:住所変更をしたことがある場合は両面。
2. パスポート:写真および住所のページ。
3. 健康保険証:ご本人さまのお名前・生年月日・ご住所のページ
4. 住民票の写し:発行日より6ヵ月以内のもの、原本も可。住民票コードの記載は不要。

作成の期間とその流れ

1.インターネットの申込フォームから申し込み
↓1営業日
2.カード会社から申し込み内容の確認連絡
↓1週間
3.郵送で申し込み書類が到着
↓(返送までの期間)
4.申込に記入し、確認書類などを同封して返送
↓1営業日
5.カード会社に申込書類の到着:審査開始
↓審査期間:1週間~2週間
6.カードの到着

というように、およそ3~4週間程度の時間がかかるのが一般的なようです。個人カードは即日発行のものもありますが、法人はやはり時間がかかるようです。

②まとめ 法人カードを作るには?

・個人カードを作るときよりも多くの書類が必要!
・審査期間・書類確認期間が長いので、3~4週間かかる!

法人用カードの現金化

ここまでは法人カードのメリットとその作成方法について解説させていただきました。
ここからは、その法人カードを利用した現金化のメリットや注意点を解説していきます!

法人カード現金化のメリットは?

まず、法人カードはショッピング枠が大きいというのが重要なメリットです。
法人カードは個人向けよりもショッピング枠が大きめに設定されており、現金化も大きな金額で利用が可能です。
そのため現金化業者でも換金率を優遇していることが多いです。
たとえば、個人のクレジットカードで10万円を現金化した場合、85%の換金率(これはかなり高いほうです)で現金化した場合、業者の取り分が15000円程度となりますが、100万円の現金化なら、業者からすると操作は同じなので、10万円も利益が出れば十分と考え、換金率は90%に達するということも。
ということで、業者から見ても法人カードの現金化は優遇したい顧客ということができます。

事業主は銀行ローンも困難

銀行のローンは低金利なので、資金繰りに困ったときは最初に利用を考えるはず。しかし個人事業主にとって銀行からの融資を受けるのは、非常にハードルが高いことなんです。
収入が安定しにくい事業主は、審査が非常に厳しくなります。
また、書類の手続きも受付から審査、融資に至るまで非常に時間がかかります。

消費者金融は事業者に冷たい・・・

銀行の融資が困難な方は、次に消費者金融のキャッシングを考えることも多いでしょう。
申込から30分ほどで現金を受け取れるので、急いでいる人にも人気です。しかし、個人事業主の人が消費者金融でキャッシングの申込をしようとすると、会社員よりも審査が厳しくなります。
どうしても会社勤めより収入が安定していないと見られがちですし、給与の照明も難しいのでなかなか審査に通りません。

商工ローンは取り立てが・・・

商工ローンはノンバンク(消費者金融など)が中小企業向けに融資するもので、担保・連帯保証人が必要という特徴があります。
しかし金利が高く、取立てが厳しいことであまりいいイメージがありません。
連帯保証人も担保もそう簡単にある時代ではないので、商工ローンもかなりハードルが高い方法といえます。

審査不要のクレジットカード現金化

クレジットカードの現金化はなにより、審査がありません。
業者の指示に従ってクレジットカードで買い物をするだけで、最短で即日現金が手に入ります。取り立ても、業者が直接行うのではなく、クレジットカード会社からの催促ですので、よほど信用状況が悪化しない限りは優しく対応してくれます。

まとめ③法人カード現金化のメリット!

・ 審査が不要で即日現金をゲット!
・ 個人カードよりも換金率がいい!
・ ショッピング枠が大きいので高額の現金化が可能!

以上、法人カードの基礎知識と作り方から、現金化についてまで解説しました。
銀行・消費者金融も貸し渋りがちなこのご時世、資金繰りに困った事業主の方にこそ、法人カードの現金化はオススメです!