現金化相談所

現金化には向いていないカードの特徴と対処法とは?


クレジットカードの現金化をする際、カードを持っていればどのカードでも可能だと考える方も多いと思います。しかし、実は持っているカードにより現金化の難易度は変わります。発行が簡単でも、現金化が簡単な訳ではありません。何も知らずに現金化をしようとすると、時には危険な場合もあるのです。では、どのようなカードに注意が必要なのでしょうか?ここではその点を中心に説明します。

審査難易度=現金化ではない

発行が大変なカードの会社ほど現金化にするのが難しいのではというイメージを持っているかもしれませんが、実際はそうではありません。
そもそも、審査通過が難しいカードでは現金化は行われないことがほとんどなので、現金化に対してはあまり警戒をしていないカード会社がほとんどです。
逆に審査が通りやすいカードというのは、現金化はすぐにバレてしまうものなのでしょうか? こちらの場合は、カードの種類によってまちまちであるとしかいいようがありません。少額の現金化でカード会社から警告が通達されるカードもあれば、ショッピング枠限界まで現金化利用されても、何も問題がないと行った会社があるほどです。
それゆえに、現金化用にカードを発行する場合は、カードの選択に気をつけることと現金化業者のカード現金化対応がしっかりしているという2点が重要なこととなります。

銀行系は要注意!

現金化の監視が厳しいことで有名なカードといえば、銀行系です。銀行系というと審査も厳しいのではと思うかもしれませんが、審査基準はどのグレードのカードを持つかによるので、学生や主婦でも審査に通るものもあります。

銀行系のクレジットカードは、そもそも発行する際の審査も厳しい事で有名です。スコアリングシステムで属性を判断され、基準に満たない場合はすぐ審査落ちとなります。しかし、カードにも様々な種類があり、主婦や学生、アルバイトでも持てるカードもあります。
銀行系のクレジットカードは、利用の際も銀行からの監視が厳しく、いつもの使い方と異なる点があると、すぐに確認の連絡が入ります。監視の目が厳しい分、安全なカードであることは間違い無いのですが、現金化をするのには向かないカードと言えます。

三井住友カードはリスク高

銀行系の中でも、三井住友VISAカードというのは、取得はしやすいですが、現金化の監視がその分厳しいと呼ばれています。

三井住友VISAカードでは、さまざまなグレードのカードがあり、中でもクラッシックカードは学生向けに発行されているカードで、比較的取得しやすいカードです。しかし、カードの発行が可能でも、現金化がスムーズに進むとは限りません。
銀行系のカードでは現金化がし辛いと言われていますが、とりわけ三井住友のクレジットカードは現金化が一番困難なのです。
クレジットカードの現金化の多くは、現金化業者を通してクレジットカード決済を行います。その際、海外でのショッピングという名目で処理される事が多いのですが、三井住友ではその点に厳しく、それだけで現金化目的と判断されてしまい、決済が下りない事があるのです。
しかし、現金化業者側で工夫し、慎重に決済を行えばスムーズに現金化が完了する場合もあります。多くの場合は、高額決済を避け、何度かに分けて決済を行うといった方法をとっています。しかし、全ての現金化業者がその方法に対応している訳ではありません。そのため、三井住友のカードと言うだけで断る業者もあるのです。
こういった点から、三井住友VISAカードは現金化に不向きとされているのです。

カードブランド毎の難易度に違いが!

銀行系など発行会社の種類によって、現金化のしやすさが変わってくることはわかりましたが、実はブランドによっても難易度が異なってくるのです。

アメックスブランドは厳しい

アメリカン・エキスプレスブランドの付くクレジットカードも現金化には不向きなカードです。現金化が疑われると即利用停止措置を取られるなど、厳しい規約があるためです。
商品券や新幹線回数券など換金性の高い商品を買ったり、突然高額の買い物をしたりする場合には、ほぼ100%有無を言わさず利用停止になるでしょう。
しかし、アメックスのカードしか持っていない人も現金化を諦める必要はありません。そんな厳しいアメックスの現金化を望む場合は、専門の業者に依頼することが重要です。アメックスのカードに対応している現金化業者も存在します。ホームページなどにアメックス取扱いの記載がある業者ならば、現金化に自信のある証拠です。そういった業者を選ぶようにしましょう。

現金化がしやすいカードはどこだ

現金化に厳しい系統やブランドを紹介してきましたが、どのカードであればリスクを抑えながら現金化をすることができるのでしょうか?

まず、クレジットカード発行の審査が厳しくなく、比較的簡単に持てるカードは、「セディナカードJIYU!DA!」「三菱地所グループカード」「楽天カード」「イオンカード」「ライフカード」「アコムマスターカード」などです。これらのカードは、主婦や学生、アルバイトなどでも持てると評判です。
その中でも現金化をする上でおススメのカードは、やはり消費者金融系のカードです。
アコムマスターカードやライフカードなどが消費者金融系カードです。
そのおススメ理由はカード発行が早い点にあります。クレジットカードの発行には審査も含めて通常2週間前後の時間が掛かります。ところが、消費者金融系クレジットカードは即日カード発行を行うところもあります。他のカードに比べて限度額が多めに取れるのも魅力です。
また、カードに付くブランドでJCBやアメックスはやはり現金化がし辛い現状にあります。そのため、VISAかマスターカードを選ぶことをおススメします。

まとめ

ご紹介のとおり、銀行系カードや、アメックスブランドの付くカードは現金化がとりわけ厳しい現状です。これらのカードを持つ人は、自身で現金化を行おうと換金性の高い高額商品を購入するだけで、即利用停止になる恐れがあります。また、現金化業者を利用する場合でも、カードの種類を理由に断られる可能性があります。そのため、現金化を考える際は、事前によく調査し、自分の持つカードに対応する現金化業者を選ぶ事が重要です。