現金化相談所

ギャンブルにクレジットカードは使えるのか


日本には競馬をはじめとしたいくつもの公営ギャンブルがありますが、購入したいと思った時、クレジットカードが使えれば便利だと思いませんか? 実際のところ、クレジットカードはギャンブルで利用することができるのでしょうか。また、日本にカジノができることが現実味を帯びてきましたが、カジノができればたくさんの外国人観光客も訪れ、海外のようにカジノでクレジットカードが使えるようになるかもしれません。日本のギャンブルとクレジットカードの利用について徹底解説するので、クレジットカードを作る参考にしてみてはいかがでしょうか。

ギャンブルとは

46d2091c228b5beb2be1991ea858b996

日本の法律で認められている公営ギャンブルには、オートレース、競馬、競輪、競艇の4つの公営競技と、宝くじとtotoの2つの公営くじがあります。

【公営競技】
⑴ オートレース
8台の競争車(二輪)がトラックを走り、その順位を競うモータースポーツです。選手自らが競争車を整備、調整し、それぞれのドライビングテクニックや作戦が勝敗を左右します。

⑵競馬
公営競技の中でも、一番知名度が高く人気もあるのが競馬ではないでしょうか。馬に騎手がまたがりコースを走り、その順位を競います。馬のコンディションや個性、騎手との相性など、様々な要因によって勝敗が変わってくるでしょう。

⑶競輪
競争用の自転車に乗った選手がバンク(競争路)を走り、その順位を競います。選手の走るスピードに加えて、それぞれの選手がみせる駆け引きやテクニックが見どころです。

⑷競艇
6艇の小型ボートが水上コースを周り、その順位を競う競技です。選手自身が整備をしますが、ボードやモーターは前日に抽選で割り当てられるため、選手の当日コンディションに加えて、いかに最高の状態をつくりあげられるかがポイントになってきます。

公営くじ

⑴宝くじ
当選金のついた抽選券である宝くじは、あらかじめ番号が決まったものを購入し、その番号や番号に近いものに賞金が用意されています。
⑵toto
プロサッカーチームの勝敗や、得点を予想するtoto。予想したものが的中すれば賞金をもらうことができます。

ギャンブルというとパチンコを真っ先に思い浮かべる人もいるかもしれませんが、実はパチンコは公営ギャンブルには当たりません。しかしながら、パチンコで得た景品の一部を店外の景品買取所で交換することができるなど黙認されているグレーゾーンのギャンブルでもあります。また、オンラインカジノも日本ではなく海外が運営しているため、こちらも同じくグレーゾーンのギャンブルになります。

日本の近年の状況

12-chureito-pagoda-and-mount-fuji-japan

これまで、日本ではギャンブルへの規制が厳しく、カジノは日本では利用することができませんでした。しかし、訪日外国人と観光客からのニーズの増加の影響を受けて、日本ではカジノ解禁へ向けて動き始めました。

訪日外国人は日本にモノよりも体験を求めてやってくる!?

日本はものづくりの国として広く外国人に知られています。中国人の爆買いなど、日本でしか手に入らないものを求めて多くの観光客が訪れていましたが、最近では日本企業の海外拠点が増えていることや、円高の影響、中国政府が関税を引き上げたことなどから、買い物に対するブームは収まりつつあります。
それでも2016年10月末には訪日外国人の数は2000万人を超えるなど、日本への外国人の観光は増えています。最近では、訪日外国人の目的が、モノから観光や食事などの体験型に変化しつつあり、そのニーズを的確に捉えることが、今後の日本の観光産業を盛り上げる要となるでしょう。

カジノ解禁による日本のメリットとは

カジノというと、どうしてもギャンブルのデメリットだけが目立ってしまい拒絶反応を起こしてしまう人もいるようですが、カジノ解禁によって日本が受けるメリットはたくさんあります。
例えば、世界でもカジノ大国として知られているマカオの2012年のカジノによる収益は380億ドルと言われていて、カジノ産業のもつその大きな経済効果が伺えるはずです。
カジノができることで訪日外国人の集客につながれば、カジノだけでなく、ホテルや飲食店などにも大勢の観光客が訪れて潤います。また、カジノの建設や運営によって新たな雇用も生まれるため、雇用の活性化が期待されます。これらによる、日本の経済効果は、7.7兆円と試算されていて、その経済効果や地域活性化こそは大きなメリットと言えるでしょう。

クレジットカードでギャンブルを利用できるのか

credit-cards

海外では、カジノの利用にクレジットカードを利用することができますが、他のギャンブルでは利用することができるのでしょうか?

日本でもクレジットカードが使えるギャンブルはある

年末ジャンボなどの番号が決まっている宝くじをクレジットカードで購入することはできませんが、totoやBIGなどはクレジットカードでも購入することができます。また、公営競技である競馬や競輪もクレジットカード払いができるようになりました。
あらかじめ公式販売サイトで会員登録をしたり、一回に購入できる枚数が決まっていたりと、それぞれ制限はありますが、利便性は非常に高いと言えるでしょう。

パチンコなど利用できないものもまだまだある

とはいえ、パチンコなどまだまだクレジットカードが利用できないものもあります。クレジットカードを使うことによって制限なく賭け事をしてしまうことを懸念して、日本ではまだまだ規制が厳しいようです。

カード利用可能なギャンブルを紹介します

wallpaper-1927735

クレジットカードでギャンブルを利用できるのは、現金を持ち歩かなくてもいいので、とても便利です。では、実際にどのようなギャンブルにカードが適応されているのか紹介していきましょう。

totoBIG

紹介サイト名:toto公式サイト
支払い方法:クレジットカード・ネットバンク
賞金の受け取り方法:クレジットカード・ネットバンク
対応カード:JCB,UC,三井住友、NICOSなど
年齢制限:19歳以上
手数料:無料
特徴:・くじの事前購入予約(自動定期購入)

特典:・100円のくじ購入毎に、「CLUBtotoポイント」が貯まる
・年間の購入額に応じて、ランク設定と優遇サービスがあり
・上位ランクほど当選確率が高くなる

コメント:クレジットカードで購入できるので有名な宝くじといえば、totoBIGです。Totoの宝くじ自体は楽天やジャパンネット銀行、auなどで購入することができますが、公式サイトであるTOTOから購入するのが一番、お得であると思います。宝くじの購入は各種クレジットカードで対応しており、特に楽天カードと提携しているので、ポイントがかなりたまりやすくなっています。また、くじの販売期間に合わせて、購入予約が可能なため、買い忘れなどを防止することができます。

チャリロト

紹介サイト名: DMM.com × チャリロト
支払い方法:クレジットカード、ネットバンク、コンビニエンスストア
賞金の受け取り方法:クレジットカード、ネットバンク、コンビニエンスストア
対応カード:VISA、MASTER
年齢制限:20歳以上
手数料:現在手数料0円キャンペーン中、
特徴:くじの事前購入予約
特典:
・投票額30万円以上で3%が必ずキャッシュバックされるなど、キャンペーンがある
コメント:チャリロトはオフィシャルサイトと、提携しているDMM.comのサイトから購入できます。クレジットカードでの決済ができるのはDMM.comだけとなり、DMM.comの電子マネー「toreta」にチャージをして購入します。公式サイトよりも入金方法が多彩であり、キャッシュバックなどのキャンペーンも定期的に行っているため、お得に利用することができます。

オンラインカジノ

紹介サイト名:ベラジョンカジノ公式サイト
支払い方法:クレジットカード、インスタントバンキング、電子マネー
賞金の受け取り方法:クレジットカード、インスタントバンキング、電子マネー
対応カード:VISA
年齢制限:18歳以上
手数料:クレジットカードのみ2.25%、最大$5
特徴:
・メールやチャットによる日本語サポートあり
・公式サイトが日本語対応

特典:・クエストをクリアでベラジョンショップで使えるボーナスコインプレゼント
コメント:オンラインカジノを利用する時、事前にソフトをダウンロードしなければいけないことが多いなか、ベラジョンカジノはフラッシュ対応なため携帯からも利用することができます。また、ホームページの日本語対応、日本語でのサポートなど、海外のサイトでありながら日本語でのサービスが充実しています。

オンライン麻雀

紹介サイト名:麻雀広場
支払い方法:クレジットカード、電子マネー、ネットバンク
賞金の受け取り方法:電子マネー、ネットバンク
対応カード:VISA
年齢制限:18歳以上
手数料:無料
特徴:
・24時間日本語でのサポートあり
特典:・初回入会時にボーナスあり
コメント:$1の低レート卓から$256の高レート卓まであるので自分の予算に合わせて麻雀を楽しむことができます。ついつい夢中になってお金を使いすぎてしまわないように、一週間ごとに金額の上限を設定することができるので、無理のない範囲でゲームを楽しむことができます。

クレジットカードの勧め

credit4

前述したtotoなどの宝くじの例をはじめとして、徐々にカードで支払いができるギャンブルというのが増えてきています。特に、宝くじというのは多くの人が利用しているので、カード購入は大変便利だと言えるでしょう。
しかも、ただ便利なだけではなく、ポイントも貯まるため、もはや現金を使う理由はないと思います。
ここで私はギャンブルにはクレジットカードを利用することをお勧めしたと思います。

カードを利用するメリットとしては3つご紹介します。

ポイントで生活が豊かに

多くのクレジットカードでは、利用した金額によってポイントが貯まります。貯まったポイントは商品に交換したり、提携店で現金と同じように使うことができたり、飛行機のマイルに変えて旅行を楽しむことができたりと、色々な使い方ができます。現金よりもクレジットカードを利用したほうが、総合的にお得に利用することができるのです。

現金を持ち歩く必要がなくなり、盗難リスクが減少!

現金を持ち歩けば誰かに盗まれたり、紛失をしてしまったときのリスクがあります。その点、クレジットカードは紛失や盗難保険が付帯しているので、現金を持ち歩くよりも安心です。不正利用をされてしまったとしても、カード会社が補償してくれるため、カード利用者の損失は0円ですみます。カード利用がメインになっていればお財布に最小限の現金をいれておけばいいため、お財布ごと盗まれてしまったとしても被害を最小限に抑えることができるでしょう。

カードで購入金額を指定して、家計管理も楽チン!

クレジットカードを利用すれば、いつ、どのお店で、何を購入したのかが履歴として残ります。カード会社によっては、その履歴をそのまま家計簿アプリに連動してくれるものもあるため、カードを使うだけでお金の流れを後々家計簿で確認することができます。現金主義だと、何に使ったのか思い出せないまま金欠になってしまうこともありますが、クレジットカードなら自分のお金の使い方をきちんと把握することができるのです。

海外でのカジノから見る日本のカジノ

91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

ギャンブルの代名詞として存在するカジノが今後日本で利用することができるようになるため、中には利用を楽しみにしている人がいるかと思います。
ここで海外の事例から、日本でどのようなことが起こるか考えてみましょう。

海外ではカジノのチップをクレジットカードで購入できるのは当たり前!?

アメリカやマカオなど、海外ではカジノに使うチップをクレジットカードで購入することができます。キャッシングではなく、お店で物を買うのと同じように、ショッピング枠でチップを購入できるのです。アメリカやマカオではクレジットカードでの購入に手数料がかかってしまいますが、韓国では手数料はとられません。キャッシングをするよりも、お得にカジノを楽しむことができるのです。

日本でもカジノで利用できる日が来るかも

日本にカジノができれば、カジノがある諸外国のようにクレジットカードが利用できるようになる可能性は十分考えられます。大きなお金をもたずにクレジットカードだけでカジノを利用することができれば、カジノに訪れる人も安心してギャンブルを楽しむことができるでしょう。
クレジットカードでキャッシングをしながらカジノを楽しむ方法もありますが、ATMには一回に引き出せる限度額が決まっています。せっかくカジノを楽しんでいても、限度額のせいで1日に何度もお金をおろしに行くのは面倒だし危険も伴います。気持ちよく大きなお金を使ってもらうためにも、カジノとクレジットカードは切り離せない存在になるのです。

カジノでクレジットカードを利用するには使いすぎに注意

とはいえ、カジノに夢中になってしまえば、お金を使っているという感覚が麻痺してクレジットカードを使ってしまうこともあるかもしれません。我に帰った時にカジノに使ったお金の大きさを知って慌ててしまわないように、クレジットカードの使いすぎにはくれぐれも注意が必要です。使いすぎてしまうことに不安があるのなら、あらかじめ使用限度額を設定しておくのもいいでしょう。

まとめ

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s

日本で参加することができるギャンブルには、クレジットカードが利用できるものがいくつもあります。今後カジノが日本にできることを考えれば、クレジットカードの可能性はさらに広がっていくでしょう。現金主義もいいですが、ポイントや盗難の可能性などを考えれば、クレジットカードは大変便利な存在です。賢く利用して、お得にギャンブルを楽しんでみてはいかがでしょうか。