現金化相談所

パチンコをするときに知っておきたいクレジットカードの使い方


パチンコなどでもう少し手持ちがあれば・・・と思ったことがある人も多いでしょう。そんな時に限って、銀行カードを持ち合わせていなかったり、銀行口座に引き出す余裕がなかったりするかも知れません。そんな時は、クレジットカードを便利に使うチャンスです。
ここでは、クレジットカードを使い現金を手にする方法を中心にご紹介します。

パチンコにカードは利用できるのか

credit4

昔はお金を稼ぐためだけに利用されていたパチンコですが、現在では昔のアニメなどが導入された機械など、より娯楽性を高めたパチンコ機が増えてきました。それに伴って、パチンコの利用者も年々増えてきています。

パチンコは身近な娯楽として人気が高いのですが、手軽に楽しめるからこそ、つい時間を忘れ、手持ち金額以上を使ってしまいがちです。気が付いたら手元に現金が無く、クレジットカードしか持っていないという事もあるでしょう。そんな時、「クレジットカードでパチンコを楽しめたら良いのに」と考えるかも知れません。では、実際にクレジットカードでパチンコは楽しめるのでしょうか?
結論から言うと、現時点ではパチンコの代金をクレジットカードで支払うことは出来ません。クレジットカードは、後払いという性質上、現時点で口座に無い金額まで利用する事が可能です。また、クレジットカードでは、利用限度額も多めに設定されている場合が多いのです。そのため、もしもパチンコでクレジットカードの利用が出来るようになってしまうと、金銭の利用感覚がどんどん麻痺し、収入以上の金額をつぎ込んでしまう可能性が出てくるのです。
このように、パチンコの代金をクレジットカードで支払う事は出来ないのですが、クレジットカードでパチンコの資金を生み出す方法があります。それは、クレジットカードのキャッシング枠を使う方法です。キャッシング枠を利用すれば、現金を調達する事が可能です。近頃では、パチンコ店内にクレジットカードによるキャッシング対応のATMを設置している所も増えている様です。

現金の作り方はキャッシングだけではない

電卓と現金

パチンコの資金を作る方法の一つとして、キャッシングがあることを紹介しましたが、実はお願いがあるのですが他にも方法があります。それはクレジットカードの現金化というテクニックです。

クレジットカードの現金化とはショッピング枠を利用して行います。そのため、キャッシング枠を付けていないクレジットカードやキャッシング枠を目一杯利用している人でも現金化が可能です。
ショッピング枠を現金化する方法としては、自分で商品を売買する方法と業者を利用する方法のどちらかになります。どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分にとってよりリスクの少ない方法を見極める事が重要です。

キャッシングVS現金化

161e04553834ace9896d899bf8e16db5_m

では、実際に行うとするとキャッシングと現金化ならどちらの方が、利便性が高く、メリットもあるのでしょうか?それぞれの特徴について見ていきましょう。

キャッシングの概要と特徴

キャッシングとは、クレジットカードの機能の一つで、現金を引き出すことができます。銀行口座から預金を引き出すように、現金を借りることができるので、とても便利な機能ではあります。
それでは、キャッシングの特徴について、詳しく理解していきましょう。

クレジットカードを利用したキャッシングでの最大のメリットは、年利が低い事です。大手クレジット会社数社を見比べてみると、およそ12.0%~18.0%が平均となっています。尚、この金利は借入総額によっても変わります。貸金業法という法律で10万円未満は20%、100万円未満は18%、100万円以上は15%と上限金利が決められているためです。更に、カードの種類や個人の信用により、平均より更に低い金利となっている場合もあります。また、遅延損害金利はどの会社も20.00%が一般的な様です。クレジットカードの契約時にキャッシングについての年利なども定められていますので、利用の前に確認しておくことをおススメします。

デメリット

クレジットカードでキャッシングをする上でのデメリットは、利用限度額が少ない点と翌月一括払いをしなくてはならない点にあります。
クレジットカードはショッピングに特化したカードであるため、キャッシング枠での利用限度額は通常、ショッピング枠の利用限度額よりも低く設定されています。
なぜなら、クレジットカードのキャシング枠は、多くがショッピング枠内に内包されているからです。例えば、ショッピング枠が100万円、キャッシング枠が50万円の場合、合計150万円まで利用できると思いがちですが、実は、上限は100万円なのです。合計100万円の中で50万円まではキャッシングできるという事なのです。
また、カードによってはキャッシング枠を付けなくても発行できるため、キャッシングの出来ないものも存在します。クレジットカード会社数社を見てみると、キャッシング枠は0万円~300万円までとカードによりかなり幅がありますが、およそ10万円~50万円の枠で設定されている場合が多いと言えます。
そして、もう一つ忘れてはならないのがクレジットカードのキャッシングでは、利用額を翌月一括払いしなくてはならないということです。そのため、利用は確実に返済が可能な金額に留めることが重要となります。

クレジットカードでは、利用限度額を一時的に増やすことができます。その方法はインターネットや電話で利用限度額の引き上げの申し込みをし、審査を依頼します。審査に通ると利用限度額の増額が可能となります。しかし、ショッピング枠は比較的すぐに増額されますが、キャッシング枠の引き上げは難しい場合も多い為、注意が必要です。

ではより使い方についてイメージしやすいように三井住友VISAカードのキャッシングを利用した時の例を見ていきましょう。

カードブランド:三井住友VISAカード
ショッピング枠限度額:10−80万円
キャッシング枠限度額:0−50万円
金利:12~14.75%
支払日:月末締の翌月26日払い

三井住友VISAカードでのキャッシングは、インターネットや電話で申し込み、自身の銀行口座に振込んでもらう方法と、提携する金融機関やコンビニエンスストアATMより直接引き出す方法とがあります。
では、実際に借入をした際に、どの程度の金利がかかるのでしょうか?まず、利息の金額を出す計算式は次の通りです。

利息=利用残高×実質年率÷365×利用日数

上記契約内容で三井住友VISAカードのキャッシング枠にて30万円を借入した場合、一ヶ月に掛かる利息は、30万円×0.1475÷365×30=3,637円です。
契約内容では月末締めになっているため、例えば、11月15日に30万円を借りた場合にはまず、月末までの15日分+支払日の26日までの分の利息で最大41日分4,970円を支払う事になります。
初回何日間かは利息が無料というキャンペーンの時期もありますので、その辺りを狙うのも利息負担を減らす方法のひとつです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すると、基本的に一括払いとなりますが、実はリボ払いに変更することも可能です。しかし、リボ払いにすると、金利がかかるため、支払いの総額は多くなります。
例えば、上記契約内容で三井住友VISAカードのキャッシング枠から30万円をリボ払いで利用した場合、月々2万円の返済なら返済回数18回、返済総額337,489円になります。
また、月々3万円の返済なら返済回数12回、返済総額325,830円になります。
※返済回数・返済総額はおよその回数・金額です。借入をした日や返済日により変わりますので、利用時には事前シミュレーションをおススメします。

このように比較をしてみると、キャッシング利用の際は一括返済が金利負担も少なくおススメです。しかし、一度に何十万円もの支払いをすると家計に響く事もあるでしょう。そんな時はやはり月々の返済負担の少ないリボ払いが役立ちます。しかし、利息は残高に対し一日毎にかかります。そのため、リボ払いにすると、その分利息負担は増えます。少額ずつの返済ではなかなか残高が減らないのが現状です。余裕のある時は、繰り上げ返済などを利用し、早めに返済を終えることが望ましいと言えます。

現金化の概要と特徴

一方で、クレジットカードの現金化を利用する時の特徴としては何が挙げられるでしょうか? 具体例と合わせて見ていきましょう。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化のメリットは、やはりキャッシングよりも多くの現金を引き出せる点にあります。前述した通り、クレジットカードではキャッシング枠が内包されており、ショッピング枠での利用限度額の方がより高額です。そのショッピング枠を利用するため、キャッシングよりも多くのお金が手に入るのです。
また、支払い方法が選べるのも大きなメリットです。一括・分割・リボから選べます。特に分割払いでは、3回までの金利が無料となる場合が多く、とてもお得です。
中には「現金を手に入れたいのであれば、消費者金融から借りれば良い」と思う方も居るかも知れません。しかし、クレジットカードの現金化は、消費者金融よりもスピーディーに現金を得られます。消費者金融では、申し込み・審査・必要書類の準備・契約など諸々時間がかかり、契約完了までに2~3日かかることも珍しくありません。

クレジットカードの現金化でのデメリットは、金利がやや高めな点です。例えば、申込者のクレジットカードのショッピング枠である50万円を利用し、パソコンを購入します。それを業者が40万円で買い取るのですが、50万円の商品を40万円で買い取るので、この時点で還元率は80%です。金利は業者にもよりますので一概には言えませんが、還元率はおよそ80%未満である事が多いでしょう。中には悪徳業者もありますので、業者を選ぶ際には慎重なリサーチが必要です。

前述の通り、クレジットカードの現金化では還元率が80%以下になることが多いものです。還元率が異様に良い業者の中には、悪徳な業者もありますので注意が必要です。目先の利益にとらわれず、慎重に情報収集をしましょう。申し込みをしてしまった場合でも、業者の話に違和感を感じたら、即座に断るようにしましょう。

現金化とキャッシングのどちらがいいのか?

悩んでいる女性

これまで、2通りの現金を得る方法について紹介してきましたが、どちらのほうが利用する上で良いのでしょうか? 実際のところ、どちらがいいのかについては、皆さんの考え方次第ですが、ここではその一例について見て行こうと思います。

キャッシングに向いている人の特徴としては、一括で返済するだけの自信があり、かつ返済額があまり大きくないことが挙げられます。

クレジットカードを利用したキャッシングでは、一括返済かリボ払いのどちらかしか選択できません。リボ払いを選択すると、残高に対して一日毎に利息が掛かります。そのため、予定外の利息負担が掛かることが考えられます。そのため、キャッシング利用の際は一括返済をおススメします。例えば、翌月にボーナスなどの臨時収入が入る予定がある、翌月一括返済ができる金額しか利用しないと言った方は、キャッシングの方が向いているでしょう。
また、現金化に向いている人としては、すぐに現金が必要であるけれども、支払いは家計とのバランスを考えたいことが挙げられます。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、すぐに手元に現金が欲しいという方へおすすめの方法です。また、カード会社への返済が一括、分割、リボ払いから選択できます。分割を選択した場合、3回目までは金利の掛からない場合が多いためお得です。家計のバランスを考えて、一括は難しいけれども、分割なら返済可能という方に向いています。

クレジットカード現金化って適法なの??

cbaa2dfb6b0b70baa60b49d4b60cc5e5_m

現金化業者で最近逮捕された例がいくつかありますが、現金化というのは適法なのでしょうか?また、私たち、利用者側にはどのような影響があるのでしょうか?

まず現金化業者が逮捕された例について紹介しましょう。

クレジットカードの現金化そのものは違法ではないものの、グレーゾーンだと言われています。
では、実際に逮捕されている業者は何が問題なのでしょうか?実は、逮捕の原因の多くが出資法違反、他者のクレジットカードの不正利用です。
他者のクレジットカードを無断で使用するのは勿論、逮捕の原因となります。
また、逮捕された悪徳業者の還元率を年利に換算すると、およそ150%もの高金利となっており、そのことが原因で逮捕に至りました。

ここで意識して欲しいのが、逮捕された原因とその対象者です。

クレジットカードの現金化で大きな問題となるのが、多重債務の助長です。クレジットカードの現金化における認知度はまだ低く、他の消費者金融などで借入ができなくなった方やキャッシング枠が目一杯の方が、最終的に現金化を選ぶという事も多いのです。そのため、法的に「もうこれ以上貸付ができない人」へ高い金利で現金化を行ったり、現金化を勧めたりする事は債務を増やすことにもなり、業者の逮捕原因になります。どこからも借入のできない利用者は、利息が高くても借りてしまう傾向が大きいものです。
このことを考えると、現金化を利用することが怖く感じるかも知れません。しかし、逮捕されるのは悪徳業者だけです。業者の法律違反が原因となるため、善意で利用した利用者が逮捕されることは無いのです。

実は利用者が現金化をして、逮捕された例がないことがお判りになるかと思います。

例えば、クレジットカードを利用して家電を購入したものの、気に入らないので新品のまま売る。これは購入者の判断であり特に問題視されていません。しかし、悪徳業者が営利目的で高い手数料や金利で商品を買い取る事は法律違反で逮捕される場合があるのです。そのため、利用者が逮捕されるということはありません。しかし、利用者は自身を守るためにも、きちんと業者を見極めて、悪徳業者と契約しないように注意しなくてはならないのです。

まとめ

スマホを使う女性

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠とがあり、そのどちらを利用しても現金を手に入れる事ができます。自分にはどちらの方法が向いているのかを考え、納得のいく方法で利用しましょう。特に、ショッピング枠の現金化においては悪徳業者が存在するのも事実です。連絡をしても対応が悪い、説明が分かり辛い、ホームページが適当である等、少しでも不信感を持った業者は悪徳業者の確立が高いものです。しっかり見極め、悪徳業者とは契約をしないようにしましょう。