現金化相談所

窓口に行かなくていいから便利で簡単な現金化


6fd340b70bc8b132f449762a68c30a6f_m

クレジットの現金化は悪徳業者が多いから騙されてしまうのでないかと不安なイメージを持っている人は多いかと思います。個人で現金化を行った場合の理リスクは高いし、手間もかかってしまう。そんなときはオンライン決済サービスを利用することで、簡単に現金化することができます。最近では手軽でバレずに現金化できるオンラインでの現金化が主流になりつつあります。今回はオンラインでの現金化の方法について紹介していこうと思います。

クレジットカード現金化とは

まず、クレジット現金化について軽く復習しておきましょう。
現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る方法です。この方法を利用することでキャッシングより多くの現金を手にすることが可能なので非常に便利です。
現金化のメリットとしては消費者金融のように審査に時間がかからず、手軽にできることです。周りに知られたくない場合でもとても有効な方法といえるでしょう。

個人で行う現金化

会社員の男性

現金化の方法は個人と業者の2種類の方法があります。
個人での方法としては商品をクレジットカードで購入して、換金ショップで買取をしてもらうのが一般的です。商品によって換金率やリスクも大きく異なるので行う場合はよく調べてから行うのをお勧めします。

個人でのメリット

個人で行う時のメリットとしては商品還元時にほぼ全額現金にすることができる点です。例えば。新横浜〜京都間の6枚綴り新幹線回数券(74,580)を換金したとすると最大で94%(70,105)となります。

個人でのデメリット

デメリットとしては2つあります。1つは手間がかかることです。商品検索・購入・買取店検索・換金と4つのステップを踏まなければならず、丸1日はかかってしまうでしょう。2つめはリスクの高さです。カード会社では現金化目的のショッピング枠利用を禁止しております。また常にカード利用者の動向を監視しており、違反者にはカード停止・没収・一括返済などのペナルティが課せられます。加えて、自己破産時には借金の帳消しをすることができません。
個人で行うだとかなりのリスクを背負って現金化することになります。
しかし、どうしても個人で現金化をしたいという方向けにリスクを低減させる手段を1つ紹介しましょう。

個人でのリスク軽減法

先ほど新幹線回数券の現金化の例を挙げましたがこの方法での現金化は非常に人気なのでカード会社から目をつけられやすいのが弱点です。しかし、クレジットカードには回数券を購入する枠を設けられているものがあります。そこでそれを利用して新幹線回数券を購入し、換金することで安全に現金化することができるのです。もちろん、その購入枠はショッピング枠の中の一部なので少しだけ借りたいときのみに有効な手段です。

オンライン決済で現金化 〜基礎編〜

ビジネスマン

“買取ショップまで行かなければならないのは面倒だ”そんなあなたにオススメなのがオンライン決済システムを利用した現金化です。この方法ならネットで簡単に現金を手にすることができます。現金化業者の主流であるキャッシュバック方式と比較しても現金化までのスピードが違います。

オンライン決済サービスとは

オンライン決済サービスを利用した現金化と聞いてなんとなくイメージはつくものの実際にはよくわからない人もいると思います。そこでオンライン決済での現金化について基礎から順を追って説明していきたいと思います。
まず、オンライン決済とはクレジットカード決済をオンラインで行うことができるサービスのことを言います。私もamazonなどで買い物をする時はクレジッド決済&お急ぎ便を併用して使うことで手軽に素早く商品を受け取れるようにしています。
次にオンライン決済は代行会社がおり、クレジッドカード現金化の重要な役となっています。この部分を担っているのが決済代行会社で、オンライン上でのショッピングなどの取引の多くに関わっています。実際にクレジッドカードの明細には利用したネットショップと請求会社が異なっていることは多いです。オンライン決済サービスは購入者側だけでなく、販売側にもメリットがあるため、幅広く利用されているのです。
そして実は決済代行の部分はクレジッドカードの加盟店に所属していなければ決済をすることができないのです。加盟店になるためには厳しい審査を受ける必要があるため、現金化業者には不可能と言えるでしょう。オンライン決済の現金化は決済代行会社という存在があってこそ成り立つものなのです。

オンライン決済で現金化

では実際にどのようにしてオンライン決済を利用して現金化をするのかについて見ていきましょう。
方法はとても簡単です。
1オンライン決済を利用して買い物をする
2決済代行会社から手数料分を覗いた現金が振り込まれる。

ここで重要なのが皆さんにはショップと利用者の1人2役をしてもらうということです。買い物はする必要はなく、決済サービスを利用するために形式上行っている取引なのです。

オンライン決済でのメリット

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

このサービスを利用した現金化のメリットとしては便利さにあるでしょう。
オンライン上で取引ができるのでどこにいても手続きすることができます。これが換金ショップや消費者金融の場合だとどうしても店舗に行かなければならないので、忙しい人にはとても使いやすいと思います。
また、素早く現金化できるのも魅力の一つです。オンライン決済利用の現金化の場合、申し込みしてから最短で5分ほどで現金が振り込まれます。個人・現金化業者のどちらで現金化をしてもここまで素早く手続きを済ませることは不可能でしょう。
加えて、ネットで全て済ませることができるので周りにバレにくいです。お金を借りるとなると何かとネガティブなイメージを持たれがちですが、周りに知っている人がいなければ安心して、現金化をすることができます。

何故ばれにくいのか

周りにばれていないからといってもカード会社に現金化が知られては元も子もありません。しかし、現金化業者を利用することでまずばれる可能性はほぼなくなります。その理由は決済代行会社にあります。
決済代行会社はクレジットカード会社からの厳しい審査を通りぬけてきたため、カード会社からの一定の信頼を得て、存在しています。そのため、現金化に加担していることが発覚してしまうと加盟店から外れてしまうという事態が発生してしまうのです。このような状況に陥らないように決済代行会社はあらゆる手を使い、現金化利用をカード会社から隠すことに成功してきているのです。
それに加えて、現金化目的でのクレジットカード利用額はおよそ1億と全体のほんの一部にすぎません。ですからいくらカード会社が違反者を探そうとしても見つかるはずがないのです。

オンライン決済でのデメリット

逆にこのサービスのデメリットとしては現金を手にしている感覚が無いことです。
全てをネットで済ませられるので手間も時間もかからずとても便利ですが、お金をやりとりしている感じが全くといっていいほどしません。その手軽さのため、つい利用しすぎてしまうことがありますので要注意です。
また個人でもオンライン決済を行うことは可能です。しかし、厳しい審査を通らなければならず、時間もかかるのでオススメはできません。

まとめ

・クレジットカードの現金化を利用することでより多くの現金を手にすることが可能である。
・個人で行う場合はある程度時間と手間がかかり、リスクも低くはない。
・オンライン決済を利用することで手軽に素早く現金化することが可能である。
・個人で現金化するときは使いすぎるとカード会社から警告が来て、最終的には負債の一括返済などのリスクがある。
・現金化には自己破産しても負債を帳消しにすることができない可能性がある。
・業者を利用することで、現金化の発覚リスクは格段に下がる。
・オンライン決済サービスでの現金化を利用するときは自身の利用状況を把握しておくことが重要である。

以上の点を踏まえて、現金化をするときは慎重に行いましょう。