現金化相談所

携帯電話のキャリア決済から見る現金化


クレジットカードの現金化というのを聞いたことがある人はいるかもしれませんが、キャリア決済現金化について理解している人はどの程度いるでしょうか? 現金化を利用したいけど、カードがないことが原因で諦めてしまっている人は、ぜひ、キャリア決済について学んで、現金化を成功させましょう。

携帯キャリアとは

ntt-docomo-kddi-au-softbank

携帯キャリアとは、携帯代金の利用額に加えて、ECサイトでの商品購入代金やオンラインゲームでの課金代金などをまとめて、支払いができるという画期的なシステムです。

キャリア決済の特徴

携帯のキャリア決済とは、携帯電話各キャリアでID・パスワード・暗証番号認証をし、携帯電話料金と合算して代金を支払えるシステムです。「ドコモケータイ払い」「ソフトバンクまとめて支払」「auかんたん決済」などがそれに当たります。
キャリア決済の流れは、利用者がショッピングやアプリ、ゲームなどを購入した際に携帯キャリア決済を選択しID・パスワード・暗証番号を入力します。その手続きを終えると、携帯料金と同時に購入代金や利用額の請求が来るのです。わざわざクレジットカードの情報入力をしたりせずに利用できるため、非常に便利です。決済可能額は、docomo、auは上限5万円、ソフトバンクは上限10万円で設定されています。

キャリア決済のメリット

キャリア決済のメリットは、何といっても手軽に決済ができる点です。ID・パスワード・暗証番号を入力するだけなので、非常に簡単です。他の各種決済サービス(クレジットカード決済、コンビニ決済、電子マネー決済など)と一元管理できる業者も存在し、マネー管理に便利です。

携帯キャリアで現金化?

d6b95e41b4c99feb6fb432d9b571da6c_m

クレジットカードの現金化というのを聞いたことがある人はいるかもしれませんが、キャリア決済現金化について理解している人はどの程度いるでしょうか?
まず、通常のクレジットカード現金化について簡単おさらいをしておきましょう。カードでの現金化は、ショッピング枠を利用する必要があります。またその方法には、買取方式とキャッシュバック方式があり、現金化にするまでの流れというのが若干異なります。しかし、共通点としては、カードを持っていいないことには、現金化をすることができないということです。
それでは、携帯キャリア決済現金化の場合はどうなのでしょうか?

まず、携帯キャリア決済での現金化とは

携帯キャリア決済での現金化とは、携帯電話のキャリア決済枠を利用して現金化をする方法です。現金化とは通常、クレジットカードのショッピング枠を利用した方法ですが、ショッピング枠の代わりにキャリア決済枠を利用するのです。
現金化業者の指定するギフトコードをキャリア決済にて購入することで、現金化が可能になります。しかし、現金化が携帯電話会社にばれてしまうと、携帯電話の解約になりかねません。その点は注意が必要です。

次に、キャリア決済現金化のメリットとしては

携帯電話のキャリア決済を利用した現金化のメリットは、クレジットカードを持っていなくても現金化ができることです。また、クレジットカードを枠一杯まで利用している人にも有効です。この方法では、1,000円単位の少額から現金化ができるため、少し手元に欲しいという場合も便利に利用できます。限度額も5万円~10万円と上限金額が決まっているため、多くの金額を借り過ぎないのも利点です。

デメリット

携帯電話のキャリア決済を利用する現金化ではデメリットもあります。それは、クレジットカードを利用する現金化よりも還元率が悪いという点です。キャリア決済では元々の上限金額が少額のため、還元率も悪くなりがちです。また、最大でも10万円までしか枠が無いため、それ以上の現金を望む人には向かないかも知れません。また、クレジットカードのように分割やリボ払いの対象にはなりません。そのため。一括で返済できる分のみを現金化すべきなのです。

現金化はどのキャリアでもできるの?

banner_backgrounds_questions

ここまでで、キャリア決済での現金化が可能で、その特徴やリスクなどについて、しっかり理解して頂けたかと思います。今度は、現金化に対応しているキャリアはどこなのかについて見ていきましょう。

大手のキャリアについて
キャリア決済での現金化は、大手キャリアであれば概ね対応しています。ソフトバンク、docomo、auならば可能です。しかし、これらのキャリアの携帯電話でも、古い機種では対応できていない場合もあります。スマートフォンであれば多くが対応しているでしょう。また、クレジットカードは支払を滞納していると利用出来ませんが、それと同じように携帯電話料金が滞納している場合もキャリア決済は利用出来ません。

一方で、最近注目度が高い格安SIMでは現金化できるのでしょうか?
近年では、格安SIMの携帯電話が普及してきました。これらは月々の料金を安く抑えられることで人気です。しかし、多くがキャリア決済のサービスを行っておりません。現在、ソフトバンクの子会社のYmobileだけがキャリア決済サービスを利用できるようです。しかし、ソフトバンク同様の決済ができるとは限りませんので、利用の際は注意が必要です。このように、キャリア決済のできない格安SIM携帯では、現金化は行えません。

キャリア現金化の具体的な方法とは

スマホとお金

現金化に対応しているキャリアを把握したところで、次は具体的にどのようにして現金化をしていくのかについて紹介していきましょう。

キャリア現金化の簡単な流れについて

キャリア毎に現金化の方法は若干異なりますが、大まかな流れについては共通している部分が多いので、まずは、全体像を掴んでいきましょう。

キャリア現金化のフローチャート
1:携帯キャリアアカウントの取得
2:利用可能額を確認
3:現金化する金額を決定
4:業者に申し込み
5:商品を購入し、業者に換金する
6:現金が口座に入金
7:利用額を返済

という流れになります。それでは、それぞれのキャリア別の現金化について詳しく見ていきましょう。

AU

au携帯現金化では、「auかんたん決済」又は「auウォレット」を利用して、現金を手に入れます。

まずは、au IDを取得しましょう。
取得の仕方はKDDI のau IDの新規登録ページから行うことができます。
このサイトで、auの電話番号・お客様コード(確認可能)・暗証番号・文字認証を入力し、自動返信メールで送られてきたURLにアクセスすれば、登録は完了です。
次に、利用可能額を確認し、その範囲内でどれくらい現金にするか決めましょう。

利用限度額の確認と変更については
auポータルへログイン
→ au IDトップ
→ auかんたん決済メニュー
→ 利用可能額の照会

の手順で確認することができます。ここでの確認を怠ってしまうと、利用可能額不足で、現金化できない可能性もありますので、忘れないようにしましょう。

現金化にする額が決まり次第、いよいよ換金をする商品を購入します。利用するネットショッピングサイトとしては、KDDIと提携しているサイト(auショッピングモールなど)を選びましょう。

商品を購入後は、業者に送って換金してもらう又は個人で換金ショップなどに換金しに行くことで現金化が完了します。

SOFTBANK

次にソフトバンクを利用した現金化の手順を見ていきましょう。
ソフトバンクでは「ソフトバンクまとめて支払い」か「S!まとめて支払い」を利用して現金を手に入れます。これはご利用している機種によってどちらかになります。

まず、ソフトバンクのIDを取得しましょう。
「Mysoftbank」からアカウント設定やS-ID、パスワードの設定を行います。
また、この「Mysoftbank」で利用可能額の確認などができます。年齢と契約期間で月の上限金額が決まるので、必ず確認しておきましょう。
利用額のチェックは、
Mysoftbankトップページにアクセス
→ページ右上の「メニュー」をタップする
→メニューの中の「料金・支払い」をタップする
→ソフトバンクまとめて支払い利用履歴をタップする
→「ご登録中サービス」をタップする
上記の手順で進むと利用額の確認を行えます。

また、ソフトバンクのキャリア決済を利用して現金化をする場合は、ソフトバンクカードがあると高還元率で現金化ができ便利です。

ソフトバンクの現金化は、アマゾンでアマゾンギフトカードを購入し、買い取り業者などに換金して貰うようにします。

DOCOMO

docomoを利用した現金化の手順を見てみましょう。

docomoID(dアカウント)を取得します。
携帯電話番号とネットワーク暗証番号で取得できます。

次に、利用限度額の確認をします。
dメニューにアクセス
→お客様サポート
→料金通信量などの確認【料金確認の一覧を見る】
→商品など購入履歴の確認【決済サービスご利用明細】
→ご利用限度額設定【設定確認変更】
先に利用枠の確認をし、幾らまで利用可能かを知る事は現金化を行う際にとても重要です。

利用額の確認が済んだら、モバオクなどのショッピングサイトで商品券やギフト券を購入し、業者などで換金して貰います。

現金化をしてみた例 amazon

それぞれのキャリアでの現金化の大まかな現金化の流れについて理解して頂いたところで、現金化を実例について、いくつかみていきましょう。

アマゾンギフト券などの金券は、現金しか対応していないのではと思うかもしれませんが、実は携帯キャリアで購入可能なサイトというのがあるのです。

キャリア決済が可能なサイトは「PINCOM」というサイトになります。
PINCOMは、携帯電話キャリア決済でアマゾンギフト券やニンテンドープリペイド番号、ニンテンドーダウンロード版ソフトを購入できるサイトです。では、どのように購入をすれば良いのでしょうか?
まずは、携帯電話端末でPINCOMにアクセスします。
→ページ下部に記載のある「ショップを選ぶ」から「アマゾンギフト券」を選びます。
→購入金額を指定し、カートに入れます。
→携帯端末別の支払いを選び、「注文確定する」をクリックします。
→メールアドレス入力画面に入力します。
→送られてきたメールに沿い手続きをします。
決済が完了すると、コード付きアマゾンギフトが送られてきますので、これで購入完了です。

PINCOMでamazonギフト券を購入した後は、買取サイトなどで換金してもらうことで、現金化が完了となります。

現金化をしてみた例 yahoo ショッピング

次に、Yahooショッピングで現金化をした例をご紹介します。
Yahooショッピングは日本最大手のショッピングサイトです。Tポイントも貯まるため、Tポイント利用者にも嬉しいショッピングサイトです。
しかし、登録している全てのショップがキャリア決済対応ではありません。キャリア決済対応のショップを探すには店舗の条件検索を行う方法がおススメです。絞り込み検索条件の中で支払方法「キャリア決済」を適用し検索することができます。
ここで、注意しなければならないのが、ショッピングの上限金額です。Yahooショッピングでは、docomoの場合、上限30,000円、au、softbankの場合、上限50,000円と利用限度額が定められています。そのため、その限度額を超える高価な買い物はできません。
商品を選び、購入し、それを現金化業者に換金してもらう方法にで現金を手に入れます。

現金化をしてみた例 モバオク

携帯電話のキャリア決済をモバオクで利用して現金化は出来るのでしょうか?
それは、出来ます。
正確には、出来ますが、デメリットがあります。
モバオクを利用する最大のデメリットは、「現金化までに1週間ほど時間が掛かる。」ということです。一体、どういうことでしょうか?手順をみていきましょう。
モバオクで狙うのは、新作ゲームソフトなどです。それを安価に落札して、限度額一杯までキャリア決済で購入します。そして、商品を中古買取店に持ち込みます。できれば、中古買取店が買い取り額アップのキャンペーンを行っている期間を狙うのがお得です。
しかし、オークションは個人間のやり取りが主になり、相手の商品発送を待ち、商品が手元に届いたらそれを買い取り業者へ持ち込む。
この時間と手間がネックなのです。
そのため、急ぎで手元に現金が欲しい人向きの方法ではありません。

現金化してみた例 ポイントサイト

ポイントサイトを利用し携帯電話キャリア決済で現金化をする方法は以下の通りです。
まず、ポイントサイトの「モッピー」「げん玉」「予想ネット」をダウンロードしておきましょう。これらのサイトを利用して有料アプリをキャリア決済でダウンロードします。
その後、30分程度でポイントが反映します。1万円位のアプリを購入した場合、1万円分のポイントが付くため、後日これを銀行振込で現金化します。ポイントの換金申請をすれば、2~3日で換金が完了します。

キャリア決済現金化のリスクとは

c995c13535f5bc19827347256d0ef365_m

一見、とても便利で使い勝手が良いように思えるキャリア決済の現金化ですが、それでもリスクというのは存在します。リスクについて知らずに、現金化を行うのはあまりにも、無謀すぎるので十分に理解を深めておきましょう。

キャリア決済の現金化は支払いが滞りなく続けば、リスクというのはありませんが、返済の延滞が続いたりすると次のようなリスクが発生する可能性があります。

まず、延滞が続くと、携帯の利用が停止されます。
携帯電話のキャリア決済を利用し現金化を行うと、後日、一括での返済請求が来ます。クレジットカードの様に分割やリボ払いの方法が無いためです。万が一、その請求額を支払えず、延滞をしてしまうと、携帯電話の利用停止措置が取られる可能性もあります。
次に、延滞や携帯の利用がなんども停止された状態によっては、信用情報機関の個人信用度が下がる恐れがあります。
携帯電話料金の未払いで、利用が何度も停止されたりする状況では、信用情報が下がる恐れがあります。特に、携帯の端末を分割払いにしている場合は、クレジットカードの分割と同じ扱いになるため、信用情報機関に返済状況が登録されます。
最後に、それらの信用度の低下は、カード発行やローンの審査に悪影響があります。
近年では、携帯電話端末を分割払いするのが一般的になっています。そのため、信用情報に登録されている人も急増しました。しかし、端末代金の延滞状況も信用情報で分かるようになりました。そして、この延滞が他のローン審査に影響する恐れも十分あります。

キャリア決済現金化に向いている人とは?

7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s

キャリア決済の現金化について、かなり知識が高まったところで、どのような人により向いているのかについて分析していきましょう。

向いている人の特徴としては、

まず、クレジットカードを利用しない人は試しに利用してみても良いかもしれません。
携帯電話のキャリア決済を利用した現金化に向いているのは、クレジットカードを利用したことがない、クレジットカードを持っていないと言った人です。クレジットカードが無くても現金化ができるため、試しに利用してみるのも良いでしょう。また、カードローンの類では無いため、信用情報に影響が出ないのもポイントです。住宅ローン審査を控えた人なども利用できるでしょう。
次に、10万円以下の少額の利用をする人は、キャリア決済に向いていると言えます。
携帯電話のキャリア決済を利用した現金化では、多くの金額を手にする事はできません。携帯電話キャリアにもよりますが、決済の利用枠は最大10万円ほどなので、現金化も勿論それ以下の金額になります。そのため、少額を利用したいという人に向いている方法です。
最後に 一括で返済できるほど金銭的な余裕があるでなければ、この方法での現金化はお勧めできません。
携帯電話のキャリア決済を利用した現金化では、返済の方法が選べないため、必ず一括での返済が必要になります。利用した金額を一括で返せる見込みがある人にはおススメですが、一括返済ができる金銭的余裕の無い人にはおススメできません。

クレジットカードでの現金化の勧め

credit-cards

キャリア決済現金化だと、欲しい額としては少ないし、一括での支払いも無理という人とはクレジットカードでの現金化をオススメします。
最近では主婦や学生・フリーター向けのクレジットカードも発行されているそうなので、カードでの現金化を諦めていた人も、また現金化のチャンスは残っています。

では、なぜクレジットカードでの現金化をお勧めするのかについての理由についてお話ししていきましょう。

まず、何と言っても現金化できる額が多いのが強みではないかと思います。
ご紹介してきたように、携帯電話のキャリア決済を利用した現金化では、限度額が少なく、対応するショッピングサイトでも利用上限金額を定められている場合が多いため、少額利用しかできません。しかし、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化では、一度に多くの金額を現金化することが可能です。その点がクレジットカードの強みと言えます。
次に、利用者の経済状況に合わせた支払い方法ができるという点です。
また、携帯電話のキャリア決済を利用すると、一括払いの請求になり、他の返済手段がありません。しかし、クレジットカードの現金化では、一括、分割、リボ払いと状況や金額に合わせて選択する事ができます。その点も大きなメリットとなります。
最後に、カード会社や周りの人間からバレにくいことが挙げられます。
更に、クレジットカードを利用した現金化は、他者にばれにくいという特徴があります。個人でクレジットカードの現金化をしようとすると、それなりのリスクを伴いますが、現金化業者に依頼をすれば、業者側も細心の注意を払い現金化を行います。そのため、カード会社にばれにくいのです。あくまでショッピング枠を利用しているため、家族や周りの人間にも現金化の事実はばれません。

まとめ

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

ご紹介したように、携帯電話のキャリア決済を利用して現金化は可能です。しかし、手に出来る金額は少額であること、返済の延滞をすると信用情報に傷が付く可能性が高いこと、携帯電話の利用停止などのリスクがあるなどデメリットになる事もあります。その点をよく理解して検討してみてください。