現金化相談所

ヤフーマネーで現金化??


ヤフオクでカード現金化ができる?徹底解説

2016年の夏に、新しい電子マネー「yahoo!マネー」が登場しました。文字通りyahooが運営する電子マネーです。yahooサービスにおける支払いでお得なサービスを受けられるという特徴を持っています。まだサービスを開始したばかりで、利用できる場所の少ない電子マネーです。しかしながら、yahooとしてはyahoo!マネーの利便性の向上を考えているようなので、今後様々なキャンペーンや新しいサービスが展開されるかもしれません。ヤフオクなどを頻繁に利用するyahooユーザーは、この機会にyahoo!マネーについて知ってみてはどうでしょうか。ここでは、Yahoo!マネーのメリットやデメリットなどについて紹介していきたいと思います。

yahooマネーとは

Yahoo-Money

最近、LINEやappleが独自の電子マネーサービスを提供し始めたりと、電子マネー市場が熱いですね。クレジットカードだと、対象年齢以上でなければ、所持できなかったり、盗難時の悪用リスク、個人情報の管理など超えなければいけないハードルというものが多くて、利用しづらい面がありました。
一方で、電子マネーだとチャージ額以上の金額は利用できないので、使いすぎるということはありませんし、小学生などの低年齢のお子さんにも安心して持たせることができるのでとても便利です。
さて、検索エンジンとして有名なYahoo! JAPANですが、ネットオークションの利便性をさらに上げるために、電子マネーを導入しました。
果たしてどのようなサービスを利用できるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

Yahoo!マネーは今のところyahooサービスの支払いに重きを置いた電子マネーです。チャージは銀行口座から直接行われ、クレジットカードからのチャージと異なり、現金余力以上に使いすぎるというようなことはありません。チャージしたyahoo!マネーは個人に送金、プレミアム会員費の支払いなどyahooサービスの利用料金、ヤフオクの落札金額の支払いができます。なお、yahoo!マネーは個人間での送金手数料が無料になっています。また、ヤフオクの落札代金をyahoo!マネーで受け取ると2%分上乗せされるサービスもあります。

利用の仕方について

benefits-of-effective-questions-800x448-300x168

それでは次に利用方法について紹介していきましょう。
ヤフーマネーを利用するためにはYahoo! JAPAN IDとYahoo!マネーに登録する必要がありますので、それぞれの登録法について簡単に説明していきます。

Yahoo! JAPAN ID の登録法

登録の手順を以下にまとめました。ID名はできれば本人を推測しにくいものにして、郵便番号と生年月日を入力するだけで簡単に登録は完了します。Yahooサービスを本格的に利用する人はさらなる個人情報の入力が必要なので、いつでもいいのでログイン後に改めて入力してください。

1 yahoo! Japanにアクセス
2 画面上部の「無料ID活用」をクリック
3 「yahoo! JAPAN ID 登録」のバナーをクリック
4 メールアドレスなどを入力し、登録を確定
5 ログイン確認

Yahoo!マネーの登録法

Yahoo!マネーを使用するには、yahoo!ウォレットに登録する必要があります。Yahoo!ウォレットはyahoo!マネーを入れるインターネット上にのみ存在する財布のようなサービスです。以下にこのyahoo!ウォレットの登録手順を示します。なお、登録には電話番号の認証を必要とします。手元に携帯・スマホを用意してください。認証後に、プロフィールとして個人情報を入力します。登録は10分程度で十分に完了できると思います。

1 https://wallet.yahoo.co.jp/ にアクセス
2 Yahoo!IDにログイン
3 携帯電話の番号を入力
4 入力した電話番号あてにSMSで送られた認証番号を入力
5 プロフィールの設定
6 登録確定

yahooマネーのメリット・デメリット

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

yahooマネーの使い方について理解してもらったところで、yahooマネーの強みと弱みについて知っておきましょう。

他の電子マネーと比較して、yahoo!マネー最大のメリットはyahooサービスの支払いで1%、ヤフオクの落札金額の受け取りで2%のキャッシュバックがあることです。これに尽きると思います。ヤフーショッピングなどの有料のyahooサービスを利用していてヤフオクで高額の出品を何回もしている方は、yahooマネーを使うと落札の支払いも受け取りもスムーズに行えるでしょう。
また、珍しいことにチャージは銀行口座から直接行う方式を取っています。チャージの手数料は無料で、設定すればヤフーショッピングなどの支払いの不足分を自動的にチャージするシステムもあります。クレジットカードからの自動チャージで使いすぎてしまった経験のある人でも安心です。

デメリットは、今のところyahooの有料サービスを利用している人を除いて使用するメリットがない点です。また、ヤフオクの落札金額の2%が上乗せされるといったキャッシュバックはありますが、現金化に2.16%の手数料を取られます。単純にヤフオクを利用しているだけだと損することになります。将来的には実店舗の支払いに利用できるようにすると発表されていますが、今のところYahooサービスの支払いでしかメリットがありません。いまいち使いにくい微妙な電子マネーです。
また、チャージ・現金化で利用できる銀行がそれほど多くありません。今のところネットバンクだとジャパンネット銀行、地方銀行は一部のみしか利用できません。今後、利用できる銀行は増やす予定らしいですが、どの程度この状況が改善されるかは不明です。

ヤフーマネーで現金化

d6b95e41b4c99feb6fb432d9b571da6c_m

ヤフーマネーの使い方と特徴について理解した後は、いよいよ現金化のやり方について解説していきましょう。

Yahoo!マネーはyahooウォレットに登録した口座へ、1ポイント1円相当で振り込まれます。Yahoo!ID・yahooウォレットに登録し、本人確認をした状態でのみ現金化の手続きが行えます。Yahoo!マネー現金化の手続きは以下に示します。なお、1回の現金化の手数料は、入力した払い出し金額の2.16%です。

1 Yahoo! JAPAN IDにログイン
2 Yahoo! ウォレットのトップページに移動
3 マネー残高明細を表示
4 残高の横の「払い出し」をクリック
5 登録されている預金払い口座・受取口座を確認
6 払い出し金額を入力
7 「次へ」をクリック
8 入力内容を確認後、「払い出しをする」をクリック
9 暗証番号を入力
10「確認」をクリックして払い出しを確定する

今後の展望

tax-repo-l-thinkstock

現状のyahooマネーはヤフオク・ヤフーショッピング・ロハこなどでのしか利用できなかったり、提携先の銀行が少ないなど、他の電子マネーと比べるとあまり使い道がないように感じざるをおえませんが、今後はどのように変わっていくでしょうか?
日経新聞によると、対応可能な銀行は順次増えてきており、2016年ないには、地方銀行も含めた38もの銀行と提携を結ぶそうです。また、利用可能な店舗も2017年から少しずつ拡大していくようです。そのため、LINE payやapple payと並ぶ便利な電子マネーとなるでしょう。

まとめ

若い男性

・yahooマネーを利用するにはyahooIDとyahooウォレットへの登録が必要
・yahooマネーはyahooサービスの支払いでお得
・yahooマネーは使い道が限定的で現金化の手数料も高い
・yahooマネーは不便なところの多い未成熟な電子マネー