現金化相談所

クレジットカード現金化におけるデメリットについて


クレジットカード現金化について聞いたことがある方も多いと思います。クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を利用して借入をすることです。信用情報を傷つけないといったメリットもありますが、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に反する行為です。当然、現金化を利用するとクレジットカードの利用停止を受ける可能性があるなどのデメリットもあります。ここでは、現金化におけるデメリットを中心に紹介します。

現金化について考えて見た

クレジットカード現金化を利用するのが初めてな人が多いと思うので、簡単に現金化とは何かについて見ていきましょう。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にしてお金を借りる方法です。クレジットカード現金化はクレジットカードを持っていれば誰でも借入できるとうい点が最大の特徴です。個人もしくは業者を通して行う手法の二つに分類され、基本的にはクレジットカード決済で商品を購入して現金を得ます。現金化のメリットは消費者金融などから借入をしないことで、信用情報に傷をつけずに借入できることです。消費者金融と比較して、厳しい審査を必要とせずに年収の1/3以上を借りられるという点で大きく異なります。

現金化におけるデメリットとは

クレジットカード現金化はメリットがとても魅力的なので、そっちに目が行きがちですが、デメリットについてもしっかりと理解をしていかなければなりません。

金額で還元率が変わる

クレジットカード現金化は、業者を介して利用すると現金化の金額によって、ショッピング枠から現金への還元率が変化します。現金化する金額が低ければ、還元率もそれに従って減少します。ホームページ上で95%以上の還元率の業者でも、1万円程度の少額の現金化だと80%にまで還元率が低下することも珍しくありません。このような高還元率は100万円以上での利用でしか適用されません。少額のクレジットカード現金化だと、ショッピング枠に対する業者へ支払う手数料の割合が高くなります。
現金化業者は儲けるために現金化業務を行っています。一回の現金化で利益だけでなく人件費などの一定の諸経費が発生します。また、現金化業者は決済代行業者を利用していることが多いです。クレジットカード現金化はカード利用の規約に反した行為です。そのため現金化していることがクレジットカード会社に発覚すると、クレジットカード決済ができなくなり現金化業務を行えなくなります。そのため、クレジットカード決済の内容を偽装してカード会社の発覚を防ぐ専門の業者、決済代行業者をクレジットカード現金化業者は手数料を支払って利用しています。
このように、業者を利用した現金化は、業者側にある程度の経費が掛かるため利用金額が低ければ還元率が低下します。しかしながら、クレジットカードの利用停止などのリスクを避けるための保険金と考えれば妥当な金額なような気もします。

カード会社による監視

クレジットカードの現金化は明確に禁止でないというだけでグレーな行為です。そのため、クレジットカードの利用規約に記載し、クレジットカード会社は現金化を取り締まっています。当然、現金化をしていることを発見するとカード会社はカードの利用を停止し、個人・組織の信用情報にそのことを記載します。業者を介しての利用時に現金化が発覚した場合、業者を中心に重い処罰が下されるため、利用者の処罰は比較的軽いです。しかしながら、個人で現金化をすると、決済代行業者によるクレジットカード決済の偽装をしていない分、クレジットカード現金化発覚のリスクが高まります。個人で行って発覚した場合、残高の一括返済やクレジットカードの強制退会、長期にわたるカードの入会不可などの重い処罰が課せられます。還元率が低くても業者を利用した方が安全であることが分かります。

悪徳業者による被害

全ての業界に当てはまることですが、現金化業者にも悪徳業者が存在します。それらの業者の手法は様々ですが、個人情報の流出・売買や現金が入金されないといものが大半です。クレジットカード現金化は普段のショッピングと同様に、契約を必要としません。契約という取引の証拠を残せず、カードの利用規約に反するため、裁判といった処置での解決は大変になります。したがって、カードの利用停止を、現金化に失敗して借金だけが残るような事態を避けるためにも現金化で利用する業者は慎重に選びましょう。

多重債務者となってしまったらどうなるの?

現金化は融資やキャッシングとは異なるとは言っても、結局は借金であることには変わりありません。そのため、最終的に返済しなければならないということを覚えておかなければなりません。

特に、現金化による借入は審査も年収1/3以下までしか借入できないなどの規制もなく、簡単に行うことが来出ます。そのため、金銭感覚がおかしくなり、自分の返済能力を超えて借入をしてしまう人がたびたびいます。そのような人は借金を借金で返すといった多重債務に陥り、最終的に自己破産を取るしかなくなります。しかしながら、自己破産でギャンブルなどによって発生した借金の帳消しは原則的にできません。これは現金化による借金も含まれます。クレジットカード発行やローンが今後できなくなる、財産の大半を処分しなければならないといったデメリットが自己破産にはあります。現金化はこれらのデメリットを受けても帳消しにできない借り入れです。これらのことを理解した上で、現金化は返済計画を立ててから利用しましょう。

リスク回避をするにはどうする?

現金化を利用しすぎると、多重債務や自己破産となってしまう可能性や悪徳業者に出会う可能性が高くなってしまうというリスクがあります。そうならないためにも、いくつかの対策を紹介しますので、参考までに覚えておいてください。

普段から計画的にお金を使う

とりあえず、家計簿をつけるだけでも多重債務のリスクを減らすことができます。なぜかというと、多重債務者の大半は自分の消費行動を把握していないからです。家計簿をつけると過去・現在の支出を数字として視覚化できます。そうすると、「酒代が多すぎる」、「自分が想像していた以上にタバコを買っていた」というように支出の改善点が見え、返済金額や完済時期も自分で計画し、把握できます。加えて、「支出をこれぐらい抑えれば借入する必要もない」という考えもできて、無駄な借金をして借入残高を増やすこともしなくなります。このように、単純に家計簿で記録して支出を把握するだけで、多重債務のリスクを減らすことができます。

借金が複数あるのなら一本化する

多重債務に陥ると複数の金融機関から借入していることが多いです。このような状態だと、借金の総額や利息、返済日も把握できなくなります。そんなときは借金を一本化することをおすすめします。借金の一本化の利点は借金の現状把握と目標設定できることです。1つの金融機関に借金をまとめれば、その金融機関の担当者と一緒になって現状はどれくらい深刻なのか、月々の返済金額、完済時期を冷静に把握できます。場合によっては、一本化したことで利息を抑えることも可能です。返済の仕切り直し、多額の借金の完済ための一歩として、複数の業者から借入している方は借金を一本化することをおすすめします。

悪徳業者の手口を知っておく

現金化を利用する以上、悪質業者の詐欺に気を付けましょう。詐欺に遭えば、借金以上に大きい被害を受けることもあります。ここでは、これから現金化業者を利用する人が被害に遭わないために、悪質業者の手口を紹介します。
最初は現金が入金されない例を紹介します。この手口に遭遇するときは、ネットで現金化業者を利用するときです。ネットの現金化業者での借入手順はおおまかに以下の通りです。

1、現金化業者に申し込む
2、業者から指定された商品を購入
3、商品が届く
4、現金を指定された口座に振り込まれる

悪質業者は価値の無い商品を買わせて、最後に段階の入金を行いません。ほとんどの現金化業者はメジャーな商品券などを買わせて、クレジットカード現金化を行います。メジャーな商品券以外、例えばぬいぐるみや家電製品を買わせてくる業者は、利用しないようにすればこのような詐欺には遭いにくいです。
次に個人情報の流出や不正利用の例です。これは確認のしようがない場合があるので、信用できる業者を利用するしか対策がありません。しかしながら、ネットの入力フォームで、クレジットカードの暗証番号やセキュリティコードなど、カード情報の入力を要求する業者は絶対に利用しないようにしましょう。クレジットカード現金化はショッピングのクレジットカード決済と同様に、相手に暗証番号やセキュリティコードを伝えなくともできます。カード情報を入力してしまうと、勝手に通販などを利用され、カード会社から身に覚えのない請求をされてしまいます。カード情報の扱いは現金化に関係なく気を付けましょう。また、悪質業者によって住所などの個人情報をセールスマンなどに売りつけられて、しつこい訪問販売を受けるようになったという被害も報告されています。このような被害に遭わないためにも、信用できる現金化業者を探して利用しましょう。

まとめ

・消費者金融からの融資と現金化による借入は異なる。
・現金化はカードの利用停止などのデメリットがいくつかある。
・現金化は多重債務に陥るきっかけになることがある。
・悪徳業者もいるので現金化業者は信用できるところを探す。