現金化相談所

資金調達に困った事業主はカード現金化で乗り切ろう


近年、個人事業主が増えています。個人事業主はやりたい仕事が人間関係のしがらみもなく自由にできるため人気なのです。しかし、資金繰りから仕事、清算まで自身の力で行わなくてはならず、思った以上に大変なのです。特に資金調達に頭を悩まされる人が多いでしょう。ですが、どうしても困る時はクレジットカードの現金化という手も有効手段としてあるのです。ここでは、個人事業主の資金調達を現金化で行うことについてを紹介します。

個人事業主はやることが多い

個人で事業をやるとなると、会社を経営する時とはまた異なった困難が待ち受けてきます。
個人事業主は、自営業やフリーランスとも呼ばれ、開業届を税務署へ提出すれば開業できるので、近年では多くの人が個人事業主として活躍しています。法人の会社経営と異なり、資本金も少なく済み、やりたいことができる、自由な時間が取れる、人間関係が楽などメリットも多いのですが、個人事業主が故に大変な事もあります。特に大変なのは資金調達です。仕事や収入が安定しない、事業が失敗した場合は自身で責任を持つ必要があるなど、資金面での苦労があります。法人に比べると信用度も低く、金融機関からの融資は簡単に受けられませんし、事業の拡大が必要になっても従業員の確保も難しいものです。ビジネスローンなど個人事業主向けのローンもありますが、審査も厳しく、提出書類も多く、時間もかかります。
このように、個人事業主は資金調達に頭を悩ませられます。

資金調達が一番の難所

前述した通り、個人事業主や事業主は資金を調達するのがとても大変です。
加えて、銀行などから融資を受けることができたとしても、希望とする金額を受け取ることができるとは限りません。
金融機関では個人事業主向けのローンを用意しているところがあります。しかし、申し込みをしても、必ず融資が受けられるとは限りません。個人事業を営む上で運転資金は非常に重要です。赤字が続き資金調達ができないと、廃業しなくてはならなくなってしまいますし、赤字の補填や借金は全て自分で何とかしなくてはなりません。そのために、ローンの他、個人投資家から資金を集めたり、公的な助成金や補助金、ノンバンクに頼らなくてはならない場合もあります。個人事業主が確実かつ安全に資金を調達するには様々な困難があるのです。

いざという時は現金化がオススメ

事業が軌道に乗ってくるなどの事業の調子が良い時は、個人事業であっても銀行から融資を受けることは比較的簡単です。逆に、事業がうまくいかなくなって、資金繰りが苦しくなってくると外部からの資金調達というのは難しくなってくることでしょう。事業が厳しい時こそ、資金が必要であるのに、お金がないと立て直す可能性というのも低くなってしまいます。
多くは金融機関のローンに頼り、高い利息でお金を借りたりしています。しかし、個人事業主の運転資金はクレジットカードの現金化でも用意できます。クレジットカードの現金化では、ローンに申し込むよりも確実に早く現金を手にできるため、「この日までに振込が必要」などという急を要する事態が起こりやすい個人事業主にはぴったりの方法なのです。個人事業主は法人カードを作る事もできます。法人カードは利用可能枠も多く、更に安全に現金化が利用出来ます。では、何故法人カードでの現金化が安全なのでしょうか?

個人事業主は法人カードが必須

個人での現金化で怖いのが、カード停止というリスクです。現金化の方法が個人の場合だと、特徴的なのでカード利用歴からカード会社に容易にバレてしまう可能性があります。しかし、個人であっても、事業者の場合は法人カードを利用すれば、そのリスクを低減させることができます。
法人カードはビジネスカードとも呼ばれ、出張や事務用品などの会社経費を精算できるカードです。通常のカードに比べると利用限度額も多いのが特徴です。通常、会社経費や交通費をカード払いで利用する事は、カード規約で禁止されているためできません。しかし、法人カードはそれが認められています。現金化は商品購入をしてそれを転売して現金を得る方法と、現金化業者が指定する商品を購入しキャッシュバックを受ける方法とがあります。どちらの方法でも、会社経費での購入であるとカード会社は認識するため、現金化を疑われ辛いのです。

オススメの法人カードをご紹介

法人カードがいかに現金化に優れたものであるか理解していただいたところで、どのような法人カードがオススメかについて見ていきましょう。

法人カードを選ぶ時のポイント

個人事業主が法人カードを選ぶポイントは、どこでしょうか?
法人カードで重要視すべきなのは年会費です。殆どの法人カードは年会費が有料です。しかも高額な年会費である場合が多いものです。しかし、年会費が安いから良いというものでもありません。年会費が高くても、サービスや特典などが非常に充実しており、利用価値の高いカードもあります。付加価値も考え、申し込み前に良く検討してみることをおススメします。

EX Gold for Biz ID *QUICPay

楽天プラチナカード

ブランド:MasterCard、VISA、JCB
年会費:10,800円(税込み)
キャンペーン:新規入会で5000ポイントプレゼント
特徴:カード利用の都度、楽天ポイントが貯まる。
コメント:楽天の発行するビジネスに特化したカードです。このプラチナカードは個人経費用に利用できるものです。世界900箇所の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスに登録が可能であったり、楽天での買い物のポイント還元率が上がったりと様々な特典もあります。

楽天ビジネスカード

ブランド:VISA
年会費:2,160円(税込み)
キャンペーン:新規入会で1000ポイントプレゼント
特徴:楽天プラチナカードに付帯するカードのため、プラチナカードの特典が利用可能
コメント:楽天プラチナカードを持つ人が発行できるカードです。プラチナカードを個人用、ビジネスカードを法人用に使う事で、経費の処理が分かりやすく楽になります。プラチナカードとビジネスカードを同時に申し込む事で。最大6000ポイントがプレゼントされます。

エグゼティブゴールドフォービズ

ブランド:MasterCard、VISA
年会費:初年度無料 翌年から2,000円(税抜)
キャンペーン:入会キャンペーン6,500円相当のポイントを
プレゼント
特徴:カードを利用するとオリコカードポイントが貯まる。サブカードは3枚まで作成可能であり、年会費は無料。
コメント:利用限度額は最大300万円です。ポイント還元率は最大1.1%と高く、オリコポイントも貯まるため、非常に使いやすいお得なカードと言えます。年会費が安いのが最大の特徴ですが、VISAビジネスオファー付帯や会計ソフトfreeが2ヶ月無料で利用できる、ID・Quicpay搭載など、便利な付加価値も多くおススメのカードです。

リスクが気になる人は現金化業者を利用しよう

法人カードを使ったからといって完全にリスクが消えた訳ではありません。当然、換金性の高い商品を何度も購入して、売却といったことを行なっていれば、カード会社から目をつけられるのも時間の問題です。
現金化で一番気を付けなくてはならない点は、クレジットカード会社に現金化がばれないようにすることです。現金化が疑われると、利用停止になり場合によっては一括返済や強制退会となる可能性もあります。自分で多くの商品を購入して転売をする方法では、手にする現金も多くなりますが、商品購入により現金化を疑われるリスクも大きくなりハイリスク・ハイリターンです。しかし、現金化業者のキャッシュバック方式を利用すれば、業者の指定する商品を購入するだけで、現金化業者と決済代行会社が決済をしてくれます。そのため手軽で安全なのは現金化業者を利用する方法と言えます。

悪徳業者には気をつけよう

現金化を業者に申し込む上で、意識しておくべきことが悪徳業者の存在です。
現金化業者は手軽でカード会社へばれるリスクも低く便利ですが、悪徳業者も存在します。悪徳業者は個人情報やカード情報の抜き取りをし悪用します。振り込め詐欺に利用されたり、カードの不正利用をされたりする可能性があります。また、換金率を契約直前で下げたり、高額の手数料を取る業者もいます。では、どのように悪徳業者を見分ければ良いのでしょうか?
悪徳業者の多くは、個人情報やカード情報を欲しがります。申し込みの段階でカード情報を執拗に聞いてきたりする業者は危険です。また、換金率を下げる業者は、手元に振り込まれる金額をうやむやにしたまま契約に持ち込もうとします。そのため、契約の意思を固めるまでは、カード情報は教えない。手元に来る現金をはっきり聞いておくなど納得をした上で契約をすることが重要です。万が一、不審点をみつけた場合は、きっぱり断るようにしましょう。

まとめ

個人事業主は誰でもすぐに開業できますが、法人経営と違い、資金調達の面で非常に苦労します。折角、やりたい事が見つかっても、資金不足では満足に仕事もできません。そんな時、クレジットカードの現金化が資金調達の強い味方になります。金融機関のローンのように時間もかからず、確実に手元に現金を用意できるからです。個人事業主でも持てる法人カードを利用すれば、利用枠も多く更に便利です。現金化は個人で行うよりも業者を通す方がカード会社にばれるリスクは低いものです。しかし、業者には悪徳業者もいますので、十分な調査と注意が必要です。