現金化相談所

ローンや借入が困難な方も安心!クレカの現金化


471f593d4a549d95b76d8229730ab8cc_s

日常に溢れる急な出費

クレジットカードの現金化といっても、聞きなれない方が多いかと思います。
クレジットカードを所有している方の大半が買い物に使うぐらいしか利用方法がないと考えているからです。

しかし、人生いろいろなことが起こります。
学生時代や独身時代にはなかった、急にお金が必要となる場合が出てきます。
例えば両親が病気で倒れて莫大な医療費が必要となったり、個人の事業の失敗や投資失敗、詐欺に合ったなどがあります。

まとまったお金が必要となった時にまず向かう場所は、借入利率が少なく多く貸してくれる銀行です。
しかし、一個人が銀行でお金を借りられる可能性は皆無に近いです。

そうなると次は消費者金融です。
利率は12~15%ぐらいの設定。
ここで、ほとんどの人が借りることができますが、稀に借り入れを受けられないことがあります。

その理由は総量規制。
自分の年収額に応じて借りられる金額が決まっています。
その借り入れ金額を多重債務などの理由で超えてしまっていると、新たに借りることはできないのです。

また、審査に落ちてしまう理由は他にもあります。
収入の安定しない個人事業主の場合ですと借り入れNGとなってしまうことも多いでしょう。

消費者金融が使えないとなると非常に焦ります。
最後の頼みが消費者金融というイメージがある方がほとんどだと思います。
さすがに街金や闇金までに手を出そうという方は滅多にいないでしょう。

そうなると、残る手段は持っているクレジットカードのキャッシング枠になります。
しかし、このキャッシング枠も決められた枠内での借り入れとなります。

それでも資金が足りなければ「クレジットカードのショッピング枠を使う」という方法があります。

クレジットカードを現金化するときの注意点

お金が大至急必要で、現金が手元に入るのであればある程度手段は選ばないという時が訪れるかもしれません。
そんな時に自分のクレジットカードを利用することで資金が調達できるならと軽い気持ちで現金化に手を出す方も少なくないでしょう。
「お金を借りる」という意識が薄く、少し軽く見てしまいがちです。

この「クレジットカードの現金化」というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用させて安物の商品、多くはアクセサリーなどを高額に買わせることで、購入後に差額の現金を消費者に渡し、業者は仲介手数料を受け取るという形をとります。
業者によって金額はバラバラですが、ある人が経験したのは50万円のショッピング枠を使って40万円を現金で受け取り、商品として手元に残るのは玩具の指輪が1個だけ。
これがクレジットカードの現金化です。

しかし、まだこの業者は良いほうです。
何故なら、ちゃんと支払いをしてくれたからです。
このクレジットカードの現金化には大きなリスクが潜んでいます。
それは現金の還元率を偽っている可能性があるのと、最悪の場合は振り込まれずに騙されてしまうことだってあるのです。

騙されたため相手業者を訴えようとしても、自分にもクレジットカード会社からの利用停止という二次被害を受ける恐れもあります。
クレジットカードの現金化は、業者には利益を消費者には即金をと、お互いにメリットがあるのは確かですが、トラブルが多発しているということもしっかりと認識しておくことです。

クレジットカードの現金化は法律上問題はないのか?

クレジットカードの現金化の仕組みを見ると、正当とは思えないお金の流れに見えますが、インターネットなどで検索しても沢山の業者が堂々と宣伝告知をしています。
しかし、どの業者もクレジットカードの現金化の許可などは取っていなのです。

このクレジットカードの現金化については現段階ではグレーゾーンと言われています。
グレーゾーンだけに悪徳業者達が蔓延し易くなっていますので注意が必要です。

また、カードローン枠、キャッシング枠を使い切り、現金化のためにショッピング枠まで利用し切っていると、相当な多重債務になっているとカード会社は判断します。
そうなると回収不可能になるリスクを抱えることになるので、カード会社も利用停止という手段を取ります。

クレジットカードの現金化の方法を知っておこう!

クレジットカードの現金化の業界にはグレーなゾーンだけにいろんな業者がいます。
まともな業者であれば告知している還元率で現金を振込み、形上の商品を送ってくれますが、いわゆる悪徳業者に依頼してしまうと取り返しのつかない事になります。

商品を買わせるだけ買わせて、お金を振り込まない業者だって存在するのです。
ホームページを見て安心して電話をかけたら、法外な手数料を告知されてキャンセル料まで請求された人もいます。
中には個人情報を闇金に流すなどと脅かされたこともあったそうです。

クレジットカードの現金化をする人間の心は決して落ち着いているとは言えず、切羽詰まった状態でしょう。
悪徳業者は、そういった藁をもすがりたい人の弱いところを突いてきます。
クレジットカードの現金化というのは非常に危ない橋を渡ることだと念頭に置き、どうしても利用するなら強い気持ちで臨む必要があります。

クレジットカードの現金化業者の選びかた

優良なクレジットカードの現金化の業者を選ぶ手段ですが、まずはホームページの入念なチェックです。
会社の所在地や概要が無い場合は危険と判断します。
口コミにもチェックを入れます。
業者が謳っている還元率や最短振込期日などにも注意が必要です。

クレジットカード現金化の還元率の相場は80%前後と言われています。
それを98%と謳っている業者がいくつかあります。
これも実際ではありえない還元率ですので悪徳業者の可能性が高いです。

ひとまず電話で問い合わせることをオススメします。
電話の応対である程度の善し悪しを見分けてください。
また、メールでのやり取りは何かトラブルがあったときの証拠になりますので、メールでの連絡も頭に入れて取引を進めてみます。
ここでメールが来ないようならNG業者です。

参考までに、クレジットカードの現金化ビジネスはここ2,3年のものではなくすでに10年ぐらいは経っています。
そうなるときちんとした実績がある業者には信用が置けます。
クレジットカードの現金化業者もビジネスでやっています。
一線を越えれば仕事が無くなります。
特にカード決済後の現金が振り込まれないパターンは完全な詐欺行為になります。
こうなれば警察、消費者庁に被害届を出されてしまい運営ができなくなります。

安易な業者選びで大きな問題に発展していく恐れがあります。
優良業者を選ぶことはトラブル回避につながります。
たとえクレジットカードの利用停止を受けた場合でも、優良業者を選んでいたおかげでリスクを最小限に留めることもできます。

現金化のテクニック!

クレジットカードの現金化は大きなお金が1日で動きます。
そうなるとカード明細表には大きな金額が掲載されてしまいます。
また商品も家に届いてしまいますので、万が一、家族の誰かが開けてしまったらなどの余分な心配ごとが増えます。
そんな時は明細に乗るショップ名を分散させてもらう、商品は営業所止めにするなどの手段もあります。

最後に、現金が必要となっても手段はクレジットカードの現金化だけではありません。
金券ショップを利用したり、大きな寄り合いでカード決済することで現金を回収したり、多少手間はかかりますがオークションを使って還元率を80%以上にするなど、お金を作り出す手段は沢山あります。
それでも、とにかくすぐに現金が欲しいなどの理由でクレジットカードの現金化を利用するのなら、上記の情報をしっかり読み込みましょう。