現金化相談所

即日で現金を手に入れるなら現金化はいかが?


即日かつ換金率95%のクレジットカード現金化業者5社徹底比較!

手持ちの現金が足りない時、強い味方になるのがクレジットカードの現金化です。手軽に素早く安全に現金を手に入れる事ができるため、巷で話題になっています。しかし、現金化と消費者金融などの貸金業はどこがどのように違うのでしょうか?
ここでは、現金化が手軽で安全な理由と貸金業との違いを中心に説明していきます。

現金を当日手に入れるには

8da6d8dc9fa9c400baf29b08f2412204_s

急に友達に旅行に誘われた・飲み会続いた・病院での医療費が予想以上に高かったなど、お金が一時的に必要になってしまうことが時たまあるかと思います。学生のときであれば、親や友達から気軽にお金を借りて、なんとかその場を凌ぐことはできました。しかし、「お金の管理能力=社会人としての信頼性」なので、社会人ともなってしまうとそのようなことをしていては周りからの信頼を失ってしまうことでしょう。
周りとの信頼関係を維持していくためには、どのようにしてお金を借りれば良いのでしょうか?
困った時に、お金を借りる手段としては、キャッシング・消費者金融・現金化の3つがあります。

キャッシングとは

現在、様々な企業からクレジットカードが発行されています。カードを持つことでポイントが貯まったり、優待が受けられたり、SuicaやPASMOなどのオートチャージ機能があったりと便利に利用できます。そんなクレジットカードには、キャッシング機能もあります。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在し、キャッシング枠を利用すれば、提携ATMから決められた枠内で現金が引き出せます。中には海外で利用できるものもあります。
キャッシングで借入をした金額には、定められた金利がかかります。また、利用状況は個人信用情報として信用情報機関に登録されます。延滞などをした場合は、クレジットヒストリーに影響を与えます。

消費者金融とは

消費者金融という単語は、メディアなどでご存知の方も多いと思います。クレジットカードに比べてイメージが悪いと感じている人も多いでしょう。しかし、現金を借りるという点ではキャッシングと同じです。金利もやや高めですが、キャッシングと大差ありません。
しかし、消費者金融は比較的限度額が多めに設定されるのが特徴です。
貸金を主に行う会社なので、クレジットカードのキャッシング枠よりも多めに設定されるのかも知れません。
こちらもキャッシング同様、利用状況が個人信用情報機関に登録されます。返済の遅延などでクレジットヒストリーに影響を与えます。

クレジットカード現金化

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金を手に入れる方法です。個人で商品を転売し現金を手に入れる方法と、現金化業者を通し、決済代行により現金を手に入れる方法とがあります。しかし、近年ではクレジットカード会社も顧客のカード利用に目を光らせており、前者の方法はリスクが大きいためおススメできません。
ショッピング枠を利用するため、ある程度まとまった額のお金を手にすることができ、返済はクレジットカード利用時と同様です。金利はキャッシングや消費者金融の利用時よりも低めです。また、クレジットヒストリーには影響を与えませんので、住宅ローン審査を控えた方にもおススメの方法です。

貸金業と現金化の違い

banner_backgrounds_questions

みなさんの中には現金化を貸金業と見ている人がいるかもしれませんが、それは全くの誤解です。現金化業者は銀行のようにお金を貸すようなことはしてませんし、もちろん金利もありません。現金化業者が行なっていることとしたら、利用者がより現金を利用できるようにサポートをしているだけです。
より現金化の特徴について理解が深まるように、その特徴について解説していきましょう。

貸金業と現金化の特徴とは

消費者金融をはじめとした貸金業者は、現金を貸し、月々の返済で金利を徴収することで成り立っています。そのため、金利は少々高めに設定されています。貸金業は、以前はサラ金と言われ、厳しい取り立てをすると恐れられていましたが、貸金業法が制定され、以前よりは安全に利用する事ができるようになりました。しかし、未だに昔のイメージが尾を引き、悪い印象が持たれています。また、キャッシングを含む貸金業法では総量規制という規制が有り、年収の3分の1以上の貸付は禁止されています。そのため、希望する額を手にする事が出来ない人も多いのです。また、消費者金融では、申し込みから現金引き出しまで、最短即日とされていますが、申し込みのタイミングや審査の進み具合で2~3日掛かることも多いものです。場合によっては審査落ちしてしまうことも考えられますので要注意です。
クレジットカードのキャッシングを利用する手もありますが、ショッピング枠に比べると非常に枠が小さく、希望額に満たない場合もあるでしょう。また、金利も高めです。
一方、クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用するため、ある程度の纏まったお金を手に出来ます。そのうえ、新たに煩わしい審査も必要ないため、即日現金を手に入れる確率は上がります。総量規制も適用されず、クレジットヒストリーにも影響が出ないのも特徴です。返済もクレジットカード利用時と変わりませんので非常に手軽で便利です。

現金が手に入るまでの流れ

消費者金融と現金化業者に申し込んだ場合、どちらが手軽に現金を手にすることができるのでしょうか?それぞれの流れを見ていきましょう。
まず、消費者金融で融資を受ける場合です。ここでは振込で融資を受ける場合を説明します。
申し込み
インターネット・電話などで申し込みをします。必要情報を入力または伝えます。
審査
申し込みが完了すると審査に移ります。ここでは、個人信用情報の確認や勤務先の在籍確認などを行います。特に、在籍の確認は必須のため、休日で確認が取れない場合は、契約が先延ばしになります。
必要書類を送る
審査が完了しておよその融資金額が決まると、電話連絡が来るため必要書類をFAXかメールで送ります。
融資
必要書類まで確認できると、融資額が確定します。そして、融資額の振込が行われます。銀行振込の受付時間外の場合は、翌営業日に振込されることになります。
契約書類郵送
契約書類などが郵送されるため、期限内に記入して返送します。

次に、現金化業者を利用した場合を説明します。
申し込み
インターネットか電話で申し込みをします。必要情報を入力または伝えます。この時はまだ契約しない可能性があるため、クレジットカード番号など重要事項は伝えないようにしましょう。
電話連絡
利用の意思確認、手続きの手順などを電話で話します。
本人確認書類を送る
免許証・保険証・パスポートなど本人確認書類を送る。純粋に本人確認をするだけのために徴収されます。煩わしい審査はありません。
クレジット決済
本人確認が完了すると、希望額にあわせた指定商品をサイトで購入するように説明されます。その商品をクレジットカード払いで購入します。
融資額の振込
クレジット決済が完了すると、すぐに現金が口座に振込まれます。この間、最短5分程です。指定ネットバンクに口座を持っていると、休日でも24時間振込をしてもらえます。
また、返済請求は後日クレジットカード会社から来ます。
商品の到着
後日、サイトで購入した商品が到着します。これは転売などをせず、自身で利用しましょう。

両方の手順を見てみると、やはり審査や振込の際に時間が掛かることが分かります。消費者金融では一から審査が必要になるため、そこで時間が掛かりがちです。また、銀行営業時間外では振込がしてもらえません。一方、現金化の方は審査と振込にかかる時間が短縮されるため、現金を手にするまでがスピーディーに進みます。

利用者が気になる金利の違い

利用する際に、一番気になる点は金利ではないでしょうか?消費者金融と現金化では金利がどの程度変わるのでしょうか?
消費者金融の金利は上限18%です。借入する金額で変わってきますので、多く借りる程に金利は下がる傾向にあります。しかし、クレジットカードのショッピング枠では15%前後が多く、それだけで3%近くもの差があります。
また、クレジットカードでは分割払いが可能です。2回で支払えば金利手数料無料でとてもお得に利用出来ます。

現金化したくてもできない時ってありますよね

7431754c73bac1c186707934795f2795_s

クレジットカードの現金化というのは、利用者と業者の間に、銀行口座での取引があるため、銀行の営業時間でなければ、即日で現金を手に入れることができない時があります。そんな時でも、即日現金化を行いたい時には、対処法というのは全くないのでしょうか? 即日で現金化をしたいときに気をつけておきたいポイントとテクニックについて解説をしていきましょう

即日で現金化をする時の注意点

今すぐ現金を手に入れるということは可能ではありますが、本当に即日で現金化をするためには、いくつかの点を頭に入れていかなければなりません。

気をつけるポイントとしては
・銀行の当日振込みが可能な15時までの申し込み
銀行振込が行える時間は、平日の9時~15時までです。その間に振込が完了すれば、当日中に手元に現金が入ります。その時間内に振込して貰えるように、余裕を持ち申し込むことが重要なポイントです。
・現金化業者が指定している振込先を選ぶ
現金化業者が指定している銀行口座を持っている場合は、平日9時~15時以外でも振込をしてもらえる可能性があります。特にネットバンクは24時間365日対応している事が多く、現金化をする上で非常に便利です。おススメは、楽天銀行、ジャパンネット銀行などです。
・現金化業者が即日対応している
現金化業者自体が即日振込対応出来ることも大きなポイントです。現金化業者の多くが即日対応していますが、中には即日対応のない業者もあります。事前によく調べてから申し込みをしましょう。

どうして即日での現金化が可能なの?

即日で現金化ができるのは、私たち利用者にとってはとても便利なサービスではあります。しかし、即日であるだけでなく、わずか数分で現金化を完了させるというのは、とても大変なことです。なぜこれほど柔軟な対応をすることができるのでしょうか?

現金化業者が即日振込が可能な理由の一つに、審査時間の短さが挙げられます。消費者金融のようにお金を貸す場合、通常であれば、審査を行います。審査内容は会社で各々定められた内容になりますが、多くが本人確認から始まり、個人信用情報、勤務先や収入の確認、属性の確認などです。全て一から審査をするため時間が掛かりますし、不審な点があればすぐに審査落ちしてしまいます。
しかし、クレジットカードの現金化では、審査と言う概念はありません。クレジットカードを作成する際、必要な審査は既に受けていますし、支払いはあくまでクレジットカード会社との契約で成り立っているためです。現金化業者には審査と言う概念は無いので、振込までが非常に速いのです。しかし、審査は無くても、本人確認は必要になりますので、身分証明書の提出は必須です。

ネット銀行なら土日での現金化も

銀行で即日対応が可能な時間帯や土日などに現金が急に必要になってしまうということを考えられます。そのような状況で、お金をあてにできるのがキャッシングしかないと思っていませんか? 実はネット銀行の口座を持って入れば、通常の銀行対応時間外であっても、現金化というのが可能なのです。

近年、ネット銀行が非常に多くなってきました。その中でも、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行などは現金化をする際に役立ちます。現金化業者が指定するこれらのネット銀行に口座を持っていれば、24時間365日で現金化が可能です。
急に現金が必要になった時に、時間が無いからと言って焦って現金化をすると、悪徳業者に飛び込んでしまう可能性があり、とても危険です。 そんな時、ネット銀行なら時間を気にせずゆったり申し込めて、とても心強いでしょう。
このように、ネット銀子は現金化をする上で非常に便利です。しかし、口座開設に時間が掛かるため、注意しなくてはなりません。どの銀行も口座開設におよそ2週間ほど掛かります。また、パスワードやセキュリティ管理を疎かにすると危険な面もあるため、ネット銀行を利用の際は注意しましょう。

オススメのネット銀行とは

現金化に便利なネット銀行ですが、現在ではかなりの数のネット銀行があります。それぞれ現金化に適したものやそうでないもの、業者側の取り扱いがないものなどがあります。ここでは、現金化をする上でオススメのネット銀行というのを紹介していきましょう。

現金化の際におススメのネット銀行と言えば、ジャパンネット銀行です。
ジャパンネット銀行は、15歳以上なら10日前後で口座を開設できます。提携ATMなどからの入出金は月1回無料、振込などネットバンク同行口座の取引は一回54円です。24時間365日取引が可能で非常に便利です。提携金融機関やATMも多く、全国で使用できます。VISAデビットカードにも対応しており、発行手数料や年会費は無料です。ヤフオクの取引でTポイントが貯まるなど、日常的に使えます。預金金利は0.010~0.015%です。エントリーの上、誕生日月に口座に3,000円以上入金をした方から抽選で毎月15名にアマゾンギフト券などをプレゼントなど、随時キャンペーンを行っています。ネット銀行には珍しく、本店が実店舗としてあるため、万が一不明点等があれば、直接確認することが可能です。

その他にも、楽天銀行や住信SBIネット銀行などがおススメです。
楽天銀行はショッピングなどで貯めた楽天ポイントを銀行取引手数料として利用する事ができます。また、給与や年金の受取り口座などで利用すれば、手数料が無料になるというお得な利用方法もあります。
住信SBIネット銀行も、手数料が一定回数無料になるなどのサービスがあります。
このように、ネット銀行に1つ口座を作っておくと非常に便利です。

当日の現金化がどうしても間に合わないという人は

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

銀行の営業時間も終わってしまったし、ネット銀行の口座も持っていないけど現金が必要になってしまったという人が少なからずいるかと思います。そういった人向けに最後の対処法を教えましょう。

現金化業者の中には、ネット対応だけではなく、実店舗で窓口を持ち営業したり、出張サービスで対応しているところもあります。そのような方法であれば、直接顔を見ながら取引ができるため、安心と言う一面もあります。しかし、窓口は少なく、来店するのに費用も時間もかかる場合があります。出張サービスも対応地域が限られるため、地方に住む人にはその方法も難しいかも知れません。そんな時のために、やはりネットバンクに口座を持っていると安心です。

現金化後の支払い

91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

忘れてはいけないのが現金化に使った分のショッピング枠返済についてです。
現金化は即日でできたかもしれませんが、返済は1ヶ月以上という長い期間をかけて返済することになります。そのため、しっかりと返済プランというのを考えた上で、現金化をしなければなりません。
幸いなことに、ショッピング枠を使った現金化の場合だと、キャッシングや消費者金融とは違い、返済方法は色々とあるため、無理なく返済をすることができます。

どんな人が使っているの? 体験談を紹介

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

お金に困り過ぎてどうしようもないから、カード現金化を利用していると勘違いしている人がいると思いますが、実は以外と真っ当な理由で現金化をしている人は多いのです。いくつか体験談について紹介していきましょう。

体験談その1

匿名希望さん50代正社員の場合
「11月下旬、年末年始の帰省に向けて車の整備をしたところ、不具合が見つかりました。修理代で纏まったお金が必要になったのですが、あいにくボーナス前で手持ちが足りず、現金化にお世話になりました。現金化の事はネットで知りました。本当に即日対応をして貰えましたし、在籍確認などの審査が無いのも嬉しかったです。カード会社にはボーナス後に一括返済しました。修理をせずに長距離を走るのは怖いので、現金化に頼って良かったと思っています。」

体験談その2

匿名希望さん40代主婦の場合
「子どもが夏休みに短期留学するための費用に現金化を使いました。元々準備はしていたのですが、ほんの少し足りなかったためです。勿論、家族には内緒で利用しました。5万円ほどの少額利用でしたが、嫌な顔一つせずに対応して貰えて感謝しています。支払は割払いを利用し、2回で返済しました。家族の誰にもばれないように食費や光熱費、交際費などを切り詰めて2回で返済できるのは5万円が限界でしたので、丁度良かったです。」

体験談その3

匿名希望さん20代派遣社員
「地方から上京し派遣社員で働いています。地元の友人の結婚式に招待されました。派遣社員のためボーナスはなく、正直、毎月生活するのに余裕はありません。しかし、幼馴染の結婚式なので、迷いましたが出席することに決めました。往復飛行機代に衣装、ご祝儀と想像以上にお金が掛かることが分かり、慌てて金策をしました。休日に短期の副業を始めたのですが、初回給与が入るのが1か月後と分かり、間に合わないため、10万円分の現金化をしました。消費者金融やキャッシングは怖いので、どうしても手を出したくなかったからです。本当にすぐに利用できたので驚きました。無事に結婚式を祝い、頂いたお車代や親からのお小遣い、副業の給料ですぐに返済しました。」

現金化業者の利用には注意が必要

caution-4

現金化には業者の利用が必要不可欠ですので、業者の選び方には慎重にならなければなりません。
ここでは、選んではいけない現金化業者の特徴と理由について見ていきましょう。

現金化業者にも悪徳業者が存在します。現金化業者の逮捕が話題になることもありますが、それは悪徳業者が逮捕されているのです。多くの悪徳業者は手数料を取り過ぎる出資法違反や詐欺で逮捕されています。では、悪徳業者はどのように見極めれば良いのでしょうか?
そもそも、現金化には2通りの方法があり、選び方を間違えると、カード会社に現金化がばれカード停止や一括返済の罰則を負います。一つ目は、商品をクレジットカードで購入し、それを転売してその売り上げ現金を手にする商品買取方式です。二つ目は、クレジットカード会社の加盟店である決済代行会社が現金化業者と組んで、現金化を行う決済代行キャッシュバック方式です。
ここで問題となるのは、前者の商品買取方式です。利用者に高額指定商品や金券をクレジットカードで買わせ、それを転売するのですが、そのような営業をするには古物商許可が必要となります。また、その許可を持つ業者でも、利用者にクレジットの規約違反となる商品を買わせ、カード停止のリスクを負わせたり、支払の完了していない商品を転売したりするのは法律違反となり、非常に危険の伴う行為です。その上、業者は高額の手数料を取るわけですから、もし現金化がばれなくても、利用者には何のメリットもありません。
一方、キャッシュバック方式では、決済代行会社と現金化業者が細心の注意を払い行っています。サイトで購入した商品のキャッシュバックという名目で決済及び振込を行うため、安全です。
現金化を行う際は、商品買取方式ではなく、キャッシュバック方式を選ぶようにしましょう。

現金化をする前に安全な相談先を用意しよう

ビジネスマン

現金化業者の中には悪徳なものもいるので、騙されてしまう可能性もあります。また、現金化をするときは、周りに相談できる人やノウハウを共有してくれる人というのがいないため、全くの初心者で行わなければなりません。そのため、いざという時のために、相談できる機関というのを知っておきましょう。

安全、安心に現金化を利用するため、万が一の時に相談できる機関をご紹介します。

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会HP

http://www.jcco.or.jp/

独立行政法人国民生活センターHP

http://www.kokusen.go.jp/

公益社団法人全国消費生活相談員協会

http://www.zenso.or.jp/

まとめ

eef8440886775f41899abaad8f478c2c_s

貸金業と現金化は一見似ていますが、実態は全くの別物です。それぞれにメリット・デメリットがありますが、現金化の方が、短時間で確実に現金を手にできるためおススメです。確実性をより高めるためには、24時間365日対応のネット銀行に口座を持つと良いでしょう。しかし、悪徳業者も存在しますので、じっくり見極める事も肝心です。商品買取方式よりキャッシュバック方式を行う業者を選びましょう。万が一の時のため、相談できる機関を確認しておくことも必要です。