現金化相談所

クレジットカード現金化で高換金率の商品まとめ


クレジットカード
生活をする上で現金は必ずといって良いほど必要です。生活費や娯楽費など毎日、何かしらの目的のために商品やサービスの代償としてお金を支払っています。それらのお金はあなたの資産です。一方で、家に眠っている商品券やブランドバックなどもあなたの資産です。しかし、家に置いておくだけでは利用しないのであればそれは無価値の資産と言えます。今回は商品券など高還元率の商品をクレジットカードと組み合わせて、有効活用する方法について述べていこうと思います。

クレジットカード現金化とは

まずは、クレジットカードを現金化することについて軽く説明しておきましょう。現金化にはカードのショッピング枠利用します。具体的には商品をクレジットで購入し、買取ショップで売却します。このときの商品購入額と買取額の差を現金で受け取ります。これが一連の流れとなっています。
また、現金化といっても、売買商品によって換金率やリスクが異なり、基本的にはリスクが高いほど、その換金率も比例して高くなる傾向にあります。

そもそも換金率って?

その前に、クレジットカード現金化の「換金率」という言葉についておさらいしましょう。
クレジットカードの現金化とは、自分のカードのショッピング枠を利用して購入した商品を転売することで、現金を手にいれることです。

たとえば、ショッピング枠が10万円のクレジットカードを持っているAさんがいるとします。Aさんがそのクレジットカードで10万円のゲーム機やソフトを購入し、それを転売したとしましょう。ゲームの買取店舗が9万円で商品を買い取ってくれたとき、この場合の換金率を90%と計算するのです。
つまり換金率とは、使用したショッピング枠の金額に対していくらの現金が手に入ったかということです。

換金率が低い商品を選んでしまっては手元に残る現金は大きく目減りしてしまいますので、高換金率の商品をチェックするのはとても大切です。

リスクから見た高還元率商品

では実際にどのような商品の還元率が高いか見ていきましょう。
リスクや還元率の高さがわかりやすいように5段階評価で紹介していきます。
*星が多いほど、ハイリターン(高還元率)・ハイリスク(成功率の低さ)であることを示しています。

新幹線回数券
還元率 ★★★★★
リスク ★★★★★

おすすめ度 ★
一時期、新幹線回数券の現金化が流行ったため、今ではクレジットカード各会社から厳しい監視を受けています。還元率は95%程度と断トツで高く、その需要も高いため、売買ができないことはありません。
一方でカード会社にバレるリスクも高いのでおすすめはできません。しかし、全く利用できないわけではありません。

現金化する際の注意点としては
・短期間での複数購入を避ける
・クレジットカードに新幹線購入枠がついているものを使う
・生活圏内に近い路線を選ぶ

これらのことを頭に置いた上で現金化をするのであれば比較的、成功しやすいと思います。

ブランド品
還元率 ★★〜★★★★
リスク ★★
おすすめ度★★

ブランド品も現金化の商品としては高い人気を誇っていますがどのブランド品でも高く売れるというわけではありません。 そのため、今どのブランドに人気があるのかやブランドの現在の相場など専門的な知識と流行に敏感である必要があります。素人には少しばかりハードルが高い現金化といってもよいでしょう。
ブランドがお好きな方であれば、自分のブランドの目利きがどの程度のものかチェックするのに試してみても面白いかもしれません。また、還元率は高くても80%程度なので、いらなくなったブランド品を処分する際の再利用法として考えてみてください。

ゲーム機
還元率 ★★〜★★★★
リスク ★★
おすすめ度 ★★
ブランド品同様に、流行に敏感であることが求められ、かつスピードが命となります。高還元率で売れるものは初回限定版や予約なしでは購入不可のものなどで、それらも時間と共に買取額が下がっていきます。また、元々の価格が高くないために現金化しても多額の現金を得られるというわけでもありません。

商品券
還元率 ★★★★★
リスク ★★★★
おすすめ度 ★★
新幹線回数券に次ぐ高還元率商品となっています。しかし、商品券の多くがクレジットカードでは購入することができないことが多いため、商品券が手元にあるけど使わないという方にのみおすすめの現金化方法です。

ギフト券
還元率 ★★★★★
リスク ★★★
おすすめ度 ★★★★
ギフト券の中でもAmazonギフト券はクレジットカードで購入可能かつ高還元率の商品です。この券の特徴はクレジットカードでしか購入できない点で、新幹線回数券よりもリスクは低くなります。また、ギフト券と名がついている通り、他人に渡しても不自然ではありません。また、Amazonギフト券を現金化してくれるサイトもあるので現金化はしやすいかと思われます。
ただし、高額の取引の場合はカード会社に現金化目的と疑われる可能性もあるので、ほどほどの利用に止めましょう。

まとめ

還元率の高い商品は確かに魅力的であることは間違いありません。購入額と換金額の差が小さいほどより多くの商品を得られるので、リスクを冒してでもその方法を取りたがると思います。しかし、そのリスクが仮に自分の身に降り注いでしまったとき何が起こるでしょうか? クレジットカード会社からのカードの停止、負債の一括返済、クレジットカード新規発行不可能など例をあげたらきりがありません。
加えて、そのリスクによる損害は長期間に渡って続くため、どんなにハイリターンでもリスクに見合っているとは思いません。
しかし、そのリスクがゼロにできるとすればそれは業者を使ったときだけであるといえるでしょう。なぜなら、業者は個人での現金化の場合とは違い、ばれない方法で現金化をしているからです。
現金化を少しでも考えている人は業者を利用することも頭の片隅に入れておいても良いかもしれませんね。

クレジットカード現金化、攻略マニュアルはこちら!