現金化相談所

プリペイドカードを使った現金化の方法と注意点まとめ


プリペイドカードを現金に換える方法
クレジットカード現金化、高換金率の商品まとめ
クレジットカード現金化手法ランキング!

電子マネー一覧
クレジットカードを現金化する際には当然、できるだけ換金率が高い方法を選びたいもの。現金化相談所では、そんなみなさまのご要望にお応えして、換金率が高い方法をシリーズで特集していきたいと思います。
今回のテーマは「プリペイドカード」です!
コンビニで簡単に買えるプリペイドカードも、クレジットカード現金化の手段として十分利用可能です。今回はプリペイドカードを利用したクレジットカードの現金化について解説します。

プリペイドカードとは?

プリペイドカードとは、料金をあらかじめ前払いして商品やサービスを提供してもらう有価証券のこと。プリペイドカードという言葉はみなさんも聞いた事はあると思いますが、どんなカードかわからないという人もいるかもしれません。
プリペイドカードといわれるものの代表的なものには、
テレフォンカード
図書カード
モバイラーズチェック
iTunesカード
などがあります。
みなさんもいくつかは使ったことがあるのではないでしょうか。
これらのカードは希望の金額を事前に購入し、商品購入やサービスの利用に使われます。

プリペイドカードでクレジットカードを現金化するには

では、実際にプリペイドカードを現金化する方法を説明します。方法は大きく分けて2つです。

1. 金券ショップに売る

1つ目は、クレジットカードで購入したプリペイドカードを、金券ショップに売却する方法です。額面の100%で買い取ってくれることはありませんが、図書カードやiTunesカードは確実に買い取ってくれます。これで、クレジットカードの現金化が完了しましたね。

2. 知人に売る

原始的な方法ですが、知人に売るというのは昔からあった手法です。
図書カードやiTunesカードをよく使いそうな知人に声をかけ、買い取ってもらえないか相談するという方法も、換金の方法としては意外と成功率が高く、換金率も悪くありません。額面から10%程度割り引くだけで喜んで買い取ってくれるでしょう。
金券ショップの換金率に納得できなかった場合、一旦売るのをやめて知人に相談するのも一つの手段でしょう。

プリペイドカードを利用したクレジットカード現金化の注意点

プリペイドカードを利用したクレジットカード現金化の際の注意点は主に2つです。

1. 換金率が低い

やはり、プリペイドカードは買い手がつかないことはほとんどないものの、換金率は高くて80%程度というのが相場のようです。購入する→買い手を探す→転売するという作業もありますので、換金率、スピードともにベストではありません。

2. 高額の現金化が難しい

プリペイドカードを利用したクレジットカード現金化の最大の欠点に、高額の現金化が難しいという点があります。
これは一体どういうことでしょうか?
プリペイドカードは3000円や5000円程度の額面が一般的で、1万円でもかなり高額な部類に入る金券です。つまり、高額の現金を手にいれるには、それだけ多くの枚数を買う必要があります。同じ金券をクレジットカードで何度も決済するという行為は、クレジットカード会社がもっとも不審に思う行為です。
発見されたときはすぐにカードが停止されるリスクがあります。
逆に、少額の急な出費などには便利ではありますが、他の手段でも代替可能なので、プリペイドカードだけのメリットとはいえません。

まとめ

プリペイドカードを用いたクレジットカードの現金化はリスクが高い上に換金率、換金スピードともに遅い方法です。クレジットカード現金化業者など他にいい方法は数多く存在するので、いきなりこの手法から始めるのはおすすめできません。