現金化相談所

利用停止にならない、上手なクレジットカード現金化の方法まとめ


若い女性
税金・公共料金の支払い・ローンなど私たちの生活は商品やサービスを購入することで多くの支払いが義務付けられています。万が一にも、その支払いができないとなるとそのツケは信用性の低下という社会において一番重要なものに関わってきます。一度、信用を失うとそれはゼロではなくマイナスからのスタートとなり、それを回復させるのは容易なことではありません。今回は、現金が不足してどうしようもならないという危機的状況に陥った時の最後の処方箋についてお伝えしていこうと思います。

クレジットカード現金化とは

まず、クレジットカード現金化について軽くおさらいしておきましょう。
クレジットカード現金化とは「ショッピング枠」を利用することでこれまで以上に手元の現金を増やすこと出来る手段のことです。現金を得ることでよって、現金でしか支払えない状況にも即座に対応できます。いざというときのお守りのようなイメージを持って頂ければよいでしょう。また、キャッシングとは異なり、より買い物に近い感覚で利用できる点では心理的にも使いやすいかと思います。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカードの現金化にはいくつかのリスクを伴いますので事前に知っておく事が必要です。

クレジットカードの利用規約に違反する

カードの現金化は多重債務を助長させる可能性があるため、クレジットカード会社は利用規約において違反としています。しかし、法律では具代的な罰則などはなく、現金化した人が捕まる事はありません。

自己破産が認められない可能性がある

借金が増えると当然、返済する額も増えていきます。そうして膨らんだ借金が返せなくなった時には最終手段として自己破産があります。しかし現金化を行っていると、それが認められないケースが存在します。自己破産したとしても借金が残ってしまう可能性は考えておきましょう。

カード停止の可能性がある

クレジットカードの現金化での1番のリスクはカードの利用停止です。カード会社は常に利用者のカード利用動向を監視しており、疑わしい利用歴がある人には利用停止に踏み切る事もあります。また、何度も注意勧告をしても現金化利用が続く場合はカードの強制退会となり、新しいクレジットカードを作る事が難しくなってしまいます。

なぜ利用停止になるのか〜その理由とは〜

しかし、この利用方法で現金を得るとクレジットカードの利用停止を受ける可能性があります。なぜなら、カード会社としてはお金を借りるなら「キャッシング枠」を使って欲しいという意図があるからです。他にもカード会社は顧客の利用歴を分析することで経営戦略を立てているのでショッピングとキャッシングのデータを正確に得ることからこのような措置をとっているのだと考えます。

クレジットカード会社による利用者分析法〜過去から現在〜

それでは実際にクレジットカード会社はどのようにして利用停止判定を行っているのでしょうか?

過去のデータによるとカード会社は
“利用者の意図やこれまでの利用実績に関わらず”
その利用履歴から機械が自動で判断してカードの利用停止を行っているそうです。

また利用停止と判断される基準は大きく2つあります
1 直近でのカード限度額までの利用
2 換金率の高い商品(新幹線回数券)を複数回数・短期間で購入
この2つの大雑把な基準である程度、利用停止予備軍を絞り込んだ上で、現金化目的と思われる行動をした利用者のカードを停止します。

この方法による違反者の選別は数多くいる利用者の中から闇雲に探すよりも効率的であることは間違いありません。しかし、この基準を偶然、満たしてしまったがためにカード停止措置を受けてしまった被害者とも言える人達がいるのも事実です。

34歳会社員Aさんによる体験談

私は仕事柄、転勤も多いため新幹線をよく利用します。忙しい時も多いですが仕事は順調なので割と満足しています。
去年の夏に長期出張のため、大阪に暫く滞在することになりました。私の家族は東京にいるため、休みを利用して東京に会いに行ったり、家族を大阪に呼ぶことにしました。そのため、私は家族の分の新幹線チケットを買うために何度か回数券を購入しました。支払いも貯まってきたから一度清算しておこうと思った矢先、クレジットカードがなせか利用できなくなっていました。カード会社に問い合わせたところ、機械が自動で判断して利用停止になったということでした。カード会社に事情を説明して、負債を返済したので今では問題なく使えています。こんなこともあるんだなと思いながら、今後はカードの残額には気をつけて利用したいと思っています。

このように、現金化目的が疑われる利用をするとカードを停止されてしまうことが実際にあるのです。

最新技術による利用者分析法

近年、IT技術の発展が進み、これまで蓄積したデータを有効活用しようという流れがあります。その流れ乗って、クレジットカード会社も利用者分析の精度を上げる取り組みを実施し始めました。
では実際にどのようにして行われているのか見ていきましょう。

三井住友カードではtwitterなどのSNSから怪しいと思われるつぶやきなどを集め、その情報をもとに現金化に加担している加盟店をチェックしています。

これによって、個人だけでなく、現金化業者の特定に役に立つと言われております。

今後の展望

今後、現金化に対する監視の目はより一層厳しくなると予想されます。ビックデータ分析技術の向上のみならず、人工知能によって、カード利用者が悪意を持ってその商品を購入しているのかどうかの心理的部分までカード会社が把握できるようになる日も遠くはないと思います。

どうしたら利用停止にならないのか〜傾向編〜

そうは言っても、どうしても現金が必要になる時もあると思います。今月の家計が厳しくて、税金や公共料金が払えない。税金などの支払いが滞ってしまうと信用問題に関わるので、できるだけ避けておきたいけど現金化のリスクも気になる。そんな方のために利用停止になる人の共通点をまとめておきました。
利用停止となる傾向を理解しておけば、その対策も立てやすいかと思います。

利用停止になる人の共通項

利用停止の対象者となる人には以下の2つの共通点があります。

1換金率の高い商品の購入歴が多い
2キャッシング枠が限度額に近い

この共通点はクレジットカード会社のカード利用停止の基準と同じですが、ここではより詳しく述べていきたいと思います。

まず、換金率の高い商品の代表例として、新幹線回数券が挙げられます。この方法での現金化が一時期流行っていたので、カード会社は非常に厳しい目を向けています。他には家電や金券などがあり、これらの還元率の高い商品は手軽に購入できて、売却しやすいという特徴があります。

また、キャッシング枠が限度額に近いとクレジットカード会社からマークされます。なぜならキャッシングとは現金を借りるための手段です。その枠が限界まで達しているとなると、次に考えるのがショッピング枠の現金化です。

“現金に困っているかつ還元率の高い商品を購入している” この2つの状況を抱えている人はカードを現金化している可能性は高いであろうとカード会社に判断されてしまっても仕方がないかと思われます。

どうしたら利用停止にならないのか〜対策編〜

では実際にどのようにして、利用停止のリスクを軽減していくのか? リスク分散の方法について紹介していきましょう。

個人で行う場合のリスクゼロの方法

個人での現金化は少額での利用なら有効でクレジットカード会社に疑われる心配はありません。
具体例としては飲み会やイベントの際の費用をクレジットカードで支払い、他人から現金を回収するという方法です。大規模な飲み会でない限りは、5万円ほど現金を手にすることができるので、ちょっと今月厳しいなという方は利用するのはありだと思います。

現金化業者を利用する

金額が上がってくればくるほど、個人での現金化のリスクは上がっていきます。もう少しまとまった額の現金が欲しいという方には、現金化業者の利用をお勧めします。業者のメリットについては次の章で詳しく述べていきます。

なぜ業者がいいのか〜個人との比較〜

それではなぜ個人ではなく業者の方がいいのかについて理解を深めていきましょう。

個人で行うときのリスクとリターン

個人で現金化をするときのメリットはその還元率の高さです。新幹線回数券をクレジットカードで購入して、金券ショップで換金してもらうと購入額の95%程度の現金を得ることができます。
一方、リスクとしては短期間で複数の利用ができないという点です。一度だけなら、問題はありませんが、続けての現金化は利用停止対象者の範囲の中に入ってしまい、カード停止のみならず、最悪の場合は借金の一括返済を求められることがあります。

しかし、 “業者を利用することでリスクを軽減出来る” のです。

ここでの現金化業者での詳しい現金化プロセスについての説明は別の記事にて紹介しているので避けたいと思いますが、個人で行うよりも圧倒的に現金化リスクを下げることができます。その代償として、業者に手数料を支払わなければなりませんが、カードが長期間使えなくなるリスクのことを思えば、妥当ではないかと思います。

優良業者の選び方

現金化業者と言っても、どれを選んでも変わらないというわけではありません。優良業者から悪徳業者まで様々です。そのため、選びかたを間違えてしまうと、現金を得られないだけでなく、カード会社からの信頼も失ってしまうという二重のリスクがあります。逆に言えば優良業者をしっかり見極めて、選ぶことができればそのリスクというのは防ぐことができます。
現金化業者が優良かどうかを見極めるポイントは3つあります。このポイントは初心者でもできるので現金化業者を利用する際は試してみてください。

チェックポイント1:相場を知る

商品を購入する・サービスを受ける際にはその相場を知っておくのは基本です。相場を知らなければ、その価格が高いのか安いのかわかりません。現金化業者の場合はその還元率をしっかりみましょう。一般的な還元率の相場は85%t程度となっています。なぜなら、現金化業者は現金化する際に決算代行会社に協力を依頼して、その手数料として10%程の手数料を支払っているからです。還元率90-95%と歌っている業者が本当にその還元率で現金を手渡せるなら、その業者は100%赤字です。業者も慈善事業でやっているわけではないので、還元率は現実的な数字を提示するでしょう。

チェックポイント2:口コミや情報サイトの活用

還元率から業者をある程度絞り込んだ後は、情報収集をしましょう。その際、その業者のホームページだけでなく、様々な口コミサイトや情報サイトを比較することを推奨します。一つのサイトだけだと、業者の自演でいい情報しか流していない場合もあるので、複数のサイトを見比べることでより客観的な情報を集めることができます。また、業者のホームページの作りにも注目してください。なぜなら、ホームページの作りと業者の評価は比例しているからです。お客様の目に見えるホームページは言わば業者にとっての看板です。もし、仮にボロボロの看板のお店があったら、利用しようとは思わないはずです。そのため、ホームページ・情報サイトから総合的に業者を評価しましょう。

チェックポイント3:電話対応の質

では3つほどに業者を絞った段階で、どこの業者にするか迷った時には電話対応の質をみましょう。優良業者というのは社員に対する教育をしっかり行っているものです。なぜなら、電話での対応だけが唯一顧客と直接やり取りできる場であるからです。決して安くはない手数料を支払っているのに、雑な対応をされたら、信用したくても信用できないと思います。

まとめ

  • クレジットカード会社の現金化に対する対策というのは年々、高度化しており、今後もさらなる技術発展が予想されます。
  • 個人での現金化がカード会社にばれた際のリスクは高く、実行する前に十分に考慮に入れる必要があります。
  • 現金化業者を使うことでリスクの分散が可能になります。
  • 業者選びには妥協しないことは必須事項です。

以上の点を理解した上で、現金化の際は慎重に行うようにしてください。