現金化相談所

知っておかなければ、騙されるかも!? 現金化業者の比較方法とその基準とは?


クレジットカード現金化業者を比較するなら!|現金化相談所
クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に換金してくれる現金化業者が今注目されています。非常に便利で安易に現金化できるようになった一方、悪徳商法の現金化業者も増えております。現金化される前にもう一度立ち止まってみてください。もしかしたら、アナタが今から利用しようと思っている業者が詐欺かもしれません。今回は現金化業者の比較とその基準に焦点をあててみていきましょう!

現金化業者を見極めるための基準とは

e8bf71885a9a1ddc95b61e7568c135ac_s

現金業者の中には、ヤミ金やサラ金のように利用者から搾り取ろうとする悪徳なものがいます。そのため、現金化を利用する上で、どの業者を選ぶかによって既に答えが決まっているということがあります。
現金化業者を選ぶ基準というのは、テクニックというよりは基本ですので、しっかりと学んでいきましょう。

現金化業者を選ぶ上で最低限持っていて欲しい基準としては 3つあり、

  1. 換金率などの条件
  2. ホームページ
  3. スタッフの対応

これらがキーワードとなります。

まず業者の候補はここで絞る

先ほど、キーとなるポイントを3つ挙げましたが。それらを使って業者を選別していく前に、知っておかなければいけない前提条件についてお話ししましょう。

まず、現金化業者はキャッシュバック方式を採用している業者を選ぶようにしてください。キャッシュバック方式とは、換金率に相当するものをキャッシュバックとして受け取るようなことをいいます。ネット上で現金化を行う際に便利であることから、多くの現金化業者が採用しています。
ここで疑問にあげられるのが「キャッシュバック方式は景品表示法に反するものではないのか?」、つまり合法なのかということ。結論から言いますと、”合法”となります。その理由は、景品表示法の「もれなく型」に該当し、違反対象にはならないからです。家電量販店のポイントバックなどと同様の取り扱いになるので、安全性は高いということは間違いありません。

近年、現金化業者が逮捕されたとニュースで挙げられていて不安になっている方もいると思いますが、逮捕されたのは現金化業者の方で利用した方は被害者となります。後からわかったことですが、逮捕されたのは現金化業者と偽ったヤミ金まがい業者であったのです。やり方はかなり悲惨なもので、高い還元率で集客し、現金を支払わないといったこともあったようです。また、商品を送らないといったこともあり、利用者のクレームが殺到したともいわれます。現在はこのような現金化業者があるとは報告は受けていないとありますが、過去に上記のような事件があったということは頭に入れておくといいでしょう。

一方、キャッシュバック方式以外に買取方式というものがありますが、それを採用している業者は法律違反の可能性がありますので利用しないようにしましょう。買取方式は、商品を購入しそれを買い取る形で業者がお金を支払う方法のことをいいます。買取方式は賃金業法と出資法に違反しているため、かなり危険性が高いともいえます。
また、現金化業者の中には携帯キャリア決済機能を利用して現金化を行う業者もございます。そのような方法を採用している業者もかなりリスクが高いため避けるようにするのが無難です。支払いが一度でも延滞してしまうと、個人の社会的信用度がかなり低下する可能性があるからです。将来的に悪影響が出てしまうのは避けたいところではありますよね。

換金率が異常に高い業者には要注意

現金化するときに気になるのが、換金率です。しかし、高すぎる換金率というのは完全に悪徳な業者であるのでやめたほうが良いかと思います。なぜなら、カードの現金化というのは業者も、安全性を確保するためにコストをかけて行なっているからです。
現金化業者のほとんどが決済代行会社と提携して現金化を行っております。決済代行会社は、ネットショップ等でクレジットカード決済システムを提供しています。カード会社と加盟店の仲介となる機関で、決済システムを導入するサービスを行っています。ネット社会となった現代では、カード決済される方が増えてきており、カード決済のシステムを導入していない会社はほとんどないといっても過言ではありません。決済代行会社がなければ、ネットショップ自らがクレジットカード会社と直接契約することは非常に難しくなります。信頼できる現金化業者は、決済代行会社によって個人のセキュリティーも守られているので安心できることでしょう。
決済代行会社と契約を結ぶことで現金化業者は、カード会社にバレるというリスクを限りなくゼロにすることに成功しました。その代償として、業者は代行会社に手数料を支払わなければならず、還元率からその手数料を引くと、95%以上の還元率というのは現実的に無理なのです。365
実際、決済代行会社の手数料がどれだけかかるのか知るとその理由がわかるはずです。大手決済代行会社であるCloud Payment、ペイデザインでも手数料率は3.1%〜4.2%といったところです。手数料率が高い決済代行会社は5%や8%とるところもあります。手数料率に限らず、基本料や初期費用も掛かるので業者側の負担もかなりあるでしょう。決済代行会社を利用していれば手数料を支払わなければいけいので、95%以上の還元率になってくると業者側は赤字になってしまいます。キャッシュバック方式を採用している業者は代行決済会社を利用していますが、買取方式を採用している業者は商品を購入するため決済代行を依頼する必要がありません。ですが、キャッシュバック方式を採用していても中には決済代行会社を使っていないところもあるので、注意しなければいけません。
また、業者も慈善事業で現金化を行なっているのではありません。還元率から、代行会社への手数料を引いて、さらにそこから業者の利益分を引いた額が実質還元率となります。例えば、業者が5%の手数料がかかるが決済代行会社を利用しているとします。利用者である私達が10万円分をカード決済したとしたら、業者は決済代行会社に5,000円分の手数料を支払います。そこから利益をさらに引くと還元率はさらに低くなりますよね。ですから100%はもちろん、98〜99%の還元率もかなり厳しいところといえるでしょう。ここまで手数料の仕組みを見ていくと、どの業者が信頼できるのか判断できると思います。

ホームページの作りと内容からわかる現金化業者

次にホームページの作りと内容がしっかりしている業者であるかどうかについて見ていきましょう。

第一になぜ、ホームページに注目するのかというと、ホームページというのは利用者が現金化業者についてしる唯一の情報源であるからです。家で言う所の、玄関をイメージしてもらえれば、わかりやすいかと思います。例えば、皆さんがまず、友人の家を訪れて、最初に目につくのが、玄関です。玄関を見たときに、靴の置き場がないほど、乱雑にものが置いてあったら、あなたはどのように思いますか? 二度とは訪問したくはないでしょう。それと同じようなに、知りたい情報がホームページのどこにあるのか見にくいサイトに訪問したときは、あなたは即座にそのサイトのブラウザを閉じてしまうことでしょう。ですので、ホームページがしっかりとしているというのは業者として最低限の義務であるのです。
第二に、業者のホームページのどこを見たらいいのかについて見ていきます。基本的に注目するべき点は、

  • 手数料や消費税など、お金に関する情報が記載されているか
  • ホームページは独自ドメインを使用しているか
  • 企業理念や会社概要などの記載はあるか

といったところでしょう。現金化業者はお金に関するサービスを取り扱っていますので、ホームページに細かい数字がなければ信用できませんよね。よく見かけるのが女性や動物のアイキャッチなどで誤魔化しているホームページです。デザインやモチーフは優れているかもしれませんが、内容が希薄になっているのがほとんどなので注意してみておくようにしましょう。また、独自ドメインを使用しているかどうかにも注目です。信用できるホームページは、しっかりと独自のドメインを購入して運営しています。サブドメインなどは匿名でも購入することができますので、あまり信用するのは良くないでしょう。見分け方としては、トップページのURLが長く複雑となっていることです。独自ドメインであればシンプルなURLとなっていますのですぐに見分けることができると思います。三番目のポイントも紹介しているように、ちゃんとした業者であれば経営理念や会社概要がきちんと記載されています。会社概要がない業者であれば、悪徳業者であると疑ってもいいでしょう。

第三に、GoogleMap(グーグルマップ)を使った現金化業者の判断方法について見ていきましょう。悪徳業者は架空の住所を使用している可能性があります。怪しいな……って思ったら、まずは業者のホームページに記載されている住所をGoogleMapで検索してみましょう。検索しても出てこなかったら架空の住所かもしれません。

対応がしっかりしている業者

最後に電話の接客態度から、現金化業者が信頼できるものかどうか判断していきましょう。
業者に電話するときに意識してほしいポイントとしては3つあります。

  • 接客態度は丁寧かどうか
  • 顧客の質問に対してしっかりと回答しているかどうか
  • 不必要な個人情報をしつこく聞いてこないか

この3つのポイントがクリアしていれば安全な業者として判断してもいいでしょう。現金化業者に限らず全ての業者にいえることですが、優良なところは接客態度も顧客目線もすごく丁寧でしょう。キャンセルに対しても親切に案内してくれるのが特徴です。逆に悪徳な業者であれば、接客も雑な上にカスタマーサポートもないところがほとんどでしょう。詳細を聞いてもなかなか回答してくれない業者はかなりリスクが高いといえるので気をつけましょう。また、3番目のポイントにもあるように余計な個人情報を聞いてくる業者にも注意しましょう。ある程度の個人情報の提出は必要となりますが、それ以上に個人情報を要求してくるところはあまり信用しないことをオススメします。

業者を選んで終わりではない?

悩む女性

業者を選んだからといって、完全に安全な現金化ができるとは限りません。なぜなら、悪徳な業者であっても、中には偽るのがうまい業者も含まれているからです。
例えば申し込む前と、申し込み後の対応がいきなり変わる業者もあります。申し込んでしまえばどうでもいい!という発想の悪徳業者も稀にいるのは事実です。また、申し込みした時と契約内容が異なる場合も出てきます。契約されるときの同意者なども隅から隅までチェックしていくと良いでしょう。そして一番ひどいケースは契約前にキャンセル料金を請求されることです。こんなことがあるのかと疑問に感じることもありますが、実際にこのような被害を受けた方もいるようなので要注意するべきでしょう。
悪徳業者に騙されてしまったら、高い金額を支払ってしまうのはもちろん、個人情報が悪用されてしまうこともあります。被害が何倍も拡大してしまう恐れがあるのでかなり危険な状況になってしまうでしょう。悪徳業者に騙されないためにも、申し込み後も常に警戒しておくようにしましょう。悪徳業者を避ける一番の策は、実際に利用された方の口コミを見ることです。きっと参考になると思いますので、不安な方は是非試してみてください。

まとめ

ビジネスマン

現金化業者を利用するのは非常に便利ではありますが、多少のリスクがあることも頭に入れておかなれければなりません。今回お話ししたポイントをしっかりと守っていれば、最悪な事態は防げると思いますのでチェックしておきましょう!皆さんが信頼できる現金化業者を利用されてくださいね。