現金化相談所

クレジットカード現金化がカード会社にバレたら?


現金化はなぜカード会社にバレてしまうの? 〜原因と対策を見てみよう〜

悩んでいる女性
クレジットカードを現金化できることはわかったけれど、もしカード会社にそれがバレてしまったらどうなるの?
そんな疑問を、実際に起こったケースをもとに解説します。記事の最後ではカード会社にバレないおすすめの方法もレクチャーします!

カード会社に見つかると

実際にクレジットカードの現金化を行っていて、それがカード会社に見つかってしまった人たちが、どんな措置を取られたか見ていきましょう。

カードの使用停止

一番多いケースがカード会社によるクレジットカードの使用停止です。
これは、本当にクレジットカードを現金化していた場合だけでなく、カード会社にその可能性があると思われた段階で行われることもあります。
クレジットカードが使用停止になると、そのカードはもう決済に使えなくなってしまいます。カードの複数持ちが当たり前の今の時代、これくらいならそう大きなリスクとはいえないかもしれませんね。

支払い残高の一括請求

クレジットカード現金化がバレると、支払い残高の一括請求が行われます。どういうことかというと、その時点で使っている金額を全て請求されてしまうということです。分割払いやリボ払いの契約中でも一括請求は容赦なく行われます。これはクレジットカード現金化がバレた時のリスクとしては大きなものの一つです。

カードが作れなくなる

クレジットカード会社にクレジットカードの現金化がばれたとき、今後その会社のクレジットカードが作れなくなってしまいます。それだけでなく、信用機関情報にお名前が載せられてしまいます。いわゆる、「ブラックリスト」というものです。信用機関情報に載ってしまうと、今後クレジットカードをつくれなくなる可能性が高くなりますし、現在使用中の他のクレジットカード会社にも警戒されてしまう可能性があります。もし、現金化をしていてバレたクレジットカードが銀行の系列会社のカードだった場合、その銀行での今後の借入なども難しくなってしまいます。これがクレジットカード現金化がバレた時のリスクのうち最も怖いものでしょう。

どうしてそんなに厳しいの?

では、どうしてクレジットカード会社はそんなに厳しい処置を取ろうとするのでしょうか?
クレジットカード会社の規約に違反している
クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止されている行為だからです。なぜなら、ショッピング枠として買った商品を現金化してしまうと、実質的にキャッシングという形になり、利用者が返済不可能な場合はカード会社がその損害を被ることになるので、カード会社としてはリスクでしかないのです。そのため、利用規約で明確に禁止しています。

クレジットカード現金化は違法行為ではない

クレジットカードの現金化は、カード会社の規約には違反していますが、法的には禁止されている行為ではありません。
現在の法律ではこれを処罰する項目はないので、クレジットカードの現金化を行ったからといって犯罪になることはないのです。

どのような行動がバレやすい?

どのような行動がクレジットカード会社に怪しまれるのでしょうか。
クレジットカード会社に疑われる行動をまとめました。

同じ商品を何度も買う

例えば、換金率の高いゲーム機や金券などを何度もクレジットカードで買うこと。同じゲーム機を1人で何台も買うのは不自然ですし、新幹線などのチケットを一人で何枚も繰り返し買う方法は昔からクレジットカード現金化の定番の方法ですので、クレジットカード会社は警戒しています。本来複数買う必要がないものを何度も買っての現金化は危険ですので注意しましょう。

限度額いっぱいの買い物を繰り返す

限度額いっぱいの買い物を繰り返すのも危険です。1ヶ月や2ヶ月なら限度額に達することもあるでしょうが、毎月限度額に達するような買い物をしていると、クレジットカード会社も警戒します。とくに、一回や二回の買い物で限度額に達するのは一段と怪しまれるので注意しましょう。

いずれにしても「不自然」な買い物をしていると、クレジットカード会社に怪しまれるので注意しましょう。

現金化業者なら安心!

カード会社にバレずにクレジットカードを現金化したいときは、最初からクレジットカード現金化業者にお任せしてしまうのがおすすめです。
手数料は発生してしまいますが、80%以上の高換金率で、即日で現金が手に入りますし、現金化業者はカード会社にバレないようにさまざまな手段を持っています。クレジットカード会社にバレたときのリスクを考えると、現金化はプロに任せてしまうというのが賢い方法ではないでしょうか。