現金化相談所

クレジットカード現金化って違法なの?疑問にお答えします!


【日本クレジット協会】クレジットカード現金化の違法性の有無

オペレーター
クレジットカード 現金化」で検索してみると、「違法」というキーワードが出てきたり、「クレジットカード現金化は違法です!」というページが出てきたりしますが、本当にクレジットカード現金化は違法なのでしょうか?
そして、違法と言われる根拠は一体どこにあるのでしょうか?
今回はそんな疑問にすべてお答えします。

クレジットカード現金化は違法ではない

いきなり答えを書いてしまいましたが、結論から言うとクレジットカード現金化は違法ではありません。
クレジットカード会社の利用規約には違反する行為ですが、法律上はクレジットカードのショッピング枠を使って手に入れた商品を換金することは違法ではありません。

クレジットカード現金化の仕組みを理解しよう

クレジットカードの現金化の仕組みを簡単に解説します。クレジットカードにはショッピング枠というものがあり、カードによって限度額は違います。
今回の場合、仮に限度額を30万円としましょう。
そのクレジットカードを使い、20万円分の金券を買いました。それを転売することができれば、現金を手にいれることが可能です。つまり、「クレジットカードのショッピング枠を使って手に入れた商品を換金する」という行為がクレジットカード現金化なのです。
ですが、20万円分の金券を転売するのはなかなか面倒な作業です。金額が大きければ大きいほどその労力は大きくなります。

クレジットカード現金化は業者におまかせ!

世の中にはクレジットカードの現金化を代行してくれる業者が存在します。業者を利用することで、自分の必要な金額と持っているカードに応じて、最適なプランを用意してくれます。業者によって手数料は異なりますが、クレジットカードで商品を買った後の転売などを業者が担ってくれるので、業者が指定した商品を買うだけですぐに現金が口座に振り込まれるのです。

どうして違法と言われるの?

では、どうしてクレジットカード現金化は違法と言われることがあるのでしょうか?その答えは「違法な手段で現金化をしている業者がいるから」です。
違法な手段による現金化とはどういうことでしょうか?

違法な業者は商品の取引がない

違法な手段による現金化とは、商品の取引がないまま現金を振り込むということです。通常は商品の売買があり、その後入金という流れになりますが、違法な業者はこの売買を「行ったこと」にしてしまい、商品の発送をしません。
これでは、実質的に貸金業になってしまい、貸金業法に違反します。
このような業者が摘発されることで、「クレジットカード現金化は違法」という印象を持たれることにつながっています。

まとめ

クレジットカードの現金化はそれ自体が違法なのではなく、「違法な手段で現金化を行っている業者がいる」というのが正しい解釈と言えます。
私たち一般の消費者が普通にクレジットカードのショッピング枠で購入した商品を換金している分には刑事罰の対象にはなりません。しかし、違法な業者には十分注意し、信頼できる業者を利用するようにしましょう。