現金化相談所

キャッシング枠がいっぱいでも大丈夫 即日でカードを現金化するコツ


即日かつ換金率95%のクレジットカード現金化業者5社徹底比較!

90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_s

お金を借りる時にどうしても障害となってしまうのが、審査に時間がかかるということです。急にお金が必要になるという状況はどなたでもあり得るので、お金の工面にかかる時間に悩むことだってあります。お金に困った時の対処法は貯金を切り崩したり、知人や消費者金融を利用するのが一般的です。しかし、貯金は将来の時のことを考えて残しておきたいし、知人とのお金のトラブルは避けたいところです。そこで消去法として、消費者金融のローンが選択肢としてありますが、審査に時間がかかるだけでなく、最悪借りることができない可能性も否定できません。

今回はキャッシング枠がいっぱいでも、即日で現金を手にすることができる方法を紹介していこうと思います。

即日で現金を手にする方法

現金を必要な時に必要な分だけ手に入れるためにはクレジッドカードの現金化がオススメです。
クレジッドカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つの機能がついています。お金を借りるための枠としてキャッシング枠がありますが、ショッピング枠と比べると利用可能な額が少ないのが特徴です。例えば、ショッピング枠が50万円とすると、キャッシング枠は最大で20万円と半分にも満たしません。そのため、今回はショッピング枠を利用することで現金を手に入れる方法をご紹介します。

ショッピング枠の現金化とは

先ほど、クレジットカードの機能について説明しましたがショッピング枠を現金化するというのは具体的に何をするのでしょうか?
まず、ショッピング枠の現金化をする方法としては個人・業者の2種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるので次の項目で詳しく述べていこうと思います。共通点としてはクレジットカードを限度額まで利用できるのでより多くの現金を手にすることができることです。

現金化の3つのメリット

e8bf71885a9a1ddc95b61e7568c135ac_s

ショッピング枠の現金化についてイメージがわいてきたところで、今度は具体的にどのようなメリットがあるか見ていきましょう。
下記に紹介するように、クレジットカード現金化のメリットは3つあります。

来店不要でお手軽

第一に来店が要らないということです。消費者金融などで借りる場合だと、申し込みや審査など様々な手続きで2回、3回は店舗に行かなければなりません。住んでいる場所の近場に店舗があればまだ通うのは楽かもしれませんが、そうでない場合は電車賃や時間など様々なコストがかかります。それに加えて、申し込みをしたからと言って必ずしも審査に通るという保証もないのです。
一方、クレジットカードの現金化は、個人・業者のどちらの方法を利用したとしても、消費者金融系の店舗に行く必要はありません。ただし、個人で行う時は買取ショップなどに行きますが、その回数が1回で済むことがほとんどです。

利用額の設定は自由自在

第二に必要な分だけ利用できることです。消費者金融を利用する場合、借り入れの額面が年収の3分の1までという制限があります。また、一定の収入が無ければ、申し込みの段階で対象外となってしまいます。そのため、主婦やフリーターなど不安定な収入の方々には不利な条件となっているのです。
一方でクレジットカードの現金化はショッピング枠残高の範囲であれば、必要な分だけ即日で現金を手に入れることが可能です。消費者金融と違い、少額でも気軽に現金化をすることができるので、カード会社への支払いも負担が少なく返済しやすいです。

支払い日の罠を防ぐ

第三に支払い方法が自由であることです。キャッシング枠を利用して現金を借りた場合だと、支払い日は月に一回だけとなっております。そのため、一度借りてしまうと次の返済日にはキャッシング利用額代金に借入期間分の利息を加えた額を返済しなければなりません。

例えば、毎月10日が口座引き落としのセブンカードは、返済金額が決まる「締日」が毎月15日となっております。ここで二つの支払い状況について考えてみましょう。

A:締日の8月15日にキャッシングを利用した場合
→翌月の9月10日が返済日となり、返済額はキャッシング利用額+25日分の利息となる。

B:締日の翌日である8月16日にキャッシングを利用した場合
→翌々月の10月10日が返済日となり、返済額はキャッシング利用額+55日分の利息となる。

このように借りた日にちによって、払わなければならない利息の金額が異なってしまうのです。

一方でショッピング枠を利用した現金化の場合だと、支払い方法は一括・分割・リボなど様々選べ、かつキャッシングよりも利息は少なくて済みます。

消費者金融との違い

b22f8241ccf0d5df192726bf1b77849b_s

消費者金融とショッピング枠の現金化の大きな違いは金利です。
まず、消費者金融で借りた場合だと、翌月に返済しても10%の利息がつきます。
一方でショッピング枠を利用した現金化ですと、一括または2回払いを選択することで分割手数料、つまり金利がかからずに現金を手にすることができるのです。

例えば、10万円をそれぞれの方法で借りたとすると、消費者金融だと1万8000円を余計に払わなければなりません。お金に困っているから借りたのに多額の利子がついてしまっては、返済にますます苦労してしまいます。そのため、少額であってもショッピング枠を利用したほうがお得だといえるのではないでしょうか。

現金化の方法とは

ここまで現金化とは何かについて学んできましたが、ここからは実際にどのようにすれば現金化をすることができるかについて紹介していきましょう。現金化の方法は個人と業者の2通りあり、それぞれ方法や特徴などが異なります。そのため、それぞれについて詳しく説明していこうと思います。

個人での現金化

個人で現金化をする場合は2つの方法が存在します。
まず、最も一般的な方法としては商品をクレジットカードで購入して、換金しにいくという方法です。

手順としては
1:ネットなどで商品を購入する。このとき換金性の高いものを選ぶ。
2:買取ショップで商品を買取ってもらい現金を手に入れる。
この2つの手順なのでとても簡単に行うことができます。

また、換金性の高い商品の代表例としては新幹線回数券、ブランド品、商品券などが人気で比較的安定した換金率を誇っています。

次にオンライン決済を利用した現金化方法です。オンライン決済とは、私たちがクレジットカードで商品を購入するときなどに、クレジットカード決済を行っているシステムのことです。通常、ネット事業主が利用者の利便性をあげるために使用しているサービスですが、このシステムをうまく利用することで現金化することができます。

手順としては
1:オンライン決済システムに申し込む
2:オンライン決済を利用し、自分のカードで買い物をする
3:自身の口座に購入金額が振り込まれる。
説明だけだとイメージがしにくいと思いますので、具体的にオンライン決済を利用できるサービスの例を紹介しておきます。

楽天スマートペイ
利用料金:カードリーダー代(9,800円)
手数料:3.24-3.74%
対応カード:VISA/Master Card/JCB/Diners Club/Discover/楽天カード
対応日:365日
キャンペーン:カードリーダー(9,800円)キャッシュバック
コメント:楽天スマートペイは実質利用料金が無料です。初回利用日にカードリーダーを購入する必要がありますが、現在はキャッシュバックキャンペーンを行っているのでとてもお得です。また、楽天カード利用の場合はカードのブランド問わず一律で手数料が3,24%になります。そして何と言っても楽天という有名ブランドだけあって安心感があります。

個人でのメリット

個人で行うメリットとしてはやはり手にする現金の多さでしょう。
仮に、新幹線回数券を10万円分購入し、換金率95%で買い取ってもらうと9万5000円もの現金を手にすることができます。
また、amazonギフト券などの商品券だと、使い方は様々あります。現金化目的で購入したものの、欲しいものがあったのでそのお買い物に利用するなど急な予定の変更にも十分対応が可能です。

個人でのデメリット

個人で行うデメリットといえば、バレるリスクの高さです。
個人で現金化する際は誰しもが換金率の高い商品を購入したいと考えるものです。しかし、そこに落とし穴があります。高い換金性を持つ商品を複数回購入するとカード会社の監視網に引っかかってしまう可能性があるのです。カード会社にとって、現金化は規約に違反する行為ですので、利用者の動向をある条件のもとに監視しています。換金目的と思われる行動をしている利用者は要注意人物とみなすということです。
また、違反行為が続く利用者にはカード停止・負債額一括返済などの何らかの処遇がなされます。この時、覚えておいて欲しいのが、カード会社は違反者を特定できてはいないことです。実はカード会社は違反者と思われる利用者を無作為に選んでいるにすぎないのです。
そのため、現金化の意図に関わらず、私たちはクレジットカードを利用している間に違反者リストに入るかもしれないリスクを背負っているのです。

業者での現金化

問い合わせする女性

業者で現金化を行う時には2種類の方法があります。
まず、商品買取型と呼ばれる方法です。この方法は業者が指定した換金性の高い商品を購入すると同時に買い取ってもらうことです。個人で行う時とは違い、商品を買う手間を省くことができるのでより簡単に現金を得ることができます。

手順としては
1:業者に申し込み
2:業者から商品を購入する
3:業者に買い取ってもらう

商品購入と買取を同時に行うことで、時間差による換金率の変動に悩まされることはありません。それに加えて、個人の時のように買取ショップを巡って換金率が高いお店に行く手間を省くことができます。

次はキャッシュバック型と呼ばれる方法です。この方法は先ほどとの買取型とは違い、購入する商品自体に価値はありません。しかし、業者は商品を購入した人に対して、現金を還付することができます。ここで大事なのが商品を購入したという行為です。換金率の高い商品を購入すると何かとカード会社の監視に触れるリスクがあるので、それを防ぐための手段だと考えてもらればイメージしやすいのではないでしょうか。
手順としては
1:業者に申し込み
2:業者から商品を購入する
3:業者からキャッシュバック

となります。結果的に得られる現金としてはどちらの方法も大差はありません。

業者でのメリット

業者で行うメリットは、バレるリスクが非常に低いことです。
なぜなら現金化業者では決済代行会社という決済専門の会社と組んで、カード会社に換金目的だと怪しまれないように工夫を凝らしているからです。この決済代行会社の存在が現金化では重要な立ち位置となっています。
まず、クレジットカードを決済するにはカードの加盟店とならなければなりません。加盟店となるにはカード会社からの厳しい審査を通過する必要があり、とてもではありませんが現金化業者が加盟店になれる可能性はないでしょう。
一方、決済代行会社はクレジットカードの決済を主な事業として成り立っているのでカード会社の加盟店となることができます。カード会社から一定の信頼を持っているからこそ決済代行ができるという仕組みです。
決済代行ができるということは取引が存在すればいくらでも現金化をすることができるということです。そこで決済代行会社は現金化業者と組むことで、現金化を可能にしています。
ここでなぜ、決済代行会社は現金化業者に協力しているのかという疑問が残る人も多いでしょう。それには深い理由があるのです。決済代行会社はカード会社から手数料をもらうことで事業が成り立っていますが、その手数料が少ないため事業を続けられずに倒産してしまう会社も多く存在します。そのため、現金化業者と組むことでより多くの手数料をもらい、事業を成立させているのです。
最後にクレジットカードは毎月何十億もの取引が発生しており、現金化はそのうちの一部に過ぎません。それゆえに決済代行会社のノウハウを利用すれば、現金化行為を隠すことは容易であると言えるでしょう。

業者でのデメリット

業者で行う場合のデメリットとしては換金率の低さと悪徳業者の存在が挙げられます。
まず、個人での現金化と比較した場合、どうしても業者を挟んでいるため手数料が発生します。これによって換金率は低くなってしまいます。しかし、個人で現金化を行いカード会社にばれた挙句一括返済、などというとんでもない災難に見舞われるリスクが高くなります。そのため、業者によってバレるリスクを低くすることができるだけで、手数料の価値分はあるのではないかと思います。
次に現金化業者の中には悪徳業者が少なからず存在します。そういった業者はお金に困っている人たちを甘く見て、悪い条件を提示することでより多くの手数料を得ようとしてきます。業者を探す上では悪徳業者にいかに引っかからないかが重要であると思います。

まとめ

・消費者金融だと高い金利を取られてしまう可能性が高い。
・ショッピング枠の現金化は個人の事情に合わせることができる
・個人で行う場合はハイリスク・ハイリターン
・業者を利用することでバレるリスクをゼロに近づけることができる。

以上の点を踏まえて、現金化をする時にはリサーチを重ね、慎重に行いましょう。