現金化相談所

主婦が現金化するときの必須マニュアル


d35be14aa6bf478451fc76844316a6ee_s

美容のためのエステ、年齢にふさわしいブランド品、周りの友人との付き合いなど女性は男性と比べて何かと出費してしまうものです。そのため、女性はお金が不足してしまいがちになるという状況が数多くあります。社会人の場合だと、毎月給料が入っているのでそのような状況には陥りにくいですが、それでも財政面的に厳しいことには変わりはありません。主婦だと稼ぐことができない家事をこなしながら、パートなどをしなければならないのでより一層、お金に困ることがあると思います。そんな時に役に立つのがクレジットカード現金化です。
今回は、お金に困る女性を対象にした解決方法について紹介していこうと思います。

男性よりも女性の方がお金を借りにくい

491e0b3e27c4a8f21abde1218cb99e31_s

お金を作るとなると一番に考えるのが消費者金融での融資だと思います。しかし、若い女性や主婦だと、男性よりも審査に通りにくいことや審査に時間がかかりすぎてしまうことあります。お金が今すぐにでも欲しい状況で審査に受かるかわからない消費者金融に申し込むのは嫌ですよね。それゆえに以前では即金・審査なしなどを売りにしたヤミ金に知らず知らずのうちに手を出して、騙されてしまう女性もいました。“ヤミ金にお金を借りてしまったがために、高い利子への支払いで、お金に困り続けてしまう”そのような状況は絶対に避けたいですよね。

実は若い女性や主婦にも人気があるのが現金化

5b98a14533f7d355cea292602b536e7c_s

お金に困った女性に今人気があるのがクレジットカードの現金化です。クレジットカード現金化は消費者金融と比べると手数料は割高になるときもありますがその分、審査に通りやすく時間もかかりません。また、ヤミ金のように、高い金利を取られる心配もないのでとても安心して利用することができます。

クレジットカード現金化とは

クレジットカードには買い物に利用するショッピング枠と融資に利用するキャッシング枠の2つの枠があります。現金化ではショッピング枠を主に使用することになります。商品を購入・換金をしたり、キャッシュバックをして現金を手にすることができます。
また、現金化の方法としては個人・業者の2通りの方法があり、それぞれ特徴とリスクが異なります。違いについては後に説明していこうと思います。

消費者金融との違い

消費者金融とは審査・金利・スピードの点で大きく異なります。
まず、審査について説明していきます。消費者金融の場合だと主婦は審査に受かることはほぼありません。なぜなら、収入が安定していないからです。例えパートや夫の収入が多いとしても、主婦自身の収入証明が必要と成ってしまいます。そのため、主婦は申し込み時点ですでに門前払いをされているに等しいと言っても過言ではありません。一方で、現金化の場合だと、主婦であっても申し込みも可能で審査も比較的通りやすくなっています。
次に金利についてお話します。クレジットカードにはキャッシングというお金を借りるための枠が存在します。クレジットカードを持っていれば、その枠を利用できるので主婦でもお金を作ることが可能になります。しかし、キャッシングは借りる時期によって手数料が大きく変わり、支払いが一括のみだけなのでその時の状況に合わせた柔軟な支払いができないことが欠点としてあげられます。
最後にスピードについて述べていこうと思います。消費者金融の場合だと、申し込みから審査までにどうしても時間がかかりすぎてしまうことが多くあります。しかし、現金化だとオンライン利用で、最短5分ほどで審査が完了し、口座に入金してくれます。

実際にかかる金利・手数料を比較

先ほど、キャッシングだと利用日によって、支払う手数料が異なるとお話しました。手数料はお金を借りる人にとって一番気になる話題だと思うのでここではより詳しく話していきましょう。

キャッシング枠での融資だと、負債の支払い日は月に一回だけとなっております。そのため、一度借りてしまうと次の返済日にはキャッシング利用額代金に借入期間分の利息を加えた額を返済しなければなりません。

この時、借入日の違いが返済に大きく影響することになりますので要注意です。

例.  毎月10日が口座引き落としのセブンカードは、返済金額が決まる「締日」が毎月15日となっております。ここで二つの支払い状況について考えてみましょう。

利用カード:セブンカード
利用額:10万円
締日:毎月15日
支払い日:毎月10日
手数料:15〜18%(年利)

ケースA: 締日の8月15日にキャッシングを利用した場合
翌月の9月10日が返済日となり、返済額はキャッシング利用額+25日分の利息となる。
支払日:9月10日
返済額:10万1250円
手数料:1250円

ケースB: 締日の翌日である8月16日にキャッシングを利用した場合
翌々月の10月10日が返済日となり、返済額はキャッシング利用額+55日分の利息となる。
支払日: 10月10日
返済額:10万2750円
手数料:2750円

このように、借入日の違いで、支払う手数料の金額が大きく変わってきます。
一方で、ショッピング枠を利用した現金化だと、支払い方法が一括・分割・リボなどから選択でき、キャッシングよりも手数料は少なくて済みます。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカードの現金化について学んだところで、どのようなメリットがあるのかについて知っていきましょう。キーワードは最大借入額・支払い方法・ばれにくいです。
第一に現金化はキャッシングと比較すると現金にすることが可能な枠が多いのが特徴です。例えば、利用総額が50万で設定してあるとすると、ショッピング枠は30万でキャッシング枠が20万となります。クレジットカードは通常、ショッピングを多く利用すると考えられているためにこのような仕組みとなっているのです。そのため、より多くの現金を手にするにはキャッシングよりも現金化を利用した方がお得なのです。
第二に支払い方法が柔軟に選ぶことができます。このメリットの説明は前節で既に述べていますので詳しくは‘実際にかかる金利・手数料を比較’の方を見てください。
第三に現金化を利用するとばれにくいということです。誰しもお金に困っているという状況は周りには知られたくないのが実情です。そのため、お金を借りるときは知人を避け、金融機関やヤミ金に手を出してしまいがちです。また仮に、業者経由で借りたとしても、その事実が周りにばれてしまうとその人はお金にだらしない人というレッテルが貼られてしまいます。周りとの良好な関係を続けていくためにも、お金に関するトラブルは避けなければなりません。ばれにくいという点で言えば、現金化よりも優れた方法はありません。なぜなら、ショッピング枠を利用しているからです。この枠を利用すれば、買い物のためにクレジットカードを利用しているのだと周りには思わせられることができます。

クレジットカード現金化のデメリット

現金化のデメリットとしては個人・業者では異なります。
個人の場合だと、クレジットカードの利用停止があります。個人で現金化する方法は商品を購入して、換金するというのが一般的です。そのため、新幹線回数券などの換金率が高いものを購入し続けているとカード会社の監視の目に止まってしまう恐れがあります。監視の目に止まってしまうと、警告・カード停止・負債一括返済などの措置を取られる危険性があります。個人で行う場合には利用しすぎないことが必要です。
業者の場合だと、業者の選びかたが少し難しいというデメリットがあります。現在では現金化は一般的になってきており、現金化業界は業者で溢れかえっています。そのため、業者の中には悪徳なものも少なからず存在しています。そのため、悪徳業者を判断し、選ばないための知識が必要となってきます。

主婦でも利用できるのが現金化

58f5f56a041f0e7b69a054dec3880be3_s

大人の女性ともなると出費がかかりすぎてしまうのは当然で、主婦も例外ではありません。しかし、主婦にとっては消費者金融の審査基準はハードルが高いため、現金を作るのは容易ではありません。なぜ、消費者金融はこのような厳しい審査基準を設けているのでしょうか?

金融機関の審査基準が厳しいわけ

金融機関の審査基準は貸金行法に基づいて決められています。その基準では定職についていることに加えて、総量規制というものがあります。
総量規制とは年収の3分の1までしか借り入れができないという規制です。例えば、年収が450万円の人は最大150万円までしかお金を借りることができません。そのため、パート以外で働く機会がない、主婦にとっては二重で厳しい基準となってしまっているのです。

現金化には総量規制がない

消費者金融の審査基準は総量規制によって以前よりも厳しくなってきています。
総量規制とは2010年より賃金業法に導入された新しい規制で、個人の合計債務は年収の3分の1までとするものです。また、申し込み時に本人の収入証明書が必要となるので、主婦にとっては消費者金融は意味をなさない機関となりつつあります。
しかし、現金化の場合だと総量規制は一切適応されません。そのため、ショッピング枠に余裕がある主婦なら現金を手にすることが可能なのです。

家族にもばれずに現金化

155eb7ac952ebc9b0dc556c235616c5c_m

お金を借りる上で他人には絶対にばれたくないものですが、同時に家族にも秘密にして余計な心配はかけたくないものです。現家族にも内緒で現金化する上でもポイントを2つ紹介していきます。

カードは自分名義を

クレジットカードを自由に使うにはやはり自分名義のカードに限ります。なぜなら、もし夫のカードを借りて、現金化してしまうと夫にも現金化がばれてしまうからです。また、カードローンやキャッシング利用時には夫の承諾や収入証明書の提出が必須ですが、現金化には不要です。そのため、自分専用のカードがあれば、自己の意思で現金化サービスを利用することができるのです。

振込履歴とカード利用明細は自己管理を徹底的に

自分専用のカードを利用していることで現金化は可能ですが絶対にばれない保証はありません。特に場カード利用明細や振込履歴はバレるきっかけとなるので要注意です。現金化を内緒で行うには、クレジットカードや口座を自己で管理し、オンライン上にも痕跡を残さないようにすることが重要です。

バレるリスクのある行為
・家族共有や配偶者のカード
・カードの利用状況が家族にもわかる
・インターネットの閲覧履歴に現金化の情報が残っている。

バレるのを防止するためには
・現金化に使用する口座やカードは自己管理
・インターネットのブラウザ履歴は消す
・スマートフォンや携帯電話を利用する

実は家族カードでも利用可能

b4fdfa369391566ebe2bef443486fc95_m

クレジットカードの中には家族カードというものがあります。このサービスは夫を代表として、家族がそれぞれカードを持つことができるものです。
家族カードと言っても基本的な昨日は一緒なので通常通り利用することができますが、使った分は全て代表カードの名義人に請求がいきます。クレジットカードがあると外出先の買い物などにはとても便利で、自己名義のために現金化にも対応しています。
しかし、現金化する前に注意しておきたいのですが現金化で利用した額の請求は代表者である夫に請求されます。そのため、クレジットカードの支払いの管理は全て自分で行っている必要があります。また、このときもネットの利用履歴からばれる可能性が大きいので注意が必要です。

まとめ

・収入が安定していない主婦は消費者金融の審査に通りにくい。
・キャッシングは利用日によって支払う手数料が大きく異なる。
・キャッシング枠よりもショッピング枠を利用したほうがより多くの現金を手にすることができる。
・現金化には個人と業者の2通りの方法がある。
・家族にばれないようにするには口座・カードの管理だけでなく、ネットの履歴にも注意する。
・現金化利用は計画的に行い、最悪の状況になる前に家族にも相談する

以上の点を踏まえ、クレジットカードの現金化をする際は慎重に行いましょう。