現金化相談所

ご紹介!クレジットカードで購入した商品券を現金化するメリットとデメリットまとめ


クレジットカード現金化のメリット・デメリットを徹底比較!

ギフト券

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、まず真っ先に思い浮かぶのが「商品を購入して転売」ではないでしょうか。今回はその中でも転売換金のしやすいと思われている「商品券」の現金化、そのメリットデメリットを解説していきます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、まず真っ先に思い浮かぶのが「商品を購入して転売」ではないでしょうか。今回はその中でも転売換金のしやすいと思われている「商品券」の現金化、そのメリットデメリットをご紹介していきます。

商品券の現金化とは?

金券ショップでは図書カード、ビール券、お米券、ギフトカード、旅行券などを買い取っています。
金券ショップを使った現金化とは、これらをクレジットカードで購入し、金券ショップに売ることによって現金化するという意味です。

還元率のいい商品券は?

百貨店の商品券などは還元率は高いのですが、クレジットカードで購入できないケースが多いものです。
そこで、商品券と同類のものとして、新幹線の回数券をクレジットカードで購入し、これを金券ショップに持っていって買い取ってもらうと言う方法が、昔からよく行われていました。新幹線の回数券の還元率は95~98%と非常に高く、かなり効率よくショッピング枠を現金化することができます。

商品券現金化のメリット

最大のメリットは、クレジットカードを持ってさえいれば消費者金融などから新たに借り入れすることなく、ショッピング枠を使って現金を手に入れることができる点でしょう。
ですので、信用情報機関に情報が掲載されることがなく、ショッピング枠で買ったものを売るだけなので審査もありません。
お金を借りたいけれども審査に通らなかった人でも利用できることも大きなメリットです。

商品券現金化のデメリット

しかし、商品券現金化にはデメリットもあります。

クレジットカード会社にバレた時のリスクが大きい

商品券、特に新幹線の回数券などは換金性が高いのでカード会社も強く警戒しています。
クレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用することは、法的に規制されている行為ではありませんが、クレジットカードの利用規約では禁止されています。
つまり、初めから転売目的で購入したこと察知されれば、犯罪に当たる行為ではないものの、クレジットカード会社との約束を破ったとのことで利用停止処分を受けることになるのです。
さらに、残債を一括請求される可能性もあります。
現金化目的の人たちの多くは還元率の高い新幹線の回数券を購入しようとします。ですので、カード会社も新幹線の回数券を購入する行為に関しては非常に敏感になっています。少しでも不自然に思われただけで利用停止処分を受けることもあるので、新幹線の回数券の現金化は非常にリスクが高いということを覚えておきましょう。

では、カード会社にばれない商品券には何があるのでしょうか?

Amazonギフト券がおすすめ!

Amazonギフト券
カード会社はさまざま商品券の購入に対して非常に敏感ですが、そんな中でもAmazonギフト券はまたまだチャンスがあります。
Amazonギフト券をクレジットカード会社が規制していない理由はAmazonギフト券が生まれてからまだ間もないこと、Amazonのショッピングにクレジットカードを利用している人がたくさんいる点が挙げられます。
Amazonでは値段の高い高級品も売られているので、Amazonを利用した購入にクレジットカード会社が制限をかけると、普通のショッピング目的のたくさんの人たちに影響が出てしまいます。そうなるとクレジットカードの利便性が下がってしまうので、カード会社が対策をしたくても対策できないというのが現実としてあります。
詐欺や悪質な換金に使われることが増えていけばクレジットカード会社も規制に乗り出してくるでしょうが、まだ抜本的な対策方法はないと考えられるのでAmazonギフト券を使った換金はしばらく続く可能性が高いです。