現金化相談所

現金化の利用には商品受け取りが不可欠


クレジットカードの現金化と聞くと、一般的には商品の転売を思い浮かべるのではないでしょうか?商品を購入し、転売して現金を得る方法もありますが、それではリスクが高すぎます。そこで、現在はキャッシュバックを利用した現金化が主流になっています。しかし、キャッシュバックとはどういった方法かがいまいち分からない人も多いでしょう。ここでは、キャッシュバック方式で現金を得るにはどういった点に注意すべきかを中心に説明したいと思います。

現金化=ショッピングという認識はありますか?

クレジットカードの現金化を行う際に覚えておきたいのが、現金化とはショッピングに近いものであるということです。なぜなら、現金化はショッピング枠を活用して現金をえる方法で、利用可能枠を現金として購入しているものと言い換えても良いでしょう。それゆえに、ショッピングをする上で、何かしらのサービスや商品というものを受け取らなければなりません。例えば、お店などでお金だけ支払って、何も受け取らないというひとはいませんよね。お店側は、利用者に対して、お金以上の対価をとして、サービスや商品を提供しなければならず、かつ利用者も提供したものを受け取り必要があるのです。
そのため現金化も買い物と同様に、商品又はサービスというのも受け取る必要があります。それは買取方式・キャッシュバック方式のどちらであっても、変わりません。
キャッシュバック方式で特に気をつけておきたいのが、現金のキャッシュバックに目が行きがちで、商品の受け取りを忘れてしまうということです。キャッシュバックというのは商品でもサービスでもなく、購入の特典としてついているだけです。それゆえに、キャッシュバック方式で現金化を成立させるには、商品を受け取らなければならないということを覚えておいてください。

業者がキャッシュバック方式を採用する理由

現金化業者というと以前は買取方式が主流でしたが、最近の流れはキャッシュバック方式のようです。なぜ業者は現金化の方法を変更したのでしょうか?

お互いに経費を抑えられる

キャッシュバック方式を採用する理由は様々あります。まず、買取方式では、買い取った商品の保管スペースが必要になります。大きな物だと利用者から買い取る際に送料の負担問題も発生します。それだけで手数料がプラスされてしまい、双方に不利となります。また、換金性の高い商品に絞った買取の必要も出てきます。確実に転売できる物しか買い取れないうえに、現金化がカード会社にばれるリスクも上がります。
更に、換金性が高い商品でも、様々な事情により換金率は不安定になります。現金化をする上で、この不安定な換金率は一番のネックとなります。業者側は、相場より安く転売になった場合の事を常に考えなくてはならないため、換金率はおのずと下がり、利用者の手にする現金は減ります。
このように、買取方式では利用者側も業者側もコスト面でのデメリットが多いので、キャッシュバック方式が便利なのです。

換金目的だと思われない

キャッシュバック方式には、カード会社にばれにくいという最大のメリットがあります。前述のように、換金性の高い商品をカードで購入すると、カード会社側は現金化を疑います。厳しいカード会社であれば、換金性の高い商品は決済ができない、即利用停止など契約違反の措置が取られる事もあります。そういった事態を避けるため、キャッシュバック方式では業者側が格安で作成したオリジナルの商品を購入させます。
オリジナルの商品であれば、カード会社側も価値の判断がし辛く、現金化を疑い辛いため、ばれるリスクも軽減するのです。それと同時に、オリジナル商品は小型の商品である必要があります。小型商品ならば送料も少なく済み、一石二鳥なのです。

買取方式の問題点

買取方式では、様々な問題点があります。
まず、商品の支払いが終わっていない物を転売し換金しても良いのか?という点です。基本的に、支払の済んでいない商品は、まだ100%自分の物とは言えません。支払が完了するまではカード会社に所有権がありますので、換金は出来ないのです。
次に、換金目的のカード利用と疑われないか?という点です。換金性の高い商品を購入する場合は、勿論、現金化を疑われます。換金性の高い商品はカードで購入できない場合もあります。そのため、現金化自体ができないこともあり得るのです。
更に、現金化業者は貸金業者と勘違いされ、違法だと思われがちです。特に買取方式を扱う業者は手数料を多めに取る傾向にあるため、悪徳業者と言われ逮捕される可能性もあります。逮捕されてしまうと、利用者側も不利益を被る事になります。
現金化の際には、買取方式ではなくキャッシュバック方式を選ぶことでこれらの問題やリスクを避けられます。

商品の受け取りは現金化には必須事項

現金化をする上で商品の受け取りは不可欠となります。

キャッシュバック方式での現金化を行う場合、欠かせないのが購入した商品の受取りです。現金化の場合、現金を得る事が一番の目的なので、購入した商品の受取りを忘れてしまったり、受取りの拒否をしてしまったりする可能性があります。しかし、商品購入のキャッシュバックという名目で現金を手に入れているので、商品の受け取りをしないと取引が成立しなくなってしまう場合があります。自分にとって不要な商品でも、必ず受け取るようにしましょう。

商品発送がない業者は悪徳かも?

利用者が商品を受け取る義務があるということは、サービス提供者である現金化業者も商品を発送しなければなりません。

キャッシュバック方式で現金化をする場合、利用者は業者の指定する商品をWEBで購入し、その購入のキャッシュバックとして現金が振込まれます。勿論、業者側には、利用者が購入した商品を発送する義務があります。この商品の受取りこそが契約の成立に必要な行為なのです。もし、商品の受取りが行われない場合、万が一トラブルになった際、証拠がなく泣き寝入りをしなくてはならなくなるかも知れません。
しかし、相手が悪徳業者の場合、商品から証拠を掴まれないように、何かと理由を付けて商品発送を行わない場合があります。
トラブルを起こさない為にも、必ず事前に商品発送について確認しておきましょう。

受け取った商品はいつ処分した方がいい

業者から商品を受け取り、現金も無事に入金されたあとは、商品というのはすぐに処分してしまって大丈夫なのでしょうか? 答えはNoです。商品の所有権というのは、支払いが全て終了するまではカード会社にあります。そのため、商品を利用するのは問題ないにしても、換金や処分といったことは制限されています。
念のために、現金化の利用額が全て完済し終わるまでは商品は保管しておくことが望ましいのではないでしょうか。

まとめ

クレジットカードで現金化をする際は、リスクの高い買取方式ではなくキャッシュバック方式を選ぶようにしましょう。キャッシュバック方式では、商品の発送と受領が必要です。これらのやり取りが無い場合、業者側は貸金業とみなされてしまう恐れがあるため、契約が成立しないこともあります。不用意なトラブルを避けるためにも、必ず商品のやり取りは行いましょう。商品発送の詳細を契約前に確認する事は、悪徳業者を見分けることにも役立ちます。