現金化相談所

融資申込みを断られてしまう理由とその対処法


お金を借りられると思って申し込み、審査落ちをしてしまうと、とても悲しく、辛い気持ちになります。それと同時に、焦りと不安も感じるでしょう。
しかし、審査落ちをしてしまうには、それなりの理由があるのです。そこを改善せずに次々に申し込んでも何の解決にもなりません。
では、融資の申し込みを断られてしまう理由は一体何なのでしょうか?その対処法と共にご紹介しでいきます。

融資を断れられてしまう人の特徴とは

5c3c77f3e16cd7aecd56419a80be6016_s

お金を借りたいのに融資が断られてしまうという人はどのようなことが原因で、審査に落ちてしまうのでしょうか? その原因について詳しく分析していきましょう。

融資を断られしまう理由としては、
・総量規制に近い額を借りている
・個人のクレジット信用が汚れている
・過去に何らかの支払い延滞経験がある
・現在、別の業者からも借りている
・職業柄、収入が安定しない

が原因としてあり、それらがいくつか重なってしまうことによって審査の基準に満たないということがあります。それでは個々の原因についてしっかりと見ていきましょう。

総量規制は優良利用者にとって厄介者

優良利用者泣かせの法律で有名なのが総量規制です。この法律があることによって、いくら延滞をしていない人であっても融資の際に一定の制限を受けることになります。

では、総量規制とはそもそもどういった法律なのでしょうか?
不明点も多いと思いますが、簡単に言うと「年収の3分の1を超える貸付をしてはいけません」という法律です。これは、貸金業法によって定められています。そのため、貸金業法に基づき業務を行っている貸金業では、総量規制を破ってしまうと法律違反になってしまうのです。例えば、年収300万円の方が、既に他社で100万円の借入をしていたら、いくら借入状況が良く、勤続年数が長くても、更なる借入ができないのです。また、年収とは、給与収入、年金収入、不動産の賃貸収入、個人事業所得の4種類が含まれます。これ以外の、保険金、退職金などは収入には含まれませんので注意が必要です。

あなたの信用情報汚れていませんか?

金融機関が融資をする際には、あなたが本当に返済できるのかを判断しなければなりません。その判断の参考として、過去の信用情報が利用されることがあります。

金融会社は、利用者に対し適正な審査や与信を行うために個人信用情報機関に加盟しています。個人信用情報機関には、個人の借入・返済・カードの利用歴などが纏めて登録してあり、加盟している金融会社から情報を収集し、必要に応じて提供しています。長期延滞や破産、詐欺などがあると、勿論この個人信用情報にも登録され、一定期間残ります。そのため、万が一個人信用情報に問題があると、その情報が無くなるまで少なくとも数年はどこからも借入できなくなります。金融会社では審査の際、信用情報を利用し判断するのですが、信用情報が無い、空白があるといった場合はそれだけで破産歴や金融事故歴があるのでは?といった疑いを持たれます。若者の場合は、カードや金融会社の利用歴が一切ないのも分かりますが、30代以上の利用歴無しは更に強い疑いを持たれます。それが原因で金融会社の審査落ちとなるケースも少なくはありません。

現在別の業者から融資を受けている人は要注意

既に他社から借入を受けている場合は、新たな融資を申し込む際に注意しなくてはならない点があります。
まず、他社からの借入件数・借入金額は少ないほど有利になります。10万円を5件から借りて50万円よりも、1件で50万円を借りていた方が信用度は高くなります。更に支払の延滞などの経験も無い方が良いでしょう。
貸金業法の総量規制では、年収の3分の1を超える貸付はできないため、収入が減ってしまったり、既に超えてしまっている人は、例外や除外の貸付を除き新たな借入れが難しいことも考えられます、しかし、既に年収の3分の1以上借入をしていても、今までの借入分を即座に3分の1まで返済する義務はありません。契約通りに払えば良いのです。
また、新たに50万円を超える融資を受けようとする場合は、最新の収入証明書が必要となるため、事前に準備をおススメします。

収入は安定していることが望ましいけど

審査に通りやすい人というのは、一定額の安定した収入がある人が多いのは当然ではあり、多くは会社員などの職業の人がほとんどです。しかし、主婦やフリーターであっても、十分な収入があることを証明することができれば、審査に通過することは可能です。

主婦やフリーターが審査を通るためには、幾つかのポイントがあります。
まず、重要視されるのが安定収入です。毎月大きな変動がなく、なるべく一定した収入が好ましいものです。それと同時に、勤続年数も長ければ長い方が有利となります。いくら収入が多くても、短期アルバイトを繰り返していては審査に通り辛いのです。
他社からの借入件数・借入金額も大きなポイントとなります。件数や金額は少なく、延滞などもなく利用している状況であれば審査に有利となります。

審査で見られているポイント

01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_s

審査で申込者を判断する材料として、信用情報が影響していると説明しましたが、他にはどのようなポイントを見られているのでしょうか?

金融会社の審査では、個人信用情報の他に、属性の調査、勤務先への在籍確認、書類の確認などが行われます。審査では主に「お金を貸して返済できるか?」という事を中心に調べるのです。
属性の調査とは、性別、年齢、勤務先、収入、家族構成、居住形態など本人の基本的情報から返済能力の有無を確認します。もし、ここに著しく難点がある場合、審査落ちとなる可能性があります。
次に勤務先への在籍確認が行われます。これは、実際に申告のある企業で働き、収入を得ているかどうかの確認です。在籍確認が取れない場合は、収入の確認が取れないと見なされ審査落ちしてしまいます。
最後に書類の確認をします。本人確認書類の提出が求められます。この書類に申告と差異がある場合、審査落ちとなります。
このように、様々なポイントで融資可能かどうかを判断されます。

派遣でもここに気をつければ、審査に通るかも!

eef8440886775f41899abaad8f478c2c_s

アルバイトやフリーターではなくて、日雇いの派遣なんだけども融資を受けたいという人はどうすれば良いでしょうか? アルバイトと比べると、審査に通る可能性というのは、低くなりますが、それでも十分に可能性はあります。ここでは少しでも、合格する確率を上げていくために気をつけておきたいことについて紹介していきましょう。

日雇い派遣でも絶対に審査落ちするという訳ではありません。審査にとおるポイントを押さえ、事前に準備出来る事はあるのです。
まず、申し込みのタイミングです。契約の切れ目に申し込んでも派遣先が不明という理由で審査落ちしてしまうでしょう。審査では基本的に在籍確認が必須です。そのため、新たな仕事が決まったタイミングで申し込み、在籍確認をクリアする必要があります。また、源泉徴収票など年収の証明ができる書類がある場合は用意しておくと有利になります。それは数か月分の給与明細でも代用できる場合があります。
日雇いの場合は、とにかく安定収入を証明する必要があります。もし、副業などをしている場合には、それも含めてしっかり申告しましょう。

一度落ちたからといって、また落ちるとは限らない

クレジットカードを持つ男性

審査に一回通らないからといって、 諦める必要はありません。審査の基準というのは、会社によってバラバラで、その時状況によっても異なることがよくあります。

融資の審査に落ちてしまうと想像以上にショックなものです。しかし、それで焦ってしまい、マイナスとなる行動をとってしまっては、更に自分を苦しめることになります。冷静に行動をしましょう。
まず、審査落ちの原因を考えてみましょう。審査落ちになっても、何が悪かったのかは教えてくれませんので、自分自身で見当をつけるしかないのです。他社の支払いが滞っていないか?会社の電話番号は間違えていないか?年収の3分の1ギリギリの借入ではないか?転職をして間も無いのではないか?借入件数や金額が多くないか?など思い当たる事が有るかも知れません。
それでも分からないという場合は、申し込む商品や希望限度額の見直しをしてみましょう。
また、金融会社によって審査内容は異なるので、他社では借入が可能かも知れません。

多重申し込みはしないこと!

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

落ちても審査に受かる可能性があるといっても、連続での申し込みなどは避けなければなりません。

個人信用情報には、申し込んだ件数も一定期間残ってしまいます。焦ってやみくもに何件もへ申し込みをしていると、「多重債務になる恐れあり」と見なされ、一定期間借入ができなくなります。これを申し込みブラックと言います。1件も借りていなくても、申し込みブラックに陥る可能性はあるのです。
そのため、連続での申し込みはおススメできません。予め1~2社程度に絞って、1社ずつ申し込みをすると良いでしょう。

本当に困ったときの最終手段としての現金化

8da6d8dc9fa9c400baf29b08f2412204_s

消費者金融でお金を借りようと考える時は、すでにお金に余裕がなくなってきていること状況の時が多いかと思います。そんな時に、審査に落ちてしまうと精神的に余裕がなくなってしまい、ヤミ金に手を出そうとしてしまう安易な考えを持つ人もいます。審査というのは時間がかかるものなので、次も受かるかどうか心配だという人は、ヤミ金ではなく、クレジットカードの現金化を利用しましょう。

現金化の基礎知識

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使い、現金を手に入れる方法です。個人的にクレジットカードで何かを購入し、それを転売して現金を得る方法と、業者に依頼して指定商品を購入し、キャッシュバックとして現金を得る方法と2種類の方法があります。しかし、前者の方法は商品を安値で買い叩かれたり、カード会社へ現金化がばれたりとリスクを伴うことが多く、おススメできません。安全に現金化を行うには、現金化業者へ依頼する方法が良いでしょう。

現金化が優れているポイント

現金化には優れているポイントが幾つかあります。
まず、第一に審査が必要ない点です。クレジットカードのショッピング枠を利用するので、クレジットカードを持っている人が対象となります。クレジットカードを発行する際に既に審査を受けているため、現金化業者が改めて審査をする必要はないのです。但し、本人確認の必要はありますので、身分証明書の提出は求められます。
消費者金融ローンやキャッシングと違い金利が高くない点もメリットと言えます。現金化を行っても、後の支払いはクレジットカード会社へショッピング枠の返済となります。ショッピング枠の利用では、キャッシング枠の利用よりも金利が低い場合が多いため、返済がしやすいのです。返済方法や返済回数の指定もしやすく、使い方によっては金利の掛からない方法もあるのです。
また、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象にならないのも大きなポイントです。

利用前に返済について考えよう

現金化を安全に利用する上で重要なことは、やはり事前の計画です。返済プランをしっかり立てて利用することが必要です。
無駄に多くの金額を現金化したり、返済能力を超えた利用をすると非常に危険です。
クレジットカードのショッピング枠の返済には、一括払い、分割払い、リボ払いと選択できますが、分割払いでも数回目までは金利が付かないカードもあります。
自身の持つクレジットカードの契約内容を確認し、損の無い使い方をする事をおススメします。

まとめ

ビジネスマン

消費者金融などカードローン会社に審査を申し込んでも必ず審査に通るとは限りません。その時のタイミングや、申し込んだ金融会社の規定で融資を受けられない可能性もあります。特に注意しなくてはいけないのが、貸金業法における総量規制と個人信用情報、安定収入なのです。
もしも、これらに難があり、借入ができない場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化の利用もおススメです。クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象にはなりませんので、年収の3分の1を超えても利用が可能なのです。是非、便利に利用してみて下さい。