現金化相談所

なぜクレジットカードを現金化するとカード利用停止になるのか


クレジットカード

カード会社ではクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は違反とされ、発覚した場合はカードの利用を停止されてしまう可能性があります。今回はクレジットカードの現金化の方法とその理由を紹介していきます。

カード会社ではクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は違反とされ、発覚した場合はカードの利用を停止されてしまう可能性があります。今回はクレジットカードの現金化の方法とその理由について述べていきましょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは

クレジットカードには商品を購入するための「ショッピング枠」とお金を借りる「キャッシング枠」の2種類があります。このうち、ショッピング枠の現金化とは、換金目的で商品やサービスを購入し換金を行う方法の事です。

現金化の方法

クレジットカードを現金化する際には大きく分けて2通りの方法があるので違いを簡単に説明しておきましょう。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、商品を業者から購入し、合わせて現金の付与を行う方式です。

具体例 現金30万円をキャッシュバックで現金化するAさん
① Aさんが業者から35万円分の腕時計を、ショッピング枠を利用して購入した。
②クレジットカードでの手続き終了後に業者は、Aさんに商品と一緒に25万円分の現金をキャッシュバックとして付与しました
③数日後、Aさんはクレジットカード会社から利用額の35万円を請求されました。

買取屋方式

買取屋方式とは業者から購入した商品を買い取ってもらう事で現金化する方式です。

具体例 現金30万円を買取屋で現金化するBさん
①Bさんは業者から35万円の指輪を、ショッピング枠を利用して購入しました。
②その後、Bさんは同じ業者から指輪を30万円で買い取ってもらい、Bさんは現金30万円を受け取りました。
③翌月、Bさんはクレジットカード会社から利用額の35万円を請求されました。

両者の共通点はクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を現金化しているという点です。クレジットカードの支払い義務を負う事に変わりはありません。

現金化によるカード停止の理由

カード会社ではクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化を違反としています。その理由としてはあまりに多くの借金を負ってしまうと多重債務となり、自己破産してしまう可能性が高くなってしまうからです。

まとめ

クレジットカード現金化にはショッピング枠を利用し、その方法は2種類ある。
現金化をしすぎると多重債務となり、自己破産の可能性が大きくなる。

以上の点を踏まえて、クレジットカードを現金化する際には慎重に行いましょう。