現金化相談所

現代人のニーズを捉えたサービスを提供している銀行はここだ〜ネット銀行の勧め〜


インターネットが普及してから、ネット決済・送金ができる『ネットバンク』のサービスが開始されました。今回は、そんな『ネットバンク』の使い方や種類についてご紹介していきたいと思います。まだ利用したことない方は是非使ってみるといいですね!

ネットバンクとは

bank

ネットバンクを利用したことがない方は「ネットバンクって何?」という疑問があるでしょう。ネットバンク(通称:インターネット銀行)とは、インターネットで一般の銀行のように送金・決済ができるサービスのことです。
ネットバンクはインターネットが普及してから誕生し、今では約半数以上の銀行がネットバンクサービスを提供しています。このサービスは、従来の銀行の課題であった振込の時間差を改善することができ、また入金の確認もすぐにできるという何とも便利なものなのです。これまで銀行が抱えてきた問題を解決してきたネットバンクは、これからどんどん支流になっていくでしょう。

ネットバンクの強み

bank-building

ネットバンクの最大の特徴は、いつでもどこからでもリアルタイムで送金が可能なことでしょう。従来の送金方法だと、わざわざATMまで足を運ばなければなりませんでした。それに、タイムラグがあることで振込日にズレが生じることもありました。平日のPM3:00までの振込なら当日の振込が可能だが、それ以降になると翌営業日の振込になってしまったりとか。土・日・祝になってくると翌営業日とかなりのタイムラグがありますね。
しかし、ネットバンクを利用することで銀行の営業時間外の送金でもその場で振り込むことができるのです。ネットバンクでリアルタイム送金にすることで、振込日をわざわざ逆算することもありませんね!

ネットバンクの使い道

bank_albom_260915

ここまで、ネットバンクの概要や最大の強みであるリアルタイム送金について解説してきましたが、実際にどういったシーンで活用できるのか考えてみましょう。具体例を出すことによって、よりイメージしやすくなるはずです。

その1:単身赴任

出張・全国転勤が多い会社員、または単身赴任で家族と離れて暮らしている方にはかなりメリットが多くなるでしょう。自宅に帰ってこれる会社員であれば、生活費や子どもの教育費などを月に一回家族に渡すことができてなんの問題はありません。しかし、離れて暮らしていると急に出費が発生した時にタイムラグがあってしまってはなかなか大変なものですね。
例を出すと、遠方にいる家族が急な事故や病気で、現金が今すぐに必要になった場合はどうでしょうか?振込日が土・日・祝日だと、月曜日などの翌営業日に振込が完了するので、2日もタイムラグが出てしまいます。これがまた3連休なら尚更。
そんな時リアルタイム送金を使用すると、土・日・祝日関係なく遠方に離れている家族に現金を受け渡すことができるのです。インターネットが利用できる場所であれば海外から送金するのももちろん可能なこと。このように急な出費にも対応できることがメリットとなっています。

その2:子供への仕送り

322
高校生までは地元の高校に通っていたけど、大学進学と同時に、実家から離れて一人暮らしを始める人は多くいます。大学というのは、自由な時間が増える分、授業・資格の勉強や自分のやりたいことに集中できる環境にあります。もちろん、やりたいことをやるために、バイトなどでお金を稼ぎはします。しかし、勉強との両立の関係で十分な資金を稼ぐことはできません。ですから、親が実家から仕送りを送金する場合もあるでしょう。特に一人暮らしをすれば、各光熱費・家賃・生活費・食費・資格試験費用などがかかってしまいます。それにプラスして娯楽費や交通費などもあるでしょう。これを学生が全て賄おうとしたらかなりの労働をしなければなりません。大学生は学校の試験や授業でかなり時間がとられてしまうので、どうしてもアルバイトの時間が減り、生活費を賄えるほどの収入が入ってこないこともあるでしょう。
やはりそんな時は、親の仕送りに頼るしかありません。ネットバンクを家族間の送金用として開設しておけばかなり便利になるでしょう。離れた子どもに仕送りをするのであれば、ネットバンクですぐに送金できる体制を作っておくことが大事ですよ!

その3:ネットオークション

ネットオークションは平日よりも、土日などの休みの日にとても活発になります。そのため、銀行が休みの日にオークションで欲しいものを落とすということがしばしば、あります。
ネットオークション等で出品されている方の多くは、ネットバンクを利用することで得られるメリットが豊富にあるのが特徴です。一つはリアルタイムで送金できることです。同じネットバンク同士だと手数料が無料になるのでとてもお得なんです!(中には手数料が少しかかってしまうネットバンクもあります)そしてもう一つのメリットがネットオークションでの評価が上がること。ネットオークションでは入金確認のスピードも評価の対象としてみられます。良い評価を得られればもちろん購入者も増えてきますよね。良い評価を得られるかそうでないかは、ネットバンクを開設しているかどうかにもかかってくるのです!

その4:株式投資やFX

最近、株式売買の最低金額が低くなったりと、個人でも投資やFXがしやすくなりました。また、AIによる投資などによって、株式売買の高速化が進んでいくと予想されています。
每日変動していく株式投資を成功させるためには、売買のタイミングをしっかりと見極めることが必要となります。このような取引は時期を誤ってしまうと損を被ってしまう可能性があります。そのように損がなく、円滑に回していくためにはリアルタイム送金ができなればなりません。そこでネットバンクを利用し、ストレスのない取引を行うようにするのです。株式やFXの取引を行うには、ネットバンクのリアルタイム送金が必須の条件になってくるでしょう!

オススメのネットバンクを紹介

tax-repo-l-thinkstock

ネットバンクの特徴や活用方法を学んできたところで、どこのネットバンクを開設するのがいいのかについてお話ししていきます。ネットバンクは複数ございますので、慎重に比較して自分に合った口座を開設しましょう!

楽天銀行

開設期間:2日〜2周間程度
手数料:216~270円(楽天銀行内での取引で無料)
預金金利:0.10%
特徴:・楽天証券との預金連携サービス「マネーブリッジ」
・配当金一回につき10円がもらえる「株式配当受け取りプログラム」
・メールアドレスのみで振込可能
提携ATM:イオン銀行・セブン銀行・みずほ銀行・Enet銀行•ゆうちょ銀行・ローソンATM

向いている人:投資家や楽天のサービスをよく利用する人
コメント:楽天銀行は利用者が最大のネットバンクです。ネットバンクの強みを生かした様々なサービスや手数料が安いことから、高い評価を受けています。また、楽天証券と提携することで、より投資家に便利で、メリットの高いネットバンクとなりました。最近ではJCBでデヒットカードの募集もしており、年会費無料・換金率1%といった利用者に魅力的なものを提供しています。

じぶん銀行

開設期間:1〜2週間
手数料:無料
預金金利:0.03%
特徴:・auでは新規口座開設をした人限定で3カ月満期のキャンペーンを行っている。
・スマートフォン向けアプリが充実(振込や残高照会など)
提携ATM:・三菱東京UFJ銀行ATM・セブン銀行・ゆうちょ銀行・ローソンATM・Enet銀行
向いている人:auスマートフォンを利用している方
コメント:じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行が開設したネットバンクです。実は日本で初めて携帯電話と連動させたネットバンキングサービスを始めたのはじぶん銀行。そのため、auユーザーには様々な特典がついております。auのスマートフォンを利用している方向けのネットバンクともいえるでしょう。預金金利もauユーザーならかなりお得といっても過言ではありません。

ソニー銀行

開設期間:1〜3週間
手数料:200円(ソニー銀行内での手数料は無料、他銀行は月1回無料)
預金金利:0.01%
特徴:・セブンイレブン、ミニストップのATMであれば24時間365日何回でも出金手数料無料!
・全国約9万台のATMが利用可能
・便利な資産運用や分析ツールの充実
提携ATM:・セブン銀行・Enet銀行・ローソンATM・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行
向いている人:いつでもコンビニATMから出金をしたい方
コメント:信頼性の高いソニー銀行のネットバンク。最大の魅力は全国約9万台からなるコンビニATMの利用が可能となっております。そのうち、イオン銀行とセブン銀行は24時間365日何回でも出金が可能ということ。コンビニATMでいつでも引き出したい方にオススメの銀行口座となっております。また、将来の資産運用にも非常に便利です。なぜなら、資産運用や分析ツールともなる『人生通帳』があるから。将来設計に利用したいネットバンクナンバー1ともいえるでしょう!

イオン銀行

開設期間:約2週間
手数料:216円(イオン銀行間の手数料無料)
預金金利:0.02%(イオンカードセレクトは0.12%)
特徴:・カードがお手元に届いたら初回ログインなしですぐに利用可能。
・お取引明細書を無料でダウンロード。
・イオン銀行ポイントクラブやイオンカードセレクト特典のポイントの確認がすぐにできる。
・強固なセキュリティシステム。
・イオンでのお買い物が5%OFF(20日・30日)
提携ATM:・三菱東京UFJ銀行ATM・セブン銀行・ゆうちょ銀行・ローソンATM・Enet銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行
向いている人:イオンでよくショッピングされる方
コメント:大手小売業のイオングループが開設するネットバンク「イオン銀行」。当カードはイオン銀行でよくショッピングされる方にオススメとなっております。イオンショッピングモールや、マックスバリューなどの提携点で買い物をする際に同時にワオンポイントを貯めることができるのです。還元率が高いのは、他にはない特典ともいえるでしょう。提携している銀行も多く信頼性の高いネットバンクの一つなので、初心者でも気軽に持てますよ!

ジャパンネット銀行

開設期間:2週間〜3週間
手数料:同行54円、他行172〜270円
預金金利:0.015〜0.02%
特徴:・「トークン」でセキュリティ強化
・「Tポイント」を唯一現金化できる
・「Yahoo!かんたん決済」が手数料無料
提携ATM:・セブン銀行ATM、Enet銀行、ローソンATM、三井住友銀行・ゆうちょ銀行
向いている人:「ヤフオク!」などのネットショッピングをよくされる方
コメント:「三井住友銀行」をはじめ、多くの大企業が出資する大手の金融機関となる「ジャパンネット銀行」。2014年4月には主要株主にヤフーが加わったことで「ヤフオク!」の決済手数料が無料になりました。ジャパンネット銀行は、ネットショッピングを楽しみたい方にオススメで安全性・信頼性のあるネットバンク口座といえるでしょう。近年、1分おきに新たなパスワードを生成する「トークン」というサービスも導入したことでより一層セキュリティーが強化されました。

ネットバンク利用時の注意点

caution-4

ネットバンクを利用するにあたっていくつのか注意点がございます。まず一つ目の注意点は、ID・パスワードをしっかりと保存しておくようにすることです。ネットバンクにログインできなればリアルタイム送金ができません。しっかりとセキュリティー対策がされていますので、忘れないようにメモに残しておくようにしましょう。また、その際も第三者に見られないように携帯電話のメモ帳に残しておくといった工夫が必要になります。
二つ目は、公共機関(インターネットカフェ・学校・ホテル)や会社用のパソコンから送金するのを控えることです。パソコンから送金うするとキャッシュといって履歴が残るようになっています。それを知らずに使ってしまうと、次に使った人にIDとパスワードを見られてしまいます。履歴を削除して残さないようにすることはできますが、わからずに使ってしまうと大変なことになりますので、気をつけましょう。
三つ目は、ウィルス対策をすることです。ネットバンクはウェブサービスなのでウィルスに感染することが時々あります。パソコンがウィルスに侵されてしまうと第三者に情報が行き渡ってしまいます。お使いになるパソコンにウィルスバスターを入れるなどして対策をとられることを勧めます。

まとめ

7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s

ネットバンクが使えるようになってとても便利になった世の中ですが、その反面悪質な行為でIDやパスワードを取得しようという人もいるのは事実です。ネットバンクを正しく、賢く使うことによってより生活も豊かになってきます。使い方やどんなカードがあるのかしっかりと学び、自身の生活をより良いものにしていってくださいね。