現金化相談所

クレジットカード現金化、規約違反の線引きとは?


クレジットカード現金化はどうして禁止されているの?利用規約を比較してみた

「違法な現金化」の画像
クレジットカード現金化をする際に気になるのが、カード会社の規約ですよね。今回は、どこまでが違反となり、どこからは大丈夫なのか、という線引きを徹底解説いたします。

クレジットカードの現金化はどこまでが違法か?

クレジットカードの現金化を禁止する法律はありませんが、カード会社の規約によって禁止されています。では、現金化する際にどこまでが違法でないのかについてお話ししていきます。
(これからいう適法/違法というのは「カード規約」に反するかどうかということです。日本の法律に現金化を禁止する記述はありません)

クレジットカード現金化は違法の線引きが難しい

クレジットカード現金化は適法と違法の線引きが難しく、グレーゾーンな部分が多くなっています。では実際にお客さん側とお店側の二つの視点から見ていきましょう

お客さん目線(AさんとBさんの場合)

Aさん:クレジットカードを一般利用するお客さん
航空券のチケットをクレジットカードで買ったけど、予定が変わったから換金してもらおう。
Bさん:クレジットカード現金化をするお客さん
換金目的で航空券のチケットをクレジットカードで買って、換金してもらおう。

お店目線(お店Aとお店Bの場合)

A店:クレジットカード現金化を考えていないお店
利用目的で、チケットをクレジットカードで買ってもらう。
B店:クレジットカード現金化業者
換金目的で、チケットをクレジットカードで買ってもらう。

両者の違いは

Aさん・A店側は換金を利用目的でチケットを買っており、換金の意図はありません。
一方Bさん・B店側は換金目的でチケットを買っており、利用する意図はありません。

このように目的の意図がはっきりさせにくいため、クレジットカードの現金化を違法とは言い難いグレーゾーンな状態が続いているのです。

どこまでが安全なグレーゾーンなのか?

クレジットカード会社はクレジットカード利用者の行動を、利用データを通じて監視しており、クレジットカード現金化が発覚した時点でクレジットカードを強制的に解約させられてしまいます。

例えば
Aさん「航空券をたくさん買ってクレジットカード現金化をしよう」
Bクレジットカード会社「Aさんは今まで航空券を購入したことないのに怪しいな調べてみよう」
結果、Aさんはクレジットカード現金化を見破られ、クレジットカードを解約されてしまいました。

つまり、不自然な買い物は疑われ、現金化がばれる可能性が高いということです。
クレジットカードの現金化がばれてしまうと、クレジットカード会社からの強制解約のみならず、利用料金の一括返済を求めらます。加えて、自己破産が不可能になります。
そのため、クレジットカードの現金化をする際は、利用歴からクレジットカード会社に不自然に思われないようにしなくてはいけません。

まとめ

クレジットカードの現金化はお客さんとお店側の意図が異なる場合があるので適法かどうかの線引きが難しい。
クレジットカード会社にはクレジットカード現金化を見抜く技術がある。
クレジットカード現金化する際は利用履歴から不自然にならないようにすることが必要である。

以上の点を踏まえて、クレジットカードの現金化は慎重に利用しましょう。