現金化相談所

クレジットカード現金化の正しいリスク把握の仕方とその回避方法


クレジットカード現金化のリスク回避完全攻略マニュアルはこちら!

調べ物をしている画像
借金が返済できなくなったときの最終手段として自己破産や個人再生があります。
これを使えば借金が帳消しになると考えがちですが、場合によっては自己破産後も借金を支払い続けなければなりません。
クレジットカード現金化がばれたときも借金帳消しの対象外になることがありますので、今回はクレジットカードを現金化するリスクとその回避方法について述べていきたいと思います。

金券による現金化はリスクが高い

クレジットカードを現金化する際に気をつけなければいけないのが、金券を利用した現金化です。

金券を利用した現金化のリスクとは

この方法での現金化は「換金目的でのクレジットカード利用」という利用規約違反として、自己破産の対象外となってしまう可能性が高いのです。
カード会社の監視の目に現金化目的でのカード利用が見つかるとカードを利用停止にされてしまいます。

リスクが高い理由

カード会社はカード利用履歴から換金目的でクレジットカードを利用しているかどうか判断できるといわれています。
ショッピング枠を限度額まで利用していたりすると疑われるリスクが高まります。

もちろん、一度疑いがかかるだけで自己破産の条件から外れるわけではありませんが、複数回、もしくは大きい金額での現金化はその可能性を大きくしてしまうので、金額にかかわらず金券利用の現金化はあまりお勧めする事はできません。

リスクが低い現金化の方法とは?

現金化業者を利用する

カード会社に換金目的のクレジットカード利用をしたと疑われないよう、キャッシュバック方式での現金化をお勧めします。
この方式は、実際に商品を購入し、その後現金が付与されるという仕組みであるため、自己破産の対象外となる行為には含まれません。

違法性について

以前、クレジットカード現金化業者が逮捕されるケースが発生したため、その違法性が問題になりましたが、クレジットカードの現金化は違法ではなく、カード会社の規約にも記載はされてはいません。
実際に検挙された例では、換金率の高さや個人情報の流出問題が発生した事が直接の原因で、カード現金化自体の違法性には触れられてはいませんでした。

優良業者の見つけ方

業者によっては利用者が犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるので、現金化業者を利用する際には換金率の高さや業者の評価などしっかり下調べをしましょう。
念入りな調査がリスクを低くおさえることにつながります。

まとめ

金券による換金は、カードの利用停止や自己破産の適用外となる可能性が高くなる。
クレジットカードの現金化にはキャッシュバック方式のほうがリスクは低い。
現金化の申し込みは業者を徹底的に比較した上で行う。

以上の点を踏まえた上で、クレジットカードの現金化は慎重に行いましょう。