現金化相談所

誰にもバレずに行う現金化のリスクと処方箋概論


現金化のリスクと実際に起こったトラブルのまとめ

7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s

社会人ともなると細々とした出費でいつの間にかお金に余裕がなくなってきてしまうこともあります。今月使いすぎて厳しい!そんな時はどのようにして解決するのがよいでしょうか。手短な例と言えば知人や消費者金融から借りる方法ですが、他人にばれてしまう可能性があるのでなかなか踏み出しにくいものです。今回はそんなお金に関する悩みを解決する方法を紹介したいと思います。

誰にもばれずにお金が欲しい人へ

クレジットカードを保有している人であるならばショッピング枠を現金化することをお勧めします。この方法はクレジットカードで商品を購入して、それを換金することで現金を得ることができます。
もちろん、お金を借りるための枠としてキャッシングもあります。しかし、限度額はあまり大きくなく、ショッピング枠を利用したほうがより多くのお金を借りることができるのでお勧めです。
また、ショッピング枠の現金化は個人と業者の2種類の方法があり、それぞれ特徴に大きな違いがあります。

個人で現金化する時の方法とリスク

悩んでいる男性

ショッピング枠の現金化を売りにした業者の中には高い手数料で利用者たちからお金を絞りとろうとしている人達もいます。しかし、現金化というのは一定のリスクをとれば、個人でも可能です。個人なら手間が少しかかりますが、手数料も取られる心配もないので安心ですね。

現金化の方法

個人の場合、現金化する方法は主に一つです。それは換金性の高い商品をクレジットカードで購入して、金券ショップなどで買い取ってもらうという方法です。
換金性の高いものの代表例としては新幹線回数券・旬のブランド品やゲーム機などが挙げられます。
特に新幹線の回数券は人気区間の場合、90%以上とかなり高い換金率で安定して買い取ってもらえます。一方、ブランド品・ゲームはその時の人気度合いに加えて、買取ショップの在庫状態など様々な条件に左右されるので換金率にかなり差があります。

個人で現金化するリスクと商品別解説

換金性の高い商品を短期間に購入し続けているとカード停止というリスクを背負うことになります。しかもカードの停止はクレジットカード会社の裁量で行われ、利用者の現金化意図の有無は関わっていません。なぜなら、クレジットカードは換金性の高い商品を購入している利用者に絞って、監視をしており、その利用者の中からランダムでカード停止をしているからです。
では換金率の高い商品で実際にどの種類のリスクが高いのかいくつか比較してみましょう。

新幹線回数券

その換金率の高さから現金化の方法として一番人気がある商品です。一方で、この方法は一般的になりつつあるのでクレジットカード会社からマークを受けている商品です。高い換金率の理由はビジネスマンなどからの需要が非常にあり、人気区間だと金券ショップで品薄状態が続いてしまうほどです。もちろん、カード会社もその方法で現金化されていることも知っています。そのため、現金化するときは購入する回数・時期が続かないようにするか、関係のない区間を購入しすぎないように気をつけなければ、すぐにカード停止対象となってしまいます。
クレジットカードの中には新幹線回数券用のものもあるのでこの方法で現金化を目指すのであれば、専用のカードを利用することでリスク分散できるかと思います。

商品券・ギフト券

これらの種類も安定的に換金率が高いことで知られています。しかし、クレジットカードで購入ができないことが多いので利用しにくいことが挙げられます。また、クレジットカードの明細にもしっかり残ってしまうので、カード会社からの監視の目も厳しくなります。
しかし、最近ではamazonギフト券などでのウェブでの換金方法でも現金化可能になってきているので試してみるのもいいかもしれません。

ブランド品

ブランド品は種類にもよりますが換金率が高めなものが多いです。また、一般的にクレジットカードでの購入が多いため、カード会社からの監視網にも引っかかりにくいのが特徴です。しかし、ブランド品は時期と買取場所によって換金率が大きくことなります。換金目的で購入する場合は事前に換金先の相場額を確認しておくことで多少リスクを抑えることができると思います。

ゲーム機

ゲームソフトは種類によって大きな差がでます。しかも仮に新しい商品であっても、人気や内容の評価が低かったりするとすぐに買取価格がガクッと下がってしまいます。次のゲームを購入する資金作りなど多少買取価格が低くても気にしない人などには良い方法かもしれません。

現金化利用がバレた時のリスクとは?

b9cb433ddaea8f2c2f0b55069bb825ef_m

換金率が高い商品を購入し続けるとカード会社からカード停止というペナルティを受けると言いましたが他にもリスクはあります。
その内容とは主に以下のようになります。

  • カード利用停止
  • 負債の一括返済
  • 強制退会
  • ブラックリスト入り
  • 新規発行の不可能

オンラインで簡単現金化

これまでは換金率が高い商品を購入して、買い取ってもらうことで現金化する方法を紹介してきました。ここからはオンラインでより簡単に、より誰にもばれずに現金化する方法を述べていこうと思います。
オンライン決済を利用した現金化の手順としては
1オンライン決済経由でカードを使って商品を購入する
2決済代行会社から手数料を除いた利用料金が振り込まれる

その中でも負債の一括返済は個人で現金化するのに一番避けたいところです。一括返済となれば、家計も苦しくなりますし、周りに頼らないといけないので必然的にばれてしまいます。もちろん、クレジットカード会社によってペナルティに至るまでの条件は異なりますがJCBカードやアメックス、銀行系などは現金化対応が厳しいことで知られています。

業者利用のすすめ

c88da76df70a52ee217e0c3852e43f2f_m

個人で行うとカード会社にバレるというリスクがあることは前述した通りです。一方、業者の場合は現金化が周りに知られるリスクについてはほぼないといってよいでしょう。
その秘密は決済代行業者にあります。現金化業者はこの代行業者を通じてクレジットカードの現金化を行っているのです。
クレジットカードの決済にはカード会社の加盟店になることが必要ですが現金化業者がこの加盟店に加入できるわけはありません。実際の決済の手続きは決済代行業者にのみ委託されているのです。
そこで現金化業者と決済代行業者はお互いに取引することでクレジットカードの現金化を可能にしているのです。もちろん、代行業者にもカード会社にばれるリスクはあります。しかし、現金化はクレジットカード利用全体のほんの一部なのでカード会社が把握しようがありません。

オンラインで簡単現金化

業者でも現金化の方法は様々あります。今回はオンラインで手軽にでき、かつ誰にもばれない現金化を紹介します。
オンライン決済を利用した現金化の手順としては
1オンライン決済経由でカードを使って商品を購入する
2決済代行会社から手数料を除いた利用料金が振り込まれる

この手順で簡単に現金化することができます。このサービスは基本来店不要で、業者によってはすぐに振り込み可能なこともあります。また換金率は個人で行うよりは多少低くなりますが、ばれるリスクがほぼゼロになるという安心を買っていると思えば高くはないでしょう。

業者選びは慎重に行いましょう

一口に現金化業者といってもその中には利用者を騙そうとする悪徳業者もいます。そのようなことにならないように業者はじっくり比較しなければなりません。
業者を選ぶポイントとしては3つあります。
1ホームページの作り
サイトの作りが粗い場合は要注意です。ホームページは利用者がほぼ全員見る部分です。そのため、その部分でさえ手を抜いていては業者として信頼できるわけはありません。
2複数の口コミサイト
一つの口コミサイトや同じ業者のサイトでは業者が自演をしていることがあります。そのため、複数の口コミから情報を得ることで業者への評価がより正確にわかるでしょう。
3電話対応
1・2である程度、現金化業者を絞った後はスタッフの対応でどの業者にするか選びましょう。

もし悪徳業者に取引してしまったらどうなる?

005bc446aa5138424da405e3bc61b645_m

業者を慎重に行いましょうとは言ったものの、つい高い換金率に釣られて業者に問い合わせたくなってしまうことでしょう。良い条件は確かに魅力的ですがそのような業者には要注意が必要です。では実際にどのような被害にあう可能性があるか見てみましょう。

・申し込み前の手口:個人情報の抜き取り
高い換金率であることのみをアピールし、個人情報を伝えた段階で手数料
などを理由に換金率が下がると伝える。

・申し込み後の手口:高い手数料の搾取
申し込みをした後で換金率が下がり、キャンセルには違約金がかかると伝える。

悪徳業者に対抗するにはどうすればいいの?

もしこのような悪徳業者と出会ってしまったとしても、申し込み段階では違約金は発生しません。なぜなら申し込み時点では本人の意思表示をしただけで、
契約には審査という段階が必要だからです。そのため、申し込み段階では法的に縛られることはありません。そのため、どんなことを言われようとも断り続けることが必要です。
仮に業者がしつこい場合には、弁護士・警察・消費者センターに相談することをお勧めします。

まとめ

・ショッピング枠を使えばバレずに簡単に現金を手にいれることができます。
・個人で現金化するときは換金する商品によって手にする額が異なります。
・リスクを心配するなら個人での現金化は止めましょう
・業者は申し込む前に情報集めを怠らないようにしましょう。

以上の点を気をつけて、現金化は慎重に行いましょう。