現金化相談所

クレジットカード現金化の良さは審査だけではありません


クレジットカードの現金化が主流になっている現在ですが、その良さは審査に限ったものではありません。今回は消費者金融や銀行ローンの審査と比較し、現金化の良さは他に何があるのか紹介していきます。消費者金融や銀行ローンを利用しようとしている方は要チェックです。

消費者金融の審査は狭き門?

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

お金に困ったら消費者金融かキャッシングを利用しようと考えている人はそのような甘い考えは辞めたほうがいいと思います。なぜなら、消費者金融で融資の申し込みをしたからといって、必ずしも審査に通るとは限らないからです。
では、ここで消費者金融と銀行ローンの審査通過率の数値をみていきましょう。審査通過率は、【貸付件数÷申込数】で細かい数値を出すことができます。消費者金融を利用するのであれば、信頼性の高い大手を選ぶ方が多いと思いますが、大手消費者金融は借入するときの審査が厳しいと言われています。大手消費者金融の代表であるアコムは45~49%、プロミスは42~45%、アイフルは44~49%と、どの金融機関も50%もありません。つまり、借入審査に通る人の確率は半分以下ということがわかります。次に銀行ローンの審査通過率をみていきましょう。銀行は最高限度額が大きくて、低金利で借りることができるので非常に人気となっています。しかし、銀行ローンは消費者金融と比較しても審査がより厳しくなるのが懸念となります。大手銀行ローンである新生銀行レイクは33~38%の通過率とかなり低め。近年は即日融資の銀行も増えていますので、ダメ元で申請される方もいらっしゃいますが、”審査は通らない”ものと認識しておくほうが無難だと思います。
では、消費者金融や銀行ローンはどのような形で審査を行っているのでしょうか。審査が厳しいと言われているほどですから、審査方法もかなり複雑になってくるでしょう。借入は審査が通り、契約をしてからATMなどで借りるという流れが一般的で、カンタンなように思われますが、そんなことはありません。ローンの申し込みから審査の流れは、事前審査・信用情報の照会→本審査・スコアリング審査→在籍確認と3つのステップで進んでいきます。ほとんどは第一段階の事前審査・信用情報の照会で審査に落ちます。信用情報期間では、ローンの内容、クレジットカードの申し込み実績、利用履歴、事故履歴など全てがチェックされてしまいます。このように、消費者金融や銀行ローンの審査には厳しい審査がついてくるの借入するのはかなり厳しいと思ったほうがいいでしょう。
また、“じゃあ複数回申し込めば、そのうち審査に通るのでは”と思う方もいるかと思いますが、審査通過率というのは、申込者の何割が審査に合格を表したものです。そのため、審査基準に満たない人が何度、審査を受けても落ちてしまうのは目に見えています。

消費者金融の利用は信用情報に載る

internet-security

消費者金融で利用すると信用情報に傷がついて、将来ローンを組むときに不利になるということを聞いたことがあるかと思います。もちろん、キャッシングの利用やクレジットカードの使用歴は、全て、信用情報として信用情報機関に記録されることとなります。しかし、ここで注意しておきたいのが、消費者金融の申し込み時点ですでに、信用情報として記録が残ってしまうことです。

このように信用機関に情報がいくと、半年間のカード利用履歴が残ってしまい、どこで使ってどれくらい返せているというのが信用機関に記録されてしまいます。信用情報が与える影響はローンや借入だけではありません。賃貸で家を契約するときや、通信機器など利用するときなども悪影響を与えます。また、新しくクレジットカードを作ろうと思ったり、口座を開設しようと思った時でも申請が通らなかったりすることもあります。あまりにも返済状況が悪かったり、カードを多重申し込みしていると「お金がない人なんだ」と認識されてしまいます。クレジットカードの返済履歴も残されており、使い方があまりにも悪かったら信用機関のブラックリストに載ってしまうことがあるのです。具体的にいうと、
・3ヶ月未入金(延滞)があること
・利用者以外(保証会社など)が返済した時
・裁判所が自己破産などの、債務整理を許可した場合
これらのどれか一つに当てはまってしまうと、ブラックリストに名前が載ってしまうのです。一度ブラックリストに名前が載ってしまったら、データが保管される期間が過ぎるまでカードを作れなくなったりします。保管される期間は3〜10年ほどとなっており、かなり長期的なものになってしまいます。社会的信用度も低くなりますので、ブラックリストに名前が載ることだけは避けるようにしましょう。

現金化なら審査の心配無用

7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s

消費者金融などの貸金業者での融資の場合だと、厳しい審査を通過しなければなりません。通過率は、お伝えした通り、想像よりも低い数値でした。
しかし、クレジットカードの現金化サービスの場合だと、融資ではないので、審査は単純なものとなっています。加えて、借入時には、返済を保証するための担保や保証人というのも必要はありません。現金化するために必要なものはクレジットカード、身分証明書(免許書・保険証・パスポート・住民票など)のみです。クレジットカードの現金化は、誰でもカンタンにすることができますが、その前提としてクレジットカードが必要になってきます。この2つを持っていれば保証人を立てることもなく現金を受け取ることができるのです。 なぜ現金化業者が消費者金融や銀行ローンと違って審査不要なのかというと、”借入”という方法ではなく、カードのショッピング枠を使って”買物をする”という方法を採用しているからです。現金化はカードのショッピング枠を使って業者から商品を購入し、キャッシュバックとして厳禁を受け取るような仕組みなっています。業者からはどのみち購入代金を支払ってもらうので何も問題はありません。所有者がショッピング枠を使ったお金を返済できなくとも、業者は被害を受けません。現金化はこのような仕組みとなっているので、業者は形だけの審査で済むのです。
逆に言えば、余計な個人情報を求めたり、不必要な審査を行う業者は信用しないほうがいいでしょう。そのような現金化業者は「悪徳業者」である可能性が高くなってきます。悪徳業者にかかってしまうと、個人情報が悪用されてしまうことがあります。個人情報を裏でヤミ金や業者に売却し、架空請求や恐喝の被害にあってしまうかもしれないのです。再度確認しておきますが、クレジットカードと身分証明書以外の個人情報を要求された場合は、信用にならない、怪しいとみなし利用することを避けましょう。
このように現金化業者には悪徳業者もいるということを話してきましたが、審査不要、信用機関に情報がいかないといったメリットがあるので今後間違いなく人気となってくるでしょう。返済も一括払いから分割払い、リボ払いと豊富にございますので安心です。一括払いなら金利がつくことなく楽に返済することが可能ですよ。消費者金融や銀行ローンと比較してもかなり利用しやすいのは間違いありませんね。

ネットで全て完結するから現金化は楽

picture_online-2015

現金化の良いところは全てをネットで行うことができる点です。今では誰もがインターネットを利用しているわけですから、申請や審査などの取引が全てネットで完結するのは非常に便利なことです。ネットで完結することのメリットは4つあるのでそれぞれ見ていきましょう。
1つ目は「地方でも利用できる」ということです。地方には大手の消費者金融や銀行ローンが近くにない場合があります。遠くの店舗までわざわざ足を運ばなくて済むのがいいことですね。2つ目は「場所を選ばないこと」です。ネットで申請や審査が完結するなら、家にいなくてもネットが繋がっているところならどこでもできるということです。もちろん、パソコン・携帯電話どちらからも利用することができます。3つ目のメリットは「誰にもバレずにひっそりと行うことができる」ということです。消費者金融や銀行ローンであれば、人が多く周りからの目も気になることでしょう。ネットであればそんな心配はいりませんね。周囲のことを気にせず、また身内にも知られることなく利用することができるのです。4つ目のメリットは「スピードが早い」ということです。店舗型だとスピード感が損なわれてすぐに厳禁を受け取ることができません。ネットで申請すると即日に現金を受け取ることが可能になります。審査時間も最短5分ほどとなっていますので、スピード感を比較すると、ネットのほうがかなり有利だということがわかります。ネットで完結できる現金化業者は、主婦でも学生でもクレジットカードを持っていればできます。審査の申請も全てネットで行えるので是非利用してみてください。

まとめ

ビジネスマン

ここまで現金化のメリットや審査方法について見てみると、どれだけ現金化業者を利用することが便利なのかということがわかりましたね。面倒な審査も必要ありませんので、現金を受け取るのであれば是非現金化業者を利用下さい。