現金化相談所

クレジットカードで商品券を買っての個人現金化はやめたほうが無難??


ご紹介!クレジットカードで購入した商品券を現金化するメリットとデメリットまとめ

現金化って悪いイメージあります??

9fb94801fc57cba985912b29d0e5a963_m

クレジットカードの現金化というと、“ヤミ金やサラ金と業者が繋がっていて、利用したら二度と抜け出せないのでは“という非常に悪いイメージを持っている人がいるかと思います。しかし、勘違いして欲しくないのが、ヤミ金などは、利用者に法外な金利でお金を貸して、その人が死ぬまで絞り取ってやろうという人達のことをさします。一方で、現金化業者というのは、お金の貸し借りは行いません。彼らが行なっているのは、利用者のクレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を引き出すお手伝いをしているに過ぎないのです。もちろん、手数料はやや多めですが、現金化後はしつこくされるということは全くありません。
また、ヤミ金だと、毎月の金利支払いだけで、一杯一杯となることがほとんどで、元金を返済完了するまでに長い期間を費やします。クレジットカードの現金化の場合は、通常のカード返済と変わらず、法律に定められた金利内かつ返済期間が伸びても、それほど手数料がかからないので、利用額の返済は比較的生早く済みます。

現金化でキャッシング要らず

f40e5124dfd1c3f1ac4f9600963a1c07_m

現金が必要になった時に、お金を借りる候補として、消費者金融とキャッシングという選択肢が頭に浮かぶ人が多いと思いますが、それらは全員が利用できる訳ではなく、手続きなど時間も結構かかります。その一方で現金化というのは、カードを持っていれば、全員が利用できますし、時間もかからないので、非常に便利な機能ではないでしょうか。
また、現金化を進める理由というのは、それだけではありません。ここではキャッシングや消費者金融の特徴に触れながら、現金化の優位性について理解していきましょう。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化のメリットと言えば、第一に即日対応が可能と言う点です。消費者金融などでも即日融資を強調していますが、それには申し込み時間や審査の進み具合が大きく関係してきます。そのため、実は多くが即日融資にならないのが現状です。しかし、現金化では申し込みをすれば、煩わしい審査はなく、即日現金を手に出来るのです。消費者金融で借りるのはイメージが悪いと感じている人にもおススメの方法です。
次に、キャッシングのように信用情報に悪影響を与えない点も大きなメリットと言えます。
キャッシングやローンなど、お金を借りる際には、金融機関の定める信用情報機関に利用者の利用状況が登録されます。その情報は、返済が終わっても一定期間保管されます。金融機関では、その個人信用情報を元に審査をしています。どこか1社でも返済に遅延等があれば、全ての金融機関側ですぐに分かるようになっているのです。この個人信用情報は、住宅ローン審査などにも大きく影響します。厳しい場合は、延滞はおろか、残高が残っているだけで住宅ローン審査が通らない場合もあります。ですから、住宅ローン審査を控えた方には現金化が向いていると言えるでしょう。
最後のメリットは、キャッシング枠が一杯でも利用できる点です。同じクレジットカード一枚でキャッシングも現金化もでき、月々の支払いは一度で済むため便利です。キャシング枠では希望額に少し足りないという人にも現金化がおススメです。

金券ショップでの現金化はもう古い

86f66e8d9b0fb96f428ee106a6a288ec_m

個人で現金化する時に、利用するのが金券ショップですが、最近ではあまり利用をお勧めすることができなくなってきております。
金券ショップでの現金化方法・メリット・デメリットについて見ていきながら、なぜお勧めできないのかについて解説していきましょう。

クレジットカードの現金化で金券ショップを利用するというのは、クレジットカードのショッピング枠で金券を購入し、それを金券ショップへ転売することで現金を手に入れる方法のことを指します。この方法は、現金化業者を通さずに、個人で現金化を行うやり方です。業者を通さない分、転売した額の100%が自分のものになるため、この方法を好む人も居ます。特に百貨店の商品券や新幹線回数券は、金券ショップでの換金率が良いので、それを狙う人が多いのですが、元々クレジットカードで金券を購入する事は禁止されています。そのため、新幹線回数券の購入をし現金化する人が多い様です。
このように紹介すると、金券を買い、手軽に現金化ができそうですが、そこには大きなリスクが幾つか伴います。
まず、金券ショップにも悪徳業者がいるという事です。悪徳金券ショップでは、相場よりもだいぶ低めの金額で買い叩かれてしまいます。また、そういった金券ショップを事前に見極めるのは困難です。
更に、金券の購入がクレジットカード会社にばれてしまうリスクがあります。クレジットカードで、転売目的の金券を購入する事は契約違反になります。
このように、一番の問題となるのは、現金化がカード会社にばれてしまうことです。では、現金化の利用がばれると、一体どんな事が起こるのでしょうか?次項で詳しく説明します。

その金券現金化はすでにバレてます

005bc446aa5138424da405e3bc61b645_m

個人でひっそりと現金化すれば、問題ないと思っている人がいるかもしれませんが、現金化する人の特徴はすでにカード会社によって知られています。そのため、実は現金化目的のカード利用者を特定し、その違反者に対して、なんらかのペナルティを与えることがあります。
そこで、どのような利用法をしていると、カード会社から睨まれてしまうかについて分析していきましょう。

クレジットカードを利用した現金化を疑われるのはどんな場合でしょうか?
まず、キャッシング枠を一杯まで利用していて、換金性の高い商品を購入している人、換金性の高い商品を複数、繰り返し購入している人は、既に目を付けられているでしょう。換金性の高い商品は、商品券や新幹線の回数券などに限らず、ブランドの限定品、ゲーム機やゲームソフト、人気の高い家電なども含まれます。これらに当てはまる場合は、現金化目的でなくても疑われてしまいます。
このように、クレジットカード会社では、利用者のカードの使い方に目を光らせています。
そもそも、クレジットカード会社の規約では、換金目的のカード利用を禁止しています、これには2つの理由があります。1つ目は、多重債務の防止です。現金化をする人には、キャッシング枠が一杯で、他の金融機関からも目一杯借りているという人も少なくありません。貸金業法では、総量規制と言う年収3分の1を超える貸し付けの禁止が定められています。それにより、それ以上の貸付はできないのですが、クレジットカードのショッピング枠はその既定に該当しません。ですから、カード会社が現金化を認めると、利用者の返済能力を超えてしまい、更に生活困窮させる恐れがあるのです。
2つ目は、クレジットカードで買った物でも、返済が終わるまでは厳密には利用者の物ではないという理由です。これは、クレジットカード会社の規約に明記されています。所有権のないものを勝手に転売するわけですから、クレジットカード会社も黙って見過ごすわけにはいきません。
これらの点から、カード会社に現金化がばれた場合は、カードの利用停止や残金の一括請求という重い罰則を受ける可能性があります。

現金化業者のススメとその根拠

若い男性

個人の方法では厳しいから、現金化業者を利用しようというだけでは、無責任ですし、信頼することはできないと思います。そこで、なぜ現金化業者を使うと、良いのかについてしっかり説明していこうと思います。

前述のように、個人で商品を買い転売する方法は、カード会社に見つかりやすく、リスクが伴います。では、現金化を専門に扱う業者を利用する方法はどうなのでしょうか?
現金化業者を利用すると、手数料が掛かるため個人で現金化を行うよりも手にする現金は少なくなります。しかし、その分カード会社に見つかるリスクは軽減します。それはなぜかと言うと、決済代行会社を通すからです。
決済代行会社とは、クレジットカードの加盟店として存在し、カードの決裁権限を持つお店のことです。その加盟店が現金化業者と組み現金化を行っています。本物の決済代行会社が決済を行うため、クレジットカード会社側にばれにくいのです。
勿論、決済代行会社にもそれなりのリスクは伴います。ですが、現金化業者と組む事により多くの手数料を貰えるので、ばれない様に注意を払いながら行っているのです。このように、決済代行会社も最善の注意を払っているので、安全でばれにくいのかも知れません。

現金化に到るまでの方法とは

ビジネスマン

実際にどのような手順で現金化を行うのでしょうか?見ていきましょう。
1.申し込みをする
ネットなどを利用し、現金化業者を選びましょう。住所地が曖昧だったり、代表者などの情報記載のないもの、相談時の対応が悪い業者は悪徳業者の可能性が高くおススメできません。また、申し込みの際は、最低限の情報だけを記載し、カード情報などは書かないようにしましょう。悪徳業者は契約時よりも先にカード情報を知りたがります。
2.電話での情報確認
申し込みが完了すると、現金化業者より連絡が入ります。多くの場合、電話連絡です。
この時、利用意思、利用に関する概要、還元率の説明などが行われます。
この対応で違和感を感じた場合は、遠慮せずにすぐに断るべきです。また、不明点等は納得の行くまで聞いておきましょう。
3.証明書類の提出
ここで、身分証明書類の提出を行います。
免許証・保険証・パスポートなど身分を証明するものをFAXかメールで送ります。
本人確認に使われます。
4.クレジットカード決済
本人確認が完了すると、希望する金額がキャッシュバックできる商品を指定されます。
その商品を指定サイトにてクレジットカードで購入します。
5.現金が振り込まれる
購入した商品のクレジットカード決済が完了すると、業者から現金が指定口座に振り込まれます。購入から振込まで最短5分と言う業者も珍しくありません。また、ネットバンクを持っている人は、休日でも24時間振込を受けられる可能性があります。
6.商品が到着
後日、サイトで購入手続きをした商品が届きます。
これは転売せずに利用しましょう。転売をした時点で、カード会社の規約に違反する事になります。

まとめ

flow02

ご紹介した様に、現金化は自分自身で行う方法と、業者に依頼する方法とがあります。しかし、近年クレジットカード会社では、現金化の対策として個人の購入履歴に目を光らせており、不審な利用をした場合はカードの利用停止や残額の一括請求など厳しい対応をしています。そこで安心して現金化をできるのが、決済代行を利用した現金化業者です。決済代行会社を通すため現金化が非常にばれにくいのが特徴です。
ところが、現金化業者の中には、高額商品を買わせて転売を促す者も居ます。しかし、それでは個人の現金化と変わらないどころか、多くの手数料を取られて、まるで詐欺のようです。それでは個人のリスクが大きいため、必ず決済代行方式で行える業者を選びましょう。