現金化相談所

クレジットカード現金化業者は総量規制の前からやっている老舗を選ぼう!


487a60e9f26782f6a026043e120bba7b_s

クレジットカード現金化はまず業者選びから!

急な出費に迫られた・・・そんな時、クレジットカードを現金化してみようと思ったことはありませんか?
クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を買い取り、指定した銀行口座に入金してもらうというのが業者を利用したクレジットカード現金化の流れです。
クレジットカード会社にバレるリスクが最も低く、即日で入金してもらえる店も多いことから、業者を利用した現金化は非常に一般的になってきました。
だからこそ、現金化は業者選びが肝心なんです!

現金化業者は老舗が安心

業者を選ぶ時の判断基準はいくつかあります。例えば、電話対応が丁寧かどうか、換金率はどうかなどがその代表的なものですが、もう一つ便利な判断基準があります。
それは、老舗かどうかということ。どうしてでしょうか?

クレジットカード現金化は、それ自体が法のすき間をぬった行為であるため、悪質な業者が数多く存在しています。
換金率が広告とまったく違うなどは可愛い方で、悪質な業者ではクレジットカードの情報を抜き取るといった行為を行うこともあります。
そんな悪徳業者が横行する中で、長い間現金化を行って顧客を維持することができているというのは大きな判断基準になります。

2010年、金融業界で総量規制が施行され、貸金業のシステムは大きく変わりました。老舗かどうかの基準はこの総量規制の前からやっているかどうかを参考にするのがよいでしょう。

総量規制とは?

総量規制とは、個人に過度の貸付を行わせないように、個人の債務の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという貸付の規制です。
2010年の6月18日の改正貸金業法の完全施行により導入されました。
たとえば、年収が300万円の人は3分の1である100万円が融資の上限です。
信用情報はすべての金融機関で共有されているため、複数の会社から100万円ずつ借りるということはできません。
また、1社で100万円貸してくれるということも少なく、一般的には複数の会社から借りて合計が100万円になるというケースがほとんどです。

まとめ

現金化業社の選び方として、老舗かどうかを判断基準に入れることの大切さ、そして老舗の定義を解説してきました。
ただ「換金率がいいから」、「振込みが早いから」という部分だけで業者を選んでいると、悪徳業社にトラブルに巻き込まれてしまう場合があります。
もちろん、老舗が100%安全というわけでもありませんが、自分自身のリテラシーを高めて、安全にクレジットカード現金化を行っていきましょう。