現金化相談所

クレジットカード現金化、2つの仕組みと安全な利用方法


クレジットカード現金化の仕組みと裏技を徹底解説!

最近、巷でもよく耳にするようになった「クレジットカード現金化」。
その仕組みは一体どうなっているのか。本記事ではクレジットカード現金化について、その仕組みを解説し、安全なご利用方法をご紹介したいと思います。

最近、巷でもよく耳にするようになった「クレジットカード現金化」。
その仕組みは一体どうなっているのか。本記事ではクレジットカード現金化について、その仕組みを解説し、安全なご利用方法をご紹介したいと思います。

クレジットカード現金化の仕組みは主に2つ!

そもそもクレジットクレジットカードには、商品やサービスを購入して、後払いにする「ショッピング」の機能と、カードを用いてお金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに利用できる金額枠が設定されています。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング」枠を、現金を入手することを目的として利用することです。
クレジットカードの現金化には主に2つの仕組みがあります。

1. キャッシュバック方式

キャッシュバック方式の図
キャッシュバック方式について説明します。
この場合は、まず消費者が業者のホームページ等を通じて、クレジットカードのショッピング枠の 50 万円分の現金化を申し込み、商品(例えばCD-ROMなど)を購入します。その際、本人確認や商品発送のため住所や自宅・携帯電話番号、口座番号等を入力する作業を行います。

業者がクレジットカードでの申込手続きが完了したことを確認した後、商品購入のキャッシュバックとして業者から消費者に 40 万円が支払われます。
業者によってここでかかる時間はさまざまです。

今回の例では、消費者はクレジット会社から後日 50 万円の購入代金の請求を受け取ることになります。

これがキャッシュバック方式です。

2. 買取屋方式

買取屋方式の図

次に「買取屋方式」について解説します。
この方式では、消費者は業者が販売する商品(例えば指輪など)を、クレジットカードを使って 50 万円で購入し、実際に商品を受け取ります。
購入後、同じ業者が消費者からその商品を 40 万円で買い取り、消費者は 40 万円を得ることができます。
後日、消費者はクレジット会社から 50 万円の購入代金の請求を受け取ることになります。

まとめ:2つの方式の違いは?

クレジットカード現金化とは、「クレジットカードのキャッシング枠を現金入手のために利用する手法」である。
クレジットカード現金化には「キャッシュバック方式」と「買取屋方式」の2種類がある。
キャッシュバック方式と買取屋方式との最大の違いは「購入した商品が手元に残るかどうか」という点である。キャッシュバック方式では購入した商品は消費者の手元に残りますが、買取屋方式は消費者が一度買った商品をすぐに業者に転売するので、最終的に商品は手元に残りません。
買取屋方式は、消費者側に転売の工程が加わった分、少し手間がかかる。

いずれにしても、手数料や現金化にかかる期間などを比較しながら利用する業者を自分の目で見極め、現金化を行いましょう。