現金化相談所

クレジットカード現金化で起こったトラブルの実例と対処方法


現金化のリスクと実際に起こったトラブルのまとめ

悩んでいる男性
クレジットカードの現金化をする消費者が増加した事に伴い、思わぬトラブルへと巻き込まれていく利用者が増えています。
今回は実際にクレジットカード現金化で発生したトラブルの実例と、その対処方法を確認していきます。

クレジットカードの現金化をする消費者が増加した事に伴い、思わぬトラブルへと巻き込まれていく利用者が増えています。
今回は実際にクレジットカード現金化で発生したトラブルの実例と、その対処方法を確認していきます。

クレジットカード現金化って何?

お金に困った消費者がクレジットカードのショッピング枠を利用して、商品を購入し、それを業者に買い取ってもらう事で現金を得る事ができる取引の事で、現金化する方法は二つあります。

(1)買取屋による方式

A.方法を示唆し、商品等の買取を行う
B.業者が商品の販売と買取を両方行う
C.業者が方法のみを示唆する

(2)キャッシュバック方式

二つの方式については別の記事で詳しく解説しているので今回は割愛させて頂きます。

トラブル事例

実際に起こった例をもとにクレジットカード現金化について、理解を深めていきましょう。

買取屋方式

A.膨大な手数料を取られたケース
現金が必要なAさんは「担保・保証人不要で低収入でも即日融資可能」という広告を見て店に向かった。

業者に「クレジットカードで購入したものを買い取る」と提案され、ショッピンング限度額の50万円で時計を購入した。

しかし、業者はその時計を30万円でしか買い取ってもらえず、Aさんはショッピング枠の限度額を使い切ってしまったためカードも使えなくなり、どうする事も出来なくなってしまった。買取に関する取り決めの書面はないので訴訟する事もできない。

B.家電屋と偽り現金化を行っているケース。
Bさんは「ショッピング枠を利用して現金化」の看板を見て家電屋へ行った。

その場に家電らしきものは無く、現金化について尋ねると、クレジットカードを要求され、10万円分の決済をされてしまった。

控えらしき紙と現金73000円を渡され、ポータブルテレビをカウンター下から出し、「こちらの商品を控えに記載されている金額で買い取りました」と言われた。

C.仕事登録料の支払いの際に利用されるケース
CさんはWeb上で派遣業務の募集を見て応募したところ、「登録費用として30万円を前払いしてもらえれば仕事を紹介できます」 と言われ、契約を交わした。

しかし、Cさんはすぐには払えない事を業者に伝えると買取屋(≒ショッピング枠現金化業者)を紹介され、クレジットカード番号とカードの有効期限を教える事になった。

その買取屋はCさんの名義を利用し、50万円相当のアクセサリーをクレジット決済をしたようであった。

アクセサリーの代わりに、Cさんの口座には40万円が振り込まれていたが業者から仕事の紹介はなかった。

キャッシュバック方式

「キャッシュバック」を利用したケース
Dさんは「ネット販売の15万円の宝石をクレジット決済すると、12万円がキャッシュバックされる」と聞き、宝石と現金が両方手に入ってお得だと思い契約をする事にした。

Dさんは商品と現金10万円をもらったが、商品に価値がない事を知りを返品
する事にした。

現在、Dさんはクレジットカードの返済が迫っているが手持ちが少なく、返す事ができない。

(3)その他

キャンセル申し込みによるトラブル
現金が今すぐ欲しいEさんはweb上で「クレジットカードで現金化」という広告を見て、申し込みをすることにした。

業者に7万円欲しい事を伝えたところ、10万円のカード決済を求められ、カードの情報を伝えた。

その後も身分証明書のコピーなどの個人情報を求められたので、Eさんは不審に思った。

キャンセルを申し込んだところ、拒否されたのでそのまま電話を切ってしまった。

翌日、カード会社に確認したら、カード決済された後であった。

安全にクレジットカードを現金化する方法

あなたが、今すぐ現金が必要で、クレジットカードの現金化を行うような状況になったときは、以下の手順で安全に現金化する事ができます。

手順1:クレジットカードで金券を購入する
手順2:金券ショップ等で換金する(クレジットカードの情報を業者に抜き取られるリスクがなくなる)
手順3:カード会社へクレジットカードの利用料を支払う。

まとめ

クレジットカードの現金化にはショッピング枠を利用しますが、方法は大きく分けて、買取方式とキャッシュバック方式の二つがあります。
クレジットカードを現金化した際には、決済額の一部しか現金として受け取る事ができません。
クレジットカード現金化する際はクレジットカードの情報流出に十分に注意を払うべきです。

以上をふまえて、クレジットカードの現金化は慎重に考えましょう。