現金化相談所

口コミサイトの真実と悪徳業者の見分け方


口コミに関する情報を徹底調査!!〜現金化の口コミを全てまとめてみた〜

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s

現金化という言葉を聞いたことがあるかと思います。お金に困ったり、急な出費の解決策として現金化は有効な方法ではあります。しかし、業者を使うとなると気になるのがその業者が信用できるかどうかであることです。業者の評判をいざ調べようと思った時、あなたは何を参考にしますか? おそらく、口コミサイトを通じて調べるのが一般的でしょう。しかし、口コミサイトに真実が全て書いてあるとは限りません。今回は、口コミサイトの裏側について紹介していこうと思います。

カード現金化の口コミサイトの裏側

c995c13535f5bc19827347256d0ef365_m

初めて利用するお店は誰でも不安になるものです。そのため、事前に評価や口コミなどを調べておきたいところ。幸いなことに現在ではインターネットが発達したおかげもあって、知りたい情報はすぐに検索して調べることができます。しかし、簡単に得られる情報である反面、その情報が正しいのかを判断する能力が求められるのが今の世の中です。

口コミは無意味なのか?

口コミは手軽で信頼しやすい反面、主観的な側面が強く間違った情報も含まれやすいです。加えて、口コミは匿名でのコメントである場合がほとんどで、実際にその人が利用して、書いたものである可能性も絶対ではありません。
例えば、口コミサイトで評判が良いとされるレストランがあったとしましょう。そのお店の口コミ投稿者は全て、そのレストランは最高であるという内容の書き込みがしてあります。そこで、あなたは実際にそのお店に行ったところ、想像よりもおいしくはありませんでした。
ここでなぜ、あなたが評価通りの満足を得られなかったかの原因について考えてみましょう。
原因は
・好みが合わなかった。
・たまたま、評価が高い投稿が続いていたため、勘違いをした。
・投稿者が口コミの評価を上げる業者であった。
・実は、口コミがお店側の自演であった。
など様々な原因が考えられます。

もちろん、全てが嘘や自演の口コミではないでしょう。しかし、私たちにはそれを判断しようがありません。そこで参考程度に口コミを見るようし、過度期待はすべきではないでしょう。

悪徳口コミの手口

ネットで口コミを検索していると、必ずと言って良いほど比較サイトを見かけます。一般的な比較サイトではいくつか業者を紹介して、それぞれの業者の特徴や評価をランキング方式で載せています。
ここで悪徳口コミではないかと疑われる口コミサイトについて述べておきましょう。
悪徳口コミのポイントとしては
・口コミに一言が多い
・口コミの内容に具体性がない
・評価の仕方が不明瞭な点がある(分野別の評価が総合評価に正しく反映していない)

このような場合は業者により自作自演であることが多いので注意しましょう。

比較サイトはなぜ嘘だらけか?

そもそも比較サイトはなぜ存在するのでしょうか? 私たちは比較サイトを閲覧するときにお金を支払っておらす、当然のように無料で利用しています。しかし、この比較サイトを閲覧させることでサイト運営者は利益を得ているのです。比較サイト内にはそのサイトに関連した広告が載っています。サイトに訪問した人は意図がないにもかかわらず、それらの広告を見ることとなります。このように誰かが訪問するたびに、サイト運営者は広告料としてお金を得ているのです。
つまり、サイト運営者は広告収入の多いサイトをランキングの上位に置くことで優良サイトであるかのように見せかけているのです。

口コミを賢く使おう

先ほど、口コミ比較サイトは嘘ばかりであると言いました。確かに口コミで良い業者を見つけようとするとそれはほぼ不可能に近いと思います。
しかし、発想を変えてみてください。良いもの探しではなく悪いもの探しをしてみませんか? 口コミの中には、被害にあった内容のものや具体性があるものが少なからず存在します。それらの情報は良いことだけが書かれている口コミよりは信頼できる可能性は高いです。業者は自ら悪い情報や詳しい取引内容を流そうとはしないからです。
例えば、とあるレストランのオーナーは自ら自店の料理の欠点やレシピの内容を書き込みはしません。そんなことをしてしまえば、口コミの評価が悪かったから行かない客などの被害を受けてしまうからです。
このように業者が自らの首を絞めにいくような行動をするとは考えにくいです。
口コミの利用ポイントとしては
・業者が悪い評価を書き込むことはない。
・具体性が伴う内容の投稿はある程度信頼がある。
この2点を覚えておくだけでも比較サイトの情報に流されすぎないようになるでしょう。

口コミに振り回されるな

f894d02d28fc8ca010df7cc63f49db25_m

これまで口コミサイトは絶対正しいものではないことを述べてきました。ここではあなたが口コミ情報を信頼しすぎてしまった時に予想される被害例をまとめてみました。

「あなたは友人の結婚式が重なってしまい、それぞれご祝儀を用意するのにまとまった額のお金が必要になりました。しかし、あなたは給料日前のために現金がないという状況でした。
あなたは消費者金融や知人から借りてしまったら、結婚する友人達にきっと気を遣わせてしまうと考え、なんとか自分だけで解決できる方法を探していました。
その後、クレジットカードの現金化という方法があることを知り、詳しく調べてみることにしました。現金化にはクレジットカードのショッピング枠を利用することが載せてありました。
あなたはクレジットカードを普段使用しないため、少しばかり枠を利用しても大丈夫だろうと判断し、換金率が90%前後で口コミも悪くなさそうな業者で取引することにしました。」

パターンA:申し込みと契約時の換金率が異なる

申し込み後、電話でやりとりしているとあなたは業者の話がなんだかおかしいことに気がつきました。申し込み時にはなかった手数料などで換金率がどんどん下がっていい、最終的には70%の換金率と成ってしまったのです。
業者からは申し込みを取り消せないと言われたため、そのまま契約してしまいました。2ヶ月後、あなたはとんでもない契約を結ばされてしまったことに気づきとても後悔をしています。

パターンB:違約金を請求された

申し込み後、電話でやりとりしている間に還元率がどんどん落ちていき、予想にしていなかった換金率となってしまいました。あなたは想定していた換金率とは異なるから申し込みをキャンセルしたいことを業者に伝えました。しかし、業者からは申し込み後のキャンセルには違約金が発生すると言われました。あなたは契約に関する知識があまりなかったため、しぶしぶ違約金を支払ってしまいました。

パターンC:個人情報を抜かれた

申し込みの翌日、業者に提示された通りの換金率であなたの銀行に振り込まれていました、あなたは無事にご祝儀を渡すことができ、とても満足していました。しかし、翌月に届いた明細表を見ると、身に覚えのないショッピングがされており、限度額とほぼ同額の請求が来ていました。急いで、その被害についてインターネットで調べて見ると、あなたはクレジットカードの個人情報は教えてはいけないということを知り、愕然としました。実は申し込み時に業者に個人情報を教えてしまっていたのです。すぐに消費者センターに相談しましたが、その業者のサイトは跡形もなく消えており、お金が返ってくることはありませんでした。

現金化業者は利用するべきでないのか

b5fa45ff51661c964cb96d03f65fc6ef_s

これまで悪質な現金化業者の特徴と予想される被害について述べていきました。しかし、全ての業者が悪質なわけではなく、まともな業者がいるのも確かです。前述した例はしっかりとした対策をすれば未然に防ぐことができますし、申し込む前に業者の良し悪しを判断することも可能です。ここではどうしても現金化業者を利用したい人に業者を選ぶポイントと騙されないための心構えを紹介していこうとおもいます。

申し込み前に悪徳業者か判断する方法

この記事でも軽く述べてきましたが悪徳業者は申し込みをする前に判断が可能です。そのポイントは3つあります
1つ目はホームページのデザインです。このホームページ作りが粗いまたは雑な場合は高い確率で悪徳業者です。なぜならホームページというのは家でいう玄関で、誰もが見る場所になります。見えている部分でさえそのような状態ですから見えていない部分である顧客情報の管理などがしっかりできているわけがありません。また、ホームページをしっかり作るにはかなりのお金がかかるものです。しかし、お金をかけるということはそれだけ事業に力を入れていることの証明になります。そのため、利用者を騙して失踪となる可能性が極めて低いと考えます。
2つ目は口コミサイトの内容です。どのような業者であっても良い面ばかりではありません。特に具体的体験コメントのないものは利用者があまりいない可能性があります。そのため、口コミサイトは内容付きのコメントがあるものを見るようにすると良いでしょう。
3つ目は電話により接客態度です。ホームページと口コミサイトである程度、候補は絞ることはできるかと思います。申し込む前の最終チェックとしては電話をしてみることが一番です。電話での応対は普段からスタッフの教育がしっかりなされていないと、適切な応対をすることができません。そのため、いくつか候補が挙がった場合は、電話での応対が一番良いと感じたものを選ぶようにしましょう。

申し込み後に悪徳業者かを判断する方法と対処法

申し込み段階で悪徳業者に出会う可能性は低くはなりましたがゼロになったわけではありません。申し込み後にも気を抜かずにしっかりと検証していくことが必要となります。
まず、大事なのが最終的な還元率をしっかりと業者に確認することです。業者によっては別の話にすり替えたり、強引に契約まで持って行こうとするかもしれません。しかし納得がいかない契約は結ぶべきではありませんので、実際の換金率や手数料など気になることはしっかり聞きましょう。
また、業者があまりに強引すぎる場合には法的手段を脅しに使うことも必要です。法的には現金業者は弱い立場にあるので、法的手段を取ると強い態度で示していくことで劣悪な契約を結ばずに済むことでしょう。

まとめ

・ネットの情報は全てを鵜呑みにするのではなく、しっかり選んでいくことが必要です。
・口コミサイトは真実と嘘が混じっており、具体的な内容がないものはあまり参考にする必要がありません。
・悪徳現金化業者に捕まってしまうと様々なリスクを背負ってしまうことがあります。
・申し込みが完了した後でも契約を結ぶまでは、取り消すことができます。
・全てが悪徳業者だと思って気を抜かずに取引をすることが重要です。

以上の点を踏まえて、現金化をする際は慎重に行いましょう。