現金化相談所

学生カードでクレジットカード現金化をしてみる


何かと出費が重なる学生生活。お金に困ったりすることはありませんか?そんな時は学生カードを現金化されることをオススメします。「学生カードでも現金化できるの?」と思う方は、こちらの記事を最後まで読んでみるといいでしょう。

学生は意外とお金がかかる

3397b40072d04b66ff34e6611e61f488_s

学生特に大学生というのは、自由な時間が増えるため、自分の好きなことにいくらでも集中できるので、時間の使い方次第で有意義な学生生活を送ることができます。例えば、長期の語学留学・世界一周・資格試験など大学時代の過ごし方は千差万別ですが、それには多額のお金が必要となってきます。もちろんバイトをして稼ぐ学生は多いですが、バイトの時給というのはそれほど高いものではありません。それに加えて、大学生の本分である学業も疎かにはできないので、バイト漬けというわけにもいきません。

学生でもカードは持てるの?

gazo1

最近では、学生でもクレジットカードを所持できるようになってきており、カードの中には学生専用のものもあるぐらいです。

まず、学生カードとはどのようなものであるかについて理解していきましょう。
学生カードとは、一般的に大学生や専門学生が持てるクレジットカードのことをいいます。(対象は18歳以上なので高校生は持てません)機能は一般のクレジットカードと同じようなもので、枠内でショッピングを楽しんだり、公共料金を支払ったりすることができます。学生カードの特徴は、一般のクレジットカードと比較して利用枠が少ないことです。学生は経済力が社会人と比べてありませんので、最初から低く設定されていることが多いのです。また、クレジットカードについているキャッシング機能もついていないことが多くなっております。
そんな学生カードをどのように活用するかといいますと、家賃や光熱費、通信費を支払う場合に利用します。特に大学生になってくると、親元を離れて生活する方がほとんどです。生活するための資金力をつけるためにも、何かと支払いに便利な学生カードが必要になってくるのです。

次に学生カードと似たようなものに家族カードというのがあります。こちらも学生の所持は可能なのですが、学生カードとはどのような点が異なるのでしょうか?
家族カードとは、一枚のクレジットカードを家族と一緒に共有して使えるカードのことをいいます。家族カードは、「ちょっと支払いを済ませておいて」という時など非常に役立ちます。親名義でカードを発行できることから、わざわざ審査を通すことなく利用できるのです。請求先は同じですが、別々のクレジットカードで支払いを済ませることができるのはとても嬉しいことですね。家族と共有できるという点では優れていますが、家族カードは使用すると購入履歴に残ってしまいます。一般の学生カードでしたら明細は個人にしか通知されません。その点ではかなり不利な状況といえるでしょう。また、家族カードはクレジットカードの追加にあたるので元々のクレジットカードとは別に、年会費・手数料が付いてきます。それほど掛かるものではありませんが、デメリットに感じないようであれば家族カードを利用してみるといいでしょう。

オススメの学生カードを紹介

eef8440886775f41899abaad8f478c2c_s

大学の中には、大学独自のクレジットカードを発行しているところもあるみたいですが、全ての大学にそのようなシステムがあるとは限りません。
そこで、今回は大学生が利用しやすいクレジットカードについて紹介していきたいと思います。

学生専用ライフカード

年会費:無料
還元率:0.5〜2.5%
最短発行日:3営業日
オススメポイント:・誕生月のポイント還元率は2.5%までアップ
・海外での利用で5%キャッシュバック
・自動で海外旅行障害保険がつく
キャンペーン:携帯料金をカード支払いにすると、毎月10人に1人はamazonギフト券をプレゼント
コメント:誕生月と海外での利用に強いカードです。大学生の特権である長期休暇を利用して、海外で買い物をすれば、利用金額の5%は手元に戻ってくるので、使えば使うほどお得です。また、海外旅行を誕生日に合わせることで、ポイントも沢山貯めることができます。加えて、万が一の際には、自動付帯の保険もありますし、日本語対応のヘルプデスクも用意されているので、初めて海外に行く人でも安心です。

三井住友デビュープラスカード

年会費:初年度無料(年1回の利用で2年目以降も無料)
還元率:1.0~1.5%
最短発行日:最短3営業日
オススメポイント:・入会後3カ月は2.5%の高還元
・学生にオススメ!

キャンペーン:新規入会キャンペーンもれなく5,000円分のポイントプレゼント
コメント:「三井住友デビュープラスカード」は、初回年会費無料、ポイント2〜5倍と還元率が高くなっております。新社会人や学生に推奨しているカードなので審査もとても通りやすくなっているのが特徴でしょう。初めてカードを持たれる方でも安心して利用できるのがメリットともなるでしょう。また、還元率も非常に高いのが特徴です。3ヶ月後には還元率が5倍にもなるので、ショッピングをしたり旅行をしたりと楽しむことができます。

楽天アカデミー

年会費:無料
還元率:1.0~4.0%
最短発行日:1〜2週間程度
オススメポイント:・「楽天市場」「楽天ブックス」では還元率が最低でも4.0%
キャンペーン:新規入会&利用でもれなく7,000円分のポイントプレゼント
コメント:学生が持ちやすいクレジットカードNO.1の「楽天アカデミー」。新規入会と利用で約7000円相当のポイントをもらうことができます。還元率も非常に高くなっておりますので、使えば使うほどお得となっております。教科書や参考書購入などに役立つ楽天ブックス、楽天市場の利用で還元率がさらにアップするのも嬉しいポイントの一つでしょう。

JALカードnavi

年会費:無料(在学中のみ)
還元率:1.5%
最短発行日:1〜2週間程度
オススメポイント:・マイルの有効期限が無期限
・100円で1マイルが貯まる高還元率
・特別ボーナスマイル付与
キャンペーン:新規入会で最大10,500マイルプレゼント!
コメント:何かと帰省の多い学生さんにおすすめしたいカードが「JALカードnavi」です。在学中は年会費無料、高還元率が特徴となる学生カードとなっております。長期休暇、年末年始に帰省される方にオススメです。100円=1マイルとなりますので、マイルを多くためることできます。光熱費や家賃などの支払いをすればすぐにたまるので、交通費にお金をかけずにポイントで旅行に行くことができます。色んなところに足を運ぶ学生さんには嬉しい特典が沢山ついていますよ。

学生カードで現金化

tax-repo-l-thinkstock

学生カードの特徴としては、キャッシング枠が少ないまたは枠自体がないということがあります。しかし、急に現金が必要になるということもしばしば起こります。そのような時にはクレジットカード現金化で、その場をしのぎましょう。
現金化の方法については、学生も社会人も大差ないので、同じものとして、利用方法を説明していきます。
クレジットカードを現金化するには、ショッピング枠で商品を購入して売買すること、現金化業者を利用して換金するという2つの方法がございます。まず商品を購入して売買するには、”転売”という手法が一般的となっております。転売して現金を手にするためには、リサーチや商品の梱包・発送という作業をしなければいけないので何かと時間と労力がかかってしまいます。しかし、上手くいけば高収入を得ることができます。
一方、現金化業者を利用すれば時間と労力をかけずに現金を手にすることができます。どちらかといえば、現金化業者を利用するほうが安全で学生がやりやすいという点もあります。しかし、ここで注意しなれければいけないのが、現金化業者を利用すると多少の手数料がかかってしまうということ。100%換金できるというわけではありませんのでしっかりと計画を立てて利用されることをオススメします。

学生ローンと現金化を比較してみた

c789_kangaerusarari-man500-thumb-754x500-2441-556x368

キャッシングは学生には利用できませんが、学生ローンで現金を借りるということはできます。しかし、学生ローンとカードの現金化を見比べてみた時、どのような違いがあるのでしょうか?
学生ローンは学生が貸付対象となっているローンのことをいいます。ローンの申込方法は非常に簡単で、電話やネット上で申し込むことが可能となります。条件は20歳以上で、アルバイトなどをして収入がある学生です。この時、親の承認や保証人を立てずに済むので、親にバレたくないという学生さんでも安心でしょう。利用可能限度額は〜30万円ほどで、返済する際は口座引落としとなります。
ここで疑問に上がるのが消費者金融とどう異なるのかという点です。学生ローンと消費者金融は同じ原理ではありますが、学生が借り入れやすい仕組みになっているのが大きな違いでしょう。学生ローンは金利・限度額ともに低くなっております。多額の金額を借りることはできませんが、返済しやすいようになっているのが学生ローンの特徴ともいえるでしょう。学生ローンは「ちょっと現金が足りない…」
「旅行や生活費でお金が必要」といったときに利用することができます。
しかし、学生という収入が不安定な状況でのローンは不安ですし、周りからの印象もよくはありません。そこで私は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する方法をお勧めします。
学生ローンはついつい利用額ギリギリまで使用してしまいがちですが、学生カードなら利用額も少ないので返済しやすくなっております。ショッピング枠を利用して現金化すれば信用機関にも響くことがないので安全ともいえるでしょう。また、返済するときも学生カード特有の返済方法の柔軟さが活かされます。例えば、一括払いだけでなくリボ払いや分割払いも可能になります!「ちょっと今月は出費が多かったな・・・」という方でも調整できるのがメリットでもあります。

学生が現金化を行う時の注意点

benefits-of-effective-questions-800x448-300x168

学生カードでの利用可能額が低さのおかげで、返済は比較的しやすいですが、あまり、学生での利用はお勧めできません。
なぜなら、未成年での現金化は制限が多く、あんまり安定していないからです。収入も少なく安定していないうちに学生カードを利用して現金化してしまうと、今後の支払いが厳しくなってしまいます。学生なので資金力がないのはもちろん、判断力や計画性、責任感も乏しく苦しくなってしまいます。また、現金化を利用しすぎて、浪費グセがついてしまうこともあります。金銭感覚が養われていない学生の間に借金がたまってしまうと、今後の学生生活や就職活動にも悪影響を及ぼす可能性があるので利用するときは非常に注意が必要になります。

学生だからこそ返済計画はしっかり立てよう

7431754c73bac1c186707934795f2795_s

大学生というのは、社会人になるための準備期間でもあります。そのため、クレジットカードの利用方法についてしっかりと理解しておく必要があり、その理解が不十分だと、将来的にカード利用で困ることがあるかもしれません。
しっかりと返済計画を立てることができれば、学生カードを利用して現金化することには問題はありません。むしろ、正しく活用していれば将来的にいい方向に動くでしょう。しかし中にはどうやって返済プランを立てればいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そんな時は以下プラン立て方を実践されることをオススメします。
まず、クレジットカードの支払額は一括払いにするのが基本です。借金地獄に陥ってしまうほとんどの方は、リボ払いにしてしまうのがほとんどです。リボ払いにするのは月によって大変なときだけにしましょう。そうでもないと返済計画が狂ってしまう可能性があるからです。リボ払いに変更したら、余裕のある時は繰り上げ返済を行い、元金を減らすようにするのも一つの手です。一括での支払いが厳しいのであれば、リボで徐々に返していく、余裕のある月は多く返済するというようなプランを立てていくといいでしょう。できれば、学生カードを使うときは親に相談するなどして利用されるのがいちばんですよ。

若い時の返済履歴は将来に響く

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

学生時代にカードを利用して、滞りなく返済ができているのであれば、社会人としてのカードの使い方はマスターしたと言えるでしょう。一方で、延滞などを繰り返していると、将来的に色々なことで不都合が生じてきます。
もしもカードを延滞してしまったら、信用度が低くなるだけではありません。信用が低下すれば、今後カードローンを組んだり、新しくクレジットカードを作るときに支障が出てしまう可能性があるのです。学生時代に延滞してしまったものだから大丈夫だろうと思っても、一生涯に響くものなので安心はできないでしょう。また、信用度が回復するまでの期間もかなりかかってしまいます。信用度が低下するとブラックリストに載ってしまいますが、それが解消される期間は返済し終えてから5年ほどかかってしまうと言われています。それまでずっとブラックリストに載ってしまうので、そのような最悪な事態にならないようにしっかりと返済プランを立てることをオススメします。

まとめ

7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s

学生カードはとても作りやすくてすごく便利かもしれません。その一方、使い方を間違えてしまうとかなり大変なことになってしまう恐れがあります。使い方や方法をしっかりと考えてカードを使うといいでしょう。現金化する前にも、どうやって返済していくのかというプランもしっかりと立てていくようにしましょう。