現金化相談所

現金化するなら買取式とキャッシュバック方式のどっち?


クレジットカードの現金化をするなら、買取方式とキャッシュバック方式どちらを利用するのがお得でしょうか?今回は、それぞれ現金化の仕組みやメリット・デメリットから現金化に最適な方法がどちらなのか確認していきます。

買取方式で現金化って?

 
 クレジットカードを利用して、現金を得る方法が、現金化です。方法としては、買取方式とキャッシュバック方式の2種類がありますが、今回は、買取方式を中心に見ていきましょう。 
 買取方式は、取引業者が指定した店舗でクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、その商品を現金化業者に買い取って現金を得る方法となります。さらに、買取方式には「オンライン型」と「店舗型」で現金化の方法や流れが異なります。それぞれどのような方法になっているのか確認していきます。

【オンライン型】
現金化業者のホームページにアクセスして現金化にする方法のことを「オンライン型」といいます。ネット環境と電子機器(パソコン・モバイル)があれば24時間いつでもどこでも申し込みができます。申請フォームに必要事項を入力し送信すると申し込み完了となります。後日、申し込み内容の確認の電話が入ることがあるので事前に確認しておくといいでしょう。新生児に必要なものは身分証明書、持っているクレジットカードの2つです。希望利用金額に応じた商品を選択し、商品を購入しましょう。商品を購入したら後日指定した住所に届きますので、そのまま現金化業者に返送します。現金化業者に届くのが確認できれば、指定金融口座に現金が振込まれます。

【店舗型】
現金化業者の店舗に来店して直接取引を行う方法のことを「店舗型」といいます。オンライン型と異なり、直接店舗に足を運んで来店する必要があります。現金化業者の店舗にはそのまま商品が置いているのが多く、希望利用金額に応じた商品を選んでクレジットカードで購入することができます。そのまま店舗で商品を購入し現金を受け取ることができるのでオンライン型よりも手間が省けます。

買取方式の現金化方法は上記の2種類となります。
 買取方式で現金化するコツは、”どのような商品を高く売るか”です。高く売れるものは主に「高級ブランド品」「電化製品」「携帯電話」です。以上3点が買取方式で高く現金に交換できる商品となります。

買取方式のメリットについて

 買取方式の簡単な概要を理解したところで、次に、買取方式での現金化のメリットについて見ていきましょう。
【個人で換金できる】
買取方式なら個人で売買して換金することもできます。業者から商品を買い取って第三者に売却する、いわゆる”転売”という手法を用いて個人で換金することができるのです。わざわざ現金化業者に買い取ってもらわなくとも、フリマサイトやオークション以外を利用することも可能なのです。転売の知識があれば、より最適な方法で現金化することができるはずです。

【色々な商品が選べる】
様々な商品から売却したいものを選択することができるのもメリットのひとつとなります。買取方式でより高い換金率を目指すなら、より種類が豊富であるほうが有利です。商品の中には、ヴィトンやエルメスなどの高級ブランド品、日常生活で使用できる製品、交通機関の回数券やお米券などの金券など様々に用意されています。転売に慣れている人や、商品の目利きに優れている人であれば多くの現金を受け取ることができるでしょう。

【換金以外にも利用方法がある】
買取方式には換金以外にも利用法があるのが特徴です。やり方は利用者によって様々です。ただ換金するだけであれば誰でもできます。少し工夫をすればより多くの現金を受け取ることが可能になります。

買取方式のデメリットについて

 買取方式は高還元率であることが、魅力の一つですが、実はデメリットも多いのです。買取方式のメリットを見てきましたが、今後後悔しないためにもデメリットも事前に把握しておく必要があります。

【時間がかかる】
まず、買取方式で現金化すると時間と手間がかかってしまいます。業者の店舗にて現金化を行うのであれば、足を運ぶのに時間がかかってしまいます。インターネットなら来店せずにどこからでも利用できますが、申請や商品の返送、商品選定など何かと時間がかかってしまいます。

【カード会社にバレる可能性】
クレジットカードの現金化は違法にはなりません。しかし、カード会社の規約に違反しているため、バレたら即利用停止となります。買取方式での現金化は非常に換金率が高い分、カード会社にバレるリスクもかなり高くなります。換金しやすいということは、「換金目的にショッピング枠を利用している」と目につけられやすいと捉えることができます。その点で、買取方式はとてもリスクが高い方法とも言えるのです。

【商品によって還元率が異なる】
商品によって還元率が異なるのはメリットにもなりますが、場合によってはデメリットなる可能性もあります。商品選定によって還元率が高くなるものもありますが、そのような商品は全体の約2割ほどです。残りは一般的な還元率か、低い還元率の商品となるのです。転売などで商品の目利きが慣れていればいいのですが、そうでなければ損をする可能性もあります。キャッシュバック方式に比べると高い還元率かもしれませんが、商品によってはそうでもない可能性があるので気をつけておきましょう。

買取方式を使うべきではない理由とは?

 クレジットカードの現金化において、買取方式は以前は多くの利用者がいましたが、現在ではそれほど利用している人はいません。なぜなら、デメリットの部分でも述べましたが、カード会社にバレる可能性が高いということが挙げられるからです。個人で現金化をするときは、換金性の高い商品というのをカードで購入する必要があります。加えて、現金化に利用される商品というのは、ある程度決まってしまいます。そのため、カード会社では、利用者のカードの使い方である程度、現金化目的の利用かどうかを判断することができます。もし、疑わしい利用者をカード会社が見つけた場合は、利用後すぐにカード停止になる可能性があります。カード停止は、カード会社に停止解除の連絡をすればすぐに使えるようになるので安心してください。

キャッシュバック方式のススメ

 クレジットカード現金化には、もう一つの方法であるキャッシュバック方式があり、最近ではそちらが主流となっています。

キャッシュバック方式とは

 
日常生活の中で商品を購入するとついてくる特典のことを「キャッシュバック」というように表現します。現金化におけるキャッシュバック方式とは、取引業者が指定する商品をクレジットカードのショッピング枠で購入し、キャッシュバックという形で現金を受け取る方法のことをいいます。キャッシュバック方式を採用している現金化業者には、還元率が設定されているのがほとんどです。還元率は現金化業者によって異なり、おおよそ70〜90%前半が平均的となります。
(例)20万円のキャッシュバック特典付きの商品をクレジットカードで購入するとします。この時、85%の還元率であれば17万円が利用者が指定した銀行口座に送金されます。購入した商品は後日指定した住所に届き、のうひんしていただくと取引が完了します。

メリットとデメリット

買取方式と同様、キャッシュバック方式にもメリット・デメリットがあります。利用する前に一度確認しておきましょう。
【キャッシュバック方式のメリット】
キャッシュバック方式の最大のメリットは、申請から振込完了までの時間が短いことです。最短15分と謳っている業者があるほどのスピードで、初めて利用される人は驚くかもしれません。買取方式と異なり、クレジットカードでの決済のみで取引が完了しますので、すぐに取引が終了するのでしょう。
 2つ目のメリットは、金融機関で融資してもらうときのように面倒な審査がないということです。身分証明書、ショッピング枠のついたクレジットカードを持っていれば誰でも現金化できるということです。上記で話した即金性があるということとも関連しているのが分かるでしょう。
 3つ目のメリットは、買取方式で現金化するのと比べてリスクが低いということです。カードの加盟店として認可を受けている業者がほとんどなので、規約違反にならない可能性が高いのです。キャッシュバック方式の安全性については後ほど詳しく説明していきます。

【キャッシュバック方式のデメリット】
キャッシュバック方式のデメリットは、悪徳業者の存在です。実績ある大手現金化業者を利用すれば問題はないと思いますが、事前に情報収集していないとヤミ金などと繋がっている悪徳業者の手にひかかってしまうことがあります。
 2つ目のデメリットは、買取方式と比べると換金率が劣ることです。買取方式であればより高い換金率で現金化することが可能ということは理解しているはずです。キャッシュバック方式は業者によって還元率が決められております。

キャッシュバック方式は合法なわけ

上記のメリットにもあるように、キャッシュバック方式はリスクが低く安全に取引することができます。また、違法性が低いということも魅力になります。ここでは、キャッシュバック方式が法律的に合法となる理由を解説していきます。
 クレジットカード現金化のキャッシュバック方式に関する法律として景品表示法というものが関連してきます。景品表示法とは、商品やサービスの品質、内容、価格等を虚偽表示を行うことを厳しく規制する法律のことをいいます。クレジットカードでの現金化は、この景品表示法の”例外”に該当します。現金化以外にも、家電量販店のポイントバックなどと同様の扱いになります。買取方式であれば古物商に違反する可能性がありますが、キャッシュバック方式なら法律的にも違反しないので安心して利用できるのです!

まとめ

クレジットカードの現金化には買取方式とキャッシュバック方式の2種類がありますが、結局どちらの方法がいいのかというと、後者のキャッシュバック方式となります。キャッシュバック方式は安心して取引が行えて、かつ、現金化スピードが早いのが特徴です。換金率は買取方式と比べれば少なくなりますが、商品によっては同じ換金率となる可能性もあります。初めて現金化される方は、安全性の高いキャッシュバック方式を選択することをオススメします。