現金化相談所

現金化を利用する人たちってどんな人?


クレジットカードの現金化についてご存じでしょうか。クレジットカードの現金化は端的にクレジットカードのショッピング枠を現金にする行為のことです。この現金化は法的にグレーな行為ですが、老若男女問わず実に様々な人たちが現金化を利用しています。利用者の事情は様々ですが、基本的に手元にお金がない人が入用で現金が必要になのに、消費者金融などの金融機関を利用できないという状況で、現金化は経験的によく利用されていると思われます。今回はどのようなひとが現金化を利用し、どんなメリットがあるかをご紹介したいと思います。加えて、現金化が原因で多重債務に陥る危険性についても併せて紹介したいと思います。

クレジットカード現金化って何?

はじめにカード現金化の基本について学んでいきましょう。

現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為のことです。ショッピング枠が大きい方が好ましいですが、基本的にクレジットカードを持っていれば誰でも現金化できます。現金化の方法は、個人でもしくは専門業者を利用して行う方法の2種類に分類されます。個人で行う場合、換金性の高い商品・商品券をクレジットカードで購入し、これを適当な店に売るとうい方法が一般的です。業者を利用して行う場合、指定された商品をクレジットカードで購入後に業者が還元率に応じて現金を振り込んでもらう、などの方法で現金化が行われます。
現金化のメリットは、1カ月程度の短期であれば無利息、借入審査が不要、リボ払いによる返済が可能であることです。現金化はショッピング枠を逆手に取った借り入れです。消費者金融などは一日ごとに利息が付与されるのに対して、現金化は一括払いであれば返済に利息がつきません。クレジットカードの種類によっては消費者金融よりも金利が低いものがあります。金利・利息の観点から、単純な借り入れよりも現金化の方が便利です。
また、消費者金融などの借り入れは、法律上の規制でクレジットカード以上の厳しい審査を必要とします。無収入であれば当然、借り入れはできません。仮に借り入れの審査に通ったとしても、借入の金額は年収の1/3という制限を受けます。しかしながら、現金化は法律上で厳密な意味の借り入れに分類されないので、これらの規制を受けません。クレジットカード発行の緩い審査さえ通れば、誰でも多額の借り入れが可能です。
次に、リボ払いの設定で現状に応じて返済額を変えられるという利点があります。消費者金融などは契約の段階で月々の返済金額が決まっています。返済の途中で何らかのアクシデントがあったとしても、対応できません。その点、現金化であればリボ払いの設定で自由に返済額を変更できます。返済を柔軟に行えるという点で、現金化の方が優れています。

現金化利用者はどうして使うの?

現金化というと怪しいイメージがつきまといます。業者はヤミ金まがいで、利用者は多重債務者ばかりしかいない。確かに、現金化業者の中には悪徳な者もおり、利用者を騙そうとしてくることもあります。しかし、利用者に限って言えば、現金化を使っているのは多重債務者ばかりではなく、ただ現金がすぐに必要であるから利用したという人もいることを覚えておいてください。
そうした現金化利用者が、利用する理由としては即金で現金を手に入れることができるからです。銀行などのローンに申し込むとなると少し大げさで、小額を利用するには向きませんし、現金を手にするのにも時間がかかります。一方で、現金化というのはかなり手軽に利用することができるので、非常に便利です。

学生

学生の場合、時間を持て余しがちで、空いた時間に旅行や遊びに行ったりして何かと現金が入用になると思います。しかしながら、アルバイトや親からの仕送りで得られる金額もたかがしれています。そこで、アルバイトで稼いで返済するからと、借り入れを考える学生がいると思います。まず考えるのはクレジットカードのキャッシング枠だと思いますが、学生が所有できるクレジットカードにキャッシング枠はありません。そうなると、消費者金融・学生ローンを利用するしかありません。しかしながら、これらの金融機関を利用すると、業者にもよりますが、親の連帯保証を必要としたり、アルバイト先に連絡されたり、借入金額が10万円程度、信用情報に傷をつけるといった問題が挙げられます。その点、現金化はこれの問題を起こすことなく借り入れできます。クレジットカードを持っていれば収入に関係なく利用できるという観点でも、学生は現金化による借り入れのほうが好ましいのではないでしょうか。

社会人

社会人は収入があれば、学生と違って消費者金融などからそれなりの金額の借り入れができます。ただし、将来的に住宅ローンを組みたいと考えている方は、消費者金融などからの借り入れ履歴があると審査の際に不利になる場合があります。これに加えて、少額・短期で返済する当てがあるのなら利息がつかない分、現金化の方が使い勝手が良いでしょう。また、返済が長期であったとしても、現金化はリボ払い等で自分の現状に合わせて返済ができます。特に社会人は信用情報に傷をつけたくないのなら、現金化の方が良いかもしれません。

主婦

主婦だと生活費の捻出に四苦八苦し、何かと現金が入用になると思います。金策として、消費者金融からの借り入れを検討している方もいると思われます。しかしながら、専業主婦は学生よりはマシですが、無収入扱いで消費者金融などからの借り入れは困難です。たとえ専業主婦でなくとも、消費者金融からの請求書を見られて離婚騒動にまで発展するのを避けたいと思います。現金化は請求がクレジットカード会社からくるため、バレにくいという利点があります。たとえクレジット明細を見られたとしても、一見した程度では気付かれません。秘密裏に借り入れることができるという点で、主婦の方は利用を一考してみてはどうでしょうか。

個人事業主

個人事業主は資金繰りでお金が必要になります。特に、会社を興したばかりで経営が軌道に乗っていないとき、金融機関への返済をしながら経営するのは大変だと思います。このようなとき、数日以内にある程度の大金を用意しなければならないという状況に追い込まれることが多々あります。起業したばかりだと追加融資も困難です。そんなとき、最終手段として現金化に頼ってみてはどうでしょうか。借入していると信用情報機関に登録され、貸し倒れリスクを回避するために金融機関は多額の追加融資をしません。しかし、現金化による借り入れは法律上における融資に分類されないため、当然信用情報機関に情報が登録されません。信用情報を傷つけずに早急に借り入れできるという点で、現金化にメリットがあります。

利用のしすぎには注意しよう

クレジットカード現金化は欲しい時に現金が手に入るので、汎用性が高いですが、使い過ぎには注意をしなければなりません。

クレジットカードのショッピング枠は、年収1/3以上の借り入れを制限する規制の対象外です。たとえ年収1/3以上であっても、現金化は問題なく行えます。しかしながら、そうして現金化に慣れすぎるとショッピング枠限界まで借り入れする状況に陥ります。そのような状況になると、ショッピング枠の返済のために現金化を行うという多重債務者の負の循環にはまってしまいます。そうなったら最後、自己破産まっしぐらです。このようなことにならないように、現金化に限らず借り入れの際は返済計画を立てて、慎重に借り入れを行いましょう。
参考として、どのような人が多重債務者になりやすいのでしょうか。一般的に多重債務者の特徴・性格は以下のようなひとだと思っている方が多いのではないのでしょうか。

特徴
・ギャンブル好き
・現金を持ち歩かない
・仕事が続かない
・騙されやすい

性格
・見栄を張る
・負けず嫌い
・我慢強くない

上記のように考えるのは多くの人がギャンブルで多重債務に陥っているというイメージが強いからです。少なくとも現在はギャンブルで多重債務になる人は多くありません。金融庁にて2015年に報告されている「貸金業利用者に関する調査・研究」において消費者金融からの借入目的の割合15%以上の上位は、生活費補てん(42.8%)、ほしいものを買うため(21.8%)、クレジットカード利用料金の支払い(18.6%)、遊ぶため(20.3%)と報告されています。ギャンブルは9.8%です。少なくとも、上記に挙げたような多重債務に陥る人の特徴・性格は当てはまりません。生活費補てんの圧倒的な割合から分かる通り、何らかの原因で生活が困窮した人が多重債務に陥りやすいと推測されます。調査結果から多重債務に陥りやすい人の特徴・性格は、リストラなどで生活が著しく困窮し、相談や頼れる相手のいない孤独でおとなしいひとではないでしょうか。

参考
http://www.fsa.go.jp/common/about/research/20151209-1/01.pdf

借金を作り過ぎてしまった人の体験談

多重債務に陥ると危険なのは理解できても、どのような過程でそのような状況に陥り、深みにはまってしまうのか想像できないと思います。そこで、これから借金返済のために多重債務状態に陥った男性の体験談をご紹介したいと思います。以下はその男性の体験談です。

リーマンショックによる不況の影響で、残業代やボーナスが大きく減少しました。これによる収入の激減で、家計の収入と支出のバランスが崩れました。そこで、一時しのぎに消費者金融から初めて借り入れをしました。その借り入れによる借金で、その月は何とかなりましたが、生活レベルを変えられませんでした。生活レベルが変わらないので、家計の支出は変わりません。当然ながら、返済に困りました。ここで愚かなことに、別の消費者金融からお金を借りて返済するという行為をしてしまいました。このような行為を何回か繰り返し、.気付いたら借金が200万円程度までに膨れ上がりました。ここまでくると借金を滞納するようになりました。
滞納して返済に苦しんでいたこのとき、クレジットカードの現金化について知りました。クレジットカードのショッピング枠に余裕はまだあったので、とりあえず現金化で消費者金融の返済を凌ぎました。返済後、クレジットカード会社から請求がきたのですが、自分が想像していた以上の請求額で驚きました。クレジットカード利用額の返済のためにお金を貯めていたのですが、足りませんでした。そこで、さらに消費者金融から借り入れしました。その結果、さらに借金が膨らみ、ショッピング枠も限界で、生活を送ることも困難なほどになり、自分ではもうどうしようもなくなりました。
最終的に両親に相談し、100万円の借金を肩代わりして自己破産は免れました。恥ずかしいことに、親に相談してからやっと、自分の生活を顧みることができました。「もっと早く両親に相談していれば」、「もっと早く自分の生活を見直すことができていたら」というような後悔をいまだにしています。借金は残っているので地道に返済して、このようなことは二度と起こさないようにしたいと心に決めました。

上記の体験談の男性の多重債務に陥るきっかけは、不意の生活の変化から起きました。もちろんこれ以外のきっかけもあるとおもいますが、長らく続く不況で似たような状況で多重債務になった人は比較的多いのではないでしょうか。この方は自己破産までには至らなかったものの、多重債務の状況によっては自己破産が裁判所で認められないケースもあります。現金化に限らず借り入れの際は返済計画を立てましょう。返済に困ったら、親や友人、弁護士でもいいので早めに相談しましょう。多重債務の早期であれば、解決策は比較的多いと思われます。

まとめ

・クレジットカードの現金化は様々なひとにメリットがある
・生活の困窮・ほしい物ほしさが多重債務のきっかけになりやすい
・多重債務に陥らないためにも、借り入れは計画的に行いましょう。