現金化相談所

現金化はなぜカード会社にバレてしまうの? 〜原因と対策を見てみよう〜


クレジットカードの現金化を考える場合、注意しなくてはならないのが現金化がクレジットカード会社にばれてしまうことです。現金化がばれてしまうとカードの停止や解約という事態になることもあり得ます。では、一体なぜ現金化はばれてしまうのでしょうか?ここでは、その原因と対策をご紹介します。

カード現金化について

471f593d4a549d95b76d8229730ab8cc_s

諸費者金融やキャッシングを利用したくないという方がよく利用するのが現金化です。現金化とはクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を獲得する方法の一つで、手軽により多くの現金を手にすることができることがメリットとして挙げられます。しかし、現金化にする方法を間違えてしまったり、リスクが高い方法を続けていると、クレジットカード会社からバレてしまうことがあります。

なぜカード会社は現金化に厳しいのか?

static_ofp_mtc_vis_jcb

どのカード会社も現金化をしているひとにはとても厳しい処遇や警告をしていますが、なぜそのように厳しく監視をしているのでしょうか?

規約違反である

まず、全カード会社が会員となっているクレジット協会では、換金を目的とした商品の購入を禁止しております。そのため、各カード会社の規約の中にも、現金化をしてはいけないと言ったことが書かれています。

クレジットカードの現金化は、規約では禁止をされていますが、法律で規制されている訳ではありません。例えば、クレジットカードで家電を買ったものの、サイズが合わない、使い辛い、やはり違う商品が良いなどの理由から、新品状態で誰かに譲ったり、売ったりして別の商品を手に入れる事は日常では良くある出来事です。また、それら全てを取り締まることはできません。

そのため、実際に現金化を利用して逮捕された人は居ません。現金化で逮捕歴があるのは、悪徳業者だけです。悪徳業者は、現金化で異常に高い手数料を取ることで出資法違反になったり、詐欺行為を行うことが原因で逮捕されています。

返済能力を超える可能性が高い

カード会社が現金化に対して、厳しい監視の目を向けている1つの理由としては、現金化によって、利用者の返済能力を大幅に超えてしまうのではないかと心配しているからです。

現金化の利用をする人は、既にキャッシング枠に余裕の無い人や消費者金融などで限界まで利用してしまい、もう利用ができない人という特徴があります。他から借りられないため、最終手段で現金化をと考える人が多いのです。そのため、現金化をする事で、さらに返済困難な状況に陥ってしまうのではないか?と危惧しているのです。

近年、貸金業法の内容が変更され、「総量規制」という規制で年収の3分の1以上の借入ができないようになったのも原因の1つです。この総量規制には、消費者金融などからの借入の他、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。しかし、ショッピング枠は含まれません。そのため、そのショッピング枠の現金化を認めてしまうと、この総量規制に違反してしまうことになるのです。また、現金化をする事が多重債務の助長になり兼ねないためカード会社は監視体制を強めているのです。

しかし、現金化をする人の全てが多重債務を抱えている訳ではありません。例えば、キャッシング枠の付いていないカードを所持している人、キャッシング枠では足りないものの、わざわざ消費者金融に申し込んでまで借入する気は無い人、カードローンの履歴を残したくない人など、こういった人が現金化を選んだりしています。ショッピング枠を利用すれば、キャッシングローンの履歴としては残らないため、住宅ローン審査を控えた人なども利用されている様です。

現金を借りる機能があるから

カード会社は現金が必要な人のために、キャッシングという現金を引き出すための機能をカードにつけています。

クレジットカードのキャッシング枠は、カードを作りたての時は少額である場合が多いものです。最初は10万円~50万円くらいまでが一般的であり、クレジットカードの利用歴やカードのグレードが上がるにつれキャッシング枠も拡大する傾向にあります。そのため、現金が必要な時でも、キャッシングだけでは足りない事も考えられます。
例えば、Aさんは車をぶつけてしまい、その修理代としてすぐに15万円必要でした。持っているクレジットカードのキャッシング枠10万円では足りません。そのため、足りない分はクレジットカードの現金化を利用することにしました。そうすれば、支払いは1箇所で済みますし、新たなカードを作ったり、消費者金融へ申し込み・審査をする手間も省けると考えたのです。
Aさんの場合のように、キャッシング枠で足りない分を現金化で賄うという人は少なくはないでしょう。現金化では面倒な審査もありませんし、即日対応してくれます。カードのキャッシング枠を増やすには、即日対応が難しい場合も多いのです。カード会社が現金化を辞めさせたいのであれば、キャッシング枠を充分に増やし、その希望に即日対応できるようにするべきなのです。

キャッシングや消費者金融からの借入は、借りている旨がクレジットヒストリーに一定期間載ることになります。そのため、借金をしているというイメージが強くなります。しかし、現金化はキャッシング履歴に追加されないので、クレジットヒストリーを気にする人にも便利です。借金をしているという悪いイメージが改善できれば、キャッシングを利用しやすくなるのかも知れません。

ショッピング枠を利用した現金化は、「あくまでショッピング」という感覚で気軽に使う事ができます。キャッシングよりも借金という感覚が少ないのです。厳密に言えば、消費者金融の利用とクレジットカードキャッシングも機能やサービス面など少々異なるのですが、高めの金利とリボ払いが主になるため、借金のイメージは拭えません。

なぜカード会社にバレてしまうのか?

caution-4

カード会社に現金化がバレてしまう可能性があると言いましたが、なぜバレてしまうのでしょうか? いくつかの考えられる原因について見ていきましょう。

換金性の高い商品の大量購入した人

カード会社がまず、現金化を疑う対象者として、高換金率の商品を短期間に大量購入をしているが挙げられます。

なぜなら、現金化は還元率の高い商品をカードで購入し、換金することで成り立っているからです。
本来は禁止されている金券を大量に購入した場合や、新幹線の回数券、切手シート、高級ブランドの限定商品や人気ゲーム機、ゲームソフト、人気家電や最新型パソコン、スマホなども換金率が高いため、カード会社から現金化を疑われる可能性があります。

また、短期間のうちに繰り返し高額商品の購入でクレジットカードを利用する、同じような商品を何度も購入するという使い方をしている場合も、カード会社側から現金化をしているのではないかと疑いを掛けられる一因となります。

前述のような換金性の高い商品を購入する場合は、現金化の目的でなくても注意しなくてはなりません。クレジットカード会社では換金率の高い商品をマークしているので、それらの複数購入や頻繁な購入には目を光らせているのです。
定年退職をしたBさんは、退職金で孫達に最新型ゲーム機をプレゼントしようと考え、カード決済で複数台の購入をしようとしました。しかし、その際に現金化を疑われ、カード会社から電話で事実確認をされました。
また、結婚の決まったCさんは、ブランドショップで婚約指輪を購入しようとしました。それまでのクレジットカード利用は光熱費の支払だけでしたので、現金化を疑われ、カード会社に電話確認をされました。

いくら現金化を疑われるとは言え、カード会社が現金化をしていることを判断することは出来ません。しかし、あまりに無謀な利用を続けていると、カードの利用を停止されてしまう可能性はあります。それは、現金化を目的としていない一般利用の場合でも同様です。

キャッシング枠に余裕がない人

キャッシング枠に余裕がない人がカードを利用するときは、高換金率の商品を購入するときよりも、要注意が必要です。

クレジットカードの現金化は、既にキャッシング枠に余裕が無い人が利用する傾向にあります。そのため、キャッシング枠に余裕が無い人が、換金率の高い商品を購入した場合は、より現金化を疑われる可能性が高いのです。

このことから、現金化はキャッシング枠の残っているうちに行う方がより安全であると言えます。また、ショッピング枠全てを現金化するのではなく、必要な分だけを行うようにするのも有効な対策と言えるでしょう。

過去に延滞経験がある人

現在はカードの利用に全く問題がない人であっても、過去に支払いの延滞をしたことがある人は、カード会社のブラックリストに入っていることがあるので気をつけなければなりません。
“別のカードを利用すれば大丈夫なのでは?”と思う人がいるかもしれませんが、
延滞したカードとは別のカードを利用する場合であっても、カード会社から目をつけられている可能性は十分に考えられます

その原因としては、クレジットヒストリーを各カード会社で共有していることが挙げられます。
クレジットヒストリーとは、利用者の消費者金融やカード会社など各金融機関の利用状況をまとめて登録しているものです。信用情報機関というところに登録され、どの金融機関からも照会、共有できるようになっています。そのため、申し込みがあると、その人が、どこで幾らの借入があるのか?長期延滞や金融事故が無いか?など利用状況が分かるのです。この信用情報は、一定期間登録が残ります。そのため、現在は問題なく利用していても、過去に延滞歴などがあれば、信用度は低く、注意リストに入っているのです。

信用度が低いとどのようなデメリットがあるのでしょうか?
信用度が低いと、カード会社などは「また、過去の様に延滞などを起こすのではないか?」と警戒します。そのため、利用枠を少額にして様子を見たり、怪しい点があると利用停止措置をとったりするのです。それは、利用者を多重債務の支払困難な状況から救うためにも必要な措置なのです。

最新のIT技術で予測している

最近やたらlot(internet of things)やビックデータなどのIT技術が話題として取り上げられていますが、実はカード会社もそうした最新のIT技術を利用しています。

→その中の一つに、現金化目的の利用者を特定するといった取り組みが行われています。
このビッグデータを用いた取り組みは、三井住友カードで2014年10月から行われています。これは、ホームページやSNS、インターネットの掲示板などで誰かが発信した加盟店の評判や噂を集め、早期に怪しい加盟店を見つけ出すようにしているのです。この方法を使えば、実在しない住所の加盟店も即座に特定でき、詐欺などの被害を未然に防ぐことができるのです。そのため、現金化の旨を自分のSNSで気軽に発信するだけで、現金化がばれてしまう事も十分考えられます。

バレてしまった時には何が起きるのか?

benefits-of-effective-questions-800x448-300x168

これだけ、カード会社の取り締まり体制が厳しい状況で、現金化というのは年々、実行が難しくなってきています。それでも現金化をしたいという人はいますが、もし仮に現金化がバレてしまったらどのようなリスクを背負うことになるのでしょうか?

カードの停止

一番軽いリスクとしては、クレジットカードの利用停止があります。

この状況になる原因としては、3つ考えられます。

第一に利用限度額を超えてしまった時。
利用限度額を超えてしまうと、再審査をして限度額を上げて貰うか、返済をしない限りは一定期間クレジットカードの利用はできません。返済は基本的に月1度です。また、リボ払いを利用していると金利も掛かります。そのため、最低返済額で返済していても、すぐに利用可能とはなりません。繰り上げ返済をするか、地道に返済をしながら待つかどちらかになります。

第二に支払いの延滞を一定期間してしまった時。
延滞をした場合もクレジットカードは利用停止になります。カード返済の引落日を間違え、引き落とし出来ない場合も、再引落日までは利用が停止される事が多いものです。一時的な延滞であれば、再引落で返済が完了した後に利用可能となりますが、再引落もできない場合は、カード会社の規約に基づき利用停止、またはカード解約となる事もあり得ます。

第三に換金率の高い商品を大量に購入した時。
換金率の高い商品を大量に購入したことが分かった際も利用停止措置が取られる事があります。それは、現金化の恐れがあるためです。中でも金券はクレジットカード利用での購入が禁止されているため、一度で利用停止及び解約の措置が取られることがあります。

現金化を疑われて利用停止になってしまった場合、カード会社へ現金化の利用では無い旨の説明をし、更に利用分の支払をします。このような対応をすれば、カード利用停止が解除となるでしょう。

クレジットカードが利用停止になってしまった場合、基本的にカード会社側で支払の確認ができれば利用が再開となります。しかし、利用枠が希望通りになるかは返済額によりますし、長期延滞の場合はすぐに利用停止の解除とはならないでしょう。また、現金化を疑われた際は、カード会社への説明や利用額の返済が必要となる事があるので、注意しましょう。

借金の一括返済

借金の延滞とカード停止が続くと、利用残高を一括で返済するようにカード会社から求められることがあります。

クレジットカードの支払いを延滞していると、カード会社から督促の連絡が来ます。電話や書面通知で来るのが一般的です。しかし、それらを無視し続けると、最終的にカード会社より「強制執行」という預金や給与の差し押さえが行われます。カード会社と利用者は「お金を貸す代わりに月々幾らの返済をしてくださいね」という契約をしています。しかし、利用者が一方的にその約束を破り返済をしなくなる訳ですから、「契約を破棄する代わりに全額返してください」と言うことになるのです。一括請求や差し押さえを免れるには、それまでにきちんとカード会社と話し合うことが必要なのです。

会員の剥奪

カード会社からの一番きつい処罰としては、会員を剥奪されてしまうということが挙げられます。

では、どのくらい違反を続けたら強制解約になるのでしょうか?強制解約は基本的に重大な違反をした場合に適用されます。不正利用や詐欺行為などは即時解約の対象になります。その他、長期延滞も強制解約となる可能性があります。カード会社の規定によりますが、概ね1ヶ月を超す延滞で解約となる場合が多い様です。

バレないようにするためには?

悩む女性

昔と比べて、現金化がしにくいとは言っても、現金が必要な時のための緊急手段として、残しておきたいのが本音ですよね。今回は、どのようにすれば、バレずに現金化をすることができるのかについて検証していきましょう。

バレる方法を知ろう

バレないようにするには、まずどのような現金化だとリスクが高くなってしまうのかについて知っておくことが重要です。それでは、バレる方法について見ていきましょう。
現金化の方法としては、個人と業者の2通りあるのは知っているかと思いますが、特に個人での現金化を考えている人は、そのリスクについて十分に知っておかなければなりません。

個人で現金化を行う場合は、換金率の高い商品を購入し、自分で中古店などへ転売して現金を手に入れます。換金率の高い商品をクレジットカードで購入するため、カード会社に現金化目的の利用者として特定されやすくなります。

そのため、個人で行う現金化はリスクが高くおススメできません。もしも、カード会社に現金化の疑いを持たれたら、通常の利用にも影響してしまうからです。

それでも、自分で現金化をしたいのであれば、3つのポイントを試してみましょう。
まず、一つ目のポイントは複数のカードで少額ずつ利用することです。ショッピング枠一杯を使ってしまうと怪しまれますが、少額であれば見過ごされる可能性もあります。
二つ目は、Suicaviewカードなど金券購入枠のあるカードを利用することです。元々金券購入を目的としたカードであれば、金券利用の禁止は無く、購入をしても怪しまれません。
三つ目は、多種類の金券を購入することです。同じ金券を多く購入すると怪しまれますが、あくまで自身での利用であると言えるように、多種類の金券購入で対策をするのは効果的でしょう。
しかし、3つのポイントで対策をしても、個人での現金化は依然としてリスクの高いものです。ばれてしまうことも覚悟して挑む必要がありそうです。

業者利用だとバレないのはなぜ?

個人での現金化はするべきではありません。しかし、現金化業者での利用はリスクを低くしてくれるため、現金化するなら業者を利用することがおすすめです。
なぜ、業者であると、バレるリスクが低下するのかそのメカニズムについて理解しておきましょう。
そのメカニズムの謎の一つとしては、決済代行会社が鍵となっています。

クレジットカードの決済代行会社とは、クレジットカード会社の加盟店になっており、カード決済を代行できる会社です。勿論、クレジットカード会社は加盟店が現金化を行っていることまで把握出来ません。そのため、現金化業者とクレジットカード決済代行会社が組んで現金化を斡旋しているのです。
決済代行会社が現金化業者と組んでいることがクレジットカード会社に知られれば、即座に業務停止になります。しかし、決済代行会社は、現金化業者に協力することで、多くの手数料を得ることができます。手を組むことでお互いにプラスとなるのです。そのため、少々危険であっても続けるのです。
前述のように、決済代行会社が現金化業者と組むことで、現金化を円滑に進めることができているのです。また、双方ともクレジットカード会社にばれる訳には行きませんので、最善の注意を図ります。そのため、現金化業者を利用すると現金化がカード会社にばれにくいのです。

業者の使い方とは

現金化業者が良いと言っても、どのようにして利用すれば良いのでしょうか?
業者と聞くと、一番に頭に浮かんでしまうのが“騙されてしまうのでは”や“個人情報の悪用は大丈夫なのか“ということであると思います。ここでは業者を利用した現金化の流れと、その業者の選びからについて紹介していこうと思います。

業者を通すクレジットカードの現金化は、2通りの方法があります。一つ目は、現金化業者の指定する商品を利用者が買い、それを現金化業者に届けた後、すぐ買い戻す方法です。利用者が届けたものを業者が買い戻した後に口座に金額が振込まれるのですが、この時に商品を持ち逃げされたり、約束の金額が振込まれなかったりとトラブルになりやすいのです。そのため、現在の主流はキャッシュバック方式です。キャッシュバック方式は、ショッピングサイトで業者の指定する商品を購入し、決済の確認が取れ次第口座に金額が振込まれます。この時、業者からは商品購入のキャッシュバックという名目で金額が振り込まれます。どちらの方式も金額の請求は後日クレジットカード会社から来ます。
次に、申し込みから現金受け取りまでの簡単な流れについて見ていきましょう。
現金化業者へ申し込みをすると、本人確認書類を提出するように請求されます。免許証や保険証、パスポートなどの本人確認書類を送ると、現金化業者より指定のショッピングサイトで指定商品の購入を依頼されます。商品の購入をクレジットカード決済で行い、決済の確認が取れると口座に現金が振込まれます。
後日、購入した商品が到着しますが、多くの場合はそれは利用者の物なので、そのまま利用できます。
最後にどのようにして、優良現金化業者を選ぶかについて理解を深めていきましょう。
クレジットカードの現金化業者には、悪徳業者も少なからず存在します。換金率がホームページ表記と違ったり、キャンセル料を取られたり、現金が振り込まれなかったりと詐欺まがいの業者もあるようです。
では、どのようにして優良現金化業者を選べば良いのでしょうか?
ポイントはホームページの分かりやすさと対応の良さです。現金化をするには不安や不明点があると思いますが、それにきちんと対応してくれる業者は信用できるでしょう。また、換金率の平均は80%程度が主流ですが、極端に高いのも怪しいものです。また、土日祝日対応であること、時間外対応も積極的にしている、代表者や所在地が明確であるなども重要なポイントです。

まとめ

e8bf71885a9a1ddc95b61e7568c135ac_s

クレジットカードのショッピング枠を利用しての現金化は、個人で行うと非常にリスクの高い行為です。クレジットカード会社も現金化を阻止するために様々な対策を練り、目を光らせているからです。現金化がばれてしまうと、利用停止や強制解約になることもあります。しかし、現金化業者を利用すれば、個人で行うよりも安全に現金化ができます。しかし、それには優良企業を選ぶ必要があります。詐欺の起こり辛いキャッシュバック方式で、丁寧な接客をする業者を選びましょう。